主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
最新の記事
AH「ナチドイツ空軍(Luf..
at 2017-04-26 22:50
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-22 19:17
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-18 20:13
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-14 20:56
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-08 19:40
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
ご無沙汰しております。 ..
by ポール・ブリッツ at 01:33
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:War of the Ring ( 4 ) タグの人気記事

FFG「War of the Ring」を対戦

 クリスマスという事で、久々に家族内ゲーム大会を開催。プレイしたゲームは、因縁浅からぬFFG「War of the Ring」である。今回は、白の軍勢をJr.及びJr.父が担当。黒の軍勢を我が家のリング・マスターことJr.ママが担当した。
b0162202_16582915.jpg


序盤:白の軍勢は、灰色のガンダルフをモリアの手前で早々と失った後に旅の仲間を解散。ガンダルフはその後白くなってファンゴルンに復活。復活したガンダルフはエント達を扇動し、アイゼンガルドを襲い時間稼ぎをする。馳夫は、モルドールの軍勢が進行する前にミナス・ティリスへ到着しアラゴルンとなる。黒の軍勢は、戦力の充実を図りながら、指輪探索に精を出す。それにより、フロド&サムに同行していたメリーとピピンはあさりと退場。更にモリアの手前でフロドの誘惑ダメージは9ポイントに達する。
b0162202_16584334.jpg


中盤:戦力の整った黒の軍勢が侵攻を開始。モルドール軍は、オスギリアスを蹂躙しミナス・ティリスを包囲。ミナス・ティリスは包囲に耐える。南からゴンドール軍によるミナス・ティリス救出作戦が行われるが失敗。救出の可能性が無くなったミナス・ティリスは、間もなく陥落。アイゼンガルド軍もヘルム峡谷~エドラスへと電撃的に侵略の手を伸ばす。フロド&サムはようやくロスロリエンに到着し、誘惑ダメージの回復を行う。
b0162202_16585597.jpg


終盤:モルドール軍はドル・アムロスを陥落させる。ローハン~ゴンドール国境付近に逃れていたセオデン王とローハン軍も、アイゼンガルド軍の追撃により壊滅。黒の軍勢は北上を開始。ロスロリエンにて、誘惑ダメージを4ポイントまで減少させたフロド&サムは滅びの山を目指し旅を再開。ダイス目とカードの幸運と、エルフの指輪の助けを借り、モルドールへ向け強行軍を行う。フロド&サムが指輪を葬る前に勝負を付けようとするサウロンは、東夷の軍勢を進軍させ、エルフ達へ攻撃を開始。フロド&サムが、滅びの山の火口一歩手前まで到達した所で、エルフの要塞が東夷の手に落ちゲーム終了。
b0162202_1659796.jpg


b0162202_16592078.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。ゴンドール、ローハンは既に壊滅。

b0162202_16593020.jpg

↑↑↑またしても滅びの山の火口1歩手前にてゲーム終了。今回は行けると思ったのに・・・。


 白の軍勢は、フロドの誘惑ダメージが6ポイントの状態でゴール1歩手前まで到達したものの、中盤にアラゴルンと白のガンダルフを失ったため、折角増えたアクションダイスも減少してしまい、最後の最後で1手足りずに敗北を招いてしまった・・・。いや、ホントに惜敗とは今回のためにあると思ったほど。それにしても…Jr.ダイス目悪っ!! Jr.よ、このリベンジは近いうちに果たそう!
[PR]
by slgplayer | 2015-12-26 17:05 | SLG | Comments(0)

FFG「War of the Ring」をJr.と対戦(2回目)

 本来なら、年明けすぐにでも対戦する予定だったのだが、いろいろな用事が重なり、対戦が延び延びとなっていたFFG「War of the Ring」を再び対戦。前回終了時「次はサルマンがいい!」と言っていたJr.だったが、直前になって気が変わったのか、再びサウロン担当を希望。そこで、我が家のリングマスターであるJr.ママがサルマン、Jr.父はフロド達他白の軍勢を担当した。
b0162202_1833957.jpg


序盤:いち早く配下の陣営を戦時下とし、徴兵を繰り返すJr.のモルドール軍。Jr.ママのアイゼンガルドは専らカードプレイとハラドの移動。「ウンバールの海賊」の助けを借り、ハラド軍をペラルギアへ強襲上陸させこれを占領。ゴンドールを東西に分断する。
 白の軍勢を担当するJr.父は、アクションダイスの出目が悪く(?)、旅の仲間の歩みが遅い。しかも、裂け谷から1歩前進した所で指輪探索に成功されてしまい、いきなりの誘惑3ダメージタイルを引く。灰色のガンダルフはモリアへ辿り着く前に死亡。Jr.父はアクションダイスの調子が悪い分、カード運は良く、配下の陣営は戦時下では無いにも関わらず、カードにより大動員を成し遂げる。また、「グワイヒア」カードを使い、馳夫とボロミアを一気にミナス・ティリスまで送り込む。
 ようやく戦力が整ったと判断したJr.はミナス・モルグルの軍勢(8R、2E、4NZ)をミナス・ティリスへ進軍させる。2度に渡る大会戦の末、モルドール軍に大損害を与えたゴンドール軍(2R、2E、2L、ストライダー、ボロミア)はミナス・ティリス城内へ後退。レゴラスとギムリが分離し、ホビット4人となった旅の仲間はロスロリエンまであと1歩の位置までようやく辿り着く。
b0162202_18325619.jpg


中盤:死んだはずの灰色のガンダルフが、ファンゴルンの森に白のガンダルフとして復活。
 ようやく軍勢を揃えたJr.ママのアイゼンガルドがローハンへの侵攻を開始。しかし、手薄になったアイゼンガルドをエント達が襲いサルマン共々これを破壊。サルマンがいなくなった事により、アイゼンガルドの軍勢は動きが鈍る。
 Jr.父は、カードを使い、エドラスに集結していたエオメル率いる軍勢(2E、3R、2L)をミナス・ティリス救援に向かわせる。救援のローハン軍とモルドール軍はペレンノール平野で激突。この戦いでモルドール軍は壊滅。馳夫はミナス・ティリスにてアラゴルンとなった。
 Jr.は、他方面への侵攻を考えてか、東夷の軍勢が北のドワーフ王国を目指し進軍を開始。
 ロスロリエンでの小休止の後、滅びの山を目指すホビット達だったが、途中メリーとピピンがフロドの盾となり旅の仲間から離脱。ゴラムが旅のガイドとなり、フロド&サムは西エミン・ムイルまで前進。
b0162202_18332389.jpg


終盤:モルドール軍は徴兵を繰り返し再び軍勢を編成。ハラドの援軍も到着し、南イシリエンに集結する。しかし、中々軍を前進させようとしないJr.。先の敗戦がトラウマになっているようだ。
 北方のドワーフ王国へ侵攻した東夷の軍勢は、デイルを攻略後エレボールへ侵入。エレボールのドワーフ軍は籠城。東夷の軍勢はエレボールを強襲するが、ドワーフ軍に馳せ参じていたギムリの活躍で、逆に東夷の軍勢に大損害を与える。Jr.はドルグルドゥアから援軍を派遣しようとするが、援軍到着前にドワーフ軍の反撃を受けた東夷の軍勢は壊滅。
 南イシリエンに集結していたモルドール&ハラドの軍勢では、仲間割れが発生。それに追い打ちをかけるようにファラミアのレンジャーの襲撃を受ける。このため、Jr.は失った兵力の補充に手番を費やしゴンドールへの再侵攻は遅れに遅れる。
 サルマンを失い、白のガンダルフの下に集結したローハン軍と睨み合いの膠着状態に陥っていたJr.ママのアイゼンガルドは、ようやく残党軍の集結を完了。恐らく北上し、手薄なホビット庄~灰色港へ侵攻しようとしているのだろう。
 フロド&サムはようやくモルドールへ到着。この時点での誘惑ダメージは累計7ポイント。ここまで、中つ国各地でサウロンの侵攻を撃退してきたが、勝利条件を満たす程の勝利を収めてはいない。やはり、勝つには滅びの山へ指輪を投げ入れるしかない。誘惑ダメージプールに投入したタイルはモルドール側1個に対しこちらは3個。なんとかなるはずだ。フロド&サムは用意していたアイテム(ミスリルコートとスティング、アセラス等)を駆使し滅びの山を一歩づつ前進。奇跡的に累計10ポイントの誘惑ダメージ状態にて火口の手前まで到達。このまま行けば・・・と思い引いた最後の誘惑ダメージタイルは「サウロンの目(この時は3ポイントダメージ)」。またしてもフロドは最後の最後で指輪の誘惑に負けてしまいゲーム終了。
b0162202_18334097.jpg


b0162202_1834114.jpg

↑↑↑前回同様にフロドは滅びの山の火口目前で指輪の誘惑に負けてしまった。ちょっと強引に前進させすぎたか?

b0162202_18341550.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。今回のプレイ時間は約4時間。Jr.今回もよく頑張った。

 今回は途中までかなり映画に近い展開となり、Jr.も学校へ提出する日記に「勝ったけどハラハラドキドキした」と書き記していたので、かなり楽しめたようだ。結果的にはサウロン側の勝利となったわけだが、前回同様に最後に引いたタイルの結果次第では敗北の結果もあり得たという事は相変らず理解していないようだ。今回Jr.は、慎重に事を運ぼうとするあまり戦機を逸してしまい、Jr.父としてはそこに付け込んで防御を固め、Jr.の軍勢を何度か撃退する事に成功した訳だが、その事をJr.にも「戦う時は、兵力も大事だけどスピードも重要」と教育したつもり。しかし、無邪気にゲームの勝利を喜ぶJr.には馬の耳になんとやらの模様。

オマケ
b0162202_18345931.jpg

↑↑↑前回の対戦後お勧め頂いたICE「the fellowship of the Ring」を引っ張り出して眺めてみる。う~ん、これはホントにラスボスだわ。
[PR]
by slgplayer | 2015-03-02 18:58 | SLG | Comments(0)

FFG「War of the Ring」を対戦

 先日の練習対戦に続きいよいよ本番。今回は標準ルールでの対戦である。標準ルールの場合、カードプレイが必要となるため、漢字に難のあるJr.はJr.父と組み黒の軍勢側のサウロンと東夷を担当。Jr.父はサルマンとハラドを担当した。主役であるフロド達他白の軍勢は我が家のリングマスターであるJr.ママが担当。
b0162202_1141142.jpg


序盤:Jr.ママの旅の仲間は早々に離散。アラゴルンとボロミアはゴンドールへ、ガンダルフとメリーとピピンはローハンへ、レゴラスとギムリはそれぞれエルフ、ドワーフの王国へ。Jr.は練習対戦の経験からか、まずはドルグルドゥアの軍勢を南下させローハンを襲う。前回は単にダイス目が良かっただけなのだが・・・。エドラスを陥落はさせたものの、ガンダルフの下に集結したローハンの軍勢から反撃を受け、ドルグルドゥアの侵攻部隊は壊滅。サルマンはエントの攻撃を警戒し、専ら徴兵とカードプレイ。サウロン担当のJr.は指輪探索を軽視したため旅の仲間は順調に前進。ハラドの軍勢が南からゴンドールへ侵攻。
b0162202_11402795.jpg


中盤:軍備の整ったサルマンの軍勢がアイゼンガルドを発ちヘルム峡谷へ向かう。角笛城はウルク・ハイによって蹂躙される。その間にゴンドールはカード運もよく順調に軍備を増強。モルドールの軍勢がモルドールを発ちオスギリアスへ侵攻。ゴンドールを南側から侵攻したハラドの軍勢がミナスティリスを攻撃。アラゴルン&ボロミア指揮するゴンドールの軍勢とペレンノールで激突。激戦の末ハラドの軍勢は壊滅。間髪入れずモルドールのオークたちがミナスティリスを攻撃。ハラド軍との激戦により消耗していたゴンドール軍は堪らずミナスティリス城内へ後退し籠城。その頃フロドはロスロリエンを過ぎた辺り。サルマンのカードプレイによりフロドのダメージは合計「8」。
b0162202_11403761.jpg


終盤:サウロンの軍勢は、ミナスティリスを強襲するがゴンドール軍は持ち応える。Jr.は、時間をかけ東夷の軍勢をミナスティリス攻防戦に投入しようやくこれを攻略。その間にフロド達がモルドールへ到着(ダメージは「8」のまま)。サウロンはアングマールにウィッチキングの率いる軍勢を編成し、灰色港目指し侵攻を開始する。サルマンは軍備を拡大。圧倒的な戦力でローハン軍を壊滅させ、その勢いのままロスロリエンも攻略。軍事的な勝ち目がかなり薄くなったJr.ママは、幸運を信じ滅びの山のフロド達をひたすら前進させる。2ポイントの誘惑ダメージで3つの前進を果たし、火口目前まで迫るフロド。しかし、火口まであと1歩の所でフロドに対する誘惑ダメージが「12」に達してしまい終了。最後に引いたタイルが「2」ではなく「1」以下だったら敗北していた状況なのだが、Jr.は無邪気に勝利を喜んでいた。
b0162202_11405277.jpg


b0162202_1139512.jpg

↑↑↑フロドは滅びの山の火口目前で指輪の誘惑に負けてしまう。

b0162202_1140269.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。激闘4時間半。Jr.よく頑張った。

 なんとか最後までプレイする事ができ、久々に絶妙なゲームバランスを堪能した。Jr.もほぼルールを理解し、自分なりに作戦を考えているようだった。もうちょっと漢字が読めるようになれば、カードが読めるようになるはずなので、そうすればもっと楽しめるようになるだろう。Jr.父&ママで「次はフロドやアラゴルンをやってみれば?」と勧めているのだが、Jr.本人はヘタレなため慢性的な劣勢状態には耐えられないらしい。Jr.曰く「次はサルマンがいい」との事。

オマケ
b0162202_11401017.jpg

↑↑↑最終目標であるSPI「WAR OF THE RING」。Jr.がこれをプレイ可能になるのは何時になるのか?想像するだけでニヤけてしまう。
[PR]
by slgplayer | 2014-12-26 11:59 | SLG | Comments(2)

FFG「War of the Ring」をJr.と練習対戦

 先日、映画「ホビット 決戦のゆくえ」を鑑賞し盛り上がるJr.を教育するべく、傑作ゲームの名高いFFG「War of the Ring」(2ndエディションは未所有)を対戦。ゲームのルール自体はそれほど難易度が高くはないのだが、小学2年生にいきなり標準ルールは無謀と思われる。そこで、基本的なゲームシステムに慣れるために簡易版ルールでの対戦となった。対戦するにあたり、Jr.が黒の軍勢、Jr.父が白の軍勢を担当する事となった。

b0162202_2351393.jpg

序盤:フロド達はモルドールを目指し旅を続けるが、サウロンの妨害により霧降山脈のあたりをウロウロするばかり。Jr.はサルマンの軍勢でローハンを襲う。Jr.のダイス目が冴え角笛城は陥落。エドラスはドルグルドュアから南下してきたオーク達に蹂躙される。

中盤:次にサウロンが目を付けたのは北方のドワーフ王国。東夷の軍勢がエレボールへ向け進軍開始。しかし、ここはドワーフの軍勢が踏ん張り東夷を撃退。

終盤:ようやくロスロリエン付近まで前進したフロド達。その間にもサウロンの侵攻は続き、ハラドとモルドールのオーク達がゴンドールへと雪崩込む。ゴンドールはペレンノールで決戦を挑むが敗北。ゴンドールの残存兵はミナス・ティリス城内へ撤退。しかし、その後サウロンの軍勢による包囲攻撃を受けミナス・ティリスは陥落。時間の関係でここで終了となるが、続けていたらJr.父の敗北は必至の状況だった。

b0162202_2352522.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。ローハンは既に壊滅。ゴンドールもドル・アムロスを残すのみとなり、風前の灯火状態。

 Jr.にはちょっと難易度高めながら、なんとか基本的なゲームシステムは理解できたらしい。次は我が家のリングマスターことJr.母を巻き込んでの対戦になる予定。
[PR]
by slgplayer | 2014-12-23 00:06 | SLG | Comments(0)