主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新の記事
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-17 21:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-05 21:11
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-30 20:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-25 19:56
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-23 18:07
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:54
スーパーハンマー作戦じゃ..
by ポール・ブリッツ at 12:56
早速の対応ありがとうござ..
by かあし・こいけん at 01:15
> かあし・こいけんさん..
by slgplayer at 21:01
こんにちは。 日々、ゲ..
by かあし・こいけん at 18:30
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」をソロプレイ②

ツクダ「タイガーI」よりシナリオ「ジークフリードライン」ソロプレイの続きである。前回記載の通り、今回は上級ルール(「パンサー」以降では基本ルール)でのソロプレイである。1イニングは6フェイズに分割されるが、盤上にあまり変化の無いフェイズは省略。

○第1イニング
ドイツ軍は、半分が市街地であるマップAにタイガーI×2とラングを、田園地帯のマップBにはタイガーII×2とヤクトタイガーを配置し前進を開始。対するアメリカ軍は、マップAにM4A3E8×3、マップBにM26×2、その中間にM10×2を配置し前進を開始する。
両軍は敵を求め前進。ドイツ軍は、マップAとBの境目を前進して来る2輌のM10に対処するため、マップBのタイガーII×2を北上させる。ヤクトタイガーは単独で道路上を前進。

b0162202_1142389.jpg

↑↑↑第1イニング終了時。敵の姿を求め両軍は移動。

○第2イニング
第1~第4フェイズ
両軍は前進を続け徐々に距離を詰める。北上を開始したドイツ軍のタイガーII×2は、そのまま道路上を進んだ場合、マップの境目で側面を向けたままM10からの射撃を受ける事が判明したため、道路上の移動を諦め、正面を向けたまま平地ヘクスへ進入する事を決断する。平地ヘクスへ進入した途端にタイガーIIの動きは鈍くなる。道路上なら1フェイズに1ヘクス移動可能な所、平地1ヘクスの移動には約2.5フェイズを要する事になる。こうなると、タイガーIIの正面装甲をM10の装備する76㎜砲ではほとんど貫通する事はできない(車体下部に命中し、装甲判定でピンゾロのみ貫通)。M10の方が前進するか一旦退避するかの決断を迫られる事になると思われた・・・。

第5フェイズ
M10とタイガーIIの位置関係に気をとられていたが、ここでタイガーII(123号車)とM26(C14号車)が距離650mで、ヤクトタイガー(I01号車)とM26(C15号車)が距離600mでLOSが通る。
タイガーII(123号車)とM26×2はお互いに側面を向けているため、砲塔を旋回させる。しかし、両軍共に目標を視認したばかりのフェイズでは命中弾を期待できないため射撃を行わず。

b0162202_11431313.jpg

↑↑↑「敵戦車発見!」

第6フェイズ
2輌のM26は、旋回しドイツ軍戦車に対し正面を向ける。タイガーII(123号車)は、平地の移動力消費が終了しておらず、M26に対し側面を向けたままでの戦闘を余儀なくされる。タイガーIIとヤクトタイガーそれに2輌のM26が同時に発砲。
タイガーII(123号車)はM26(C14号車)を正面0°距離650mにて砲撃。タイガーIIは平地の移動力消費が終わらず移動中のため命中率は低下し2Dで「5」以下。ダイス目は「9」でハズレ。
ヤクトタイガー(I01号車)は、生垣の上に見えるM26(C15号車)の砲塔を目標に正面0°距離600m砲撃。M26は移動中だがヤクトタイガーは既に停止中。命中数は「7」以下とヤクトタイガーにとってはM26を仕留める絶好のチャンス。しかし、ダイス目は「10」でミス!
M26(C14号車)は、側面を向けるタイガーII(123号車)を側面0°距離650mにて砲撃。M26とタイガーIIは共に移動中だが、タイガーIIは側面を向けている。そのため、命中率に劣るM26の90㎜砲の命中値は上昇し「5」。ダイス目は幸運にもピンゾロの「2」!砲弾はタイガーII(123号車)の砲塔側面に命中。装甲判定の結果はダイス目「5」で装甲厚は「13」。命中した90㎜砲の貫徹力は650m0°では「14」なので、タイガーIIは砲塔側面装甲を貫通され、大破炎上。

b0162202_11441348.jpg

↑↑↑炎上するタイガーII(123号車)。

M26(C15号車)は生垣の上に見えるヤクトタイガーの戦闘室部分を目標に正面0°距離600mにて砲撃。M26(C15号車)は移動中のため、修正後の命中値は「4」。ダイス目は「7」でミスとなった。

b0162202_11444598.jpg

↑↑↑第2イニング終了時。先制したのはアメリカ軍。ドイツ軍のタイガーIIを1輌を破壊。

○第3イニング
タイガーII(123号車)を仕留めた2輌のM26は、ヤクトタイガーの装填中に近くの森林ヘクスへ全力で移動し、ドイツ軍から姿を隠す。
タイガーII(124号車)とマップAに配置されていたラングはそれぞれ森林ヘクスへ移動し、敵の出方を伺う。
3輌のM4A3E8と2輌のタイガーIは、マップAの市街地内をお互いの姿を求め移動。2輌のM10は、タイガーIIとヤクトタイガーの側面を攻撃できる位置へ向かって移動を続ける。

b0162202_1145295.jpg

↑↑↑第3イニング終了時。森林ヘクス内の目標を発見するには、300m(6ヘクス)以内へ接近するか、森林ヘクス内の目標が発砲する事が条件となっている。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2018-02-18 11:52 | SLG | Comments(0)
<< ツクダ「タイガーI」よりシナリ... ツクダ「タイガーI」よりシナリ... >>