主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新の記事
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-17 21:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-05 21:11
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-30 20:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-25 19:56
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-23 18:07
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:54
スーパーハンマー作戦じゃ..
by ポール・ブリッツ at 12:56
早速の対応ありがとうござ..
by かあし・こいけん at 01:15
> かあし・こいけんさん..
by slgplayer at 21:01
こんにちは。 日々、ゲ..
by かあし・こいけん at 18:30
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


GDW/HJ「ハープーン」をソロプレイ①

今回のソロプレイは、伝説のミニチュア海戦ゲームGDW/HJ「ハープーン」である。ゲームについては、ググってみると、詳細に解説したサイトやブログが幾つかあるようなのでそちらに譲る。
いずれにしても、かの作家トム・クランシーが「まず間違いなく普通の人が入手できる最高の海戦シミュレーション」と絶賛すると共に、「レッド・オクトバーを追え」や「レッド・ストームライジング」との関係性や、巻末にこのゲームの名を見てしまった後は、海戦シミュレーション・ゲームの最高峰と認めざるを負えないだろう。

b0162202_2328148.jpg


実はこのゲーム、一見するとプレイするためのハードルが非常に高いゲームなのだが、意外な事に、このゲームは普段はTRPGをプレイし、SLGと言えばツクダのアニメゲーム以外ほとんど経験の無い友人にも受け入れられた(・・・と思う。30年近く前の話だが・・・)。

思い起こせば、自分がレフリー役で他のプレイヤーは同じ陣営の1艦づつを担当するという、担当する艦=自分のキャラクター、艦隊=冒険者パーティというTRPGのようなスタイルが受け入れられたからだろう。カミさんを含む4人が潜水艦を1隻づつ担当したプレイでは(当然敵軍はレフリー役の自分が一手に引き受けていたため、その負担たるや筆舌に尽くしがたいものがあった)、時間の関係で途中終了となったにも関わらず、大きな達成感があった事を記憶している。終了後の夕食会が盛り上がった事は言うまでもない。

1990年に出版された「DATA ANNEX」には、当時建造中だった海上自衛隊のイージス艦(こんごう型)のゲームデータが掲載されているので、今回はそれを使用し、シナリオブックに掲載されている「シドラ湾にて」にちょっと手を加え、「1993年、北朝鮮の弾道ミサイル発射実験に対する国連安保理決議に基づき、日本海にて海上封鎖中の海上自衛隊護衛艦に対し、北朝鮮のミサイル艇が攻撃を仕掛ける」というシチュエーションでゲームを試してみたいと思う。1993年って四半世紀も前の事になるのか・・・。

シナリオ「北の国から'93」
このシナリオは、緊張が高まる日本海における、北朝鮮海軍の205型ミサイル艇4隻の海上自衛隊護衛艦への襲撃を描いている。

青軍の作戦:海上自衛隊の護衛艦「こんごう」は、自らをミサイル攻撃から守りつつ、北朝鮮側の4隻のミサイル艇を攻撃する。作戦などはほとんどなく、兵器を敵方向へ向ける以外に機動の必要もない。

赤軍の作戦:北朝鮮側のミサイル艇は海自護衛艦に最大速力で接近し、レーダーで探知出来たらすぐにミサイルを発射する事。護衛艦の防御の結果と、ハープーン発射のタイミングによっては、無事に逃げおおせる事ができるだろう。まず敵のEMSを捕らえ、その方向へ向かう。レーダーで敵を探知したら、ミサイルを直ちに発射する事。

青軍(海上自衛隊護衛艦)の一般命令:海上自衛隊の新型護衛艦「こんごう」は、北朝鮮の弾道ミサイル発射実験に対する国連安保理決議に基づき、日本海にて北朝鮮海上封鎖の任務についている。レーダーを作動させ東西20カイリの直線上を往復せよ。搭載しているヘリは15分で発進可能状態にある。何かを探知した場合、すべて報告しなければならない。専守防衛に徹する事。

青軍戦力:海上自衛隊護衛艦「こんごう(DDG-173)」

b0162202_23311040.jpg

↑↑↑ミニチュアは所有していないので、ユニットを自作。

赤軍(北朝鮮軍)の一般命令:北朝鮮を海上封鎖する日本の護衛艦を攻撃する4隻のミサイル艇を率いる。敵のおおよその位置はわかっており、攻撃位置に至る大体の進路も判明している。敵をレーダーに捕らえ、全ミサイルを発射し、撃沈せよ。

赤軍戦力:朝鮮人民軍海軍 205型ミサイル艇(オサ型)×4隻

b0162202_23304235.jpg

↑↑↑初期配置。彼我の距離は約30海里。海面の状態は「2」で、視界は100%。ルールブック記載のスケール(1カイリ=6cm)ではゲーム台の上に乗り切らなかったので、スケールを1/2に縮小して配置。ちなみに、亡き祖父は戦前の戦艦「金剛」に乗艦していた軍歴を持つ。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2018-04-10 23:36 | SLG | Comments(0)
<< GDW/HJ「ハープーン」をソ... AD/GJ「Fighting ... >>