主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
最新の記事
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-21 11:38
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-17 20:40
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-14 19:14
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-10 23:36
AD/GJ「Fighting..
at 2018-04-07 11:28
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:42
たしか「戦闘後前進が強制..
by ポール・ブリッツ at 00:45
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 23:21
こんばんは。マイケルさん..
by ポール・ブリッツ at 22:35
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:55
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」キャンペーンをソロプレイ②

引き続きDDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」よりキャンペーンソロプレイの続きである。

b0162202_19172888.jpg

↑↑↑最終第38ターン終了時の状況。米軍戦区は南西端の突破エリアへの前進が必須なのだが、天候が悪化し補充も乏しくアヴランシュの半分を占領した所で膠着状態に陥る。戦線中央のVP都市であるドンフロンもドイツ軍の反撃にあい奪取された。英軍戦区においてもアルジャンタンを占領したものの、延びきった側面に対するドイツ軍の反撃の前に前進はストップした。結局、VP15は達成したものの、アヴランシュからの突破はならずドイツ軍が勝利した。ユニットの損失はVPに直接は関係してこないので、連合軍は相打ち上等でもっと積極的に攻撃してもよかったのか?ダイス目によるのだろうが、連合軍の補充が他のノルマンディ戦SLGより厳しく感じた。また、ドイツ軍には戦略移動があるので兵力展開が思ったより容易で早い。しかし、あたり前ながら接敵すると戦略移動が不可能になるので、戦闘に突入した部隊は反対に容易に配置転換ができなくなるのも特徴。

次は久々に南北戦争ものをソロプレイする予定。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-31 19:41 | SLG | Comments(0)

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」キャンペーンをソロプレイ①

先日の「JUNE'44」が面白かったので、いきなりだが今度は「JUNE - AUGUST '44」キャンペーンをソロプレイ。全38ターンの長丁場である。

b0162202_155222100.jpg

↑↑↑第27ターン終了時。ドイツ軍防衛線の中央を突破した米軍はモルテンからドンフロンへ進撃。これによりドイツ軍は東西に分断される形となった。米軍はアヴランシュ、英軍はアルジャンタンへ迫る勢いで連合軍の勝利は目前に思える。今回は戦闘補給ポイントも順調に供給され、マルベリー完成後は余ってしまっている。戦闘補給が十分だったこともあり、自然と攻撃回数が増加、それに伴い両軍の損害も増え、特に米軍はステップロスのユニットがかなりある。しかしその分ドイツ軍も相応の損害を被っており、反撃する余裕は全くない。シェルブールは連合軍が軽視したせいもあり未だドイツ軍の手中にあるが、もはや戦局には何も寄与していない状態。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-29 16:08 | SLG | Comments(0)

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」から「JUNE'44」をソロプレイ

先日、家族でリニューアルされたサンシャイン水族館へ行って来た。内装はかなり凝った造りになってたけど、なんか前より魚の数や種類が減った感じがした。それより、最近動物園や水族館に出かけるとカメラを構えた大人が子供を押しのけて動物の写真を撮っているのに遭遇する。最近動物の写真撮影って流行ってるの?

大河ドラマ「江」は大阪の陣。他の大河ドラマと違い豊臣秀頼がかなり優秀な人物として描かれているのが興味深い。まあ、これは家康との対比を鮮明にするための演出なのだろうけど、SLGに登場する秀頼はどれも軒並み使えない武将である。これは秀頼の登場するゲームの多くが関ヶ原の戦いのゲームなので仕方の無いことなのだが、AD/GJ「真田軍記」等数少ない大阪の陣のゲームでも取敢えず出てくるだけで武将としての能力は最低である。もしかしたら、これを機に豊臣秀頼が活躍する大阪の陣のIFも案外あってもいいかもと思う。

前々から気になっていたDDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」のユニットを切ったので、手始めに「JUNE'44」をソロプレイ。タイトルからわかるように、ノルマンディ上陸作戦からコブラ作戦を経て連合軍のアブランシュ突破までを扱うSLG。規模は1ユニット=連隊~師団、1ターン=2日、1へクス=4Kmとノルマンディ戦のゲームとしては一部のビックゲームを除いてよくあるもの。

b0162202_104662.jpg

↑↑↑「JUNE'44」終了時。連合軍6VPで結果は引き分け。天候と戦闘補給のダイス目が低調だった割りに引き分けという事なので、ちまたでの噂通りやはり連合軍有利なのか?「AUGUST '44」との連結キャンペーンではまた様相が変わってくるんだろうなあ。

感想:ユニット規模が師団なのでユニットが少ない印象を受けるが、実際プレイしてみると地形と移動力の関係で包囲されるような事もあまり無く気にならない。一見ターン数が多く時間のかかるゲームにも見えたが、ユニット数が適度に抑えられているのと、戦闘は1へクスからしか行えないとか、戦闘補給ルールのおかげで1ターンの戦闘回数が限られるので案外サクサク進む印象。増援の上陸部隊のスケジュールが決まっているのも時間短縮に貢献している。後退ルールが無いので自ずと消耗戦になる。戦闘結果表の右端でも効果なしが存在し、左端でも相手にステップロスの結果があるため消耗戦は更に加速する。ただし、1回の戦闘で与えられる最大損害が2ステップロスなので、3ステップ以上のスタックは1ターンでは突破できない。この辺のバランスはもっとやり込んでみないとわからないが、いい線いってるか?
他のノルマンディ戦のゲームには無い違和感を持ったのは、10面ダイスを使用するため、天候や補給・補充、戦闘の結果に振れ幅が少々大きいかなと感じたくらい。実際、今回のソロプレイでは15回戦闘補給ダイスを振ったわけだが戦闘補給ポイントは平均約2.5ポイントと低調だった。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-26 11:24 | SLG | Comments(0)

WAW♯20「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」より「Kursk」をソロプレイ③

WAW♯20「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」のシナリオ「Kursk」ソロプレイの続きである。

7月13日(第13~第16ターン)
天候:晴れたり曇ったり
ドイツ軍3Pz大隊とソ連軍1Tk大隊の決闘とも言える戦いはドイツ軍3Pz大隊の完全勝利に終わった。3Pz大隊のタイガー戦車は勝利の勢いに乗りRcn大隊を蹂躙し、Bresowka後方に陣取っていたRckt大隊の残余部隊をも粉砕した。しかし、肝心のBresowka攻撃部隊の戦果はパッとしない。ドイツ軍Eng大隊の戦闘工兵中隊はまたしても攻撃に失敗し後退、その上ソ連軍1Mot大隊の追撃を受け壊滅した。これに対しドイツ軍はEng大隊援護のため前進していた2Pz大隊を向かわせ攻撃を行う。1Mot大隊は一方的に損害を出し後退。夜になり戦線後方への離脱を計るが、2Pz大隊の更なる攻撃を受け壊滅した。また、ドイツ軍1Fus大隊所属の突撃砲中隊が243高地の麓に配置されていたソ連軍Art大隊に突入しこれを完全に破壊した。
この日、ソ連軍は稼動全戦車に加えすべての砲兵を失った。

b0162202_19331772.jpg

↑↑↑第16ターン終了時の状況。
b0162202_1934922.jpg

↑↑↑Bresowkaで最後の抵抗を試みるソ連軍2Rif大隊。

7月14日(第17~第20ターン)
天候:曇りのち晴れ
ドイツ軍3Pz大隊のタイガー戦車による猛烈な砲撃の後、HQ護衛中隊の攻撃によりBresowkaに立て篭もるソ連軍2Rif大隊は大損害を被り敗走。HQ大隊は残敵を掃討しつつ要衝Rakowoを占領した。一方、3Fus大隊は2Pz、3Pz大隊の援護を受けクルスク方面へ向け前進し、297高地の麓に陣地を構築し待ち構える最後のソ連軍部隊である2Mot大隊を攻撃。ソ連軍には戦車も砲兵の援護も無く、次々と部隊は粉砕されていく。その日の夜に最後の一兵まで抵抗し2Mot大隊は文字通り全滅。ドイツ軍3Fus、2Pz、3Pz大隊には前進する余力なく、僅かにRcn大隊の生き残り部隊が盤端の勝利条件都市Rakowoを占領した。

b0162202_19342635.jpg

↑↑↑第20ターン終了時の状況。盤上のソ連軍は一掃された。

ドイツ軍VP
Werchopenji、Ssyrezwo、230高地の占領・・・各1VP
Rakowo、Bresowka、243高地の占領・・・各2VP
Kalinovkaの占領・・・3VP

合計12VPでドイツ軍の勝利。

GD師団はこの方面のソ連軍を一掃した。しかし翌15日、軍団司令部よりの命令は「前進」ではなく「撤退」であった。

感想:他のシナリオをプレイしてみなければ何とも言えないが、雑誌付録ゲームによくありがちなディベロップ不足のゲームというのが率直な感想。大隊ごとにチット引きでの活性化はまあいいとして、戦闘ルールが全般的に首を傾げる感じ。一見ユニットのZOCに接敵してのメイアタックがメインのゲームと思いきや、距離をとっての射撃の方が有効。しかし、接敵しての戦闘をメインにユニットのレーティングが設定されているので、それを元に損害が決定される射撃においてはエレファントやKV-2が撃たれ弱い。掩蔽壕に篭る対戦車砲は通常戦闘には防御効果を得れるのに対し、射撃に対しては命中率も含め全く防御効果を得れない折角戦車にオーバーランのルールがあるのにこれではオーバーランを使う場面に中々出会わない。砲兵射撃も間接射撃支援よりある程度近距離での直接射撃の方が威力があり使い勝手がいいのも変。指揮範囲がどれも広いため大隊司令部の役割がイマイチ伝わらない。など挙げていったらきりが無い残念な出来。AD「ドイツ装甲師団長」が入手困難でTCSシリーズは敷居が高く、ASLは金がかかるのでこういうゲームは貴重なので是非改良して欲しい。やりたい事いいたい事はわかるゲームなので磨けば輝く可能性大である。

b0162202_19344284.jpgb0162202_19345485.jpg

↑↑↑オマケ。6Aより発売されている「チタデレ」および「クルスク」において今回の「GD」のシナリオの範囲はこんな感じになる。ドイツ軍はこの範囲を突破するのにに4日もかけていた事になる。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-22 19:41 | SLG | Comments(0)

WAW♯20「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」より「Kursk」をソロプレイ②

今朝、「カダフィ大佐死亡」のニュースを見た。これで、自分が子供の頃からの独裁者で今も生存しその座に君臨しているのはキューバのカストロ議長くらいだ。映画に出てくる軍事政権の悪の親玉が大佐だったり、反乱の首謀者が大佐だったり、カダフィ大佐は映画やドラマ、小説などあらゆるものに多大な影響を与えている。もしかしたら、赤い彗星のシャアが最後まで大佐だったのもこの影響大と言えるのかもしれない。今後のリビア情勢を見守りたい。

さて、「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」のシナリオ「Kursk」ソロプレイの続きである。
各部隊の略号は次の通り。
Art=砲兵、Eng=工兵、Gr=擲弾兵、Fus=軽歩兵、Pz=装甲、Rcn=偵察、AT=対戦車、Tk=戦車、Hvy=重戦車、Mot=自動車化、Rif=ライフル、Rckt=ロケット、Res=予備、HQ=司令部

b0162202_1222931.jpg

↑↑↑勝利条件は都市の占領および突破によりドイツ軍が9VP以上獲得すればドイツ軍の勝利、9VP未満ならソ連軍勝利となっている。

1943年7月10日(第1~第4ターン)
天候:晴れのち曇り
まず、ドイツ軍2Gr大隊がSsyrzewoへ突入。逃げ遅れた感のあるソ連軍1Rif大隊HQを排除し後続の1Fus大隊と共にPena川に架かる橋梁の南岸に取り付いた。しかし、対岸は地雷原のため移動はそこでストップ。その上、昼頃救援に駆けつけてきたソ連軍2Tk、Res大隊所属のT34の砲撃にさらされ、ドイツ軍の2Gr、1Fusは支援中隊を除きすべてステップロスの損害を受ける。その後、後方よりの支援砲撃や88mm砲による砲撃、夕方には増援として到着した3Pz大隊の援護の元、その日の夜にはソ連軍Res大隊を排除し2Gr大隊は橋梁を占領しPena川北岸への渡河に成功した。ドイツ軍1Fus大隊はPena川に架かるもう一つの橋の占領を試みるものの、ソ連軍2Tk大隊に加えWerchopenjeから後退してきたRcn大隊がPena川北岸に陣取り、これを排除できないでいる。
WerchopenjeにてPena川に架かる橋をを目指したドイツ軍1Gr大隊であったが、ソ連軍は橋を爆破して後退した。川の対岸には2Tk大隊所属のT34が2個中隊配置されているため、そこでの橋梁修理および渡河を断念。仕方なくその日の夜にSsyrzewo~Werchopenje間にある浅瀬より渡河を行う。浅瀬の対岸は地雷原に加えソ連軍の塹壕線があり戦闘となり、1Gr大隊は再びPena川南岸へ撃退された。
単独での渡河・攻撃となってしまったドイツ軍Eng大隊は、工兵大隊の特徴を活かし筏でPena川を渡河、対岸に構築された陣地線を攻撃した。しかし、そこに立て篭もるソ連軍3Rif大隊は渡河して来るドイツ軍を待ち構えており、その日行われたドイツ軍Eng大隊による4度に渡る突撃は全て撃退されてしまった。

b0162202_125818.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の状況。

b0162202_1253437.jpg

↑↑↑Ssyrzewo付近の状況。Pena川北岸へ渡河できたのは2Gr大隊のみ。

b0162202_1254980.jpg

↑↑↑Alexeiewka付近の状況。ドイツ軍の4度に渡る突撃は陣地を守備するソ連軍3Rif大隊の活躍により撃退された。

1943年7月11日(第5~第8ターン)
天候:晴れ、夕方には霧後雨
ドイツ軍2Gr大隊が突撃砲中隊の援護を受けPena川北岸に進出したため、ソ連軍Rcn大隊は後退を余儀なくされる。これにより1Fus大隊はPena川に架かるもう一つの橋を占領し北岸へ前進。1Gr大隊も地雷原を排除し再び浅瀬を渡河。対岸のソ連軍陣地を攻撃しこれを占領した。そこへソ連軍は更に1Tk、Hvy大隊を投入。これにRckt大隊によるカチューシャ一斉砲撃が加わりドイツ軍2Gr大隊は88mm砲中隊を残し壊滅、1Fus、1Gr大隊も半数を失う大損害を被る。ドイツ軍の残存部隊は3Pz大隊所属のタイガー戦車の砲撃によりHvy大隊が損害を受け後退した隙に前進をするが、ソ連軍Rcn大隊が反撃を行い、結局1Fus大隊は渡河地点まで後退、1Gr大隊のみがソ連軍陣地を占領しながら前進。ドイツ軍Rcn大隊がそれに続いた。2Gr大隊壊滅により開いた穴には予備として後方に待機していた3Fus大隊を送り込む。
Werchopenjeにて残っていたもう一つの橋を渡り、ソ連軍の側面を突こうとしたドイツ軍1Pz大隊は、2Tk大隊の生き残りのT34中隊による阻止砲撃およびArt大隊の凄まじい弾幕射撃により全稼動戦車を破壊され壊滅した。
Alexeiewka付近でPena川を渡河したドイツ軍Eng大隊は、戦力の半分を失いながらも6度目の突撃でようやくソ連軍陣地を突破することに成功。そのままBresowkaへ向かうが、途中ソ連軍1Mot大隊との戦闘に巻き込まれる。

b0162202_1261112.jpg

↑↑↑第8ターン終了時の状況。

b0162202_1262566.jpg

↑↑↑Ssyrzewo付近の状況。ドイツ軍は甚大な損害を被りながらも前進。

b0162202_1263857.jpg

↑↑↑Alexeiewka付近の状況。Eng大隊はようやくソ連軍陣地を突破することに成功。そのままBresowkaへ向かうが、途中ソ連軍1Mot大隊との戦闘に巻き込まれてしまう。

1943年7月12日(第9~第12ターン)
天候:晴れ時々曇り
ソ連軍戦車部隊を粉砕するため虎の子3Pz大隊がPena川を渡河。タイガー、エレファントのアウトレンジ射撃によりKV-2を擁するソ連軍Hvy大隊を粉砕した。しかし、その間ソ連軍砲兵による弾幕射撃によりタイガー戦車中隊が3つともステップロス。ドイツ軍の士気が下がる。これに対しソ連軍1Tk大隊は覚悟を決めたのかドイツ軍3Pz大隊と正面から撃ち合う位置に前進。
比較的損害の軽微な2Pz大隊は砲兵の援護を受けBresowka南端の陣地に立て篭もっていたソ連軍AT大隊の残余を排除。その後、苦戦するEng大隊を援護するため前進。そのためEng大隊と対峙していたソ連軍1Mot大隊はBresowkaへ後退した。ドイツ軍Eng大隊はそれを追い単独でBresowkaのソ連軍陣地を攻撃するがこれはさすがに無理があり失敗した。
このターン、射程が短いため前進配置されたいたソ連軍Rckt大隊をドイツ軍砲兵が捕捉し攻撃。損害を与える。
夜の間にドイツ軍は2Pz、Eng大隊及びHQ護衛中隊にてBresowka攻撃の準備を行う。

b0162202_1265684.jpg

↑↑↑第12ターン終了時の状況。

b0162202_127873.jpg

↑↑↑Ssyrzewo付近の状況。ドイツ軍3Pz大隊がソ連軍Hvy大隊を粉砕し、この方面のソ連軍戦車戦力は一気に半減した。

b0162202_1272264.jpg

↑↑↑Bresowka付近の状況。夜の間にドイツ軍は2Pz、Eng大隊及びHQ護衛中隊にてBresowka攻撃の準備が行われる。

ここまでに両軍とも損害は甚大である。
ドイツ軍は1Gr、2Gr、1Fusは若干の支援中隊を残し壊滅的な損害を被っており、工兵大隊も既に2/3の戦力を失っている。2Pz、3Pzおよび3Fus大隊に加えHQ護衛用の3個中隊、それに砲兵が残っている戦力である。
ソ連軍はRes、AT大隊が壊滅しており、Hvy大隊が残存1個中隊。1Tk大隊のKV-1装備の3個中隊の計4個中隊が残る戦車戦力。1Mot、2Mot、2Rif大隊の損害はほとんどない。ただし、砲兵戦力がドイツ軍の3個大隊に比べ1個大隊+ロケット砲1個中隊とかなり差が開いている。

ドイツ軍に残された時間はあと2日(8ターン)。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-21 12:27 | SLG | Comments(0)

WAW♯20「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」より「Kursk」をソロプレイ①

WAW誌20号の付録ゲーム「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」(以下「GD」」)のルールを何度か読んでみたが、イマイチよくわからなかったり、誤植か?と思われる部分があったりで、ここ数日間放置してあった。ルール自体も違和感のある部分が多くプレイするのが躊躇われたが、置いておいてもしょうがないのでプレイしてみた。

とりあえず最初のシナリオ「Kursk」。チタデレ作戦開始から約1週間後の7月10日から開始されたBeresowka付近の戦闘である。

b0162202_9541028.jpgb0162202_9542950.jpg

↑↑↑左側:ドイツ軍戦力。1Pzの第1中隊はパンサーを装備しているが、チタデレ作戦開始から既に1週間が経過しすべてステップロス状態。第3大隊はタイガーに加えエレファントをも装備しているが増援部隊。装甲擲弾兵および軽歩兵はどちらも1個大隊を欠いている。砲兵はかなり充実。師団司令部の護衛中隊がそこそこ強力な戦力を誇る。工兵が充実しているので陣地攻撃には期待できる。
右側:ソ連軍戦力。これって第5親衛戦車軍の中の部隊?ドイツ軍よりも数が少ないが戦車戦力はかなり充実している。とくに対戦車大隊は射程も長くやっかい。地雷原や防御陣地があるので防御は十分可能。

b0162202_10412380.jpg

↑↑↑初期配置。大隊司令部だけSsyrzewoに突出配置され所属中隊はPena川の北岸に配置というソ連軍1Rif大隊の配置に納得がいかないが、とりあえずルール通りに配置してみる。ソ連軍2Mot大隊の配置はかなり極端だが、史実ではこのあたりまでドイツ軍は進出したらしいのであえてこんな配置である。一方ドイツ軍は期待した工兵大隊とは連携が難しい初期配置となっていたので、工兵大隊単独でソ連軍陣地突破を図る。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2011-10-20 09:53 | SLG | Comments(0)

SPI/6A「ウェストウォール」を対戦

先方よりの希望でSPI/6A「ウェストウォール」より「ヒュルトルゲンの森」を対戦した。

○SPI/6A「ウェストウォール」より「ヒュルトルゲンの森」
・担当:ドイツ軍
・結果:敗北 ドイツ軍15VP:アメリカ軍99VP アメリカ軍決定的勝利

b0162202_9475287.jpg

↑↑↑最終ターン終了時の状況。
開始前の段階でゲームバランスをとるための日本版改訂/選択ルールを使用するかどうか検討した。特に航空支援が1ターン20ポイントとゲームを通じて合計20ポイントではかなりの差がある。この中間位の独自のルールでやってみることも考えたが、結局原版どおりのルールでプレイする事とした。
ゲームは第5ターンにドイツ軍が後退を企図して行った攻撃でドイツ軍が2回連続「6」、つまり「AE」を出してしまいこれにより北部森林内の4ユニットが除去となる。これにより北部戦線は崩壊。それに伴い中央戦線も後退を余儀なくされ。結局第11ターンの増援が来るまで反撃も実施できず、アメリカ軍の損害も3ユニットにとどまる。

○SPI/6A「ウェストウォール」より「アルンヘム」
・担当:連合軍
・結果:第6ターン終了時にて時間切れ終了。連合軍敗北確定状態。
第2ターンには英第1空挺師団の降下ポイントをドイツ軍に抑えられてしまい、奪回するための戦闘にことごとく敗北。 第5ターンには英第1空挺師団の全てのユニットが除去。地上部隊はナイメーヘンの橋を渡った所でドイツ軍の防衛線にあたり前進はストップ。第6ターン終了時で時間切れ終了としたが、その時点で英第1空挺師団の全ユニット除去やそこに至るまで連絡線遮断のVPを挽回できる見込みはなかった。

感想:「ヒュルトルゲンの森」はやはり原版のままではバランスに難がある。かといって日本版改訂/選択ルールは特に航空支援について極端な気もする。ただ根本の問題はZOCで囲んで除去するというようなゲームシステムと戦闘結果表にあると思うので、日本版改訂/選択ルールで支援ポイントや砲兵がどうなろうと、ゲーム上のバランスはとれるだろうが、米第28歩兵師団が「血のバケツ」と呼ばれる事になった戦いには見えそうも無い。
一方の「アルンヘム」の方は途中までしかプレイしていないが、手ごろなサイズの地図、ユニット数、ターン数でプレイしやすいマーケットガーデン作戦のゲームだった。地図が狭いため連合軍地上部隊の進撃が早いような気もするし、工兵の効果が強力すぎるような気もするが、1ターン=1日という事を考えればまあこんなものか。

次回は海戦モノを対戦予定。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-19 09:47 | SLG | Comments(0)

WAW♯20「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」を試してみる

今日の朝刊の一面に自衛隊の対中スクランブルの回数が激増とのニュースが掲載されていた。航空機に対してのものだけではなく、対潜哨戒機によるスクランブルについても書いてあった。数日前にあった自衛隊の次期戦闘機についてのニュースの直後だけに、ちょっと恣意的なものも感じる。
次期戦闘機の候補に挙がっているのは「F35」「F18」「ユーロファイター」の3機種らしい。自衛隊が狙っているのは「F35」ということだが、よく考えればこの航空機は垂直離着陸が可能とのことなので、もしかしたら「ひゅうが型」に搭載して中国の空母に対抗しようとしているのかもと勘繰ってしまう。

WAW誌20号の付録ゲーム「GROSSDEUTSCHLAND PANZER」(以下「GD」」)を入手。このゲームは東部戦線のSLGプレイ経験がある人ならみんなお世話になっているグロスドイッチュラント装甲師団の戦いを4つのシナリオで再現したものである。1ユニット=中隊、1へクス=約500m、1ターン=6時間というスケールとなっており、故アドテクノスより発売されていた「ドイツ装甲師団長」を思い出す。しかし、「GD」では基本的には部隊どうしが隣接しての戦闘解決だが、射程を持つユニットでの直接射撃や機会射撃、オーバーラン、イベントチット、そして大隊ごとに活性化チットを引き行動させていくなど似て非なるものとなっている。活性化チットやイベントチットなど今でこそ当たり前だが、「ドイツ装甲師団長」が発売された頃にはあまり馴染みのないシステムだった事を考えると時代の流れを感じる。

早速、シナリオ1「Kursk」のセットアップをしてみた。
b0162202_19215755.jpg


ルールをまだ読み込んでないのでこのままプレイするかは未定。

そういえば、今日から自分が生まれた町の秋祭りのはず。神社の境内にある土俵での相撲大会に始まり、太鼓台や御神輿、出店と小学校も早く終わっていたし、子供の頃はホント楽しみにしてた。最近は年々縮小傾向にあったが、今年は原発事故の影響でさらに縮小されているんだろうなあ・・・。

来週はSPI/6A「西方防壁」を対戦予定。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-14 19:26 | SLG | Comments(0)

DVG「FIELD COMMANDER NAPOLEON」1798年戦役③

昨日、家族で東京ディズニーシー(TDS)へ行ってみた。東京ディズニーランド(TDL)へは何度も行っているのだが、TDSはこれが初。毎回思うのだが、TDR内の装飾って妙に凝っているものが多く案外見ていて飽きない。今回はルネッサンス期のイタリアの帆船が◎。

DVGのソロプレイ用SLG「FIELD COMMANDER NAPOLEON」1798年戦役の続きである。

1798年2月:フランス軍は最後の目標エリアであるJaffaへ移動。戦力は6部隊40戦力。Jaffaには守備隊と敵援軍あわせて12戦力が配置されていたが、El ArishやGaza守備隊同様フランス軍に降伏した。
フランス軍がAcreの1エリア以内に接近してきたためMount Taborのオスマン軍8部隊29戦力が現れる。オスマン軍の移動は「ランダム」の結果だったが、ランダムに判定した結果フランス軍が占領したJaffaへの移動となりここにJaffaの戦いが発生した。
戦場の霧判定によりオスマン軍には増援部隊が1部隊登場する。戦闘ラウンドは「5」ラウンド。フランス軍は無駄な損害を抑えるためインサイト「Morale」を選択した。
戦闘は3ラウンド目にDumas、Guidesの騎兵が突撃を敢行しオスマン軍の戦列を一掃、これにより残存部隊は敗走した。その後オスマン軍の反撃によりMenau師団及び突撃したGuidesの騎兵が除去されDesaixの部隊がステップロスした。

b0162202_15403415.jpg

↑↑↑Jaffaの戦い。
b0162202_15414530.jpg

↑↑↑1799年2月終了時の状況

1799年3月:フランス軍はAlexandriaへ後退を開始。エリア確保ののため残す部隊を除くと移動可能部隊は3部隊しか残っていないため、損耗判定も失敗しずらくなっている。

1799年4月:Alexandriaへ後退を継続。途中強行軍を行いフランス軍はBitter Lakeに到着。さすがに損耗判定に失敗し1ステップロスの損害を被る。

1799年5月:強行軍を行いAlexandriaへ到着。結局、戻ってきた3部隊のうち2部隊がステップロス。これらの部隊を補給ポイントを使用し回復させる。判定の結果、心配されたオスマン軍はこのターンには現れず。

b0162202_15411836.jpg

↑↑↑1799年5月終了時の状況。

1799年6月:オスマン軍6部隊27戦力がAlexandriaに現れる。フランス軍は5部隊23戦力。インサイトは「Sweep」「Morale」の2つを用意し、減少した指揮値は補給ポイントで補充し戦闘プラン数も「2」を維持し戦いに臨んだ。戦闘は4ラウンド目にオスマン軍の前衛を突破したBon師団の攻撃により、オスマン軍はフランス軍残存22戦力の1/3以下の7戦力となり敗走した。オスマン軍残存1部隊はDaminettaへ後退。フランス軍はNautique師団を失い、Kleber師団がステップロスとなった。

b0162202_1542933.jpg

↑↑↑Alexandriaの戦い。
b0162202_15422224.jpg

↑↑↑1799年6月終了時の状況

1799年7月:Daminettaへオスマン軍を追撃。これを除去。
1799年8月:Alexandriaへ移動し、最終ターンが終了。
b0162202_15423772.jpg

↑↑↑1798年戦役終了時の状況。

各地の守備隊とあわせて残った部隊は8部隊ということで24VPを獲得。史実通りという結果に終わった。

b0162202_15584722.jpg

↑↑↑1798年戦役におけるナポレオン・ボナパルトの軌跡。

前回とあわせて現在VPは「44」。このペースではナポレオンを越えるVP獲得は難しい。次は1800年戦役。気が向いた時にでも続きをやって見たいと思う。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-11 16:03 | SLG | Comments(0)

DVG「FIELD COMMANDER NAPOLEON」1798年戦役②

DVGのソロプレイ用SLG「FIELD COMMANDER NAPOLEON」1798年戦役、いわゆるナポレオンによるエジプト遠征の開始である。

1798年7月:フランス軍は8部隊47戦力の全軍をあげてCairoへ侵攻。移動のための損耗判定(ダイスをふり部隊数以下で1ステップロス)はダイス出目「10」で影響なし。幸先のいいスタートだ。Cairoに待ち受けるのはマムルーク軍6部隊14戦力とCairo守備隊9戦力の合計23戦力。
まず戦場の霧判定。結果はフランス軍が2補給ポイント獲得し、戦闘ラウンドは「5」とナポレオンにとっては幸運な結果となった。また、マムルーク軍をこの戦闘で完全に撃破するため補給ポイントを消費しフランス軍の戦闘プランを+1。またフランス軍はイタリア遠征で効果が実証されたインサイト「Sweep」を選択。ナポレオンの指揮値は「2」なので+1の「3」が成功値となる。
戦闘は前進してきたマムルーク軍に対しReynierの師団が前進。マムルーク軍前衛が混乱した所をDesaixの師団が攻撃し損害を与える。そこへ「Sweep」が成功し6Hitの損害をうけたマムルーク軍は潰走。その後の追撃によりマムルーク軍は完全に撃破された。
Cairoを占領したフランス軍は徴集兵部隊を購入しそこに配置した。

b0162202_10513981.jpg

↑↑↑Cairoの戦い。ナポレオンの「Sweep」の前に敗れ去った。

b0162202_10515575.jpg

↑↑↑1798年7月終了時の状況。

1798年8月:フランス軍はBitter Lakeへ進軍。移動により損耗を受けるが補給ポイントを消費しなんとか回復。
b0162202_10525970.jpg

↑↑↑1798年8月終了時の状況。

1798年10月:El Arishへ侵攻。移動により部隊は損耗を受ける。El Arish守備隊は戦場の霧判定による影響も無くフランス軍の姿をみただけで降伏。その後マムルーク軍残党らしき部隊がフランス軍へ攻撃をかけてくるが、僅か2部隊4戦力では即包囲殲滅となった。
このターン、アブキール湾にて発生したネルソン提督率いるイギリス艦隊との海戦に、フランス艦隊が敗北、この影響によりフランス軍は以後部隊の購入が不可能となる。ということは、目標エリアを確保するために守備隊や徴集兵を配置することができなくなり、確保し続けるためには代わりに正規師団を残していかなければならないということである。

b0162202_10531367.jpg

↑↑↑1798年10月終了時の状況。陸上では連戦連勝のナポレオンだが、海ではアブキール湾の海戦にてフランス海軍が敗北。フランス軍の補給状態はますます厳しくなる。

1798年12月:移動による部隊の損耗を受けながらGazaへ侵攻。Gazaの守備隊は強化され3部隊14戦力となっていた。戦場の霧判定は修正後「6」で隣接エリアのフランス軍部隊を移動させられるというものだったが、そんな余裕も無く戦闘を行う。しかし両軍の戦力を比較したところ、ステップロスしたとは言えフランス軍はいまだ43戦力とGaza守備隊の3倍を僅かに越えていることが判明。Gaza守備隊はフランス軍に降伏した。

b0162202_10533461.jpg

↑↑↑1798年12月終了時の状況。守備隊、徴集兵部隊を購入できないため、正規の師団を守備隊代わりに配置し目標エリアの確保を図らなければならない。

だんだん状況は厳しくなりながらもフランス軍は前進を続ける。このあと、オスマン軍との戦闘およびAlexandriaへの大返しの予定。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2011-10-09 11:06 | SLG | Comments(3)