人気ブログランキング |

主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
最新の記事
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-24 18:56
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-19 19:46
ツクダ/GJ「幸村外伝」を対戦
at 2020-02-14 19:41
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-09 19:20
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-04 19:53
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 18:55
ステップロスUボートの護..
by ポール・ブリッツ at 12:24
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:19
ゴルバ来なかったか~残念..
by ポール・ブリッツ at 23:00
> yas_nakgさん..
by slgplayer at 10:31
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(43)
(39)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:アイアンボトムサウンド ( 2 ) タグの人気記事

今月の対戦

AH「戦争と平和」ソロプレイの前に、延び延びとなっていた対戦がようやく実現しました。

まずは事前に予定していたCMJ「ウクライナ’44」。今回当方はソ連軍を担当。

CMJ「ウクライナ’44」
ソ連軍は、開始から全面攻勢。
ドイツ軍は、まず攻勢を仕掛けるソ連軍に一撃を加え、出鼻を挫いた後に後退をしようと試みる。しかし、ドイツ軍は中々思い通りの損害を与えられず、一方のソ連軍はダイス目も好調。
ドイツ軍は後退のタイミングを逸してしまい、逆に戦線を突破したソ連軍により、戦線北東部に残された部隊が航空補給を用いたとしても補給切れ確定の状況となった。
ドイツ軍は士気喪失し、第4ターン終了時に投了。

今月の対戦_b0162202_182132100.jpg

↑↑↑第4ターン終了時。ドイツ軍が投了したためここで終了。仮にこの場を切り抜けられたとしても、ドイツ軍はこの後も非常に厳しい戦いを強いられていただろう。

「ウクライナ’44」が早く終了したため、次にHJ「アイアンボトムサウンド」を対戦。シナリオは日本が誇る戦艦「大和」が、英国東洋艦隊の戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」巡洋戦艦「レパルス」と対決する架空シナリオ「鉄釜海戦」である。このシナリオを対戦するのは約20年ぶり。当方は日本軍を担当。

HJ「アイアンボトムサウ」よりシナリオ「鉄底海戦」
今月の対戦_b0162202_18232379.jpg

↑↑↑初期配置。架空シナリオと言う事もあり、日本艦隊にはドイツ海軍からポケット戦艦「アドミラル・シェアー」が加わっている。

第1ターン
英国艦隊は右舷に回頭。日本艦隊は、重雷装艦「北上」及び各駆逐艦が魚雷攻撃を行おうと突撃。BB「大和」CA「利根」LBC「アドミラル・シェアー」は左舷へ回頭。日英主力艦は同航戦にて砲撃開始する。
BB「大和」は砲撃のダイス目が冴え、初弾がBB「プリンス・オブ・ウェールズ」へ命中。命中弾は5発を数え、BB「プリンス・オブ・ウェールズ」は、艦尾主砲を破壊された上、機関室にも被弾し速力が半減。
CA「利根」LBC「アドミラル・シェアー」の2隻もそれぞれ英国艦隊へ命中弾を与える。
対照的に英国艦隊の砲撃は、日本軍の駆逐艦数隻に損害を与えるが、肝心の主力艦による砲撃は効果なし。

第2ターン
接近した日本軍のDD2隻(巻雲、巻波)が英国艦隊へ向かって魚雷発射。
BB「プリンス・オブ・ウェールズ」へ3発が命中。BC「レパルス」へも2発が命中。
BB「プリンス・オブ・ウェールズ」へは更にBB「大和」の46cm砲弾が7発命中。開始から僅か2ターンでBB「プリンス・オブ・ウェールズ」は海中へその姿を消す。
CA「利根」の砲撃が英国CL「アーゴノート」の弾火薬庫を直撃。CL「アーゴノート」は大爆発を起こし轟沈。
英国艦隊の放った魚雷がDD「巻波」へ命中。沈没は免れたものの、速力は1/3に低下。

第3ターン
魚雷発射位置についた重雷装艦「北上」及び駆逐艦「電」が魚雷を発射。
BC「レパルス」CA「エクセター」CL「パース」が被弾。その後LBC「アドミラル・シェアー」の砲撃を受けCA「エクセター」は沈没。
BC「レパルス」は、兵装は無傷ながら、船体耐久力は残り3ポイントとなり、速力4ノットへ低下。CL「パース」は船体耐久力残り1ポイントとなり沈没寸前。
一方日本軍の損害は、英国艦隊に突撃したDD「巻雲」「巻波」の2隻が大破するものの、他の艦に大きな損傷は無く、英国艦隊は完全に士気喪失し投了。

今月の対戦_b0162202_1824532.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。主力艦同士の対決は日本軍の一方的な勝利に終わる。

遅ればせながら、前年最後の対戦となったエポック/CMJ「バルジ大作戦」に続き、2019年の初戦も気持ちよく勝たせてもらいました!
by slgplayer | 2019-02-24 18:32 | SLG | Comments(2)

HJ「アイアンボトムサウンド」を対戦

 今月の対戦は、最近(といっても3ヶ月以上前だ…)シリーズの最新作である「3」が発売された「アイアンボトムサウンド」である。当初は最新の「3」でプレイしようと予定していたのだが、収録を期待していたシナリオが「3」には未収録だったため、急遽「1」をプレイする事になった。選択したシナリオは、日米の新型巡洋戦艦(未完成艦)がガチで激突する「鉄底海戦」である。ほぼ15年ぶりの対戦となるこのゲーム、前回「鉄釜海戦」をプレイした時には日本軍を担当したため、今回は米軍を担当しての対戦となった。

 「鉄底海戦」における日米両軍の戦力は以下の通り。巡洋戦艦、重巡、軽巡が各1隻づつに駆逐艦が3隻という全くのイーブン。「金剛」級の代艦として計画された巡洋戦艦「生駒」対アラスカ級4番艦「ハワイ」との戦いとなる事は明らかだ。初期配置も両艦隊が完全な同航戦状態となっている。

日本艦隊
BC「生駒」
CA「熊野」
CL「浪速」
DD「新月」
DD「島風」
DD「朝雲」

米艦隊
BC「ハワイ」
CA「バルチモア」
CL「クリーブランド」
DL「クラーク」
DD「ゼラース」
DD「L.K.スウェンソン」

第1ターン
 米艦隊は単縦陣のまま直進。BC「ハワイ」がBC「生駒」に放った初弾のダイス目は最高の「12」。いきなり5発の命中弾を受けたBC「生駒」は艦尾主砲を破壊され、火災が発生。他にもCL「クリーブランド」の砲撃によりCA「熊野」に火災が発生。対照的に、日本軍の砲撃はダイス目が振るわずほとんど効果なし。

第2ターン
 日本艦隊は、魚雷発射のタイミングを計るように少しずつ米艦隊に接近。DL「クラーク」の砲撃によりDD「朝雲」が沈没。BC[ハワイ」の砲撃は、面白いようにBC「生駒」に命中。機関部への命中弾によりBC「生駒」は速力が半減。流石に米艦隊も無傷で済まず、CA「バルチモア」がCA「熊野」の砲撃により艦首主砲1基が破壊され、CL「クリーブランド」はCL「浪速」の砲撃により射撃指揮所(MFC)とレーダーを破壊される。

第3ターン
 速力が半減してしまったBC「生駒」が隊列から脱落。DD「新月」がDD「ゼラース」よりの命中弾により機関部が損傷し速力半減。日本艦隊の砲撃は全て外れ。

HJ「アイアンボトムサウンド」を対戦_b0162202_19364846.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。砲撃を交わす両軍。ここまでの所、幸運の女神は米艦隊の方を向いている。

第4ターン
 隊列から脱落したBC「生駒」に対し、BC「ハワイ」が砲撃。ダイス目が冴え、BC「生駒」へ再び5発の命中弾。BC「生駒」は艦首主砲を全て破壊される。更に舵が損傷し、左舷に回頭を続ける事を余儀なくされる。日本艦隊が魚雷を発射。艦列の後方に位置していたDD「ゼラース」が被雷。沈没は免れたものの、速力は「2-1-1」に低下。
 
第5ターン
 航行の自由を失い回頭を続けるBC「生駒」に対し、DD「L.K.スウェンソン」が魚雷を発射し1発が命中。その後、米艦隊の集中砲火を受けBC「生駒」遂に力尽き沈没。

HJ「アイアンボトムサウンド」を対戦_b0162202_1937039.jpg

↑↑↑速力が低下し孤立したBC「生駒」に対し米艦隊の砲撃が集中。BC「生駒」は命中弾多数により撃沈される。

第6ターン
 戦意を失った日本艦隊は離脱を計る。速力が落ちていたDD「新月」が、米艦隊を振り切れず、集中砲火を浴び沈没。

第7ターン
 日本艦隊は戦意を失い、完全に撤退モード。全艦が視界外となった所でゲーム終了。

 米艦隊の損害は駆逐艦1隻大破のみに対し、日本艦隊は巡洋戦艦「生駒」と駆逐艦2隻を失うというほぼ一方的な結果となった。ダイス目にかなりの差があった(ちなみに同じダイスを使用)とは言え、久しぶりに快勝させていただき満足です。
by slgplayer | 2016-01-26 19:44 | SLG | Comments(0)