人気ブログランキング |

主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
最新の記事
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-24 18:56
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-19 19:46
ツクダ/GJ「幸村外伝」を対戦
at 2020-02-14 19:41
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-09 19:20
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-04 19:53
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 18:55
ステップロスUボートの護..
by ポール・ブリッツ at 12:24
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:19
ゴルバ来なかったか~残念..
by ポール・ブリッツ at 23:00
> yas_nakgさん..
by slgplayer at 10:31
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(43)
(39)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


GMT「GloryⅢ」より「シーダークリークの戦い」をソロプレイ⑥

 GMT「GloryⅢ」より「シーダークリークの戦い」ソロプレイの続きである。サドンデスとならなかった場合、ゲーム終了時に南軍がValley Pikeを12ヘクス以上占領していた場合には南軍の勝利、それを阻止すれば北軍の勝利となる。南軍は攻勢限界点に達し、その攻撃は明らかに鈍りつつあるものの、勝利条件は満たした状態となっている。一方の北軍には、このまま南軍を食い止めているだけでは勝利条件を満たすことは出来ず、奪われた土地を奪い返すための反撃が必要だ。

第10ターン(1230)
イニシアチヴ:なし
 両軍ともにイニシアチヴを獲得できず。しかし、幸運は北軍にあるようで、北軍の活性化マーカーが連続する。Middletownの北軍左翼は、既に半数以上のユニットが混乱状態となっていたKershaw、Ramseur両師団を押し戻す。後退する南軍右翼の2個師団と中央のEvans師団の間が、北軍の攻撃により一時分断されそうになるが、最初に北軍活性化マーカーが連続した分、後半は南軍活性化マーカーが連続し、なんとか分断の危機を回避する。
 危険な状態だった北軍右翼は、ダイス目の幸運も重なり、北軍騎兵部隊キャンプ地近くのDr.Shipley邸付近で踏み止まる。

GMT「GloryⅢ」より「シーダークリークの戦い」をソロプレイ⑥_b0162202_21385764.jpg

↑↑↑Middletownから後退する南軍。

GMT「GloryⅢ」より「シーダークリークの戦い」をソロプレイ⑥_b0162202_2139632.jpg

↑↑↑北軍右翼はDr.Shipley邸付近で態勢を立て直す。

第11ターン(1315)
イニシアチヴ:南軍
 ダイス判定の結果、誤情報を受けたシェリダンの判断の迷いによる北軍活性化マーカーの減少はなし。北軍有利なダイス修正にもかかわらず、南軍がイニシアチヴを獲得。
 南軍は、右翼2個師団において混乱状態からの回復を図る。正面から対峙する北軍左翼の第VIII軍団は、南軍部隊に回復の機会を与えまいとこれを攻撃。しかし、このシナリオ中最も低い結束度の部隊を擁する第VIII軍団の攻撃は失敗し、南軍部隊に後退・回復を許してしまう。
 北軍右翼の第VI軍団は態勢を立て直し、南軍左翼のWharton師団に対し反撃を開始。数で押さたWharton師団は、部隊の半数が除去されるという大損害を被り崩壊寸前となってしまう。

GMT「GloryⅢ」より「シーダークリークの戦い」をソロプレイ⑥_b0162202_21392385.jpg

↑↑↑第11ターン終了時。南軍左翼が危険な状態になる。

第12ターン(1400)
イニシアチヴ:なし
 またしても両軍イニシアチヴを獲得出来ず。Custer率いる北軍騎兵部隊到着ダイス判定の結果は「到着せず」。
 まずは南北両軍ともに、混乱状態の部隊を回復させる。いち早く部隊の回復に成功した北軍第XIX軍団が、攻撃を再開。第XIX軍団は、一時南軍の戦列を分断するが、その後回復したRamseur師団の奮戦により、南軍はなんとか危機を凌ぐ。
 北軍右翼の第VI軍団は、崩壊寸前の南軍Wharton師団に対する攻撃を続行。Wharton師団は、残り1ユニットにまで減少した後、隣接するPegram師団と共に後退。

GMT「GloryⅢ」より「シーダークリークの戦い」をソロプレイ⑥_b0162202_21393683.jpg

↑↑↑第12ターン終了時。南軍左翼は更に危険な状態となり後退。

続く・・・。
by slgplayer | 2015-07-11 21:49 | SLG | Comments(0)
<< GMT「GloryⅢ」より「シ... GMT「GloryⅢ」より「シ... >>