主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新の記事
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-17 21:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-12-05 21:11
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-30 20:02
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-25 19:56
HJ「S.F.3.D ORI..
at 2018-11-23 18:07
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 20:54
スーパーハンマー作戦じゃ..
by ポール・ブリッツ at 12:56
早速の対応ありがとうござ..
by かあし・こいけん at 01:15
> かあし・こいけんさん..
by slgplayer at 21:01
こんにちは。 日々、ゲ..
by かあし・こいけん at 18:30
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


実家からエポック社の『バトル・オブ・ブリテン』を持ち帰る

 実家より無事帰宅。故郷は日中の気温が30度を越えていたが、朝夕は22~3度程度と東京に比べれば格段に過ごし易く、ちょっと得した気分。前半は新盆のための行事、後半はJrとお出かけ三昧。日焼けで肩が痛い。爺婆に甘やかされたJrは大満足。

 実家の押入れには、ルールはおろか所有している事すら忘れてしまったゲームが収納されている。今回はそんなゲームの中からエポック社の『バトル・オブ・ブリテン』を持ち帰った。
 1986年に発売されたこのゲームは、タイトルから分かるように1940年夏の英国上空におけるドイツ空軍と英国空軍の戦闘をテーマとしている。

b0162202_15583797.jpg

↑↑↑パッと見た感じは普通の空軍作戦モノだが・・・

 ゲームは、実際の1日を表す戦略ターン(大まかな天候、補充や修理、爆撃計画の立案など)、1時間ごとの作戦ターン(詳細な天候、爆撃機の発進、上空待機の指定など)、10分ごとの戦術ターン(作戦マップ上の移動、空中集合の成否、航続距離のチェック、接触判定など)、そして空戦と爆撃が発生した際には12秒を表す戦闘ターン(戦闘ボード上で実際に戦闘を解決)という4段階のターンで構成される。ユニットの規模は主に飛行中隊と言う事になるが、中隊の戦力は1機単位で記録される。

 ここまでご覧になって分かるように非常に詳細なルールのゲームである。つまり、裏を返せば非常に面倒で手間のかかるゲーム。ミニ・ゲーム程度はともかく、ワン・デイゲーム辺りになるとかなり怪しく、各航空基地やレーダーサイトなどについて、戦闘ボード上における目標の配置を別紙に記録しておく必要があるキャンペーンゲームに至っては、プレイ不可能に近いと思われる。

b0162202_15585212.jpg

↑↑↑通常の戦闘ボード(上の方にある6角形のやつ)とロンドン爆撃時に使用する特別マップ。オリジナルのロンドン市街戦ゲームが作れそう。

 発売当時の平均的国産ゲームの価格なうえ、SLGブーム終了後には長期間かなり低価格で投売りされた事から、日本国内ではそれなりの数量が流通したはずだが、純国産でビックゲーム相当の内容を誇るこのゲームが再び世間の陽の目を見ることはないんだろうなあ。



 
[PR]
by slgplayer | 2013-08-19 16:10 | SLG | Comments(0)
<< DVG「FIELD COMMA... <ツクダ>『武田盛衰記』より『... >>