主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新の記事
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-17 21:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-05 21:11
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-30 20:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-25 19:56
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-23 18:07
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:54
スーパーハンマー作戦じゃ..
by ポール・ブリッツ at 12:56
早速の対応ありがとうござ..
by かあし・こいけん at 01:15
> かあし・こいけんさん..
by slgplayer at 21:01
こんにちは。 日々、ゲ..
by かあし・こいけん at 18:30
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


CMJ「激闘!ナルヴァ軍集団」を試してみる⑤

 今月の対戦のお題であるCMJ最新号付録ゲーム「激闘!ナルヴァ軍集団」、その事前練習の続きである。ソロプレイ4回目。これまでのソロプレイはすべてドイツ軍の勝利となった。流石に4回目なのでゲームの展開はこれまでとほとんど同じ。ソ連軍は陣地を攻撃してある程度のVPを稼ぎながら、Krivasooより北上しロールバーン遮断を目指す。しかし、それでは進撃路が狭くドイツ軍の対応も容易だから、ナルヴァ~Krivasoo間に横たわる大湿地帯を押し渡り、ドイツ軍戦力を分散させる。その間、Krivasoo以南では、ドイツ軍の防備が整う前に1~2ヶ所(具体的には戦闘力1の部隊が守る場所)でナルヴァ河の渡河を試み、ドイツ軍の増援部隊を引き付ける事になる。こんな感じの展開が一般的なのではないだろうか?

第1~第6ターン
b0162202_10125234.jpg

↑↑↑北部、第6ターン終了時。第1ターン最初のチットで「第2打撃軍」を引いたため、司令部はドイツ軍のオーバーランを逃れる事が出来た。しかし、最初のチットで「第2打撃軍」を引き親衛狙撃兵を行動させた場合、ドイツ国防軍に先を越され、Krivasooのドイツ軍部隊が無傷で後退してしまう可能性が出てくる。今回は運良く最初から2連続「第2打撃軍」チットを引くという、ソ連軍にとって理想的な展開。その後、第59軍司令部が登場した事を機に、第2打撃軍司令部をナルヴァ以北のエリアをカバーできる位置へ再配置してみた。

b0162202_1013571.jpg

↑↑↑中央部、第6ターン終了時。勝利条件へクスへ少しでも近づきたいソ連軍だが、両翼を湿地に挟まれ、実質的な進撃路は幅3へクス分くらいしかない。ソ連軍は更に迂回を試みようとするが、移動力4の狙撃兵部隊では移動不可の場合も多く、思ったような進軍は不可能となる。

b0162202_10132276.jpg

↑↑↑南部、第6ターン終了時。幸運に恵まれ、1ヶ所の渡河に成功したのだが、橋頭堡の拡大には本格的な航空支援の投入が必要と思われる。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-09-23 10:18 | SLG | Comments(0)
<< CMJ「激闘!ナルヴァ軍集団」... CMJ「激闘!ナルヴァ軍集団」... >>