主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
3W/CMJ「戦艦の戦い」よ..
at 2018-06-20 20:28
3W/CMJ「戦艦の戦い」よ..
at 2018-06-17 19:33
3W/CMJ「戦艦の戦い」よ..
at 2018-06-15 20:23
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-06-09 19:32
SS「MIDWAY」を対戦
at 2018-06-06 23:00
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:42
たしか「戦闘後前進が強制..
by ポール・ブリッツ at 00:45
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 23:21
こんばんは。マイケルさん..
by ポール・ブリッツ at 22:35
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:55
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(26)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:その他 ( 37 ) タグの人気記事

2018年度海上保安庁観閲式へ行く

今回、仕事関係の縁で海上保安庁観閲式へ行って来ました。天気に恵まれた事もあり、最高のクルージング日和となりました。

b0162202_18272261.jpg

↑↑↑今回乗船した巡視船「そうや」。建造から約40年の老兵ながら、未だに第1線で活躍中との事。

b0162202_1831205.jpg

↑↑↑「そうや」の後方に停泊していた巡視船「やしま」。本日は首相以下大臣、政務官、各国外交官など招待客が乗り込み大変そうでした。

b0162202_18313514.jpg

↑↑↑タグボートを使っての出港作業。

b0162202_1833237.jpg

b0162202_183330100.jpg

b0162202_1833445.jpg

↑↑↑出港。一路羽田沖へ。天気は最高で富士山もくっきり見えました。

b0162202_18353055.jpg

b0162202_18354633.jpg

b0162202_18362169.jpg

b0162202_1846523.jpg

↑↑↑参加装備の一部。他所属航空機など。海外からの参加はアメリカ沿岸警備隊所属の「アレックス・ハーレイ(Alex Haley)」のみ。

b0162202_1839596.jpg

↑↑↑海上自衛隊からの参加は護衛艦「はたかぜ」。亡き祖父は太平洋戦争時に海軍士官として駆逐艦「旗風」に乗り組みバタビヤ沖海戦などに参加。これも何かの縁と感じます。

b0162202_18394589.jpg

b0162202_18395629.jpg

b0162202_1840887.jpg

↑↑↑訓練をいろいろ見せていただいた後帰港。実質1時間強(行き帰りの時間を含めると約3.5時間)。あっという間でした。最後は各所属管区の観光PRになっておりました。

規模的には、自衛隊のイベントに比べれば小さなものですが、その分オタ要素が希薄でアットホームな雰囲気のイベントでした。
[PR]
by slgplayer | 2018-05-20 19:03 | その他 | Comments(0)

ゲームは帰国後に・・・

 明日から10年ぶりの海外出張。前の職場に比べ、今の職場はミリタリー成分はそれなりにあるものの、ゲーム成分は皆無のため、小ぶりなゲームを出張のお供にするのも、奇異の目で見られてしまいそう。ソロプレイも途中となってしまうので、準備してあるSS「ワーテルロー」は帰国後に楽しむことにする。楽しみにしておられた方、スイマセン。1週間~10日ほどお待ちください。

折角なので、参考までに・・・。

○最近の検索ワードのベスト3

1位 真田幸村・・・大河ドラマの影響か今年に入り特に増えている模様。数年前には「山本覚馬」が上位に上る事もあった。
2位 ガンダム類いろいろ・・・まあ、納得。
3位 銀河英雄伝説類いろいろ・・・これも納得。2位のガンダムと合わせ、アニメゲームには根強い人気がある模様。
4位 戦国武将ゲーム・・・流石伝説のゲームと呼ばれるだけはある。最も、ゲームより戦国武将に反応している感じが強い。
5位 スターリングラード、ノルマンディ・・・戦史に残る戦場なだけに、興味を持つ人も多い模様。最近減ってきている。

○過去アクセス数の多かったゲーム記事(タグ)

1位 ジャブロー
2位 銀河英雄伝説シリーズ
3位 宇宙戦艦ヤマト
4位 レッドサン・ブラッククロス
5位 シーレーン防衛戦

 相変らず、アニメゲームは根強い人気を誇る。それに比べ、「スターウォーズ」や「スタートレック」が上位に全く姿を見せないのも興味深い。また、記事数が比較的多いナポレオニックや南北戦争も影も形もない。「レッドサン・ブラッククロス」はプレイしてみて面白いかどうかはともかく、人気のあるゲームなのでまあ納得。しかし、5位の「シーレーン防衛戦」については、何故アクセス数が多いのか理由は全く分からない。案外需要があるテーマなのか?

という訳で、行って参ります。
[PR]
by slgplayer | 2016-04-04 20:17 | SLG | Comments(0)

200周年に向けて

 今年は戦史に名高い「ワーテルローの戦い」から200周年。当然記念の対戦とソロプレイをしたいと思っている。そこで、所有している1815年戦役に関連したゲームをいろいろ物色。一言で1815年戦役関連と言っても、一番メジャーなものは1815年6月18日の「ワーテルローの戦い」という事になるが、ワーテルローにおける戦闘はいわば最終決戦みたいなものであり、そこへ至るまでに幾つかの戦闘が行われている。そのため、ゲームの種類も、戦略級から戦術級、ルール量の少ない簡単なものから複雑ルールのものまで様々だ。

取り敢えず、所有している1815年戦役関連のゲームは以下の通り。

AH「Waterloo」
AH「戦争と平和」1815年シナリオ
AH「Hundred Days Battles」
Columbia「Napoleon」
SPI/HJ「Napoleon at Waterloo」
SPI/DG「Napoleon's Last Battles」
SPI/TSR「La Grande Armee」1815年シナリオ
COA「L'Armee du Nord」
COA「The Emperor Returns」
COA「La Bataille des Quatre Bras」
GMT「The Battles of Waterloo」
PHX「Waterloo」
OSG「The Last Days of the Grande Armee」
翔企画「ワーテルロー」
GJ「ワーテルローの落日」
アドテク「ナポレオン帝国の崩壊」1815年シナリオ
XTR/CMJ「Hougoumont」

 恐らく上記に4月発売のコマンド誌122号「1815: The Waterloo Campaign」が加わる予定。マップの大きさやプレイ時間による制限のため、これら全てを候補とする訳には行かないが、これから時間のある時にでも考えて行く事にしよう。

b0162202_11231092.jpg


↑↑↑今回はGMT「The Battles of Waterloo」の「モン・サン・ジャン」シナリオの配置だけしてみる。閲兵式だなこりゃ・・・。


[PR]
by slgplayer | 2015-02-09 08:35 | SLG | Comments(0)

2014年も間もなく終わり

 現在実家の方へ帰省中。ここ数日間は家族スキーによる疲労と戦っている。あ~、腰が痛い。そろそろJr.に合わせて滑るのが辛くなってきた。

 2014年は、Jr.との対戦が前年以上に充実したものとなった。Jr.の成長も著しく、翔企画「信玄vs謙信~川中島血戦~」のガチ対戦ではJr.父が初の敗北を喫する。これは素直に嬉しい。来年も、この調子で学業その他に影響のない程度に対戦できたらいいなァ。

b0162202_1735122.jpg

↑↑↑翔企画「信玄vs謙信~川中島血戦~」でのガチ敗北は、案外ショックが大きかったが、同時にJR.が頼もしく感じられた。

 今年、個人的に印象に残ったソロプレイは「A Days of Heroes」 「Drive on Paris」 「Nine Navies War」の3つ。

b0162202_1736951.jpg

↑↑↑「A Days of Heroes」。SLやASLのパクリと言われればそれまでだが、ベトナム以降の分隊レベルの戦術級と言ったら今はコレしか思い浮かばない。


b0162202_17353031.jpg

↑↑↑「Drive on Paris」。1914年の西部戦線が機動戦であった事を解らせてくれた。

 
b0162202_17363483.jpg

↑↑↑「Nine Navies War」。真の戦艦好きのためのゲーム。細かいことは気にしない突き抜けた感がいい。

今のところの2015年プレイ予定のゲームは以下の通り。
MW14「Carrier Battle Group」…ソロプレイ専用ゲーム。これは試してみなければ!
DG「D-DAY AT TAWARA」…ソロプレイ専用ゲーム。「D-DAY AT OMAHA BEACH」が面白かったので、これは試してみなければ!
天下布武「真田軍記」シナリオ「大坂夏の陣」…関東方の集結は早いものの、ターン数が冬の陣の2/3と短い上、西国からの侵攻がない分実は大坂方の勝率が高そう。これは試してみなければ!
3W「Henry V」…購入から20年の年月を経てユニットを切断。これは試してみなければ!
GJ「激闘!スモレンスク電撃戦」…「激闘!」シリーズの最新作という事で、これは試してみる!
国際通信社「零戦:海軍航空隊の戦い」…近日対戦予定。ソロプレイの成果を試してみなければ!
ツクダ「銀河英雄伝説」シナリオ「アムリッツァ星域会戦」…近日対戦予定。最後の対戦では同盟軍で勝利。次は帝国軍担当の予定。帝国軍で勝てるかどうか試してみなければ!
ツクダ「銀河英雄伝説:ラグナロック作戦」…近日対戦予定。最後に対戦した時は同盟軍で敗北。もう一度試してみなければ!
FFG「War of The Ring」…Jr.を含む家族内で対戦を予定。Jr.は既に作戦を考えているらしい。これは試してみなければ!

b0162202_17355774.jpg

↑↑↑対戦する日が楽しみだ。

来年もよろしくお願いいたします。


 
[PR]
by slgplayer | 2014-12-31 17:51 | SLG | Comments(0)

謹賀新年+バンダイ「零戦」よりシナリオ「珊瑚海海戦」をソロプレイ③

 このブログをご覧いただいている皆様、本年もよろしくお願いいたします。

 現在、実家へ帰省中。それでもって、本日は家族でスキー。途中地吹雪に見舞われ、士気低下。しかし、スキー場に到着するころには天候回復。Jrはスキーを堪能。

b0162202_2151257.jpg

↑↑↑猪苗代スキー場ゲレンデよりの風景。到着してみれば、途中の悪天候がウソのよう。画像右奥が猪苗代湖。

 昨年より引き続き、空戦SLGの異端児バンダイ「零戦」より「珊瑚海海戦」シナリオソロプレイの続きである。艦船は対空火器として高角砲と対空機銃を装備している。対空機銃は射程3へクス以内、中高度以下の目標に対し火力3で損害判定を行う。これに対し高角砲は、8へクス以内の目標に対しダイスを2個振り、結果が「11」なら5ダメージ、「12」なら撃墜となる。かなり大雑把な判定ながら、艦船を担当するプレイヤーは自然と気合が入るルールとなっている。

第4ターン
日本軍:九九艦爆2、4番機が米空母「ヨークタウン」に対し急降下爆撃を敢行。1発は空母右舷側に外れたが、もう1発は前部飛行甲板中央に命中し、3ポイントのダメージを与える。ワイルドキャット7番機の背後に零戦2機が取り付きこれを撃墜。空母に対し更に急降下爆撃を試みる九九艦爆7番機に対し、ワイルドキャット2番機が射撃を行うが、九九艦爆7番機は残り耐久力「1」となりながらワイルドキャットの攻撃に耐える。この攻撃にてワイルドキャット2番機は機銃弾を撃ちつくしてしまった。九九艦爆7番機は炎上しているヨークタウンに対し投弾。九九艦爆7番機の放った250kg爆弾は、ヨークタウン飛行甲板に命中し、1ポイントのダメージを与える。

b0162202_21584720.jpg
b0162202_21591296.jpg

↑↑↑米空母「ヨークタウン」に対し急降下爆撃を敢行する九九艦爆。2発の250kg爆弾が「ヨークタウン」の飛行甲板に命中。

米軍:ドーントレス3番機は旋回数が「1」のため大きく離れてしまい、戦闘空域に戻るには時間がかかりそうである。いまだ戦闘力を保つ戦闘機であるワイルドキャット8番機は、4機の零戦にまとわりつかれ、迎撃どころではない。

b0162202_222717.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の状況。
 
日本軍損失:なし
米軍損失:F4F×1

第5ターン
日本軍:投弾を終えた3機の九九艦爆は離脱を図る。九七艦攻2、6番機が米空母に対する雷撃態勢に入る。
米軍:狙われた空母ヨークタウンは回頭し、雷撃コースより逃れる。リアクション移動にて零戦2番機に追いつかれ射撃を受けたワイルドキャット8番機が墜落。零戦2番機はこの戦いだけで既に4機を撃墜している。九七艦攻9番機が対空砲火によりダメージを被る。

b0162202_2225272.jpg

↑↑↑第5ターン終了時の状況。米空母ヨークタウンは回頭し、日本軍艦攻の雷撃コースより逃れる。

日本軍損失:なし
米軍損失:F4F×1

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2014-01-02 22:31 | SLG | Comments(3)

2013年間もなく終了

 2013年も間もなく終了。今年は、Jrと初めてSLGを対戦。来年はどんなゲームを対戦するか、今から妄想だけが膨らむ。

 ソロプレイ中のバンダイ「零戦」は、年明けまで継続。基本的にどんな感じのゲームなのか、少なくとも10年後位までは残したいゲームを選んでソロプレイをしているので、どうしても絶版・入手困難なゲームをプレイする傾向にあるのだが、これは来年も継続する予定。これをやってみようと思っているゲームは以下の通り。

・ツクダ「アドミラル・グラフ・シュペー」・・・誰かが太平洋版をきちんと作ってくれる事を祈って。※オペレーション誌は持っています。

・ツクダ「タイガーI」・・・萌え系戦車戦ゲームのシステムとして実は最適なのでは?

・アドテク「ナポレオン帝国の崩壊」1814年キャンペーン・・・2014年は200周年のため

・AH「ナポレオン・アット・ベイ」・・・同じく200周年のため。OSG版でも可

・AH「ドイツアフリカ軍団」・・・最近AHクラッシックを見直しつつあるから。

・ツクダ「スタートレック クリンゴン帝国の侵略」・・・ハウスルールを導入しテストしてみたい。

・DVG「Uボートリーダー」・・・未プレイのシナリオがあるため

・DVG「フィールドコマンダー ナポレオン」・・・次は1808年シナリオ

・GMT「Glory III」・・・IとIIはそれなりにやってみたから

・GMT「Downtown」・・・作戦級の航空作戦が好き

・GMT「Bloody April」・・・同上

・バタイユシリーズ・・・持っているけどプレイ経験が無いから

・ツクダ「デススター」・・・今やっている「零戦」と同じ理由

・バンダイ「最前線」・・・再販してもいいのでは?

以下沢山ありすぎて省略。

来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by slgplayer | 2013-12-31 22:59 | SLG | Comments(0)

山本覚馬は剣豪?

 大河ドラマ「八重の桜」も第3話が終了。これまでの幕末・戊辰戦争ドラマでは、ほとんど扱われる事は無かったのだが、このドラマのおかげで注目される人物となったのが、主人公の兄である「山本覚馬」だろう。
 現在は、山本覚馬について多く語られているようなので、詳しくはドラマ関連本の人物紹介にでも任せるが、今年の大河ドラマが決まるまで、福島県でこの人物はほとんど知られていなかったし、自分も知らなかった。

 昨日のドラマの中で、山本覚馬が槍の試合で相手を負かしてしまうシーンがあったのだが、射撃はともかく、槍術や剣術の腕前がどうだったのか知る由もない。そこで、ゲームの中ではどうだったのだろうか確認してみる事にした。 
 幕末・戊辰戦争をテーマとしたSLGは少ないのだが、WGJ1号『新撰組始末記』の中に「山本覚馬」のユニットを見ることができる。

b0162202_19151835.jpg

↑↑↑ユニット左上が武力。左下は文学。真ん中の茶色い四角はその人物の身分を表す。人物名の下にある一文字は特殊技能。
 
 ご覧になれば分かるように、このゲームにおいて、山本覚馬は新撰組「鬼の副長」こと土方歳三と基本武力において同等の評価をされている(実際のゲームでは、特殊能力により土方歳三の方が斬り合いには有利)。これまでは、このゲームにおける山本覚馬は、ゲームバランスをとるために高い評価を与えられたと思っていたが、案外本当に強い奴だったのかも知れない。
[PR]
by slgplayer | 2013-01-21 19:21 | SLG | Comments(2)

2013年スタート!!

年末年始のため実家へ帰省中。
明日は家族でスキーへ行く予定。
悪天候が予報されておりちょっと心配。

みな様、本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by slgplayer | 2013-01-01 22:11 | SLG | Comments(0)

2012年ももう終わり

 2012年もあと少しで終了する。早いもので子供は来年小学生。相変わらず、その姿を見ていると毎日が新鮮で明るい気分にさせてくれる。どうかこの子の未来が明るいものでありますように。

 震災により半壊した実家の修理が、今年7月にようやく終了。震災から実に1年4ヶ月もの期間を要してしまった。原発事故の影響を受けた庭の除染についてどうなるかは未だに未定。

 SLG生活については、年齢がバレてしまうかもしれないが、AH「ワーテルロー」より始まるこの趣味も、来年35周年を迎える。記念に、ちょっとゲーム部屋を片づけて、いわゆるビックゲームでもやってみようかな?もちろんソロで。

 それでは、みな様よいお年を。
[PR]
by slgplayer | 2012-12-31 10:36 | その他 | Comments(0)

東京スカイツリー+SPI/6A「激闘ノルマンディ」付録ミニゲーム「いちばん長い日」をソロプレイ②

 金曜日、上京してきた両親とともに東京スカイツリーへ登る。翌日の雨の事を考えると天候に恵まれて幸運であった。展望台から自宅のあるマンションも案外ハッキリ確認できた。登ったのは15:00~の順番だったが、晴れていても東京の午後は霞がかかって来るので、登るオススメは晴れた秋冬の午前中がいいのではなかろうか?平日でありながら予想通り混雑していたが、エレベーターや天望回廊チケット購入の行列はそれほど待たなかった。ただ、お土産グッズ販売のみもの凄い混雑で入場制限をしていた模様。

b0162202_10522214.jpg

↑↑↑天望デッキより。地上350メートル。

b0162202_10523897.jpg

↑↑↑天望回廊ソラカラポイント。

 SPI/6A「激闘ノルマンディ」付録のミニゲーム「いちばん長い日」ソロプレイの続きである。後退型のCRTにより包囲さえされなければユニットがステップロス、除去される事はまずない。また移動力が低く抑えられた上にボカージュによる戦闘後前進が制限されているため、少ないユニットでもある程度戦線が組んであれば敵の進軍を遅らせる事が可能である。これらの事により連合軍内陸への侵攻は遅々として進んでいない。

第4ターン(6/9)
 米軍は要衝カランタン攻略の準備を進めるとともに内陸部へ向けて進撃。米第1歩兵師団は戦車の援護を受けバルロウの北まで前進した。
 米軍とは対照的に英軍各部隊は、ドイツ軍装甲師団が3個も前方に展開しているため、若干前進したのみで膠着状態となっている。
 ドイツ軍は、増援が阻止されてしまったため師団の半分が未着となった第91歩兵師団に代え第77歩兵師団をカランタンに向かわせ防備を強化した。

b0162202_10564240.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の状況。余談だが、ミラー大尉の特別部隊はこの前日、ライアン二等兵捜索のためオマハ海岸堡を出発しているらしい。

第5ターン(6/10)
 米軍はボカージュに悩まされながらもジリジリと前進。米第29歩兵師団は敗走するドイツ軍を追いかランタンの東2へクスまで進出。これに対し英軍は完全に膠着状態。
 ドイツ軍には第17SS装甲擲弾兵師団が増援として到着。苦戦する第352歩兵師団の援護へ向かう。

b0162202_1057938.jpg

↑↑↑第5ターン終了時の状況。

第6ターン(6/11)
 米軍はVPへクスを占領するため各所で攻撃を行うものの、ドイツ軍はステップロスで耐え米軍に前進を許さない。
 英軍は112高地奪取の前哨戦として、東側に位置していた第12SS装甲師団の一部を攻撃しこれを後退させ、その後行われたドイツ軍の反撃をも撃退する事に成功した。

b0162202_10574263.jpg

↑↑↑第6ターン終了時の状況。

第7ターン(6/12)最終ターン
 ドイツ軍の抵抗により、東からカランタンへ向かっていた米第29歩兵師団が結局攻撃に参加できず、戦闘比が1:4となってしまい、カランタン攻撃は中止となった。その間にも米第1歩兵師団がバルロウを占領しVPを獲得。あと1VPを獲得するためカナダ第3歩兵師団と第7機甲師団が112高地を攻撃。しかし、空軍の援護を受けながら十分な戦果を挙げられず、ドイツ軍はステップロスで耐え、結局112高地のVPは獲得できず。

b0162202_1057593.jpg

↑↑↑第7ターン終了時の状況。

連合軍4VPに対しドイツ軍5VPということで、ギリギリドイツ軍の勝利となった。

 ゲーム本編とも言えるコブラ作戦のルールを無理やりミニゲームに合わせたという感じは免れないのだが、その辺りを割り切ってプレイした感じでは、勝敗バランスはいいようだ。とは言っても普通にプレイしていれば、移動力が低く抑えられている事により、装甲師団が揃っていてもドイツ軍が反撃する余地はほとんど無いため(側面を守る歩兵が不足しているため)ドイツ軍プレーヤーには勝利条件上の勝利以外あまり感じる所はないだろうと思われる。
[PR]
by slgplayer | 2012-06-10 11:22 | SLG | Comments(0)