人気ブログランキング |

主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
more...
最新の記事
S&T/CMJ「レッド・ドラ..
at 2021-05-08 19:17
S&T/CMJ「レッド・ドラ..
at 2021-05-04 16:44
MMP/Gamers「Iro..
at 2021-05-03 14:50
MMP/Gamers「Iro..
at 2021-04-30 18:52
MMP/Gamers「Iro..
at 2021-04-29 11:36
最新のコメント
> 通りすがりさん こ..
by slgplayer at 15:03
今だと朝鮮半島は全て赤で..
by 通りすがり at 07:43
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 15:49
>令和の戦艦大和 ..
by ポール・ブリッツ at 00:38
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 06:55
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(43)
(37)
(35)
(32)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
画像一覧


S&T/CMJ「レッド・ドラゴン・ライジング」をソロプレイ②

S&T/CMJ「レッド・ドラゴン・ライジング」ソロプレイの続きである。ゲームは中国軍が30手番を実施するまでに規定の条件を達成できるかで勝敗が決まる。また、イベント次第では、戦いが局地戦の枠を越えたと言う事となり、その時点でゲーム終了の可能性も存在する。それでは、いよいよゲーム開始。

○第1ターン
・中国軍
イベント:4-6「チベットで反乱」。中国軍は2ユニット(軽装偵察部隊×1、J6×1)を派遣し鎮圧に当たる。弱小ユニットを派遣したとは言え、中国軍指導部は精神的ダメージを受けているハズ。
行動No.3:朝鮮半島において地上戦を開始するため、中国国内より重装備の陸上ユニット×3を北朝鮮へ移動させる。

・米連合軍
イベント:なし
行動No.7:朝鮮半島での不穏な動きに備え、九州に駐留している米軍軽装歩兵ユニット×1を韓国エリアへ空輸。

○第2ターン
・中国軍
イベント:2-6「インド参戦」。インドが米国支持を表明し、全面的な支援を宣言する。
行動No.2:朝鮮半島で地上戦を開始。中国軍と北朝鮮軍が38度線を越え攻撃を開始する。

・米連合軍
イベント:なし
行動No.12:朝鮮半島の米韓連合軍を支援するため、九州よりCVNを中心とする空母機動部隊を黄海エリアへ出撃させる。黄海エリアにて中国軍SSNを撃沈するが、雷撃を受けた米軍SAG×1を失う。

S&T/CMJ「レッド・ドラゴン・ライジング」をソロプレイ②_b0162202_18593526.jpg
↑↑↑佐世保を出航した米機動部隊は、朝鮮半島での戦闘支援のため黄海エリアへ出撃。早速、哨戒中の中国軍潜水艦と交戦。

○第3ターン
・中国軍
イベント:2-1「ベトナム参戦」。国際世論は米国支持の方向へ?今度はベトナムが米国支持を表明し、全面的な支援を宣言する。
行動No.12:中国南部より南シナ海エリアへ輸送船団と、それを支援するため虎の子の空母機動部隊が出航。

・米連合軍
イベント:5-3「2回連続作戦行動」
(1)行動No.8:増援要請。ダイス目は「5」。CVN×1、SSN×1、F-16×1、海兵隊×1、重装備陸上部隊×1がマップ外エリアへ登場。
(2)行動No.7:マップ外エリアの海兵隊×1を韓国へ空輸。

○第4ターン
・中国軍
イベント:5-4「2回連続作戦行動」
(1)行動No.14:南シナ海の艦隊を南沙諸島へ向けベトナム沖(トンキン湾エリア)まで移動させる。
(2)行動No.19:南沙諸島へ軽装陸上部隊×1を上陸させ、これを支配下とする。4VP獲得。

S&T/CMJ「レッド・ドラゴン・ライジング」をソロプレイ②_b0162202_19035816.jpg
↑↑↑米連合軍の妨害を受ける事無く南沙諸島を占領した中国軍。

・米連合軍
イベント:なし
行動No.18:南沙諸島を占領した中国軍に対しすぐさま反撃。B-2爆撃機が南沙諸島を空爆。上陸したばかりの中国軍陸上部隊はあえなく壊滅。

○第5ターン
・中国軍
イベント:なし
行動No.11:朝鮮半島における地上戦解決の試み。朝鮮半島における両軍の戦力は拮抗しているため修正は±0。ダイス目は「3」で結果は中国軍に少々不利な『接戦』。韓国軍のF-16×1除去と引き換えに重装備陸上部隊×1を失う。

・米連合軍
イベント:なし
行動No.8:増援要請。ダイス目は「4」。CVN×1、SAG×1、F-35×1、重装備陸上部隊×1。

○第6ターン
・中国軍
イベント:なし
行動No.3:接戦の続く朝鮮半島への増援として、国内に残る重装備陸上部隊をいどうさせる。

・米連合軍
イベント:なし
行動No.16:朝鮮半島での地上戦を支援するため、マップ外エリアからF-35×1とF-16×1を九州エリアへ移動させる。

続く・・・。

# by slgplayer | 2021-05-08 19:17 | SLG | Comments(0)

S&T/CMJ「レッド・ドラゴン・ライジング」をソロプレイ①

PS4「アサシン・クリード オリジンズ」がようやく終了。カエサル暗殺がラストステージでございました。引き続き、GWセールで80%OFFだった「アサシン・クリード オデッセイ」をDLしプレイ開始。レオニダスの息子が主人公で、ペロポネソス戦争を舞台としております。

今回のソロプレイは、2015年前後に想定された東アジアにおける中華人民共和国対米国主導の対中国同盟の仮想戦「レッド・ドラゴン・ライジング」である。
このゲームは、S&T版が発売されたのが2008年で、その後2010年にCMJ92号の付録ゲームとなり、2017年にコマンド・ザ・ベストとして新装丁版が発売されいる。その度に、その時勢に合わせた様々なバリアントが追加され、もう何が何だか分からん状態となっているというシロモノ(個人の感想です)。なので、今回はCMJ付録版で一切のバリアントを使用しない素の状態をソロプレイにて試してみたい。因みに、このゲームが当ブログに登場したのが2011年なので、約10年ぶりのプレイとなる。

まずは初期配置から。
S&T/CMJ「レッド・ドラゴン・ライジング」をソロプレイ①_b0162202_16383287.jpg
↑↑↑台湾近海から日本にかけて。中国軍は台湾侵攻の野心を隠さず中央部エリアに戦力を集中。中国北部の航空部隊が薄い感じもするが、その分台湾への圧力が強くなっている。米軍のCVN3隻は、九州と沖縄及び東シナ海へ配置。中国軍が保有するLR(長距離)航空ユニット×4に備え、相互に迎撃可能な位置に配置。

S&T/CMJ「レッド・ドラゴン・ライジング」をソロプレイ①_b0162202_16385318.jpg
↑↑↑フィリピンからシンガポールにかけて。台湾以北に両軍の戦力が集中したため、静かな海となった。しかし、中国南部エリアには南沙諸島用に虎の子のCVLを含む艦隊と上陸用の陸上ユニットを配置。米連合軍としては、暫くの間は、マップ外エリアのLRユニット×2(B-2ステルス爆撃機)で持たせるつもり。

ゲーム開始時の主導権は中国軍が持っている。イベントやサドンデスによる勝敗を除き、中国軍が勝利するためには合計12VP以上の獲得が必要となっている。イベントにより自動的にVPを獲得できたり、米CVNの撃沈によるVP獲得を除くと、台湾占領(6VP)、南沙諸島占領(4VP)、第2次朝鮮戦争の勝利(4VP)のうち2つの目標が必達と考える。
対する米連合軍は、戦力的にも劣勢であるため、序盤は中国軍の動向に対応し防御的になりつつも、後半に備え戦力を拡充し、主導権を奪い返し反撃しなければならない。

さて、どうしたものか?

続く・・・。


# by slgplayer | 2021-05-04 16:44 | SLG | Comments(2)

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオを対戦

約半年ぶりの対戦。アイテムは、事前の雑談で盛り上がったMMP/Gamers「Iron Curtain」。シナリオ、担当陣営共にダイスで決定し「1945年ソ連軍先制攻撃」シナリオで、当方は西側連合軍を担当する。「対戦の直前までソロプレイしていたから、当方の担当する西側連合軍有利だよ、多分。」と告げるが、対戦相手がゲームに関してはダイスのお告げに従う主義と言う事でそのまま対戦。
MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオを対戦_b0162202_14375321.jpg
↑↑↑第5ターン終了時。テンションレベルの上昇が緩やかで、Run Upターンは第8ターンまで続く。戦闘開始後は、事前準備がより整ったソ連軍が第2ターン頃まで順調に進軍していると思われた。しかし、第3ターンに機械化部隊と後続の歩兵部隊が離れた所で西側連合軍が反撃。ソ連軍機械化部隊が大損害を受け進撃がストップし、VP都市へは何処も届きそうもない状態。その後は消耗戦。両軍の損害はほぼ同レベルながら、西側連合軍の歩兵は2ステップのため盤上に残るが、ソ連軍の歩兵は1ステップのためどんどん除去され、「やっぱりこうなった」と言われても仕方のないほど、ほぼソロプレイ時と同様の展開。終了時間も迫って来た事から第5ターンにて終了。因みに、空の戦いはダイス目の影響もあり、ソ連軍が優勢な状況となっておりました。

次は最終ターンまでプレイ出来そうなゲームを対戦予定。




タグ:
# by slgplayer | 2021-05-03 14:50 | SLG | Comments(0)

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ⑤

MMP/Gamers「Iron Curtain」よりシナリオ「1945年ソ連軍先制」ソロプレイの続きである。全10ターンのシナリオのため、残すところあと2ターン。ソ連軍の攻勢失敗は明らかな状況。

第9ターン
天候:晴天
制空戦:制空権は両軍伯仲。というか、これまでの戦いで、両軍の航空部隊は消耗著しい状態。出撃可能なユニットは、ソ連軍の対地攻撃ユニット1個のみ。戦場の制空権は両軍伯仲というよりも、どちら獲得する事が出来ない状態。出撃したソ連軍の対地攻撃ユニットは、西側連合軍の対空砲火の損害を回避するが、空爆には失敗。

ソ連軍:薄くなっているHamburg南で攻撃を行う。しかし、完全な突破には至らず。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ⑤_b0162202_18403439.jpg
↑↑↑ソ連軍は、Hamburg南側からの突破を図るが中々思うように行かない。

Ernfurt付近では、残る機械化ユニットがステップロスした2個だけとなってしまい、とうとう攻勢継続を断念。
チェコスロバキア方面からジワジワと前進していたソ連軍が気がつけばNurnbergまであと1へクスまで前進。

西側連合軍:最終ターン間近(停戦の噂が強まっているのか?)と言う事で、損害の大きいドイツ北部では戦線防御を諦め拠点防御へ切り替える。VP都市であるBremen、Hamburg、Hanoverへ部隊を籠もらせる。
Nurnbergへ迫るソ連軍機械化部隊へ反撃を実施するが、ダイス運に恵まれず失敗。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ⑤_b0162202_18415619.jpg
↑↑↑第9ターン終了時。西側連合軍は、ソ連軍が届きそうなVP都市へ部隊を籠もらせる。

第10ターン
天候:晴天
制空戦:制空権は両軍伯仲。出撃するのはソ連軍の対地攻撃ユニット1個のみ。空爆は失敗。

ソ連軍:最後の攻撃である。
一矢報いるためNurnbergへ攻撃を行うが、西側連合軍の抵抗により失敗。
Hamburg南では、薄い防御ラインを攻撃し、ステップロスしていた西側連合軍のユニットを除去。最終ターンにてようやく機動戦っぽい展開になる。ソ連軍戦車軍団がBremenまで電撃的に前進し攻撃を行うが、こちらも西側連合軍の抵抗により失敗。

西側連合軍:VP都市を守り切った西側連合軍は、ソ連軍機械化戦力が壊滅状態の中央部から戦力を南北へ振り分け、ソ連軍の前進を阻止する形としたところで終了。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ⑤_b0162202_18430553.jpg
↑↑↑ドイツ北部。ソ連軍はようやく戦線を突破したかに思えたが時既に遅し。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ⑤_b0162202_18435235.jpg
↑↑↑チェコスロバキア方面。地形に阻まれ、ソ連軍の侵攻は遅々として進まず、ようやく山岳地帯を抜けた所での終了。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ⑤_b0162202_18441408.jpg
↑↑↑オーストリア方面。この方面のソ連軍機械化部隊は、進むに進めず、引くに引けない状況。一方で、オーストリア南部のソ連軍歩兵師団は壊滅状態となり、西側連合軍の部隊がViennaに到達するのも時間の問題。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ⑤_b0162202_18475938.jpg
↑↑↑ゲーム終了時。ソ連軍はVP都市を1つも占領する事が出来なかった。
『西側連合軍の勝利』

Run Upターンの状況次第という印象は変わらないが、1945年シナリオにおける西側連合軍は思った以上にタフで、ソ連軍は案外脆い(特に歩兵師団)という印象。また、他のシナリオを実際に試してはいないものの、1945年シナリオの両軍「境界線」は、これ以降のシナリオの開始ラインに当たる「鉄のカーテン」より東に設定されている事(ドイツ中心部への距離がより遠い)も勝敗に関係していると感じる。
最後に、西側連合軍は制空権次第で空挺作戦を行う事が可能ですが、今回すっかり忘れておりました。それだけ、西側連合軍に余裕があったと言う事なのでしょう。


タグ:
# by slgplayer | 2021-04-30 18:52 | SLG | Comments(0)

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ④

GWとなるが、昨年に続き一歩も外出せずゲーム(アナログ・デジタル両方)三昧となる見込み。

MMP/Gamers「Iron Curtain」よりシナリオ「1945年ソ連軍先制」ソロプレイの続きである。ゲームは中盤~終盤へと進む。現在の各方面での状況は、ドイツ北部では激しい消耗戦、チェコスロバキア方面では膠着状態、オーストリア方面は西側連合軍優勢となっている。

第7ターン
天候:晴天
制空戦:西側連合軍の空軍ユニットのうち出撃可能数なものは4個(制空×2、対地×2)、対するソ連軍は3個(制空×2、対地×1)と両軍の空軍力は開戦時の半分以下にまで低下している。
制空戦闘用のユニットは両軍共に2個。このターンは、ソ連軍がダイス運に恵まれ優勢を獲得。対地攻撃には両軍共に失敗し効果なし。

ソ連軍:前のターンに被った歩兵師団の損害が大きく、戦線再構築に手一杯な状況。オーストリア方面は後退を続けると共に、チェコスロバキア方面より歩兵師団を抽出し向かわせる。

西側連合軍:Ernfurt付近のソ連軍機械化部隊に対し、米仏軍の機甲師団による反撃を行う。米軍機甲師団による攻撃は成功を収め、ソ連軍機械化部隊を包囲殲滅する機会を得たと思われたが、続く仏軍機甲師団の攻撃はまさかのピンゾロで失敗。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ④_b0162202_11293520.jpg
↑↑↑米軍の攻撃は成功したが、仏軍の攻撃は失敗したため、ソ連軍戦車軍団包囲殲滅の機会を失う。

Hamburg南東では、ギリギリ「1:1」×3箇所で攻撃を行う。西側連合軍の攻撃は成功し、ソ連軍3ユニットを除去する。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ④_b0162202_11303321.jpg
↑↑↑第7ターン終了時。戦線中央を突破しようとするソ連軍の攻勢はほぼ失敗。

第8ターン
天候:晴天
制空戦:戦場の制空権は、引き続きソ連軍優勢。損害判定の結果、西側連合軍の空軍ユニットは、全て除去または損害回復のため再編成中となってしまい壊滅状態。一方のソ連軍は、制空ユニットは西側連合軍と同様の状況ながら、対地攻撃ユニットが1個だけ残るという状況。ソ連軍による空爆は失敗。

ソ連軍:オーストリア方面での戦闘で、ダイス目に恵まれた攻撃が成功し、ポーランド軍歩兵師団を除去する事に成功。
Ernfurt付近における西側連合軍の攻撃に対処するため、残存する機械化部隊による反撃を実施し、僅かながら押し戻す。
Hamburg南側にて、こちらもギリギリ「1:1」×4箇所で攻撃を行う。うち3箇所で攻撃は成功し、ステップロスしていた西側連合軍3ユニットを除去。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ④_b0162202_11320768.jpg
↑↑↑Hamburg南側におけるソ連軍の攻撃。西側連合軍の損害は段々無視できないレベルへとなりつつある。

西側連合軍:オーストリア方面では、壊滅したポーランド軍の穴を埋めると共に、南側がらソ連軍へ反撃を実施。
Ernfurt付近に残るソ連軍戦車軍団2個に攻撃を行い、これをステップロスさせる。
Hamburg南では防御ラインを再構築。とは言っても、ソ連軍の浸透を防ぐため取りあえずユニットを並べるのみ。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ④_b0162202_11323711.jpg
↑↑↑ドイツ北部の状況。Ernfurt付近におけるソ連軍の侵攻は失敗しつつあるが、一方でHamburg南側では西側連合軍の防御ラインが綻びつつある。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ④_b0162202_11325341.jpg
↑↑↑チェコスロバキアからオーストリア方面の状況。オーストリア方面のソ連軍は防戦一方となりつつある。

MMP/Gamers「Iron Curtain」より「1945年ソ連軍先制」シナリオをソロプレイ④_b0162202_11341285.jpg
↑↑↑第8ターン終了時。残り2ターン。ソ連軍の勝利は絶望的だが、最後がどうなるかを見てみたい。

続く・・・。


タグ:
# by slgplayer | 2021-04-29 11:36 | SLG | Comments(0)