主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新の記事
翔企画「信玄VS謙信 ~川中..
at 2018-10-20 18:44
これもある意味「射程」のある..
at 2018-10-14 18:50
WE/DG「RAF」をより練..
at 2018-10-08 19:25
WE/DG「RAF」をより練..
at 2018-10-05 20:55
WE/DG「RAF」をより練..
at 2018-09-29 20:30
最新のコメント
> boilboilさん..
by slgplayer at 08:20
はじめまして、古い記事宛..
by boilboil at 21:20
> 銀さん 「アスター..
by slgplayer at 10:34
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 10:14
ブリュンヒルトの結果を反..
by 銀 at 07:05
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(37)
(32)
(22)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


翔企画「信玄VS謙信 ~川中島血戦~」をソロプレイ①

最近週一更新となりつつある。もっとゲームをプレイする事に時間を費やしたいなぁ。

今回のソロプレイは、久しぶりの戦国合戦モノという事で翔企画「信玄VS謙信 ~川中島血戦~」をソロプレイしてみたい。これまで、このブログ上にて何度か対戦報告をしているものの、ソロプレイは今回が初めてとなる。

ゲームのテーマとなっているのは、タイトルから想像通りの戦史に名高い第4次川中島の合戦である。

ゲームスケールは以下の通り。一般的な会戦級のスケールとなっている。
○1ターン=2時間
○1ヘクス=約330m(3町)
○1ユニット=約500人

ゲームシステムは上杉軍から両軍交互に1ユニットづつ移動・攻撃を行う方式。動かしたくない時は「パス」を選択できるが、両軍のパスが連続した場合、ターンが更新されるという、いい意味でパズルチックなもの。将棋に近い感覚なのか、小学校低学年だったJr.でも十分にプレイ可能だった。

b0162202_18344967.jpg

↑↑↑初期配置。鶴翼の陣VS車懸の陣。上杉方初期配置ユニットは26ユニット、対する武田方初期配置ユニットは16ユニットと上杉方が有利な状況。しかし、武田方には妻女山を攻撃に向った別働隊が増援として第1~第4ターンに五月雨式に合計16ユニット到着する。

勝利条件は、以下の3つ。
①大将(上杉謙信又は武田信玄)ユニットの除去
②ターン更新時に壊滅しているユニット数に5個以上差をつける
③ゲーム終了時、より多くの敵ユニットを除去している

続く・・・。
[PR]
# by slgplayer | 2018-10-20 18:44 | SLG | Comments(0)

これもある意味「射程」のあるゲーム

次の対戦のお題である「射程」のあるゲーム。まあ、陸海空の戦術級ゲームという事になるのだが、20世紀以降の戦術級ばかりが目につく。そんな中変わり種?の射程のあるゲームも幾つか候補に挙がっている。

b0162202_1843504.jpg

↑↑↑Revolution Games「Stonewall's Sword」。このシリーズは他に2点あるのでそのどれか。

b0162202_18443571.jpg

↑↑↑XTR/CMJ「Hougoumont(ウーグモン)」。うーん、ゲームシステムが独特すぎて、初めてプレイするには荷が重い。

b0162202_18445629.jpg

↑↑↑SPI/HJ「アラモ」。多分1日で終わるが、一方が絶望的な戦いをするというシチュエーションは、ガチ対戦には向かない気がする。

b0162202_18451788.jpg

↑↑↑AH「Devil's Den」。是非対戦してみたいが、キャンペーンはもちろん、シナリオですら1日では終わらない感じ。

SPI/HJ「アラモ」を除き、どれも1日では終わりそうもないゲームばかり。やっぱりオーソドックスな20世紀以降のゲームになりそう。
[PR]
# by slgplayer | 2018-10-14 18:50 | SLG | Comments(0)

WE/DG「RAF」をより練習シナリオ「Prelude to Eagle Day」③

WE/DG「RAF」をより練習シナリオ「Prelude to Eagle Day」ソロプレイの続きである。「鷲の日」午前のドイツ軍の爆撃により、イギリス軍のPolingレーダー基地とPortsmouth軍港が損害を被り、ハリケーン1個中隊が損害を被る。これによりVPの累計は『-6』。このままままではRAFは敗北する。

○16:00
ここまでドイツ軍第3航空艦隊から大規模な空襲を受けてきたが、ここへ来てドイツ軍第2航空艦隊も活動を開始。目標はWeybridgeの航空機工場である。
爆撃が小規模(2ユニット)である事、Polingレーダー基地が損害を受けている事から、警報は遅れ、ドイツ軍についての情報も限定的なものとなった事から、迎撃可能な飛行中隊は、スピットファイア1個中隊のみ。迎撃に向ったスピットファイア1個中隊は、護衛のMe109に損害(+1VP)を与えるものの、空中戦で弾薬を使い果たしてしまい、爆撃機への攻撃を行えず基地へ帰還。

b0162202_19184851.jpg

↑↑↑スピットファイア対Me109の空中戦。

ドイツ軍爆撃機は、Weybridgeの航空機工場を爆撃するものの、厚い雲に阻まれ爆撃の効果なし。
時間マーカーの進攻はなし。

○時間マーカーの進行が起こらなかったため、引き続き16:00
Hornchurchの飛行場に対し小規模(2ユニット)な爆撃機隊が向かう。晴天な上、司令部からは正確な情報が来ていたにも関わらず警報は遅延。哨戒中だったスピットファイア1個中隊のみがドイツ軍を迎撃する。スピットファイア中隊は、護衛のMe110へ損害(+1VP)を与えこれを撃退する事に成功。

b0162202_19191281.jpg

↑↑↑スピットファイア中隊は、ドイツ軍爆撃機への攻撃を試みるが、近接護衛のMe110との空中戦となる。

イベントカードの結果、時間マーカーが2マス進み日没を迎える。「鷲の日」初日は、この爆撃を以って終了となった。

ドイツ空軍に損害を与えたためVPは累計『-4』。シナリオの勝利条件に照らし合わせた結果は「引き分け」

このゲーム、やっぱり面白いねェ~!
[PR]
# by slgplayer | 2018-10-08 19:25 | SLG | Comments(0)

WE/DG「RAF」をより練習シナリオ「Prelude to Eagle Day」②

明日から3連休。長い2週間だった・・・。

WE/DG「RAF」をより練習シナリオ「Prelude to Eagle Day」ソロプレイの続きである。

「フランスの戦いは既に終わった。これからはイギリスの戦いがいよいよ始まるのだ!」
by W・チャーチル

b0162202_20501072.jpg


1940年8月11日
ダイス判定の結果天候は、ドイツ軍第2航空艦隊の戦区は「晴れ」、第3航空艦隊の戦区は「曇り」に決定。ゲーム開始もカードを引いた結果午前8:00と決定された。

○8:00
各基地より哨戒のた戦闘機中隊が発進する。警報の出るスピードが遅い場合でも哨戒部隊は迎撃する事が可能だが、哨戒部隊は一定の時間が経過すると着陸・補給をしなければならない。
カードを引いた結果、ドイツ軍の最初の目標はPolingのレーダー基地と判明。ドイツ軍第3航空艦隊の各基地より発進した大部隊(8ユニット)がPolingレーダー基地を目指す。司令部からの情報は正確だったが、警報が遅れたためドイツ軍を迎撃出来るのは哨戒パトロール中だったハリケーン1個中隊のみ。ハリケーン中隊は、果敢成る攻撃を行うが、護衛のMe109を突破出来ずに軽損害を被り後退(-1VP)。

b0162202_20503079.jpg

↑↑↑ハリケーン中隊は果敢に攻撃を行うものの、多勢に無勢、護衛戦闘機を突破する事が出来ずに損害を被る。

直接の迎撃を受けなかったドイツ軍爆撃機隊(Ju-88×3ユニット)は、Polingレーダー基地を爆撃し軽損害(-2VP)を与え帰還。

b0162202_20504898.jpg

↑↑↑ドイツ軍の爆撃により損害を被ったPolingレーダー基地

早速1/11地区の哨戒網に穴を開けられてしまったので、スピットファイア1個中隊を新たに発進させる。
時間は2マス進み12:00となる。

VPは迎撃にあたったハリケーン中隊が損害を被った事ととレーダー基地が損害を受けた事から累計『-3』

○12:00
ドイツ軍の次の目標はPortsmouth軍港と判明。Polingレーダー基地を爆撃した規模を上回るドイツ軍爆撃機の大編隊(13ユニット)がPortsmouth軍港へ向かう。Polingレーダー基地が損害を受けた事と、上空を覆う雲のため、警報は遅いものとなり、迎撃可能な中隊はスピットファイア1個のみ。多勢に無勢、護衛のメッサーシュミットが多い事が予想されたため、迎撃を断念。Portsmouth軍港は大損害(「H」損害)を受ける(-3VP)。

イベントカードの結果、時間マーカー2マス進み16:00となる。

ポーツマス軍港が大損害を被ったためVPは累計『-6』

続く・・・。
[PR]
# by slgplayer | 2018-10-05 20:55 | SLG | Comments(0)

WE/DG「RAF」をより練習シナリオ「Prelude to Eagle Day」①

昨日から展示会出展のため、ブースで1日中立ちっぱなし。歳のせいか脚が痛ェ。

今は亡きWE社の傑作ソロプレイ専用SLG「RAF」がDG社より復活。このゲームが普通に店頭で購入できた1980年代後半は、その特異なコンポーネントと、対戦相手には困らないという恵まれた環境にあったため、ちょっとこのゲームを過小評価しており、結局友人から借りて数回プレイしたのみで購入には至っていなかった。しかしその後、空軍作戦級モノへの興味が湧いて来たのを機に、このDecision版の購入へと至った次第である。

ゲームのテーマとなっているのは、1940年の英国上空の戦い、いわゆる「バトル・オブ・ブリテン」である。プレイヤーは英国空軍「RAF」を担当しドイツ空軍を迎撃する(ドイツ空軍はゲームシステムが担当)。プレイヤーがドイツ空軍に十分な損害を与える事が出来れば、ドイツ軍による英国本土上陸作戦は中止されプレイヤー側(イギリス)の勝利となる。反対に十分な損害を与える事が出来なければ、英国本土上陸作戦が実施されて敗北となるのだ。

b0162202_20202938.jpg

↑↑↑初期配置。マップ上方が南(大陸方向)となるため、慣れるまで違和感を感じる。

今回プレイするのは、ドイツ空軍による全面攻勢初日のみを扱った練習シナリオ「Prelude to Eagle Day」である。兎に角、来るべきキャンペーンのプレイに備え、昔の勘を取り戻さなければ!

続く・・・。
[PR]
# by slgplayer | 2018-09-29 20:30 | SLG | Comments(0)