主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新の記事
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-21 19:38
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-18 19:27
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-15 18:39
GJ「激闘!タイフーン電撃戦..
at 2018-07-12 23:10
3W/CMJ「戦艦の戦い」よ..
at 2018-07-08 20:15
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:42
たしか「戦闘後前進が強制..
by ポール・ブリッツ at 00:45
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 23:21
こんばんは。マイケルさん..
by ポール・ブリッツ at 22:35
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:55
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(30)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


2018年 02月 25日 ( 1 )

ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」をソロプレイ④

ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」ソロプレイの続きである。ここまで、両軍ともに1輌づつを失っている。彼我の距離が近づき、戦闘はいよいよ激しさを増して行く。

○第5イニング
第1フェイズ
マップAとBに跨った形だったため気が付かなかったが、M4A3E8(G12号車)とヤクトタイガーの間にLOSが通る事が判明(戦術・戦闘級ゲームではよくある事だ)。M4A3E8(G12号車)は急制動。タイガーII(124号車)とヤクトタイガーは、旋回し新たに出現した敵戦車に正面を向ける。ここでM26(C14号車)が前進できればヤクトタイガーの側面を衝けるところだが、M26は未だに移動力消費を終了していない。
ヤクトタイガーは装填中のため、M4A3E8(G12号車)のみ射撃を行う。
M4A3E8(G12号車)は正面0°距離500mにてヤクトタイガーを射撃。命中値は低めの「6」だったが、ダイス目は「6」でヤクトタイガーの正面防楯に命中。しかし、貫徹力「12」ではヤクトタイガーの防楯正面装甲「17」を貫通出来ず、76㎜砲弾は弾かれてしまい効果なし。

b0162202_10364152.jpg

↑↑↑M4A3E8(G12号車)は、ヤクトタイガーに対し射撃を行うが、搭載する76㎜砲では、ヤクトタイガーの正面装甲を貫く事はほぼ不可能。

第2フェイズ
マップA端っこの森林ヘクスで待ち伏せ態勢にあった4号駆逐戦車ラングを前進させる。タイガーIは様子見の停止状態。ヤクトタイガーも制動をかけ砲撃準備。タイガーII(124号車)は視界を確保するため前進。
ヤクトタイガーに狙われたM4A3E8(G12号車)は後退。これでヤクトタイガーとのLOSは、森林ヘクスによってギリギリ遮られた。

b0162202_1037314.jpg

↑↑↑第2フェイズ終了時。ヤクトタイガーに狙われたM4A3E8(G12号車)は後退。

第3フェイズ
タイガーI(222号車)を前進させ、後退中のM4A3E8(G12号車)を視界内に収める。逆に、M4A3E8(G12号車)とのLOSが途切れたヤクトタイガーは、再度旋回。森林ヘクスの背後に隠れるM26に正面を向ける。
M4A3E8(G12号車)は後退中のため移動力消費が終了していない。そこで、M4A3E8(G12号車)を援護するためM10(B21)を前進させる。M10はヤクトタイガーとの間にLOSを通し、プレッシャーを与える。M26(C14号車)は、M10と攻撃のタイミングを合わせるため一旦停止。タイガーIに気をとられていたM4A3E8(G13号車)は、前進した所でラングとの間にLOSが通ってしまう。

b0162202_10371732.jpg

↑↑↑両軍共に射撃の命中率を高めるため、砲撃は次のフェイズ。こういう時は慌てた方が負け!?

第4フェイズ
タイガーII(124号車)が目標としていた森林ヘクス(B2401)に到達し、M4A3E8(G12号車)とM10(B21号車)の2輌を発見する。
M26とM10からの挟み撃ちを避けるため、ヤクトタイガーは思い切って畑ヘクス(泥状態)へ前進。泥状態の畑ヘクスの消費移動力は「12」!。ヤクトタイガーの1イニングあたりの移動力を越えている。この移動、吉とでるか凶とでるか・・・。
M26はヤクトタイガーと単独で撃ちあう事を避け旋回。タイガーI(222号車)とM4A3E8(G12号車)が射撃。また、M4A3E8(G13号車)も旋回し、LOSが通るラングと砲火を交える。
タイガーI(222号車)はM4A3E8(G13号車)に対し、正面0°距離300mにて砲撃。しかし、ダイス目が悪く(命中値「6」に対しダイス目は「8」)命中せず。対するM4A3E8(G12号車)の射撃は、タイガーI(222号車)の車体上部に命中。M4A3E8の搭載する76㎜砲の貫徹力は「13」。これに対し、タイガーI車体上部の正面装甲は、ダイス目の幸運もあり「14」。76㎜砲弾は弾かれ、タイガーI(222号車)には損害なし。
次にM4A3E8(G13号車)とラングが砲火を交える。
M4A3E8(G13号車)に対し、正面0°距離400㎜にてラングが長砲身75㎜砲を発射。砲弾はM4A3E8の防楯に命中。長砲身75㎜砲の貫徹力「16」に対し、M4A3E8の防楯装甲は「9」。M4A3E8(G13号車)は大破炎上。

b0162202_1037351.jpg

↑↑↑タイガーI対M4A3E8の戦いは、幸運と不運が入り混じった結果、双方ともに損害なし。

b0162202_10374892.jpg

↑↑↑ラングは不用意に前進してきたM4A3E8を破壊するが、自らはキャタピラを破壊され移動不能となる。

第5フェイズ
建物の陰にあったM4A3E8(G13号車)をラングが排除してくれたので、タイガーI(211号車)は移動を再開。
森林ヘクス内のタイガーII(124号車)を距離の関係でギリギリ視認する事は出来ないのだが、M10(B21号車)は石垣の防御効果を信じタイガーIIと対決する。タイガーII(124号車)は石垣の上に出たM10(B21)の砲塔部分を視認。正面0°距離350mにてタイガーII(124号車)はM10(B21号車)を射撃。しかし、この射撃は石垣に命中してしまい効果なし。
タイガーII(124号車)が射撃を行った事により、M10(B22号車)とM4A3E8(G12号車)が森林ヘクス内のタイガーIIを視認。

b0162202_1038718.jpg

↑↑↑タイガーIIによる射撃は、石垣に命中してしまい効果なし。タイガーIIは射撃を行った事により、その位置をアメリカ軍戦車に知られてしまう。

第6フェイズ
3輌(M10×2、M4A3E8×1)のアメリカ軍戦車が、視認するタイガーII(124号車)を射撃する。タイガーII(124号車)は、砲弾再装填中のため耐えるしかない。3輌のアメリカ軍戦車による射撃は、全て正面0°距離350mにて行われる。M4A3E8(G12号車)の射撃はダイス目が悪くミスショットとなるが、2輌のM10による射撃は命中。命中箇所は、車体下部と防楯。M10の搭載する76㎜砲の貫徹力「12」に対し、装甲判定の結果は車体下部「23」、防楯「17」で貫通せず効果なし。

b0162202_10382113.jpg

↑↑↑第6フェイズ終了時。タイガーIIの正面装甲は、アメリカ軍戦車の砲弾を次々と弾き返す。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2018-02-25 11:02 | SLG | Comments(0)