主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
最新の記事
CMJ「奉天決戦」を対戦
at 2018-09-24 19:43
ツクダ「ブリュンヒルト」より..
at 2018-09-20 20:39
ツクダ「ブリュンヒルト」より..
at 2018-09-14 20:34
ツクダ「ブリュンヒルト」より..
at 2018-09-09 19:10
ツクダ「ブリュンヒルト」より..
at 2018-09-07 19:31
最新のコメント
> 銀さん 「アスター..
by slgplayer at 10:34
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 10:14
ブリュンヒルトの結果を反..
by 銀 at 07:05
それはたぶん、ビッテンフ..
by ポール・ブリッツ at 02:03
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 10:06
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


AD/GJ「アウステルリッツの太陽」をソロプレイ③

AD/GJ「アウステルリッツの太陽」ソロプレイの続きである。両軍の損害は同レベルではあるものの、ステップロスしているユニットも多数である事から、ちょっとしたダイス目やチット引きの偏りにより、この均衡は崩れてしまいそうな予感。

第5ターン
フランス軍は全戦線に渡り部隊を万遍なく動かすため、各部隊1個の命令チットを投入。一方の連合軍は、ブクスホーデンとクツーゾフの命令チット全て(各2個)とロシア皇帝親衛隊の命令チット1個を投入。損害の大きいバグラチオンの命令チットは投入せず、フランス軍の攻撃に耐えてもらう。
ターン開始からクツーゾフの命令チットが連続。クツーゾフは正面のフランス軍(第I、第IV軍団)に猛攻を加える。フランス軍第I軍団は1ユニットを失い後退。クツーゾフの攻勢が限界に達した(命令チットが2個とも引かれた)所で今度はフランス軍の第I、第IV軍団の命令チットが連続する。部隊の消耗・混乱が著しいクツーゾフの4th Columは、4ユニットを失うという大損害を被る。事態打開のため、ブクスホーデンの部隊がSOKOLNITZ付近で攻勢にでるものの、フランス軍はあっさりと後退して行き、大した戦果を挙げられぬまま部隊は消耗する。
勝利は近いと感じたナポレオンは、切り札であるフランス皇帝親衛隊へ移動を命じる。

b0162202_20224260.jpg

↑↑↑第5ターン終了時。消耗状態だったユニットが各所で除去されたため、連合軍の損害ポイントは一気に「12」まで跳ね上がる。対するフランス軍も損害ポイントが上昇し「7」となった。この損害により連合軍が投入できる命令チットは、次のターンから4個に減少する。フランス軍はギリギリ6個を維持。

第6ターン
連合軍はブクスホーデンの命令チットを2個全て投入し、なんとかフランス軍へ損害を与えようとする。フランス軍は第IV軍団の命令チットを2個投入し、総反撃を命じる。
このターン、先手をとったのはブクスホーデン。フランス軍第IV軍団を攻撃し、損害を与える。しかし、チット引きの女神はフランス軍に微笑む。ブクスホーデンの命令チットが2個とも引かれた後にフランス軍第IV軍団の命令チットが連続して引かれる。第IV軍団の反撃により、ブクスホーデンの部隊は3ユニットを失う。また、後退したAd Guardが追撃してきたフランス軍第V軍団に再び捕捉され3ユニットを失うという大損害を被る。

b0162202_20225660.jpg

↑↑↑第6ターン終了時。フランス軍の損害ポイント「10」に対し、損害の大きい連合軍の損害ポイントは「20」!フランス軍の命令チット数がようやく「5」に減少したものの、連合軍の命令チット数は更に低下し「3」。

第7ターン
連合軍はブクスホーデンの命令チット2個とロシア皇帝親衛隊の命令チット1個を投入。フランス軍は第IV軍団の命令チット2個を中心に命令チットを投入する。
ターン開始から命令チットが連続して引かれる連合軍だったが、これまでの戦闘により消耗したユニットが除去されてしまい、かえって連合軍の損害は増加。連合軍の命令チットが出きった後、フランス軍は反撃を開始。第V軍団は、連合軍右翼を包囲するため移動。中央の第IV軍団、フランス軍左翼の第III 軍団も正面の消耗した連合軍ユニットを攻撃。このターン6個目の命令チットである第IV軍団の攻撃により、連合軍の損害ポイントは「26」となりゲーム終了。

b0162202_20231229.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。最終ターンを待たずに「フランス軍の勝利」となった。

b0162202_20234259.jpg

↑↑↑フランス軍左翼。バグラチオン麾下のAd Guardは、ランヌ率いる第V軍団に完敗。

b0162202_20235884.jpg

↑↑↑フランス軍中央部。フランス軍の皇帝親衛隊が戦いに参加するまでもなく連合軍中央部は粉砕された。

b0162202_20241443.jpg

↑↑↑ブクスホーデンの部隊は前進するものの、かえって突出してしまい、ダヴーの第III軍団に側面迂回を許してしまいそうな勢い。

b0162202_20242477.jpg

↑↑↑連合軍の損害は、フランス軍の2倍以上に及んだ。

今回、選択ルールを導入してみたが、それを差し引いても所謂「ランヌの突撃」はかなり強力である事を再確認させられた(第1ターンが第2ターンにずれ込んだだけ)展開となった。連合軍の勝利には、やはりダイス目とチット引きの幸運が必要なのだろうか?
[PR]
by slgplayer | 2018-03-23 20:34 | SLG | Comments(2)
Commented by ポール・ブリッツ at 2018-03-25 22:35 x
こんばんは。マイケルさんの日記を読んでいたら自分でもシミュレーションゲームがやりたくなってきて、自ブログに記事を書きました。

http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-3212.html

お暇であれば読んでみてください。ワンサイドにもほどがあるひどい結果になってしまいましたけど(^^;)
Commented by slgplayer at 2018-03-25 23:21
> ポール・ブリッツさん

こんばんは。
ご紹介ありがとうございます。
拝見させていただきます。
<< AD/GJ「Fighting ... AD/GJ「アウステルリッツの... >>