主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-25 11:02
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-21 20:33
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-18 11:52
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-15 20:19
GMT「 Thirty Ye..
at 2018-02-13 22:07
最新のコメント
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 20:26
ツクダのタンクコンバット..
by ポール・ブリッツ at 19:11
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


GMT「Guilford Courthouse」をソロプレイ③

GMT「Guilford Courthouse」ソロプレイの続きである。特別ルールにより、アメリカ軍の本隊は、先遣隊がイギリス軍と交戦するか第6ターンを迎えるまで行動する事が出来ない。アメリカ軍先遣隊が早々と攻撃を行い、本隊の早期行動開始も可能だが、行動開始したとしても、アメリカ軍本隊は行動可能な範囲も定められているので、ここは史実同様に第6ターンの行動開始を待つことにする。

第5ターン(10:00)
うるさいアメリカ軍の騎兵を片付けるため、イギリス軍はゲーム開始時より保持しているモウメンタム・チットを投入し主導権を獲得する。
主導権:イギリス軍
イギリス軍:主導権を獲得した事により、イギリス軍は、進行を妨害する2つのアメリカ軍騎兵を捕捉しこれを攻撃。New Garden RoadではLeeの大陸軍騎兵が戦闘前撤退により退却を許してしまうものの、New Salsbury RoadではBretigneyのNC騎兵を、イギリス軍騎兵と軽歩兵が捕捉し、これを敗走させる。
後続の王党派NC連隊とFusiller連隊(カウペンスの戦いの生き残り)がマップへ進入し東進。

アメリカ軍:David Caldwell邸の軽歩兵2ユニットは、戦闘開始を知り出撃。Sawpit Branchの浅瀬を渡り、ドイツ人傭兵部隊(猟兵大隊)を攻撃。森の中から攻撃を受けたドイツ人傭兵部隊は、これを迎え撃ちアメリカ軍軽歩兵を撃退する。

b0162202_20133742.jpg

↑↑↑David Caldwell邸より出撃するアメリカ軍民兵(ライフル装備)。

b0162202_20135042.jpg

↑↑↑第5ターン終了時。両軍主力は未だ交戦を開始していない。

第6ターン(11:00)
主導権:イギリス軍
イギリス軍:イギリス軍主力部隊は、退却するLeeの大陸軍騎兵を追い前進。アメリカ軍左側面方向New Salsbury Roadの分岐付近では、BretigneyのNC騎兵を敗走させたイギリス軍騎兵と軽歩兵が、David Caldwell邸に籠るVA民兵を攻撃しこれを後退させる。

b0162202_20142525.jpg

↑↑↑David Caldwell邸を占領したイギリス軍軽歩兵。

アメリカ軍:本隊の行動制限が解除される。民兵部隊は史実のような2線の戦列を改め、スタックし1ヘクスあたりの戦力を高める。イギリス軍別働隊が進軍してくる自軍左側面へは、Greene自らが精鋭のMaryland旅団を率いこれに向う。
David Caldwell邸付近では、分派していた軽歩兵を集結させ、Sawpit Branchの浅瀬を渡ってきたイギリス軍に対し反撃。しかし、ダイス目が振るわず、民兵によるライフル射撃は効果なし。続く近接戦闘においても、先導ユニットとなったVA民兵が敗走し、それにつられ残りのユニットも退却してしまう結果となった。

b0162202_20213121.jpg

↑↑↑第6ターン終了時。アメリカ軍士気:13、イギリス軍士気:14

第7ターン(12:00)
主導権:アメリカ軍
アメリカ軍:NC及びVA民兵を主力とする部隊は、イギリス軍主力を迎え撃つため前進。アメリカ軍左側面では、大陸軍軽歩兵とNC民兵が、イギリス軍をSawpit Branchの南側へ追いやろうと試みるが、ダイス目が振るわず失敗に終わる。

イギリス軍:Cornwallis率いるイギリス軍主力部隊は、New Garden Roadを進軍。
アメリカ軍左側面における戦いは、ドイツ人傭兵部隊とTaletonの騎兵部隊がNC民兵を攻撃しこれを降伏させる。また、イギリス軍軽歩兵が大陸軍軽歩兵を後退させ、VPヘクスであるNew Salsbury Roadの分岐点を占領する。

b0162202_20152494.jpg

↑↑↑NC民兵はドイツ陣猟兵大隊の攻撃を受けあえなく降伏。イギリス軍軽歩兵は大陸軍軽歩兵を後退させ、VPヘクスであるNew Salsbury Roadの分岐点を占領。

b0162202_20153321.jpg

↑↑↑第7ターン終了時。イギリス軍はモウメンタム・チットを1個獲得。

続く・・・
[PR]
# by slgplayer | 2018-01-10 20:27 | SLG | Comments(0)

GMT「Guilford Courthouse」をソロプレイ②

GMT社の『GREAT BATTLES OF THE AMERICAN REVOLUTION』DX版から「Guilford Courthouse」ソロプレイの続きである。このシナリオでは、第1~第5ターンにかけてイギリス軍の全ユニットが増援部隊としてマップに進入する。反対に、アメリカ軍の全ユニットは開始時からマップ上に配置されている。

第2ターン(7:00)
主導権:イギリス軍
イギリス軍:Taletonの騎兵部隊は、後退するBretigneyのNC騎兵を追う。新たにマップへ進入したドイツ人傭兵部隊(猟兵大隊)とイギリス軍軽歩兵も先行するTaletonの騎兵部隊の後に続き進軍。

アメリカ軍:BretigneyのNC騎兵は、前のターンに引き続き時間稼ぎ。自軍左翼方面へ移動する前衛の軽歩兵は、New Salsbury Roadの分岐点まで前進。

b0162202_19513531.jpg

↑↑↑第2ターン終了時。アメリカ軍の騎兵部隊は後退し、本隊行動開始までの時間を稼ぐ。

第3ターン(8:00)
主導権:アメリカ軍
アメリカ軍:自軍左側面へ移動した軽歩兵2ユニットは、David Caldwell邸を占拠し、Sawpit Branchの浅瀬を監視。

イギリス軍:Webster率いるイギリス軍及びドイツ人傭兵部隊(2ユニット 計5戦力)がマップ内へ進入。Salsbury RoadからNew Garden Roadを進む。次のターンにはCornwallis率いるイギリス軍主力部隊が登場する。

b0162202_19515216.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。アメリカ軍騎兵は相変わらずの時間稼ぎ。

第4ターン(9:00)
主導権:アメリカ軍
アメリカ軍:New Garden RoadではLeeの大陸軍騎兵部隊が、New Salsbury RoadではBretigneyのNC騎兵が接敵されないギリギリの位置で本隊行動開始までの時間を稼ぐ。

イギリス軍:Cornwallis率いるイギリス軍主力部隊(6ユニット 計12戦力+砲兵1ユニット)がマップ内へ進入。先行するWebsterの部隊に続き、Salsbury Roadを経てNew Garden Roadを進む。

b0162202_1952745.jpg

↑↑↑David Caldwell邸を占拠し、Sawpit Branchの浅瀬を監視するアメリカ軍民兵。

b0162202_19522278.jpg

↑↑↑New Garden Roadを進軍するイギリス軍主力部隊。

b0162202_19523554.jpg

↑↑↑第4ターン終了時。イギリス軍は2つのルートより進軍。主力部隊は正面から攻撃を行い、別働隊が側面を迂回しVPヘクスであるGuilford Courthouseを目指す。

続く・・・。
[PR]
# by slgplayer | 2018-01-07 19:57 | SLG | Comments(0)

2018年ゲーム初め。GMT「Guilford Courthouse」をソロプレイ①

このブログをご覧いただいている皆様、あけましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いいたします。今年もユルくいろいろなSLGをソロプレイして行きたいと思います。お付き合い頂ければ幸いです。

昨日、実家より東京へ無事帰還。その後昨年末の吹替え版に続き、「スターウォーズ EP8」の字幕版を家族で鑑賞。まだネタバレは避けたいと思うが、これだけは言わせてもらいたい。スノークって結局何者なんだよ!?

うちの会社は今日までお休み。Jr.を塾へ送り出した後、2018年のゲーム初めという事で、昨年末に購入したGMT社の『GREAT BATTLES OF THE AMERICAN REVOLUTION』DX版から「Guilford Courthouse」をソロプレイしてみたいと思う。
b0162202_19364220.jpg


「ギルフォード・コートハウス(Guilford Courthouse)の戦い」は、アメリカ独立戦争中の1781年3月15日にノースカロライナ州ギルフォード郡庁舎付近で戦われた戦闘。かつては、GDW社の120シリーズにそのタイトルがあったため、マイナーなアメリカ独立戦争モノSLGの中では、案外高い知名度を誇る(と勝手に思っている)会戦。

例によってDG「Rebels & Redcoats」シリーズにも収録されいるシナリオは、交戦開始時からの戦いを再現しており既にソロプレイ経験ズミ「Rebels & Redcoats」シリーズとは異なり、GMTの「ギルフォード・コートハウスの戦い」では、交戦までの部隊機動を楽しめるのもこのシリーズの特徴と言える。もちろん、「Eutaw Springs」同様に交戦開始時から開始される史実シナリオも用意されている。
b0162202_1937094.jpg

↑↑↑初期配置。ゲーム開始時よりマップ上に配置されるているのはアメリカ軍のみ。イギリス軍は第1ターンより増援としてマップへ進入する。前回の「Eutaw Springs」とは逆のパターン。

1781年3月15日
第1ターン(6:00)
特別ルールにより、第1ターンはイギリス軍が主導権を持つ。
主導権:イギリス軍
イギリス軍:Taletonの騎兵部隊がマップ西端のSaulsbury Roadより進入。そのまま道路移動にて東進し、Richard Williams邸付近まで前進。

アメリカ軍:アメリカ軍は、特別ルールにより第6ターンになるか、それとも前哨部隊がイギリス軍に対し攻撃を行うまで主力部隊は行動できない。
イギリス軍騎兵の接近を知ったBretigneyの騎兵部隊(哨戒部隊)は、接敵されないギリギリの位置まで後退。アメリカ軍の前哨部隊は、自分から攻撃できるほど大きい戦力な訳でもないので、本隊の行動制限が解除される第6ターンまで時間を稼ぐ方針。New Garden Road上の騎兵を前進させる一方で、行動可能な軽歩兵3ユニットを自軍左翼へ移動させる。

b0162202_19371515.jpg


↑↑↑第1ターン終了時。史実では第8~第9ターン辺りが本格的な戦闘開始らしい。しかも、戦闘は約1時間半で終了したと言われている。

続く・・・。


[PR]
# by slgplayer | 2018-01-04 19:47 | SLG | Comments(0)

2017年、間もなく終了

2017年も間もなく終了する。
今年はJr.とあんまりゲームをプレイできず、ちょっと残念。

このブログをご覧の皆様、よいお年を。


[PR]
# by slgplayer | 2017-12-31 15:35 | その他 | Comments(0)

GMT「Eutaw Springs」をソロプレイ④

GMT「Eutaw Springs」ソロプレイの続きである。両軍ともにほぼ同戦力での戦いのため、ここまでお互いに決定的な戦果を挙げてはいない。尚、このシナリオは全10ターンにて終了する。

第8ターン(14:00)
主導権:アメリカ軍
アメリカ軍:先手を取ったアメリカ軍は、イギリス軍の戦列に対し突撃を敢行。アメリカ軍左翼はほぼ釘付け状態としイギリス軍右翼を拘束。アメリカ軍右翼の攻撃では、イギリス軍に1ステップの損害を与える。
イギリス軍騎兵に対する攻撃は、軽歩兵が敗走し失敗。戦列に復帰したSwamp Foxによる攻撃もR/R(双方退却)の結果となり戦果なし。

イギリス軍:不利な態勢となってしまった右翼だが、増援を差し向けようにも、そんな兵力はどこにもない。ここは何とか踏み止まるしかない。しかし、イギリス軍の願いも虚しく、右翼では2ユニットが敗走。王党派N.Y志願兵大隊などは、S.C民兵によるライフル射撃を受けただけで逃げ出してしまう始末。対照的に、イギリス軍左翼はアメリカ軍を後退(敗走には至らず…)させ1ヘクスの前進を果たす。

b0162202_201042100.jpg

↑↑↑第8ターン終了時。アメリカ軍士気「12」、イギリス軍士気「10」

第9ターン(15:00)
主導権:イギリス軍
イギリス軍:野営地に迫るアメリカ軍に対し、イギリス軍は必死の反撃を行う。ダイス目の幸運も味方し、大陸軍の精鋭Maryland旅団を敗走させる事に成功する。
イギリス軍騎兵が、アメリカ軍右翼にてN.C民兵を攻撃し、これを降伏させる。

b0162202_201144.jpg

↑↑↑イギリス軍騎兵がN.C民兵を側面より攻撃。不意をつかれたN.C民兵は降伏。

b0162202_20112134.jpg

↑↑↑Greene直率Maryland旅団に対し、イギリス軍必死の反撃。流石のMaryland旅団も敗走。

アメリカ軍:Maryland旅団が敗走してしまった事で孤立した軽歩兵を後退させる。アメリカ軍右翼を襲ったイギリス軍騎兵を排除しようと試みるが、取り逃がしてしまう。

b0162202_20113856.jpg

↑↑↑第9ターン終了時。アメリカ軍士気「11」、イギリス軍士気「13」

第10ターン(16:00)
主導権:イギリス軍
イギリス軍:後退するアメリカ軍軽歩兵を追撃。最大比率(4:1)で攻撃を行うが、ダイス目が振るわず、釘付け状態とするのみ。

アメリカ軍:イギリス軍に対し最後の突撃を行う。アメリカ軍有利な戦闘比だったが、イギリス軍は粘りを見せ、両軍各1ユニットが敗走となり、他はすべて釘付け状態となって終了。

b0162202_20115889.jpg

↑↑↑最後の突撃。

b0162202_20121146.jpg

↑↑↑両軍ともに決定的な損害を与えられずにゲーム終了。アメリカ軍の軍士気は「10」、イギリス軍の軍士気は「13」という事で、イギリス軍が若干優勢か?

b0162202_2012248.jpg

↑↑↑両軍の損害比較。兵員の損失はアメリカ軍の方が多いものの、イギリス軍は司令官のStewartが戦死している。

両軍ともにサドンデス勝利の条件を満たせなかったため、勝敗はVPにより決定される。地理上のVPは両軍ともに獲得していないので、純粋にユニットの損害のみカウントする。その結果は以下の通り。

アメリカ軍VP:3VP
イギリス軍VP:4VP

勝利するためには自軍の獲得VPが相手の獲得VPを3ポイント以上上回る必要があるが、両軍VPの差は1VPということで「引き分け」の結果となった。

ユニット数が少なく、それでいて両軍の戦力は拮抗しているので、サドンデスの条件を達成する事は両軍とも基本的に困難と考える。ほぼ同等の戦力によるガチンコ勝負なため、両軍の取りえる選択肢はかなり少ないが、このシリーズへの入門用シナリオと考えれば十分である。

次は「Guilford Couthouse」をソロプレイしてみたいと思うが、来年かな。
[PR]
# by slgplayer | 2017-12-29 20:29 | SLG | Comments(0)