主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-25 20:23
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-23 20:22
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-20 19:37
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-19 21:19
AH「Afrika Korp..
at 2017-05-15 21:56
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
ご無沙汰しております。 ..
by ポール・ブリッツ at 01:33
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:ROME ( 2 ) タグの人気記事

CMJ「グルンヴァルト 1410」をソロプレイ④+オマケ

 CMJ「グルンヴァルト 1410」ソロプレイの続きである。第8ターンに主導権がポーランド・リトアニア連合軍へ移行。主導権移行に必要なダイス目は「1」~「3」ということで、移行のタイミングとしては大体こんなものだと思う。

第10~第12ターン
 チュートン騎士団は損害を抑えるため後退を続ける。一気にチュートン騎士団宿営地まで前進したいポーランド・リトアニア連合軍であったが、ポーランド軍重騎兵は森林地帯に誘い込まれてしまい思わぬ苦戦を強いられる。リトアニア軍軽騎兵も単独では重騎兵相手に苦戦は免れず、思ったほどの戦果を挙げる事が出来ないままゲーム終了となった。
b0162202_2313127.jpg

↑↑↑第12ターン終了時の状況。チュートン騎士団右翼は、ポーランド・リトアニア連合軍の追撃を振り切る事に成功した。

チュートン騎士団VP
・リトアニア軍軽騎兵16個除去…8VP
・ポーランド軍重騎兵28個除去…28VP
・宿営地略奪2ヶ所…4VP
合計…40VP

ポーランド・リトアニア連合軍
・チュートン騎士団重騎兵25個除去…25VP
・チュートン騎士団団長戦死…5VP(ダイス目で判定)
合計…30VP

 相手より10VP以上獲得した側が勝利ということなので、ギリギリチュートン騎士団の勝利となった。

 ポーランド・リトアニア連合軍の初期配置が前線に近かった事と、主導権が移行しそうになった所でチュートン騎士団が守りの姿勢を見せたことが勝敗を分けた。ポーランド・リトアニア連合軍の配置と主導権移行後の両軍の行動指針についてはもっと研究が必要だな。

 この時代・地域に思い入れがあるなら別だが、はっきり言って『対戦よりソロプレイの方が向いているゲーム』と感じた。実質的に、非主導権側が主体的に出来る事は逃げる事だけなので、実際対戦した場合主導権側の移動・戦闘を、非主導権側は見ているだけに感じてしまうのではなかろうか?その分NAW及びその派生にありがちなパズル的要素満載でソロプレイには最適なゲームだ。

オマケ
 先日、Jrより挑戦を受け、再びGMT「ROME」の中の1作「HANNIBAL VS ROME」を対戦することとなった。

b0162202_2313587.jpg

↑↑↑Jr、連戦連敗! ハンニバル、ローマに突入し勝利の図。
 う~ん、人生経験の不足からか、イマイチ『駆け引き』というものが理解できない模様。彼にとって戦闘には全て勝ちたいらしい。その心意気はよいのだが、ゲームシステム上それはほぼ不可能。『強いカードは最後に取って置く』という見え透いた戦法も通用しないと説明したのだが効果は無かったようだ。

 今度は他のゲームを・・・と思うのだが、なんかいいモノが見つからない。『数字を比べて大きい方が勝ち』みたいなゲームがいいと思うのだが、中々そんなゲームはないな~。
[PR]
by slgplayer | 2013-05-23 23:37 | SLG | Comments(0)

GMT「ROME」より「HANNIBAL VS ROME」」を対戦

 昨日、ようやく自転車に乗れるようになった小学1年生Jrのために、自転車を買いに行った。それでもって小学1年生には少し大きいかもと思われる自転車を購入。慣れない自転車を操りなんとか帰宅。その後近所の公園で自転車の練習をしていると、やはり自転車の練習をしているJrのお友達と遭遇。Jrの方が少しだけ練度が上だったため、慣れない自転車にふらつきながらも得意気に乗り回すJrであった。

 帰宅後、所有しているゲームの中で一番ルールの難易度が低いと思われるGMT「ROME」を引っ張り出し、その中の1作「HANNIBAL VS ROME」をJrにルールを教え対戦してみた。これまで、オセロやトランプ、動物将棋、自作ガンダムSLGを除けば、Jrにとって市販されている本格的?なゲーム初対戦となる。ゲームデザインも、かのクニツァ大先生だし大丈夫だろう。いつも親がプレイしている所を横で眺めているだけだったJrは大喜び。

 結果はローマ、カルタゴを交互に担当しプレイしてみたのだが、案の定「駆け引き」というものをまだ理解していないJrが全敗。まあ、駆け引きのみで運の要素が全く無いゲームなので仕方ないか。人生経験を積んで成長すればもうちょっとマシな戦いができるだろう。
b0162202_190730.jpg

↑↑↑最終戦、カルタゴ担当Jr敗北の瞬間。ローマ軍がザマの戦いでハンニバルを破り勝利。史実同様の出来事が盤上に再現された事に、Jrが気が付くのは何時になるのだろうか?

 全敗したものの、対戦自体は楽しかったようだ。終了後、「次はこれをやりたい!」とSPI/HJ「オペレーション・タイフーン」を指差す。戦車の箱絵が目に留まったらしい。Jrよ、センスは評価するが、お前にはまだ無理だ。
[PR]
by slgplayer | 2013-05-13 19:25 | SLG | Comments(3)