人気ブログランキング |

主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
最新の記事
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-24 18:56
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-19 19:46
ツクダ/GJ「幸村外伝」を対戦
at 2020-02-14 19:41
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-09 19:20
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-04 19:53
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 18:55
ステップロスUボートの護..
by ポール・ブリッツ at 12:24
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:19
ゴルバ来なかったか~残念..
by ポール・ブリッツ at 23:00
> yas_nakgさん..
by slgplayer at 10:31
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(43)
(39)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」をソロプレイ②

 AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」ソロプレイの続きである。前回は取り敢えず初期配置のみを行った。今回からいよいよゲーム開始である。スタック制限は、ドイツ軍が3ユニット、ソ連軍が5ユニットまでである。このため、ゲーム後半は特にソ連軍においてスタック制限一杯のスタックが戦線を構築し、非常に扱いにくい。現在なら2個師団=1ユニットにしてユニット数を減らそうとするだろう。こういう所でゲームデザインの変遷を感じる。

第1ターン(1941年9月30日~10月6日)
ドイツ軍:第3装甲軍はスモレンスクの北方のソ連軍第16軍、第4装甲軍はロスラウリ北東のソ連軍第43軍、第2装甲軍はマップ南端のソ連軍第13軍に対しそれぞれ攻撃を行う。各装甲軍の攻撃正面となったソ連軍部隊は壊滅。突破口にはドイツ軍装甲部隊が突進。温度低下判定では合計3ポイントの低下(9℃)。

ソ連軍:ドイツ軍の攻撃に対し、ソ連軍は特別ルール(第1ターンは移動方向が制限される)により有効な移動を行う事がほぼ不可能。とりあえずヴィヤジマ付近に展開していた第33、第49軍を前線部隊との連絡線確保のため前進させる。

AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」をソロプレイ②_b0162202_18182038.jpg

↑↑↑前線北部の状況。ソ連軍は、南西予備軍との連絡線確保のため第33軍を前進させる。

AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」をソロプレイ②_b0162202_18182834.jpg

↑↑↑前線南部の状況。ソ連軍第13軍を壊滅させたドイツ軍第2装甲軍はブリャンスクを目指す。

第2ターン(1941年10月7日~10月13日)
ドイツ軍:第2装甲軍は、第1目標であるブリャンスクを占領し、ソ連軍ブリャンスク方面軍の完全包囲に成功。しかし、一方の第3、第4装甲軍は、前進してきたソ連軍第33軍のとの戦闘に手間取り、西方面軍の包囲に失敗。温度低下判定では合計4ポイントの低下(8℃)。

ソ連軍:ようやく自由な移動が可能となり、前線のソ連軍部隊は後退を開始。包囲下にあるブリャンスク方面軍は、分散消耗(ステップロス)覚悟の浸透移動により包囲網の強行突破を図る。

AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」をソロプレイ②_b0162202_18183964.jpg

↑↑↑西方面軍は包囲を免れなんとか後退。ブリャンスク方面軍はステップロスしながらも包囲網の強行突破を図る。

第3ターン(1941年10月14日~10月20日)
ドイツ軍:後退するソ連軍を追撃。包囲中のソ連軍ブリャンスク方面軍は、既にほとんどのユニットがステップロス状態のため、包囲継続は歩兵部隊に任せ、装甲部隊は前進する。温度低下判定では合計4ポイントの低下(6℃)。次のターンには地表状態が悪化し泥状態となる事が確実となる。

ソ連軍:後退に成功した西方面軍を中心に戦線を再構築。北部と中部はこれでなんとかなりそうだが、南部では未だソ連軍の展開は終わっていない。

AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」をソロプレイ②_b0162202_18185168.jpg

↑↑↑ドイツ軍はスフィニチを占領。第2装甲軍はオリョールに迫る。

第4ターン(1941年10月21日~10月27日)
ドイツ軍:地面は泥状態となり、ドイツ軍攻勢の主力である装甲及び自動車化歩兵師団の移動力・戦闘力が半減。主力部隊の戦闘力は減少してしまったが、ソ連軍の防御態勢はまだまだ不完全である。ドイツ軍は進撃を続け、第2装甲軍はオリョールを占領。第3装甲軍はヴィヤジマ攻略のため付近のソ連軍を掃討。第4装甲軍はカルーガへ迫る。

ソ連軍:増援部隊を投入し、未だに不十分な防衛線の強化(特に南部)を急ぐ。北部の部隊は、ヴォルガ川まで後退。

AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」をソロプレイ②_b0162202_1819459.jpg

↑↑↑北部の状況。ソ連軍はなんとか戦線を維持しながら後退。

AD/GJ「東部戦線 冬季戦 1941-42」をソロプレイ②_b0162202_18191439.jpg

↑↑↑南部の状況。ドイツ軍はオリョールを占領。ソ連軍の防御態勢はまだ整っていない。

続く・・・。
by slgplayer | 2014-09-30 18:39 | SLG | Comments(0)
<< AD/GJ「東部戦線 冬季戦 ... AD/GJ「東部戦線 冬季戦 ... >>