人気ブログランキング |

主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...
最新の記事
Compass Games「..
at 2020-03-31 20:47
Compass Games「..
at 2020-03-26 20:13
MMP/Gamers「バスト..
at 2020-03-24 20:00
MMP/Gamers「バスト..
at 2020-03-17 20:14
MMP/Gamers「バスト..
at 2020-03-08 18:18
最新のコメント
> ysga-blogさ..
by slgplayer at 10:31
いつも楽しく拝読させて..
by ysga-blog at 19:11
> しょみんさん こん..
by slgplayer at 18:30
わたしも小学校~高校生の..
by しょみん at 16:24
続きです。 2.連邦軍..
by しょみん at 16:19
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(43)
(39)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③

明日は息子の七五三で実家へ帰省予定。天気が悪そうでちょっと心配。

GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」のソロプレイの続きである。戦いは中盤戦を迎え激しさを増して行く。

第4ターン(1245)
イニシアチブ:なし
北軍Heintzlemanは先に到着したFranklin旅団をChinn Ridgeの手前Young's Branchに布陣させ後続のWilcox旅団の到着を待つことにする。その間、奇跡的に全部隊の回復に成功したHunterの部隊は、再びHenry's Hillの南軍に対し攻撃を敢行する。しかし、北軍中最低の結束度と評価されるHunterの部隊は防御射撃を浴び次々と混乱していく。南軍のJhonstonはすかさず反撃を命じBeeの旅団にJackson旅団の一部を加え眼前で混乱する北軍部隊を攻撃、Poeter、Burnsideの各旅団に大損害を与える(各1ユニット敗走除去)。この北軍中央部の危機に、右翼に位置する北軍Heintzleman所属のFranklin旅団もYoung's Branchから後退した。更に戦果を拡大しようとした南軍Jhonstonであったが、北軍による必死の防御射撃を受けBee旅団の歩兵は全て混乱、Jackson旅団も1ユニットが混乱状態となった。
北軍Tylerと南軍Cockの戦いは一進一退。両軍とも部隊を投入しては混乱→後退→回復を繰り返した。また一時Stone Bridgeを通りBull Run川を渡河したSherman旅団であったが、Evansの部隊の反撃を受け再び対岸へ押し戻されてしまった。
南軍Jhonston配下のSmith旅団+Stuart騎兵部隊、北軍Heintzleman配下のWilcox旅団が到着、戦場へ急行する。

GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_1457555.jpg

↑↑↑第4ターン終了時。マップ中央において激しい戦闘が繰り広げられる。

GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_145807.jpgGMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_14581581.jpg

↑↑↑左:大損害を受ける北軍。
右:一進一退の攻防を繰り広げる北軍Tylerと南軍Cock。

第5ターン(1400)
イニシアチブ:北軍
北軍Hunterはスタックした強力な砲兵の援護下部隊を後退させ回復・再編成を計る。しかし結束度が低いため回復は一向に進まない。回復に手間取っている間にJackson旅団の一部及びBartow連隊による攻撃を受ける。これによりPorter旅団は敗走除去、援護していた砲兵スタックも防御射撃をものともせず突撃してきたBartow連隊により除去となった。歩兵は後退不能にでもならない限り再編成で復帰するが、砲兵は復帰しないため北軍にとってこの損害は大きなものとなった。一方Heintzleman所属のFranklin旅団はJackson旅団主力の攻撃をうけながらもMatthew's Hillまで後退し後続のWilcox旅団との合流を果たす。
北軍Tylerと南軍Cockの戦いは引き続き一進一退を続ける。CockがTylerを引きつけたため、Evansの部隊は回復に成功した。
Grovetonの南で北軍Palmer騎兵部隊が南軍騎兵部隊に遂に捕捉される。南軍3ユニットに対し1ユニットと数で劣る北軍は包囲され壊滅した。
前のターン登場した南軍Jhonston配下のSmith旅団は強行軍にて北上し、Henry's Hill付近に展開するBee旅団の右翼、北軍Hunterの部隊側面を攻撃できる位置に戦列を組む。
北軍にHeintzleman配下のHoward旅団、南軍にBeauregard配下のEarly旅団が到着。

GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_14591032.jpg

↑↑↑第5ターン終了時。

GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_14594295.jpgGMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_14595991.jpg

↑↑↑左:敗走撤収(要は一時除去)によってユニットが少なくなり、北軍は後退を余儀なくされる。
右:未だ一進一退の攻防。

第6ターン(1515)
イニシアチブ:北軍
このターンイニシアチブをとった北軍はTylerの部隊へ命令を下す。未だ混乱状態から回復できていないKeyes旅団を除きSchenk、Sherman各旅団計4ユニットが南軍Cockの部隊を攻撃した。この攻撃は成功しCockの部隊はBull Run川へ追い詰められていく。途中、Schenk旅団が防御射撃で混乱したところへの砲兵射撃により1ユニットを除去され、後退を余儀なくされるが、Sherman旅団の一部が肉薄しCockは危機に陥る。Matthew's HillではHeintzlemanが部隊を再編成、後続の部隊も加え戦列を組み南軍部隊を待ち構える。Jackson旅団はそれをみて一時停止。後続のEarly旅団と合流しHeintzlemanと対峙した。Bee旅団の右翼に展開したSmith旅団は、Hunterの部隊左翼に位置する復帰したばかりのPorter旅団へ攻撃をかけこれを後退させた。これにより北軍は分断・半包囲の危機に陥る。
北軍騎兵を排除した南軍騎兵部隊はVPへクスであるSudley Mill、Sudley Churchにある浅瀬へ向かった。
GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_1502955.jpg

↑↑↑第6ターン終了時。両軍部隊はほぼ全てが戦場に到着。

GMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_1504656.jpgGMT「Glory」より「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ③_b0162202_151327.jpg

左:Hunterの左翼側面へ突撃するSmith旅団。
右:Bull Run川へおいつめられるCock。


戦いはいよいよ終盤。戦局は今のところ南軍に有利か?

続く・・・。
by slgplayer | 2011-11-05 15:26 | SLG | Comments(0)
<< GMT「Glory」より「第1... GMT「Glory」より「第1... >>