人気ブログランキング |

主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
最新の記事
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-24 18:56
AD「エスコートフリート」を..
at 2020-02-19 19:46
ツクダ/GJ「幸村外伝」を対戦
at 2020-02-14 19:41
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-09 19:20
Bonsai Games「ア..
at 2020-02-04 19:53
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 18:55
ステップロスUボートの護..
by ポール・ブリッツ at 12:24
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:19
ゴルバ来なかったか~残念..
by ポール・ブリッツ at 23:00
> yas_nakgさん..
by slgplayer at 10:31
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(43)
(39)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


ツクダ「アドミラル・グラフ・シュペー」よりシナリオ「PANZERSCHIFFE」をソロプレイ⑤

 ツクダ「アドミラル・グラフ・シュペー」よりシナリオ「PANZERSCHIFFE」ソロプレイの続きである。このゲームでは、他の戦術級海戦ゲームにあるようないわゆる「船体耐久度」に当たるものとして、「浮力」というものが設定されている。各艦の浮力は左舷-右舷で設定されており、浮力がダメージを受け左右の差が開いていくと艦の傾斜が大きくなり、砲撃に支障をきたすようになってくる。浮力の大きいBBやBCの場合は反対舷に注水する事により傾斜をなくし、砲撃に対するマイナス修正を打ち消す事が可能となっている。片舷の浮力を全て失った艦は、以後浮力ダメージの代わりに罐室が失われていき、罐室が全滅した時点で沈没となる。ちなみに今回登場している艦船の浮力は「A・G・Spee」が5-5、イギリス巡洋艦が各3-3となっている。

第9イニング
9-1:「Ajax」は接近を続け、「A・G・Spee」に対する距離は9へクス(約8300m)。「Ajax」の砲撃結果は夾叉。15.2cm主砲弾1発が、「A・G・Spee」船体後部に命中するが効果なし。「Exeter」の砲撃結果は近弾。「A・G・Spee」は「Ajax」に対し夾叉の砲撃結果を得るが命中弾なし。
9-2:「Ajax」の「A・G・Spee」に対する距離は8へクス(約7400m)。「Ajax」は左舷に回頭、全主砲による砲撃を可能とし同航戦の態勢へ。「Ajax」の砲撃結果は夾叉となり、15.2cm主砲弾2発が「A・G・Spee」に命中する。「A・G・Spee」に命中した2発の15.2cm砲弾のうち1発は船体前部に命中したものの効果なし。もう1発は船体中央部の機関室側面下部に命中。8へクス(約7400m)という距離では、「A・G・Spee」の装甲(3)も15.2cm砲弾(貫通力3.5)を防ぎきれず、罐室2基が破壊され、左舷浮力が1ポイント減少。この損傷により「A・G・Spee」の最大速力が「4」から「3」に低下。「Ajax」に対する「A・G・Spee」の砲撃結果は主砲、副砲ともに夾叉。命中弾は15cm副砲が1発のみ。副砲といっても「A・G・Spee」の15cm副砲の威力は、軽巡洋艦の主砲に匹敵する。「Ajax」は前部B砲塔を破壊され、弾火薬庫誘爆は逃れたものの小規模な火災が発生。
9-3:「Ajax」の火災は難なく鎮火。このウェーブの砲撃では、「Ajax」の10cm副砲弾1発が「A・G・Spee」に命中したのみ。10cm副砲弾では「A・G・Spee」に対し効果なし。

ツクダ「アドミラル・グラフ・シュペー」よりシナリオ「PANZERSCHIFFE」をソロプレイ⑤_b0162202_10395239.jpg

↑↑↑「A・G・Spee」は速力が低下。8へクスの距離では、、「A・G・Spee」の装甲はイギリス軍軽巡の放つ15.2cm砲弾を防ぎきれない。

第10イニング
10-1:「Ajax」と「A・G・Spee」は距離は8へクス(約7400m)にて同航戦を継続。弾着観測を受ける「Ajax」の主砲弾2発が「A・G・Spee」に命中。1発は「A・G・Spee」の装甲に弾かれたが、もう1発は再び船体中央部の機関室側面下部に命中。機関1軸すべてが破壊され、左舷浮力が更に1ポイント減少。「A・G・Spee」の砲撃結果は、15cm副砲弾1発が「Ajax」前部A主砲塔に命中しこれを破壊。これで「Ajax」の前部主砲塔は2基とも破壊されてしまった。「Exeter」は距離23へクス(約21,300m)で砲撃を続けるが、なかなか夾叉の結果が出ない。
10-2:「Ajax」の15.2cm主砲弾は1発が「A・G・Spee」後部舷側下部に命中。「A・G・Spee」舷側下部の装甲は僅か「1」。「Ajax」の15.2cm主砲弾は装甲を易々と貫通し、「A・G・Spee」の左舷浮力が1ポイント減少。これまで、全く命中弾を与えられなかった「Exeter」の20.3cm主砲がようやく「A・G・Spee」を捉える。命中した20.3cm砲弾は1発。「A・G・Spee」の船体中央部機関室上面に命中。罐室2基を破壊し、「A・G・Spee」は速力が「3」から「2」に低下。命運尽きたのか「A・G・Spee」の砲撃は命中弾なし。
10-3:「A・G・Spee」の28cm主砲弾1発がようやく「Ajax」に命中。後部Y主砲塔を破壊し、「Ajax」には再び火災が発生した。しかし、速力が低下したためか、「A・G・Spee」に対する砲撃精度も上昇。「Ajax」の砲撃により15.2cm主砲弾1発と10cm副砲弾1発、「Exeter」の砲撃により20.3cm主砲弾1発が「A・G・Spee」に命中した。損害箇所判定は、機関室側面下部と舷側下部。この損害により「A・G・Spee」は全ての罐室を失い航行不能、左舷浮力も遂に「0」となる。「A・G・Spee」艦長ラングスドルフ大佐は「総員退艦」を命令。その後、「A・G・Spee」は左舷に横転し転覆沈没。ラングスドルフ大佐は艦と運命を共にした。

ツクダ「アドミラル・グラフ・シュペー」よりシナリオ「PANZERSCHIFFE」をソロプレイ⑤_b0162202_104075.jpg

↑↑↑戦闘開始から終了までの両軍各艦の航跡。命中弾が左舷に集中した「A・G・Spee」は航行不能に陥った後浸水により横転・沈没した。

 勝敗は一見して明らかだが、一応VPはドイツ軍7VP、イギリス軍10VPである。「A・G・Spee」を撃沈したイギリス軍が勝利を収めた。

 結局、砲弾の発射数に勝るイギリス軍が勝利を収める形となった。しかし、「Achilles」の最後でもわかるように、ダイス運が少しでもドイツ軍側に傾いたら勝敗がどうなっていたかはわからない。逆にイギリス軍の砲撃も、運良く「A・G・Spee」の装甲の薄い箇所に命中していた感じでもある。ドイツ軍はもう少し慎重に行動しても良かったのかもしれないが、主砲の威力が大きいためか、1度大穴を当てたが故か、無意識のうちにラッキーヒットに頼るようになりってしまったと思われる。

 ゲームはひたすらダイスを振り、チャートで結果を求める作業を延々繰り返す感じなのだが、軍艦ファンならその作業にドラマを見る事ができるはずである。戦隊・艦隊司令より艦長になりたい方へこのゲームはお勧めしたい。
by slgplayer | 2014-01-13 12:00 | SLG | Comments(4)
Commented by ”しん” at 2014-01-13 20:42 x
お疲れ様でした!
本当にこのゲームは「詳細な海戦SLG」なんですね。
今回のプレイも、まるで戦記を読んでいるようでした。
Commented by slgplayer at 2014-01-13 22:35
>しんさん
恐縮です。
こういうゲームの太平洋版があったらいいなあ、と思います。
Commented by 鍾馗 at 2014-01-14 06:38 x
お疲れ様でした。
当時のツクダのニオイがぷんぷんしてくるようで、非常に楽しいリプレイでした。
次回は「戦艦大和」「航空母艦」なんて、いかがでしょうか?(笑)
Commented by slgplayer at 2014-01-14 13:07
>鍾馗さん
こんにちは。

「航空母艦」はスペース的に無理です。戦術ボード上の戦闘だけなら・・・(笑)
「戦艦大和」は友人が持っていたので、実は未所有なんですよ。
<< バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」をJ... ツクダ「アドミラル・グラフ・シ... >>