主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新の記事
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-17 21:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-05 21:11
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-30 20:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-25 19:56
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-23 18:07
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:54
スーパーハンマー作戦じゃ..
by ポール・ブリッツ at 12:56
早速の対応ありがとうござ..
by かあし・こいけん at 01:15
> かあし・こいけんさん..
by slgplayer at 21:01
こんにちは。 日々、ゲ..
by かあし・こいけん at 18:30
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


CMJ「激闘!ナルヴァ軍集団」を試してみる②

 今月の対戦のお題であるCMJ最新号付録ゲーム「激闘!ナルヴァ軍集団」、その事前練習の続きである。第1印象としては、ゲームバランスがドイツ軍有利に思えるのだが・・・。

 前回のソロプレイにおいて、ソ連軍はイヴァンゴロド~ナルヴァには手を出さず、Krivasoo及びそれ以南よりの突破を図り見事失敗。ドイツ軍大勝利の結果となった。次の対戦ではソ連軍を担当する事になりそうなので、この結果には大いに危機感を覚える。そこで、今回のソロプレイではKrivasoo以北、特にイヴァンゴロドの防衛線を出来るだけ攻撃しVPを地道に稼ぐ事によって、突破ならずともゲームの勝利を得る作戦を試してみたいと思う。このため強力な親衛赤軍歩兵や親衛戦車旅団はイヴァンゴロド南方の防衛陣地攻撃のため投入する。

 第1ターン、ドイツ軍活性化チットが2つとも『SS』だったこともあり、ドイツ国防軍は行動せず。これに乗じたソ連軍はKrivasooのドイツ軍を駆逐し北上。ソ連軍の中で最良部隊が揃う親衛歩兵は、親衛戦車旅団、自走砲を伴いイヴァンゴロド南方より接近。イヴァンゴロドのドイツ軍SS部隊は初期配置のソ連軍を駆逐した後、北上するソ連軍親衛歩兵を阻止するため南下。ブリュッサ河に架かる橋を挟みソ連軍と対峙。ソ連軍はVaskaのフェリーを利用しナルヴァ河を渡河。親衛歩兵も補給切れ覚悟で凍結したナルヴァ河を渡りSS部隊側面を伺う。ドイツ軍第502重戦車大隊第2中隊はナルヴァ北方のソ連軍橋頭堡を掃討中。

b0162202_22113019.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。補給切れマーカーを取り除き忘れてしまった。人海戦術(バケツリレー?)により次の第4ターンよりすべての部隊が補給下となる。

 イヴァンゴロド北方のドイツ軍防御陣地をソ連軍第8軍が攻撃。盛大に航空支援を投入した甲斐もあり、これまで合計6ポイントのダメージを与える。親衛歩兵は湿地帯を強引に行軍、一時はKulugu川を渡りKulugu村郊外の駅を占領。しかし、急遽駆けつけたドイツ軍第502重戦車大隊第2中隊の活躍によりソ連軍はKulugu川南側まで押し戻される。ブリュッサ河に架かる橋を挟みドイツ軍と対峙していたソ連軍親衛歩兵+親衛戦車旅団+自走砲の最強トリオスタックは航空支援の下強引に突破を試みるが、武運に恵まれず親衛戦車旅団はステップロス。ドイツ軍SS部隊は、側面の状況が危うくなってきたためイヴァンゴロドの防御陣地へ後退。
b0162202_2212274.jpg

↑↑↑北部、第6ターン終了時。

 Mustajoe村にてドイツ軍FHH師団と対峙。何度か攻撃を行い北上を試みるが、満足な航空支援も無くいずれも失敗に終わった。
b0162202_22133751.jpg

↑↑↑中央部、第6ターン終了時。左右両翼とも湿地に挟まれ迂回もままならず。

 Gordenkaにてナルヴァ河の渡河を試みるが失敗。しかし、攻撃準備のための兵力は整いつつある。問題はやはり航空支援の不足か?
b0162202_22141454.jpg

↑↑↑南部、第6ターン終了時。この方面に投入した第59軍司令部が本格的に活動を開始するのは第4ターンからのため、北部・中央部に比べ戦線の動きはほとんど無い。
 
 ようやくイヴァンゴロドの防御陣地にソ連軍親衛歩兵が到達した訳だが、最強の攻撃力を誇る親衛戦車旅団は既にステップロス。しかし、第8軍によるイヴァンゴロド北方のドイツ軍防御陣地に対する攻撃時のように、上手く行けば大きなダメージを与える事が判明(?)。運だのみというのは甚だ心もとないが、当初の計画通りイヴァンゴロドのドイツ軍防御陣地への攻撃を強化する予定。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-09-15 22:36 | SLG | Comments(0)
<< CMJ「激闘!ナルヴァ軍集団」... CMJ「激闘!ナルヴァ軍集団」... >>