主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
最新の記事
CMJ「ブダペスト'45」を..
at 2017-12-15 20:23
CMJ「ブダペスト'45」を..
at 2017-12-10 10:52
CMJ「ブダペスト'45」を..
at 2017-12-06 20:50
FFG「Star Wars:..
at 2017-12-02 23:07
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-30 20:35
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:Star Wars:Rebellion ( 10 ) タグの人気記事

FFG「Star Wars:Rebellion」を対戦

学生時代の友人2人と久々にゲーム対戦。新作映画公開間近という事でFFG「Star Wars:Rebellion」の3人プレイとなった。今回当方は帝国軍の「提督」を担当した。

b0162202_2332961.png


b0162202_2335026.jpg

序盤:帝国軍は序盤の優位を活かすため、開発カードを引き「スーパーレーザー」を早々と入手。反乱同盟軍地上部隊の動員力が帝国軍を上回る事を脅威に感じた帝国軍は、早速デススターをもって反乱同盟軍地上部隊最大の供給源となっているキャッシークを破壊。

中盤:帝国軍は反乱同盟軍秘密基地に関する情報が掴めず、ダークサイドフォースの導きにより(黒いダイスを振っただけ)「反乱同盟軍秘密基地はナル・ハッタ!」とヤマを張る。まず、ヴィアーズ将軍率いる帝国艦隊がトイダリアに集結していた反乱同盟軍主力艦隊を攻撃し、これを完膚なきまで叩き潰す。ヴィアーズ将軍が築いた回廊を通りデススターがナル・ハッタへ進撃し、スーパーレーザーにてこれを破壊。しかし、反乱同盟軍秘密基地はナル・ハッタには存在せず空振り。その間に、反乱軍はボバ・フェットにより捕虜となっていたドドンナ将軍を救出する事や、反乱同盟軍支持の星系を増やすなどし地道に帝国軍名声ポイント低下させる。帝国軍はダゴバにて第2デススターの建造を開始。

終盤:ほとんどの星系を捜索し終えた帝国軍は、消去法により反乱同盟軍の秘密基地はライロスにあるという情報を掴む。反乱同盟軍は名声ポイントと残りターン数を考え、秘密基地を移動させず全戦力を集結させ帝国軍を迎え撃つ。帝国軍は大艦隊をライロスへ侵攻させ、第2デススターを後続させる。反乱同盟軍は再建中の艦隊を集結させ、ジオノーシスにて帝国軍艦隊を迎え撃つ。帝国軍は反乱同盟軍艦隊を圧倒し大勝利を治める。しかし、秘密基地に集結している反乱同盟軍地上部隊は予想以上に強力な事が判明。帝国軍は、後続のデススターと合流してからライロスへ侵攻する事に決定。第9ターン、事前の偵察では手札には無かった「INSPIRE SYMPATHY」をいつの間にか得ていた反乱軍は、このカードを使い帝国軍名声ポイント低下させる。これにより、帝国軍の名声ポイントは「9」まで低下。反乱同盟軍の勝利となってゲーム終了。

b0162202_2322856.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。反乱同盟軍の手札に「デススター設計図」がある事は分かっていたため、終盤デススターの運用が慎重過ぎたか?それにしても、帝国軍は勝てそうで勝てない。でも、そこがまたイイ!
[PR]
by slgplayer | 2017-12-02 23:07 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」を対戦

数年ぶりに学生時代からの友人とゲームを対戦。最近ゲームから遠ざかっていた映画好きの友人の希望により、対戦したゲームは、2016年を代表する傑作ボードゲームFFG「Star Wars:Rebellion」である。当方は反乱同盟軍を担当した。

b0162202_2065129.jpg


序盤:反乱同盟軍は、秘密基地を辺境の惑星ダントウィンに設置。開始からカードプレイの応酬が続く。モン・モスマの活躍により、モン・カラマリ星系が反乱同盟軍へ参加。帝国軍は、エンドア星系に早くも第2デススターの建造を開始。

中盤:戦力が整った帝国軍は、各星系の反乱軍討伐のため行動を開始。キャッシークがデススターのスーパーレーザーにより破壊される。反乱同盟軍は、デススター設計図の奪取に成功。エンドアに完成した第2デススターに対し反撃を行う。ルーク・スカイウォーカーの指揮する攻撃隊は、アタック・ランにより第2デススターの破壊に成功。

終盤:帝国軍は、モン・カラマリへ侵攻。反乱同盟軍を撃破しモン・カラマリを占領。反乱同盟軍は、ハット族と協定を結び、ナル・ハッタ星系を味方に引き入れる。帝国軍は、ナル・ハッタ星系への侵攻を試みるが、反乱同盟軍の奇襲を受け、スターデストロイヤーを失う。また、一時捕虜となっていたレイア姫をオビ・ワンが救出に成功。再度、ナル・ハッタ星系への侵攻を企てる帝国軍だったが、反乱同盟軍秘密基地の見当もつかないままに、第8ターンには帝国軍の名声ポイントが「8」まで低下。反乱同盟軍の勝利となってゲーム終了。

b0162202_23315433.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。帝国軍は、最後まで反乱同盟軍秘密基地の位置を掴むことができなかった模様。

FFG「Star Wars:Rebellion」終了後は、Jr.とJr.ママを加えた4人でカードゲーム(「Formula Motor Racing」と「Love Letter:Hobbit」)をプレイしました。

明日からはバンダイ「宇宙戦艦ヤマト」の「カッシーニの攻防」シナリオを再開する予定。
[PR]
by slgplayer | 2017-03-05 23:32 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」を対戦

クリスマスという事で、家族でボードゲームを対戦。ゲームは、映画「スターウォーズ:ローグ・ワン」鑑賞を記念し、FFG「Star Wars:Rebellion」を選択。今回の対戦ではJr.&Jr.父が反乱同盟軍を担当し、Jr.ママが帝国軍を担当する事となった。
b0162202_022985.jpg

序盤:反乱同盟軍は、辺境の惑星タトゥーインに秘密基地を建設しゲームスタート。最初の内は両陣営とも使用できるキャラクターが少ないためカードプレイが中心。大型艦の建造施設があるコレリアの支配を巡りカードの応酬。結局、コレリアは、帝国に対する反乱とそれに続く外交交渉により反乱同盟軍側に参加。帝国軍はコレリアを封鎖。

中盤:帝国軍の秘密兵器デススターの設計図を手に入れた反乱同盟軍は、マンダロア軌道上のデススターへ奇襲攻撃を行いこれを破壊することに成功する。キャッシークが反乱同盟軍側に参加。ムスタファーにてハン・ソロが帝国軍の捕虜となる。オビ・ワンが2度に渡り救出を試みるが、失敗に終わる。ようやく反乱同盟軍に加わったルーク・スカイウォーカーは、早速ダゴバへ向かいヨーダと会う。ルークはジェダイの騎士へ成長。帝国軍はスーパー・スターデストロイヤーを完成させる。

終盤:帝国軍は反乱同盟軍の秘密基地を粉砕するため、辺境へ向け大艦隊を発進させる。秘密基地のある一歩手前であるジオノーシスが帝国軍の占領下となる。反乱同盟軍は、帝国軍の延び切った連絡線を遮断するため、ボサンに集結した艦隊を以ってナブーへの奇襲攻撃を行う。帝国軍は、ダース・ベイダーを送り込みこれの撃退を試みる。反乱同盟軍はジェダイの騎士となったルーク・スカイウォーカーを派遣。激しい戦闘の末反乱同盟軍が辛うじて勝利を治める。ルークもベイダーと対決。「ジェダイの帰還」によりベイダーは死亡する。皇帝パルパティーンはジオノーシスよりスーパー・スターデストロイヤーをナブーへ反転させ、反乱同盟軍を撃破。時間を稼ぐ形となった反乱同盟軍は、タトゥーインの秘密基地を放棄し、別の惑星に新基地の建設をする。

ここで時間切れとなりゲーム終了。

b0162202_0241100.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。ナブーの戦いは、最終的に帝国軍の勝利となった。しかし、その隙に反乱同盟軍は秘密基地移転のための時間を稼ぐのだった。

スターウォーズについてそれなりに深い知識を持つJr.は、このゲームを楽しくプレイ出来た模様。特に「デス・スター設計図」を使用したアタック・ランと「ジェダイの帰還」を使用してのルークVSベイダーの対決は盛り上がりました。
[PR]
by slgplayer | 2016-12-26 00:06 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」を対戦

 今月の対戦は、急遽予定を変更しFFG「Star Wars:Rebellion」をプレイする事となった。当方は反乱同盟軍を担当。May the Force be with you!

b0162202_19547100.jpg


序盤:両陣営ともリーダー及び兵力が不足しているので、カードプレイが中心となる。同盟軍はモン・カラマリを自陣営に引き込み、帝国軍は、Seleucamiでレイア姫を捕虜とする。レイア姫は、帝国軍が尋問ドロイドや拷問カードを使用する前にジェダイの騎士であるオビ・ワン・ケノービによって救出される。

中盤:マンダロアにて帝国に対する蜂起。帝国軍は大きな損害を被りながらもこれを鎮圧。同盟軍は間髪を入れず、帝国軍の支配下にあったキャッシークに対してハン・ソロに率いられた特殊部隊を潜入させると、帝国軍地上部隊の電撃的な排除に成功。パルパティン皇帝は、モフ・ターキンへキャッシークの破壊を命令。デス・スターがキャッシークへ迫る。同盟軍の若き英雄ハン・ソロは、Xウィング、Yウィングの攻撃隊を率いこれを迎撃。すでにデス・スターの設計図を入手しその弱点を研究していた同盟軍は、デス・スターの破壊に成功する。一方、リーダーの登用が全て終了した段階で、ルークの登場がない事が確定。そこで帝国軍は、マンダロア星系にてドドンナ将軍を捕虜とする。オビ・ワンはかつての師を捜しに惑星ダゴバへ向かいマスター・ヨーダと再会。

終盤:同盟軍の活動を弱めたい帝国軍は、ドドンナ将軍をダークサイドへ引き込む。ドドンナが帝国軍に寝返った事で捕虜の枠が空いた事もあり、外交交渉のためキャッシークを訪れていたモン・モスマが帝国軍の捕虜となる。オビ・ワンによるモン・モスマ救出作戦はパルパティン皇帝の妨害により失敗。リーダーが2人も減った事により、同盟軍の活動は鈍る。帝国軍は戦力の整った大艦隊をもって同盟軍の生産拠点となっていたウタパウを占領。ダソミアには第2デス・スターの建設が開始される。同盟軍はゲリラ的な攻撃を行い、「DEFEND THE PEOPLE(民衆の防護)」「LIBERATION(解放)」「ESTABLISH OUTPOST(前哨基地の確立)」を立て続けに成し遂げる。第9ラウンド、評価ポイントが「9」となった所で同盟軍の勝利が決定。

b0162202_19505310.jpg

b0162202_19516100.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。結局、帝国軍は最後まで同盟軍の秘密基地を発見する事ができなかった。

 本来の主役であるルーク・スカイウォーカー不在となった同盟軍であったが、チューバッカ、ハン・ソロ、オビ・ワンの3名による中盤以降の大活躍が勝利を導いた。リーダーは、色んなスキルを持ったオールマイティ型より、一つの技能に秀でたスペシャリスト型の方が抑止力にもなり有効なようだ。特にダークサイドのフォースさえも跳ね返すチューバッカの腕力が印象的だった。

次の対戦は、コマンド最新号付録ゲーム「Clash of Titans」の予定。
[PR]
by slgplayer | 2016-06-22 20:00 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」をソロプレイ③

 FFG「Star Wars:Rebellion」ソロプレイの続きである。帝国軍の宇宙要塞デス・スターは、同盟軍の造船設備を有するモン・カラマリを破壊するため移動を開始。これに対し同盟軍は、デス・スターの設計図を入手する事に成功し、その弱点を探り出していた。

第6ラウンド
 帝国軍の宇宙要塞デス・スターがモン・カラマリ星系へ接近。同盟軍はこれを迎撃するために増援部隊を派遣。帝国軍は、デス・スターによるモン・カラマリ星系の破壊を既に決定しているため地上部隊を率いていない。ピエット提督率いる帝国軍とアクバー提督率いる同盟軍がモン・カラマリ星系で激突。

b0162202_17385229.jpg

↑↑↑モン・カラマリ星系での戦い。

 第1戦闘ラウンド、スター・デストロイヤーとモン・カラマリ・クルーザーが相討ち。他にXウィングとYウィングが各1個、TIEファイター2個が失われる。同盟軍は、満を持して「DEATH STAR PLANS」カードを使用。しかし、ダイス目が不調で最初のアタック・ランは失敗。更に戦闘は続き、同盟軍の戦力はXウィング1個にまで減少。同盟軍は怯まず2度目にアタック・ランを実行。今度は成功し、デス・スターは破壊される。目標カード「DEATH STAR PLANS」を達成したため同盟軍は2評価ポイントを獲得。

b0162202_1739233.jpg

↑↑↑1ラウンドのうちに使用できる目標カードは、戦闘時とリフレッシュ時に各1枚だけという事なので、今回同盟軍は、目標カード「DEATH STAR PLANS」の達成を選択。

 同盟軍がモン・カラマリ星系で勝利を治めている頃、若きスカイウォーカーは、ジェダイ騎士団の長ヨーダを捜しに惑星ダゴバへ向かう。惑星ダゴバにてヨーダと出会ったルーク・スカイウォーカーは、訓練を受けジェダイの騎士へと成長する。

b0162202_17393767.jpg

↑↑↑ルーク・スカイウォーカーは、惑星ダゴバでヨーダと会う。厳しい訓練を受けたルークは、ジェダイの騎士へと成長した。

 モン・カラマリ星系での敗北をものともせず、帝国軍は勢力範囲を拡大。オルデラン星系及びべスピン星系を占領する。同盟軍はこれに対抗するため、前のラウンドに帝国軍から解放されたコレリア星系を外交交渉の末、同盟軍に参加させる事に成功。

第7ラウンド
 同盟軍は、分散気味の帝国軍に対し奇襲攻撃を行い、スター・デストロイヤーの破壊に成功する。これにより「REBEL ASSAULT」を達成し1評価ポイントを獲得。更にローグ中隊が帝国軍の造船所を襲撃し、建造中のスター・デストロイヤーの破壊に成功。帝国軍は、ウタパウの造船所にて2隻目のスーパー・スター・デストロイヤーの建造を開始。大きな戦闘が続いたため、この後は外交戦が展開される。同盟軍は、ジオノーシス星系を同盟軍へ引き入れる事に成功するが、メイギート星系での交渉は、ダース・ベイダーにより阻止される。帝国軍はオード・マンデル星系を占領。そのまま帝国への忠誠を誓わせる。

b0162202_17395318.jpg

↑↑↑ローグ中隊は帝国軍の造船施設を襲撃し、建造中のスター・デストロイヤーを破壊する事に成功。

b0162202_1740287.jpg

↑↑↑帝国軍は2隻目のスーパー・スター・デストロイヤーの建造を開始。

 ゲーム開始以来帝国軍の捕虜となっていたレイア姫はようやく脱出。だが、これは帝国軍の罠で、追跡ビーコンにより同盟軍の秘密基地はライロス星系にある事が判明。その一方で、すべての捕虜が解放された同盟軍は「LEAVE NO ONE BEHIND」を達成し2評価ポイントを獲得。

b0162202_17401480.jpg

↑↑↑ようやく脱出したレイア姫だったが・・・

b0162202_17402355.jpg

↑↑↑同盟軍の秘密基地は惑星ライロスにある事が判明。

 評価ポイントは「9」の所にあるので、ゲームの残りは実質1ラウンド。同盟軍秘密基地のあるライロスまで一番近い位置にある帝国軍艦隊は、ウタパウのスーパー・スター・デストロイヤーなので、このままではゲーム終了までに攻撃位置に付く事ができない。帝国軍の手札に「PLANETARY CONQUEST」があれば話は別だが、生憎「PLANETARY CONQUEST」のカードは未だに山札の中である。こうして、同盟軍の勝利が確定した所でゲームを終了。

 次の対戦予定のゲームは、当初の予定を変更しもちろんコレ。その際には反乱同盟軍を担当する事になっている。さて、どんな感じになるか楽しみだ。
[PR]
by slgplayer | 2016-06-19 17:53 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」をソロプレイ②

 FFG「Star Wars:Rebellion」ソロプレイの続きである。同盟軍の勝利条件は、目標カードに記載された条件を達成することにより獲得される評価ポイントを蓄積する事により達成される。対する帝国軍は、同盟軍が勝利を治める前に同盟軍の秘密基地の位置を割り出しそれを占領する事である。これまでの所、同盟軍の目標カードは、どれも帝国軍に打撃を与えるカードばかりで、序盤に達成する事は困難なものばかり。帝国軍の方も、広大な銀河系をくまなく支配するにはまだまだ戦力が不足している状況である。かくして両軍は戦力の拡充に努めながら、任務カードを使用した水面下の争いに終始している。

第4ラウンド
 ウタパウの造船所を使用不能にするべく、同盟軍は再度破壊工作(サボタージュ)を計画するが、急遽派遣されたダース・ベイダーによって同盟軍の計画は阻止される。帝国軍は、コレリア星系にてスーパー・スター・デストロイヤーの建造を開始。外交交渉によりケッセルが同盟軍に加わる。一時中立を宣言したマンダロア星系であったが、軌道上に居座るデス・スターの恐怖に耐え切れず、帝国に忠誠を誓う。未だ捕らわれの身となっているレイア姫は、帝国軍のドロイドによる尋問に辛うじて耐えている。

b0162202_20331659.jpg

↑↑↑コレリア星系にてスーパー・スター・デストロイヤーの建造が開始される。

b0162202_20332865.jpg

b0162202_20333952.jpg

↑↑↑第4ラウンド終了時の銀河系。

第5ラウンド
 同盟軍は、手薄なコレリア星系に対し奇襲攻撃を行う。不利と見た帝国軍は、隣接するコルサントへ退却。両軍共にダイス目が不調だったため、双方損害はなし。ウタパウにて3度破壊工作(サボタージュ)を計画する同盟軍だったが、今度はボバ・フェットにより計画は阻止される。帝国軍は、一気に同盟軍を壊滅させるべくスーパー・スター・デストロイヤーの建造を急ぐ。同盟軍に参加するモン・カラマリ星系を討伐するため、デス・スターが移動を開始。

b0162202_20341092.jpg
 
↑↑↑コレリア星系に奇襲攻撃を仕掛ける同盟軍。

b0162202_20342430.jpg

↑↑↑モン・カラマリ星系へ向かうデス・スター。

b0162202_20344195.jpg
b0162202_20345094.jpg

↑↑↑第5ラウンド終了時の銀河系。帝国軍はコレリアの造船施設を失う。しかし、帝国はウタパウに造船施設をもっており、スター・デストロイヤーの建造は続く。一方、同盟軍の唯一の造船施設であるモン・カラマリにはデス・スターが接近!

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2016-06-14 20:42 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」をソロプレイ①

 前回プレイ時のルール確認事項など忘れない内に・・・という事でソロプレイしてみた。同盟軍の秘密基地捜索という点が帝国軍の主な任務という事で、本来ならソロプレイには向かないゲームなのだが、その点については、探索カードの枚数を考慮しダイスを振る事でザックリと解決する事とした。

b0162202_22494655.jpg


第1ラウンド
 最初に引いた同盟軍の目標カードは「反乱軍の突撃」。要はスター・デストロイヤーを破壊するというものなのだが、開始時の同盟軍にそんな力があるはずもない。とりあえず勢力を拡大するべく外交交渉によりトイダリア星系を同盟軍に参加させる。一方、Sullust星系にて諜報活動を行っていたレイア姫がダース・ベイダーにより捕らえられる。同盟軍にアクバー提督が、帝国軍にユラーレン提督が登場する。

b0162202_22503935.jpg

↑↑↑諜報活動中に帝国軍に捕らえられるレイア姫

第2ラウンド
 Sullustで捕らわれの身となっているレイア姫は、ベイダーの厳しい尋問を受ける事に。これにより同盟軍の作戦計画は帝国軍の知る所となる。同盟軍は帝国軍の攻撃に備え秘密基地の防御を固める(イオン砲とシールドジェネレイターの設置)。アクバーとモン・モスマの働きかけにより、モン・カラマリ星系が同盟軍に加わる。その頃帝国軍は、惑星ホスの軌道上に第2デス・スターの建造を開始していた。
 リフレッシュフェイズにて同盟軍がリーダー登用のため引いたカードはハン・ソロとチューバッカ。登用できるのはどちらか一方である。腕力に乏しい同盟軍は、チューバッカを登用。ハン・ソロを登用できるカードはもう一枚あるのでそちらに期待する。

b0162202_22513152.jpg

↑↑↑ダース・ベイダーの尋問を受けるレイア姫。

b0162202_22514859.jpg

↑↑↑同盟軍への参加を決定したモン・カラマリ星系。これで同盟軍も大型艦船の建造が可能となった。

b0162202_22515821.jpg

↑↑↑惑星ホスの軌道上に建設を開始した第2デス・スター。

第3ラウンド
 同盟軍に加わったチューバッカは、ウタパウ星系にて破壊工作(サボタージュ)を行う。破壊工作は成功したかに思えたが、帝国軍はモフ・ターキンを派遣し、すぐさまこれを回復。これまで占領状態にあったSullust星系が、帝国の脅しに屈したのか正式に帝国への忠誠を誓い帝国領となる。同盟軍はハット族と協定を結ぶ。これによりナル・ハッタ星系が同盟軍に参加。Sullust星系と同様に帝国軍の占領状態となっていたマンダロア星系では反乱が発生。激しい地上戦の末、帝国軍地上部隊と反乱軍地上部隊は相討ちとなり双方全滅。
 リフレッシュフェイズにて同盟軍がリーダー登用のため引いたカードはルークとハン・ソロ。登用できるのは勿論どちらか一方である。後の事を考えルークを登用。これで、このゲームにハン・ソロが登場する事は無くなった。帝国軍は、賞金稼ぎであるボバ・フェットを登用。

b0162202_2256780.jpg

↑↑↑マンダロア星系にて発生した反帝国暴動。

b0162202_22565091.jpg

↑↑↑第3ラウンド終了時。銀河系の左半分。同盟軍はナル・ハッタ星系を中心とした宙域を支配しつつある。

b0162202_2257034.jpg

↑↑↑第3ラウンド終了時。銀河系の右半分。帝国軍は、生産力を高めようとコルサント~ウタパウを結ぶ資源回廊を支配。

 同盟軍の秘密基地も、銀河系の右端か左端のどちらかではないか?というあたりまで絞れてきた所。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2016-06-12 23:08 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」をお試しプレイ

 中国出張から無事帰国。昨日から中国では、旧暦の端午の節句という事で4連休モードだったため、駅も空港も激混み状態で参った・・・。

 実は中国出張前にFFG「Star Wars:Rebellion」をお試し家庭内対戦。初プレイのため試行錯誤の連続ではあったが、話題のスターウォーズボードゲームを堪能させて頂いた。

b0162202_231449.png

 スーパー・スター・デストロイヤーとデス・スターのミニチュアに興奮気味のJr.とJr.父が帝国軍、Jr.ママが反乱同盟軍という事でゲームスタート。

序盤:両陣営とも初プレイという事で任務カードの応酬に終始する。その間に帝国軍はスーパースターデストロイヤーを早々と完成させ、大艦隊を編成する。

中盤:追跡ビーコンによってローディア星系に同盟軍の秘密基地を発見した帝国軍は、大艦隊+デス・スターを向かわせる。ルークはヨーダを捜し惑星ダゴバへ。そこでジェダイになる訓練を受け遂にジェダイの騎士へ成長。ジェダイの騎士へ成長したルークを捕らえようと帝国軍はボバ・フェットを差し向けるが、ボバは任務に失敗。

b0162202_2259712.jpg

↑↑↑ローディア星系へ向かう帝国軍の大艦隊とデス・スター。

終盤:ジェダイの騎士となったルークをダークサイドへ導くために、キャッシークに罠を張る皇帝とダース・ベイダー。その間にも帝国軍の大艦隊がローディア星系へ接近。同盟軍は秘密基地を別星系(ナル・ハッター)へ移すが、ローディアへ集結していた部隊は避難が間に合わない。ユラーレンの罠に嵌り帝国軍の捕虜となるルーク。皇帝とベイダーは力を合わせルークをダークサイドへ陥れようと計画。そんなルークをオビ・ワンが間一髪で救出。帝国軍は腹いせにローディアをデス・スターのスーパーレーザーで破壊しようと計画。夕飯の時間が迫ってきたので、帝国軍は同盟軍基地の位置をボサンと予想し、一か八かの賭けに出る。ビアーズ将軍麾下の地上部隊をボサンに送り込み一気に勝負を決めようとするが、同盟軍の反撃にあい帝国軍地上部隊は全滅。ここで時間切れとなりゲーム終了となった。

b0162202_22593181.jpg

↑↑↑時間切れにてゲーム終了。ボサンへ強襲上陸を敢行したビアーズ将軍率いる帝国軍AT-AT部隊は、同盟軍の反撃によりあえなく全滅。同盟軍はデス・スターの設計図を手に入れていた。帝国軍もダソミアに第2デス・スターを建設中。
 
 ルールとカードを確認しながらのプレイで第8ターンまでゲームは進んだ。プレイ時間は約4時間。慣れればもっと早く進むだろう。Jr.にカードプレイは無理なので、今回は大艦隊を率いての同盟軍討伐を担当してもらった。スターウォーズの基礎知識をそれなりに持っているJr.にも楽しめたらしい。次は同盟軍で試したみたい。
[PR]
by slgplayer | 2016-06-10 23:03 | SLG | Comments(0)

FFG「Star Wars:Rebellion」到着

 今日はJr.の小学校の運動会。昨年とは打って変わり、いい天気に恵まれて絶好の運動会日和でした。1日外にいたので日焼けしてしまいました。

 先日の「スターウォーズの日」を記念して、Jr.ママにポチってもらっていたFFG「Star Wars:Rebellion」が我が家に到着。この所Jr.の興味はドラクエ一色となり、かつてのようにボードゲームを対戦する事からすっかり遠ざかっているのだが、題材が「スターウォーズ」という事もあり、このゲームは早速Jr.の興味を引いている模様。

b0162202_15463329.jpg

↑↑↑Jr.の興味を一番引いたのは、デススターとスターデストロイヤーのミニチュアらしい。Jr.にはFFG「War of the Ring」は何度か対戦した経験があるので、このゲームも和訳さえあればプレイ可能と思われる。

 プレイにこぎ着けるには、ルールとカードの和訳という最大の難関が立ちはだかる。とりあえず、これからチマチマと訳し始めることにする。
[PR]
by slgplayer | 2016-05-21 15:50 | SLG | Comments(0)

今日は「スターウォーズの日」らしい

 今日は「スターウォーズの日」らしく、BSのDlifeでは朝からスターウォーズの番組を放送しておりました。最後を飾ったのが「帝国の逆襲」というのが個人的には◎。やっぱりシリーズ最高傑作は「5」でしょ。

b0162202_22381830.png

↑↑↑「スターウォーズの日」を記念して、話題のボードゲームをJr.ママにポチってもらいました。Jr.にもプレイ出来るんだろうか?

ブツの到着が待ち遠しい!
[PR]
by slgplayer | 2016-05-04 22:42 | SLG | Comments(0)