主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新の記事
翔企画「信玄VS謙信 ~川中..
at 2018-10-23 20:06
翔企画「信玄VS謙信 ~川中..
at 2018-10-20 18:44
これもある意味「射程」のある..
at 2018-10-14 18:50
WE/DG「RAF」をより練..
at 2018-10-08 19:25
WE/DG「RAF」をより練..
at 2018-10-05 20:55
最新のコメント
> boilboilさん..
by slgplayer at 08:20
はじめまして、古い記事宛..
by boilboil at 21:20
> 銀さん 「アスター..
by slgplayer at 10:34
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 10:14
ブリュンヒルトの結果を反..
by 銀 at 07:05
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」をソロプレイ⑦

ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」ソロプレイの続きである。残存するのはドイツ軍のヤクトタイガー(+走行不能のラング)、アメリカ軍のM10及びM4A3E8各1輌の合計3(+1)輌のみ。鋼鉄の騎士達の戦いは今回最終回を迎える。

○第10イニング
第1フェイズ
M10はヤクトタイガーへ向かって突撃。M4A3E8はヤクトタイガーへLOSの通る森林ヘクスへ移動。距離があるため、ヤクトタイガーからは視認されない。ヤクトタイガーは旋回しM10へ正面を向ける。

b0162202_20472292.jpg

↑↑↑ヤクトタイガーを挟み撃つアメリカ軍。

第2フェイズ
ヤクトタイガーは前進し、M10を発見する。M10とヤクトタイガーは同時に発砲。M10は正面0°距離200mにてヤクトタイガーを射撃。M10の放った76㎜砲弾(貫徹力「13」)は、ヤクトタイガーの戦闘室に命中するものの、分厚い装甲(装甲厚「30」)により弾かれてしまう。ヤクトタイガーの射撃は、ダイス目に恵まれず外れ。

b0162202_20473732.jpg

↑↑↑M10の76㎜砲弾をヤクトタイガーは難なく弾き返す。

第3フェイズ~第6フェイズ
M10とM4A3E8は異方向よりヤクトタイガーへ向かって突撃。ヤクトタイガーは、自身の防御力を信じ、M4A3E8に正面を向け停止。第6イニング、生き残っている3輌が同時に射撃を行う。
射撃結果は同時適用ながら、偶数イニングのため後攻のアメリカ軍から射撃判定を実施。まず、M4A3E8が正面0°距離250mにてヤクトタイガーを射撃。既に視認済みの目標である上に停止中で大きい目標(寸法修正「+1」)という事で命中。しかし、M4A3E8の放った76㎜砲弾(貫徹力「13」)は、ヤクトタイガー車体正面上部の厚い装甲(装甲厚「34」)に阻まれ効果なし。
続いてM10が側面30°距離100mにて射撃を行う。角度が付いてはいるものの、側面という事で76㎜砲弾でもヤクトタイガーの装甲を貫通できるチャンスがある。左側面30°距離250mの射撃は命中。M10の放った76㎜砲弾(貫徹力「9」)は、ヤクトタイガーの左側面戦闘室に命中。装甲判定の結果は「11」。アメリカ軍にとっては不運(ドイツ軍にとっては幸運)ながら、砲弾は弾かれてしまう。
最後にヤクトタイガーが正面0°距離250mにてM4A3E8を射撃。ヤクトタイガーの放った128㎜砲弾(貫徹力「28」)は、M4A3E8の正面防楯に命中。装甲厚判定の結果は「11」。M4A3E8は大破炎上となった。

b0162202_20475416.jpg

↑↑↑M10はヤクトタイガーの側面より射撃するが、僅かに及ばず効果なし。一方のヤクトタイガーは、M4A3E8を撃破する。

○第11イニング
第1フェイズ
ヤクトタイガーは、旋回しM10に正面を向ける。M10は移動を継続。

第2フェイズ
先に再装填を終えたM10が、正面0°距離100mの至近距離でヤクトタイガーを射撃。76㎜砲弾の貫徹力は「13」。砲弾はヤクトタイガーの正面車体上部(装甲厚「34」)に命中したものの弾かれてしまい効果なし。

b0162202_2048598.jpg

↑↑↑ヤクトタイガー対M10のガチンコ対決

第3フェイズ
M10はヤクトタイガーへ向かって突撃。ヤクトタイガーは、停止し砲弾の再装填中。次のフェイズには発射可能となる。

第4フェイズ
奇数イニングは、先行であるドイツ軍が先行。ヤクトタイガーは、停止し射撃態勢。M10は賭けに出る。快速を活かしヤクトタイガーの射界外である右側面50mの位置まで強引に前進。M10は砲塔を旋回させ射撃。この射撃を外した場合、ヤクトタイガーは旋回し、移動力消費の終わらないM10は撃破されるだろう。右側面30°距離50mにてM10は射撃。この角度と距離におけるM10の76㎜砲弾の貫徹力は「9」。厳しい賭けだが、幸運の女神はアメリカ軍に微笑む。砲弾はヤクトタイガーのキャタピラに命中し、これを破壊。旋回砲塔を持たないヤクトタイガーは、この瞬間に鉄の棺桶と化した。

b0162202_20481850.jpg

↑↑↑機動力を活かしヤクトタイガーの側面へ回り込むM10。

残存する2輌のドイツ軍車輌はいずれも走行不能となる。アメリカ軍は、旋回砲塔を持つM10が、1輌だけだが残存しているという事で『アメリカ軍の勝利』となってゲーム終了。

b0162202_20483036.jpg

↑↑↑ドイツ軍の残存車輛は、いずれもキャタピラを破壊され走行不能の状態。あとは時間をかけて狩られるのみ。という事でゲーム終了。

ゲーム開始時には両軍合わせて13輌の車輛があった訳だが、終わってみれば無傷の車輛は両軍を通じて1輌のみ。凄まじい消耗率となった。ゲームシステムが、可能な限り同時進行性を再現しようとした交互進行のため、最後の最後で勝敗を分けたのは先後の順番のような気もするが、そのような位置に移動してしまったドイツ軍のミスという見方もできる。

それにしても、30年前なら間違いなくタンクコンバットシリーズの戦車道バージョンが発売されていたろうな、ある意味時代先取りだよ・・・と思う今日この頃。
[PR]
by slgplayer | 2018-03-09 20:56 | SLG | Comments(0)
<< AD/GJ「アウステルリッツの... ツクダ「タイガーI」よりシナリ... >>