主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
最新の記事
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-21 11:38
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-17 20:40
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-14 19:14
GDW/HJ「ハープーン」を..
at 2018-04-10 23:36
AD/GJ「Fighting..
at 2018-04-07 11:28
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:42
たしか「戦闘後前進が強制..
by ポール・ブリッツ at 00:45
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 23:21
こんばんは。マイケルさん..
by ポール・ブリッツ at 22:35
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:55
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


2017年 12月 15日 ( 1 )

CMJ「ブダペスト'45」をソロプレイ③

CMJ「ブダペスト'45」ソロプレイの続きである。北部~中央部を主力とし開始された枢軸軍によるブダ・ペスト救出作戦は、険しい地形と続々投入されるソ連軍により停滞しつつある。

第7ターン(1945/1/12~1/13)
ソ連軍:無理な前進により、Bicske西方にて補給不足となった枢軸軍装甲師団。包囲下にある味方を救出し、枢軸軍を補給切れの状態にするため、Bicske北東から第7機械化歩兵軍団を突入させ、補給線の妨害を試みる。
南部では、第1及び第4機械化歩兵軍団が戦線に加わり、枢軸軍機械化部隊を封じ込めようとする。
枢軸軍のブダ・ペスト守備隊1ユニットを除去。

枢軸軍:包囲下に置いたソ連軍3ユニットを手早く片付け、補給線を回復するため3度目の奇襲攻撃を実施する。ソ連軍は三度大きな損害を被る。補給線を妨害しようと前進してきたソ連軍第7機械化歩兵軍団は撤退を余儀なくされ、第18戦車師団も防御に適していたBicske西方の丘より後退。

b0162202_20164599.jpg

↑↑↑第7ターン終了時。Bicske西方の丘より後退を余儀なくされたソ連軍第18戦車師団は残り2戦力となり、壊滅は時間の問題となった。

第8ターン(1945/1/14~1/15)
ソ連軍:補給不足だった第18戦車師団が補給切れとなる。これで第18戦車師団は戦力が半減し1戦力となってしまったが、このゲームでは例え1戦力と言えど足止め部隊としての能力は十分に発揮できる。枢軸軍は第18戦車軍団を排除するため、1戦力を失い(攻撃側には必ず損害が発生する)、1ターンの「時間」を消費しなければならない。彼らは義務を果たしたのだ。
枢軸軍による南部からの攻撃を警戒し先手を打つ。第1親衛機械化歩兵軍団はドイツ軍第23装甲師団に対し攻撃を行いこれを後退させる。

枢軸軍:枢軸軍はBicskeの橋を渡る。散々枢軸軍を苦しめた第18戦車師団を含め、連続する戦闘により消耗していたソ連軍4ユニットを除去する。
南部のソ連軍は第1と第4親衛機械化歩兵軍団の2つは強力なものの、それ以外は消耗した歩兵部隊が側面を固めているに過ぎない。そこに突破口が見出せるかもしれない。
ポーランドでの戦闘に対処するため、ドイツ軍第1と第23装甲師団が引き抜かれる。

b0162202_20173380.jpg

↑↑↑ソ連軍の総攻撃に晒され続け、消耗著しいブダ・ペスト守備隊。

b0162202_20174851.jpg

↑↑↑枢軸軍の南側面に圧力をかけるソ連軍親衛機械化歩兵軍団。

b0162202_2018373.jpg

↑↑↑第8ターン終了時。ブダ・ペスト市目前で枢軸軍の救出作戦は行き詰まりつつある。

第9ターン(1945/1/16~1/17)
ソ連軍:長期にわたる枢軸軍ブダ・ペスト守備隊への攻撃が功を奏し、あと少しで市街地を完全制圧できそうな状況となってきた。
枢軸軍の進撃阻止に全力を尽くす。第4親衛機械化歩兵軍団は、ドイツ軍第20装甲師団へ反撃を行い消耗を誘う。

枢軸軍:突破の可能性が限りなく低くなった北部から、SST師団を支援していた第509重戦車大隊を撤収させる。中央部では、SSV師団と第6装甲師団がZsambekのソ連軍ユニットを除去し前進。ブダ・ペスト市までの距離を少しでも詰める事に注力。

b0162202_20182067.jpg

↑↑↑ソ連軍の防御ラインを強引にこじ開けるドイツ軍。

b0162202_20183576.jpg

↑↑↑第9ターン終了時。枢軸軍が苦労してこじ開けた突破口も、次のターンにはソ連軍により即座に塞がれてしまうだろう。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2017-12-15 20:23 | SLG | Comments(0)