主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新の記事
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-21 19:38
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-18 19:27
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-15 18:39
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-12 23:10
3W/CMJ「戦艦の戦い」よ..
at 2018-07-08 20:15
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:42
たしか「戦闘後前進が強制..
by ポール・ブリッツ at 00:45
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 23:21
こんばんは。マイケルさん..
by ポール・ブリッツ at 22:35
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:55
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(30)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


2018年 02月 28日 ( 1 )

ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」をソロプレイ⑤

ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」ソロプレイの続きである。両軍の損害は同等レベルで推移している。入り組んだ地形とアメリカ軍戦車の機動力が、ドイツ軍戦車の装甲・火力の優位を打ち消している感じ。

○第6イニング
第1フェイズ
2輌のM10及びM4A3E8(G12号車)は停止し、砲弾の再装填を急ぐ。下手な鉄砲もなんとやら、数を撃つ事でラッキーヒット(主砲、砲塔基部、キャタピラ)を呼び込みたい。
対するタイガーII(124号車)も停止し、砲弾を再装填。正面を向けているタイガーIIは、アメリカ軍戦車を圧倒する事が出来るハズである。
タイガーI(211号車)は果敢に前進し停止しているM4A3E8(G11号車)と対決。その距離約100m!至近距離で遭遇したタイガーIとM4A3E8は同時に発砲。M4A3E8の76㎜砲弾(貫徹力「13」)はタイガーIの車体上部に命中。装甲判定の結果は「12」。76㎜砲弾はタイガーIの装甲を貫通し、大破炎上。タイガーIの放った88㎜砲弾(貫徹力「15」)はM4A3E8の砲塔部分に命中。装甲判定の結果は「12」。88㎜砲弾はM4A3E8の装甲を貫通し、これを吹き飛ばした。

b0162202_2002218.jpg

↑↑↑タイガーI対M4A3E8。至近距離での撃ち合いは、相討ちとなった。

第2フェイズ
M26(C14号車)は、ヤクトタイガーが移動力消費を終える前にタイガーIIの側面を衝こうと移動を続ける。
砲弾の再装填を終えた3輌のアメリカ軍戦車(M10×2とM4A3E8)とタイガーIIが再び砲火を交える。
砲火を交える4輌ともが停止中。アメリカ軍の3輌は、全てタイガーIIに命中。2輌のM10が放った砲弾は、車体上部と防楯に命中したものの、タイガーIIの厚い装甲を貫通できずに弾かれてしまう。M4A3E8の発射した76㎜砲弾は、タイガーIIのキャタピラに命中。タイガーIIは移動不能となった。
一方のタイガーII(124号車)は、砲弾が石垣に阻まれるリスクを避け、目標をM10(B22号車)へ変更。正面0°距離350mにて発射された88㎜砲弾(貫徹力「21」)は、M10の車体上部に命中。装甲判定の結果は「13」で貫通。M10(B22号車)は大破炎上。

b0162202_2024159.jpg

↑↑↑タイガーII(124号車)は、森林ヘクス内のM10を撃破するものの、集中砲火を受けキャタピラを破壊される。

第3フェイズ
タイガーIIの再装填中に、次の目標となりそうなM4A3E8(G12号車)は一時後退を開始。M10(B21号車)は、石垣の防御を頼りに射撃を継続するため次弾装填を急ぐ。M26は、移動不能となったタイガーIIの側面を衝くように移動。

第4フェイズ
M4A3E8(G12号車)はタイガーIIからのLOSが遮られる位置へ後退。ヤクトタイガーは移動力消費を終え停止。砲弾の再装填を終えたM10(B21号車)がタイガーIIを射撃。M10の放った76㎜砲弾(貫徹力「12」)は、タイガーIIの砲塔正面に命中。装甲判定の結果は「19」。76㎜砲弾は装甲を貫通出来ずに弾かれる。

b0162202_2025514.jpg

↑↑↑キャタピラを破壊され走行不能のタイガーII(124号車)を援護するため、タイガーIが駆けつける。

第5フェイズ
M26(C14号車)が、タイガーIIを側面より射撃可能な位置まで前進。それと同時に、ヤクトタイガーからも生垣越しに砲塔を視認される。タイガーIIは砲塔を旋回させM26を狙う。
タイガーIIとヤクトタイガーはM26を、そしてM26はタイガーIIを射撃。
M26の射撃は、移動中な上に目標を確認したフェイズという不利な修正が大きい状況。しかし、ダイス目の幸運に恵まれ、発射した90㎜砲弾(貫徹力「14」)はタイガーIIの左側面車体下部に命中。装甲判定の結果は「8」。装甲を貫通されたタイガーIIは撃破された。
一方のドイツ軍は、ヤクトタイガーの射撃は命中しなかったものの、タイガーIIの88㎜砲弾(貫徹力「21」)はM26の砲塔正面に命中。装甲判定の結果は「14」。装甲を貫通されたM26は大破炎上。

b0162202_2031073.jpg

↑↑↑M26はタイガーIIの側面を衝きこれを撃破するが、タイガーIIが最後に放った砲弾を受けたM26も撃破された。

第6フェイズ
生き残る2輌のアメリカ軍戦車(M4A3E8とM10各1輌)は後退。ヤクトタイガーは旋回しアメリカ軍戦車の方向へ正面を向ける。タイガーI(222号車)は、後退するアメリカ軍戦車を追うように前進。

b0162202_2032326.jpg

↑↑↑両軍の稼働車輛は2輌づつ(ラングは移動不能のため実質無力化されているのでカウントせず)。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2018-02-28 20:17 | SLG | Comments(0)