主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
JEDKO/CMJ「The ..
at 2017-07-23 11:18
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-20 19:50
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-17 19:56
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-16 11:16
JEDKO/CMJ「The ..
at 2017-07-09 11:24
最新のコメント
ぴょんさん いつも..
by slgplayer at 22:42
いつも楽しく拝見させてい..
by ぴょん at 19:11
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:SSワーテルロー ( 4 ) タグの人気記事

SS「ワーテルロー」をソロプレイ③

 GW前半は実家へ帰省。後半はのんびり休みます。

 SS「ワーテルロー」ソロプレイの続きである。膠着するかと思われた戦いも、ちょっとした運の偏りにより部隊の消耗が消耗を呼ぶ激しいものとなった。

第7ターン(18:00)
フランス軍:正面の連合軍部隊が弱まり、余裕が出た戦力を右翼へ移動させプロシア軍への備えとする。中央部への攻撃は継続。ダイス目「12」により、連合軍防御の要となっていた精鋭ユニットを除去することに成功。

連合軍:中央部はフランス軍の前進を抑える事で精一杯。連合軍右翼の防御拠点となっていたフレーヌ・ラ・ルーとメルブ・ブレーを放棄し戦線を縮小。一方、フランス軍右翼へ殺到するプロシア軍は、フランス軍騎兵1ユニットを壊滅させ、親衛隊2ユニットをステップロスさせる(この後の回復フェイズに回復)。

b0162202_11452249.jpg

↑↑↑第7ターン終了時。正面の連合軍部隊は弱まりつつある。その反面、フランス軍右翼に対するプロシア軍の攻撃も激しさを増す。

第8ターン(19:00)
フランス軍:連合軍中央部に対するフランス軍の猛攻は続く。老親衛隊を率いるナポレオン自身も前線へ赴く。ラ・エイ・サント~モン・サン・ジャンの丁度中間付近でナポレオン直率の老親衛隊とウェリントン直率の部隊が交戦。ダイス運に恵まれたナポレオンが勝利する。ウェリントンは後退を余儀なくされた。フランス軍はモン・サン・ジャンまであと2ヘクスの位置まで前進。

b0162202_11453699.jpg

↑↑↑ナポレオンVSウェリントン

連合軍:中央部の部隊にはもう逃げ場がない。なんとかフランス軍を押し戻そうと、ステップロスし士気低下状態のユニットまで投入した反撃を行う。しかし、運はウェリントンを見放したのか、ダイス目は振るわず、反撃を行った連合軍部隊は大損害を被る。こうして、連合軍中央部は自らが招いた損害により分断される。
 一方のプロシア軍は、苦戦するウェリントンとは対照的に、プランスノアを占領。ラ・ベル・アリアンスまであと3ヘクスに迫る。

b0162202_11464717.jpg

↑↑↑第8ターン終了時。分断されてしまった連合軍。

第9ターン(20:00)
フランス軍:分断された連合軍中央部は風前の灯火。ウェリントン直率部隊は、ナポレオン率いる老親衛隊に足止めされモン・サン・ジャンへ向かう事ができない。プロシア軍のフランス軍右翼に対する攻撃は、プランスノアを占領し優位に立ってはいるが、フランス軍右翼を守る親衛隊の抵抗により、勝利条件ヘクス(ラ・ベル・アリアンス)に対し十分な前進を行えずにいた。
 フランス軍は、分断された連合軍中央部に対し攻撃を行う。そして遂に、モン・サン・ジャン南部における戦闘でフランス軍重騎兵(フランス軍に残った唯一の騎兵ユニット)の突撃を受けた連合軍騎兵ユニットが壊滅。勝利を収めたフランス軍重騎兵は、そのままモン・サン・ジャンの集落に雪崩込んだ。この時点で、モン・サン・ジャンの集落ヘクスへユニットを進入させた「フランス軍の勝利」が決定された。

b0162202_1147131.jpg

↑↑↑モン・サン・ジャンの集落へ突入するフランス軍重騎兵。

b0162202_11471364.jpg

↑↑↑プロシア軍の猛攻も1歩及ばず。

b0162202_11472669.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。フランス軍の勝利。

 次はSS「ワーテルロー」と全く同じ切り口、スケールのWGH「ワーテルロー」を試してみたいと思う。ジャンケンなら後出し、勝って当然だが・・・後から出たといって面白いとは限らないのがウォーゲームである。果たしてどんなものか?
b0162202_11473758.jpg

[PR]
by slgplayer | 2016-05-03 11:55 | SLG | Comments(0)

SS「ワーテルロー」をソロプレイ②

結局、週1の更新になってしまった。

 2つの国産ワーテルロー戦ゲームという事で、まずはSS「ワーテルロー」のソロプレイである。今回はその続き第2回。

 フランス軍は史実同様に、自軍左翼に角のように突き出ている連合軍の拠点ウーゴモンを攻撃。ウーゴモンはフランス軍の攻撃を幾度も撃退し、フランス軍左翼は膠着状態に。ナポレオンは、ウーゴモンへの攻撃を継続しながら、連合軍中央部に対し攻撃を開始。連合軍のミスもあり、中央の要衝ラ・エイ・サントを攻略することに成功する。一気に連合軍中央を突破しようとするフランス軍であったが、斜面への最初の攻撃は連合軍必死の防戦により失敗に終わる。午後3時、フランス軍右翼にプロシア軍が姿を現す。

第4ターン(15:00)
フランス軍:ラ・エイ・サントを起点に再度連合軍中央部へ攻撃を行う。激戦の末、フランス軍第I軍団の精鋭部隊が、斜面の連合軍部隊を蹴散らしその一角を占領。
 いまだに頑強な抵抗を続けるウーゴモンに対しては、ナポレオン自らが皇帝親衛隊を指揮し攻撃を行う。ウーゴモンに籠る連合軍ユニットは堪らずステップロス。
 プロシア軍に備え、右翼の守備を固める。

b0162202_1738362.jpg

↑↑↑「皇帝万歳!」ナポレオン直接指揮する皇帝親衛隊がウーゴモン攻撃に加わる。

連合軍:斜面を駆け上がってきたフランス軍に対し、連合軍は全力で反撃。フランス軍1ユニットの撃退には成功するが、もう1ユニットの撃退にはダイス運が無く失敗してしまう。
 連合軍左翼に待望のプロシア軍が到着。フランス軍右翼に対し圧力をかけ始める。プロシア軍の到着に呼応し、連合軍左翼はパペロットのフランス軍を攻撃。プロシア軍の到着に動揺したのか、フランス軍はパペロットを放棄し後退。

b0162202_17381757.jpg

↑↑↑第4ターン終了時。連合軍は、斜面上のフランス軍を排除出来なかった。

第5ターン(16:00)
フランス軍:ナポレオンが直接指揮を執る皇帝親衛隊の攻撃により、ここまで頑強に抵抗を続けてきたウーゴモンの連合軍部隊が遂に降伏。士気上がるフランス軍は、連合軍中央部へ猛攻を加える。前のターンに斜面の一角を占領出来ていた事もあり、フランス軍の攻撃により斜面沿いの連合軍部隊は堪らず後退。フランス軍は右翼でも反撃し、パペロットを奪回。プロシア軍に対しては、防戦しながら時間を稼ぐ。

連合軍:斜面を駆け上がってくるフランス軍に対し、一時後退した連合軍は態勢を整え反撃。連合軍右翼では、砲兵と騎兵の活躍によりフランス軍の撃退に成功するが、肝心の中央部では失敗。
 プロシア軍がフランス軍右翼に対する本格的な攻撃を開始。兵力差にモノを言わせフランス軍を後退させる。

b0162202_17383151.jpg

↑↑↑第5ターン終了時。ウーゴモンが陥落し、中央の斜面からの後退も余儀なくされた連合軍。

第6ターン(17:00)
フランス軍:フランス軍は、後退する連合軍に対し攻撃を継続。ナポレオンも皇帝親衛隊を率いて前線へ向かう。フランス軍は、左右中央において連合軍に勝利し、少しづつではあるが、着実に前進を果たす。

連合軍:前進するフランス軍に対し、連合軍は必死の反撃を行う。騎兵突撃により、突出気味なフランス軍騎兵に対し反撃を集中。「EX」連発の戦闘結果となり、両軍共に大きな損害を被る。
 プロシア軍はフランス軍右翼に猛攻を加え、フランス軍騎兵2ユニットの除去に成功。これにより、フランス軍右翼に展開する部隊は、親衛隊ユニット2個のみとなった。

b0162202_17384730.jpg

↑↑↑第6ターン終了時。序盤の膠着が嘘のように両軍の損害は増加。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-04-24 17:44 | SLG | Comments(0)

SS「ワーテルロー」をソロプレイ①

 中国出張から帰国後、気候の変化に体が付いて行かず体調を崩してしまったり、4月の会社内組織変更により多忙となった影響で2週間も更新が滞ってしまった。ようやく回復したので、早速ソロプレイに取り掛かる。多忙となってしまったが故、これまでのような更新頻度は保てないとは思うが、出来る限り更新して行きたいと思う。

 戦いの歴史的云々については今更語る必要は無いだろう。1815年6月18日に行われた「ワーテルローの戦い」と言えば歴史の教科書にも載っている。

第1ターン(12:00)
フランス軍:フランス軍砲兵によるラ・エイ・サントへの砲撃により戦闘が開始される。砲撃目標がバラけた事もあり、フランス軍の準備砲撃は効果なし。砲撃に続き、連合軍両翼(ウーゴモン及びパペロット)に対し、フランス軍の攻撃が開始される。パペロットは元々連合軍が配置されていないため占領に成功。ユニットしかし、ダイス運が悪くフランス軍の攻撃は尽く失敗に終わる。

連合軍:プロシア軍が到着するまでは防御に徹する。ウーゴモンが孤立するのは承知の上で、右翼を斜面まで後退させる。フランス軍に占領されたパペロットを奪回しようと攻撃を仕掛けるが失敗に終わる。

b0162202_2035277.jpg

↑↑↑第1ターン終了時。フランス軍は、後の選択肢を増やすためウーゴモンを攻撃するが失敗。

第2ターン(13:00)
フランス軍:ウーゴモンへの攻撃を継続。ウーゴモンに居座る連合軍部隊以外が後退してくれたお蔭で、第1ターンより更に戦力を集中しての攻撃が可能となったはずだが、ダイス目が悪く結果は「AR」。しかし、中央部の要衝ラ・エイ・サントへの攻撃は成功。連合軍ユニットを斜面の北側へ後退させる事に成功。更に、連合軍左翼に対し敢行されたフランス軍騎兵による突撃も成功。連合軍左翼は混乱状態に陥る。

連合軍:防御力を高めるため斜面の北側へ部隊を後退させたのだが・・・。それが裏目となりウーゴモン以外の場所ではフランス軍の前進を許してしまった。左翼に進出してきたフランス軍騎兵に反撃を加え1ユニットを除去。パペロットに対しても攻撃を行うが、こちらは失敗。

b0162202_204431.jpg

↑↑↑第2ターン終了時。防御力を高めるため連合軍は斜面へ部隊を後退させたが・・・。

第3ターン(14:00)
フランス軍:ウーゴモンへの突撃を継続するが、またしても失敗。ラ・エイ・サントを確保したフランス軍は、一気に連合軍中央を突破しようと斜面を駆け上るが、ダイス目が悪く攻撃は失敗に終わる。次のターンからマップ上に登場するプロシア軍に備えるため、フランス軍右翼側面に部隊を展開させる。

連合軍:フランス軍部隊が、中央とウーゴモンへ集中されその分手薄となっているパペロットへ攻撃を行うが、ダイス運が悪く攻撃は失敗に終わる。

b0162202_204168.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。ウーゴモンは未だ健在。次のターンからはプロシア軍がマップ上に姿を表す。

それにしても、こんなに地味なゲームだったかな?それとも久しぶりのゲームなので、感覚が鈍ったのか?

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-04-18 20:09 | SLG | Comments(0)

2つの「ワーテルロー」

 Amazonに注文してあった「ワーテルロー」の国内盤DVDがようやく届く。これまでは、十数年前に輸入した英国盤を見るしか無かったのだが、これからは字幕付きのモノを楽しめるようになった。ただし、字幕の出来には最初から期待はしていない。あくまで脳内翻訳の手助けとなれば無問題である。VHSビデオ版から30年近く待ったのだから・・・。

b0162202_150677.jpg

↑↑↑英国盤(左)と到着したばかりの国内盤(右)。

 英国盤には、シーンセレクトや劇場公開時の予告編と画像集が収録されている他、言語選択が可能(残念ながら日本語は選択肢にない)。英語でもいいので字幕表示が欲しい所だが、安価だったので贅沢は言うまい。
 国内盤は字幕のON/OFF表示以外なし。シーンセレクトも出来ない。ただし、尺が英国盤の128分に比べ国内盤133分と5分長い。何がどれだけ5分長いのかは、今の所不明である。
 
ということで、「ワーテルロー」の国内盤DVD発売を記念し、今回は国産の「ワーテルロー」SLGを2つをソロプレイしてみたい。

b0162202_1501668.jpg

↑↑↑1つ目のソロプレイは、懐かしのSS「ワーテルロー」。

b0162202_1502464.jpg

↑↑↑2つ目に予定しているのは、昨年発売されたWGH(ウォーゲームハンドブック)2015の「ワーテルロー」。

 今回選んだ2つは、マップの大きさ、ユニット規模、1ターンの長さまでほぼ・・・というより全く同じ。ただし、マップの地形は微妙に異なっている。ワーテルローの戦いを特徴付ける「斜面」ヘクスサイドについては一目瞭然。勝敗を決するランドマークも2つのゲームで大きく異なる。SS「ワーテルロー」では3ヘクスに設定されている要衝ラ・エイ・サントとラ・ベル・アリアンス間が、WGH2015「ワーテルロー」では6ヘクスと倍の距離に設定されている。他にもウーゴーモンの位置も2つのゲームでは異なるなど、相違点が多い。

b0162202_1503973.jpg

↑↑↑SS「ワーテルロー」初期配置。ウーゴーモンの位置がフランス軍の戦列にくい込むような形ではあるものの、ウーゴーモンの西側は大きく開けており、両軍(特に仏軍にとって)部隊機動の余地があるマップとなっている。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-04-02 15:07 | SLG | Comments(0)