主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新の記事
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-17 21:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-05 21:11
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-30 20:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-25 19:56
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-23 18:07
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:54
スーパーハンマー作戦じゃ..
by ポール・ブリッツ at 12:56
早速の対応ありがとうござ..
by かあし・こいけん at 01:15
> かあし・こいけんさん..
by slgplayer at 21:01
こんにちは。 日々、ゲ..
by かあし・こいけん at 18:30
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


翔企画「皇帝ナポレオン」を再びソロプレイ②

 少々寄り道をしてしまったが、再び翔企画「皇帝ナポレオン」再ソロプレイの続きである。このゲームの戦闘システムはいわゆる「6出ろシステム」。戦力分のダイスを振り、「6」の目が出た分だけ相手に損害を与えられるという、今ではすっかりお馴染みのシステムである。そのお馴染みのシステムとこのゲームの指揮官ルール(振れるダイス数に制限があったり、各ダイス目に修正が加えられたり)が合わさり、ナポレオ戦争らしさを生み出している。

1808年:プロイセンのブラウンシュヴァイクが退場し、代わりにブリュッヒャーが登場。これによりプロイセンの戦闘力はかなりアップ。外交フェイズの結果、敵対レベルはオーストリア「3」、プロイセン「3」、ロシア「4」、スペイン「2」となり、既に参戦状態にあるロシアとイギリスを除きすべての国で「1」づつ上昇。このままでは、列強各国が一斉にフランスに対し宣戦を布告する事になってしまうと考えたナポレオンは、9戦力を率いてポーランドへ進軍。その際、プロイセン国内を通過する事により敵対レベルを刺激するが、プロイセンは参戦せず。ポーランドに駐留していたバルクライ率いるロシア軍4戦力は、前々年同様に1ラウンドの戦闘の後焦土戦術を使いロシア本国へと退却。ナポレオンは深追いを避けフランス本国へと帰還。帰路再びプロイセンの敵対レベルを刺激するが、プロイセンは参戦せず。

b0162202_18391323.jpg

↑↑↑1808年ターン終了時の状況。ナポレオンは、ロシア軍を追い再びポーランドへ侵攻するが、ロシア軍はまたしても焦土戦術を使い本国エリアへ後退。結局、前のターンとなんら状況に変化なし。

1809年:タレイランの外交努力も空しく、各国の敵対レベルは上昇。オーストリア「4」、プロイセン「4」、ロシア「4」、スペイン「3」となる。オーストリアとプロイセンが再びフランスに宣戦布告。こうしてロシア、イギリス、プロイセン、オーストリア4ヶ国による対仏大同盟が結成される。オーストリア、プロイセン、ロシアの各国軍はフランスへ向け進軍を開始。カール率いるオーストリア軍8戦力はイタリアへ侵入。これと同時に、ブリュッヒャー率いるプロイセン軍3戦力+バルクライ率いるロシア軍6戦力はライン連邦へ侵入した。また、その後方にはロシア本国よりクトゥーゾフ率いる5戦力がプロイセンまで進軍している。これに対し、ナポレオンはフランス軍を3つに分けこれに対応。スルト率いる4戦力がライン連邦、ダヴー率いる7戦力がイタリアにて敵軍を拘束し時間稼ぎを行う。その間にナポレオン率いる9戦力がオランダ経由にてプロイセン本国へ侵攻し、クトゥーゾフ率いるロシア軍5戦力を攻撃する。

b0162202_18394545.jpg

↑↑↑配下の諸将が時間を稼ぐ間に、ナポレオンはまずプロイセン本国エリアへ侵攻。

 ライン連邦とイタリアの戦いは、数に劣るフランス軍が1ラウンドの戦闘を行い後退。プロイセン本国では、ナポレオンの奇襲攻撃をうけたロシア軍が1ラウンドの戦闘で4戦力を損失するという大打撃を受けポーランドへ敗走。本国エリアを占領されたプロイセンはフランスとの間に単独講和を結び対仏大同盟より脱落。
 プロイセンを脱落させたナポレオンは怒涛の進撃を開始。オランダからフランス本国を経由しイタリアのオーストリア軍と対決する。プロイセン軍が帰国し、ライン連邦に残るバルクライ率いるロシア軍6戦力は、ダヴー率いる4戦力に拘束され移動できず。不利を悟ったカールとバルクライは、1ラウンドの戦闘の後オーストリア本国エリアへ後退。こうしてフランスの危機はひとまず去った。

b0162202_18401493.jpg

↑↑↑1809年ターン終了時の状況。ナポレオンの機動防御作戦により、連合軍は敗退。フランスの危機はひとまず去った。

1810年:ナポレオンは、ジョセフィーヌと離婚ののちオーストリア皇女マリー・ルイーズと結婚。これにより次のターンより、オーストリアの敵対レベル判定に上昇に「-1」のダイス目修正が加わる。イギリスのムーアが退場し、代わりにウェリントンが登場。外交フェイズの結果は、敵対レベルはオーストリア「4」、プロイセン「0」、ロシア「4」、スペイン「4」。これまで沈黙を続けてきたスペインがようやくフランスに対し宣戦を布告。オーストリア軍とロシア軍はオーストリア本国エリアに集結し、その数は合計15戦力となった。ナポレオンは、ダヴー率いる4戦力にフランス本国の守りを任せ、自身はスルト+ネイ合計12戦力と共にオーストリアへ侵攻。オーストリア・ロシア連合軍に決戦を挑む。この決戦において、フランス軍は5戦力の損失でオーストリア・ロシア連合軍12戦力は撃破する大勝利を収める。オーストリアは降伏し、フランスとの間に講和条約が結ばれる。残ったロシア軍3戦力はポーランドへ退却。ナポレオンはロシア軍の追撃を行わず、フランス本国へ帰還した。

b0162202_18403581.jpg

↑↑↑オーストリア本国における決戦。1805年戦役の再来となり、フランス軍の圧倒的勝利に終わる。

b0162202_18405338.jpg

↑↑↑1810年ターン終了時の状況。次の戦場はスペイン。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2014-02-03 18:49 | SLG | Comments(0)
<< 翔企画「皇帝ナポレオン」を再び... バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」を再... >>