主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-25 11:02
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-21 20:33
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-18 11:52
ツクダ「タイガーI」よりシナ..
at 2018-02-15 20:19
GMT「 Thirty Ye..
at 2018-02-13 22:07
最新のコメント
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 20:26
ツクダのタンクコンバット..
by ポール・ブリッツ at 19:11
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


AH「ナチドイツ空軍(Luftwaffe)」を対戦

今月の対戦は、久々の空軍大戦略モノという事でAH「ナチ・ドイツ空軍(Luftwaffe)」である。前回の対戦は5年前。前回は連合軍を担当したので、今回はドイツ軍を担当。
プレイしたのは、今回もトーナメントゲーム(1943年~45年までの基本キャンペーン)をプレイ。勝利条件は地図上にある43ヶ所の航空機工場をゲーム終了である1945年4月までに全て爆撃するとなっている。これを達成すれば連合軍の勝利、阻止すればドイツ軍の勝利である。

1943年1月
この時期は、米軍の戦力もまだ少数で、戦力的にはドイツ軍が優っている。このような状況では、内陸部の目標への爆撃は自殺行為と判断した連合軍は、ドーバー海峡に近いAmsterdamの爆撃に成功したのみ。連合軍の護衛戦闘機であるP-38ではドイツ軍のFw190に歯が立たたず、米軍爆撃機の2/3が失われる。

1943年4月
未だ戦力不十分な米軍は、ドーバー海峡よりの爆撃隊を囮とし、バルチック海からの奇襲攻撃を行う。ドーバー海峡よりの米軍爆撃隊は、ドイツ空軍の迎撃を受け出撃した兵力の7割を失う大損害を被るものの、バルチック海からの奇襲に成功し、ポーランド国内沿岸の都市Gydniaの爆撃に成功。

1943年7月
米軍は、少数の爆撃機をバラバラに投入し、ドイツ軍の迎撃網に隙を作ろうとする。航続距離の短いMe109やFw190を意識しての作戦と思われるが、結果的に米軍爆撃隊は各個撃破される。バルチック海からの奇襲には辛うじて成功したのみ。

1943年10月
前の戦略ターンでの失敗に懲りた米軍は、作戦を変更。全爆撃機を一斉に投入しての飽和攻撃に転じる。今回は、戦闘機のみのスタックを編成し、ドイツ軍迎撃機への攻撃を目論むという積極的な行動にでる。しかし、戦力はドイツ空軍の方が優っており、連合軍の作戦は失敗。バルチック海からの奇襲によりポーランド国内のMarienburgを爆撃するのみ。

1944年1月
米軍は、大量に補充を使用し戦力を回復。新たに使用可能となったイタリアの航空基地も使用し、再度飽和攻撃を行う。戦力の整った米軍は、オーストリア、ハンガリー国内の航空機工場を含め5ヶ所を爆撃。ドイツ空軍は果敢に迎撃を行い、米軍爆撃隊に大損害を与える(無事帰還したのはB-17×2ユニットのみ)。ドイツ空軍の損害も大きく、1回の補充で完全回復は難しくなりつつある状況。

1944年4月
再度大量に補充を使い米軍は部隊を再建すると、イタリア及びドーバー海峡2方面からの飽和攻撃を再度実施する。ドイツ空軍は、米軍の新鋭戦闘機P-51に苦戦しながらも米軍に大きな損害を与えるが、米軍爆撃機の阻止に失敗。6つの都市が爆撃され、ドイツ空軍も大きな損害を被る。

という所で時間切れ終了。

b0162202_22485679.jpg

↑↑↑1944年4月クォーター終了時。四角い緑のマーカーは、連合軍に爆撃された目標。
米軍が爆撃した目標は合計15ヶ所。残り28ヶ所の爆撃に成功するかどうかは微妙。基本的に爆撃が成功する度に目標は内陸部の都市へ移って行くため、それだけドイツ空軍にも予測し易くなっていくからだ。ドイツ軍の状況は、被る損害は増加し爆撃の影響で補充ポイントは減少しつつあるものの、この後にMe262やHs219など新型機を含む多数の増援が見込める事から、降参するにはまだ早い感じ。印象としては完全に「引き分け」かな。

来月は海戦モノを対戦予定。
[PR]
by slgplayer | 2017-04-26 22:50 | SLG | Comments(0)
<< AH「Afrika Korps... AH「Afrika Korps... >>