主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-23 09:25
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-19 09:45
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-16 20:06
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-12 09:54
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-08 20:29
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:LZ ALBANY ( 4 ) タグの人気記事

WAW誌No.24「LZ ALBANY」をソロプレイ④

WAW誌No.24「LZ ALBANY」ソロプレイの続きである。NAVの奇襲により発生した負傷兵の収容に奔走する米軍。しかし、その合間にもNAVに対し反撃を加え、損害を与えつつある。第1ターンには14ポイントの差があったVPも、気が付けば6VP差。あと一歩である。しかし、NAVは35VP以上を獲得した時点でサドンデス勝利を収めるのだ。

第5ターン
ターン開始時、米軍はチット引きの幸運に恵まれる。マクダディは、前線に残る負傷兵を収容し後退する事に成功。追撃して来るであろうNAVに備え、C中隊の残余ユニットを殿として入れ代わりに配置する。しかし、米軍の幸運もそこまで。その後NAVの活性化チットが連続し、殿についたC中隊は、周辺のNAV及び迫撃砲の集中射撃を受け壊滅。前線エリアは再び負傷兵で溢れかえる事となった。米軍は、健在なA・B各中隊から部隊を抽出し負傷者救出のため前進。なんとか負傷兵の虐殺を阻止する。
このターンのVPを集計した所、米軍30VPに対しVAVは40VP。NAVのVPが35を越えたため、『NAVの自動的勝利』 となりゲーム終了。

b0162202_1950849.jpg

↑↑↑米軍ユニットが全て負傷兵マーカーとなったため、戦闘後前進を行うNAV。この状態のままターン終了を迎えると、負傷兵マーカーは虐殺または捕虜となり除去される。これによりNAVはVPを獲得するため、米軍としてはこのような事態はなんとか阻止したい所。

b0162202_19503334.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。米軍は初期配置から用心深さを発揮しなければ、勝利はおぼつかないようだ。戦闘システムがいわゆる「『6』出ろ」方式のためそれを補う幸運があれば話は別だが・・・。

唐突に終了となってしまった。奇襲を受ける事が分かっている分米軍はもっと慎重にならなければならないようだ。次にプレイする(その機会があればだが・・・)時は、少なくとも米軍についてはもうちょっとマシな初期配置が可能であろう。基本的なルールは簡単でソロプレイ向きなので、同システムの他の戦場を見てみたいというのが率直な感想である。
[PR]
by slgplayer | 2016-09-08 19:51 | SLG | Comments(0)

WAW誌No.24「LZ ALBANY」をソロプレイ③

話題の「シン・ゴジラ」を家族で鑑賞。映画は面白かったけど・・・スーパーXもメカゴジラも無く(この路線で行く限り今後も無さそう)ちょっと寂しい。帰り道で、Jr.がエンディングの最後で流れた「ゴジラVSメカゴジラ(’93)」のテーマをずっと口ずさんでおりました。

対戦がありかなり間が空いてしまったWAW誌No.24「LZ ALBANY」ソロプレイの続きである。NAVの奇襲を耐えた米軍。これから各種の支援を得て反撃を開始する。

第3ターン
最初に引かれた活性化チットは米軍。米軍C中隊は、隊列の前方に取り残されていた負傷兵を収容し後退。NAVはこれを追撃しようとするが、米軍の砲兵射撃がこれを妨害。NAVは後退する米軍に対し射撃を加えるがダイス目が悪く効果なし。
米軍の隊列側面へ攻撃を仕掛けたNAVの一隊(第66連隊所属の3個中隊)は、態勢を立て直した米軍2個中隊(A、B)の反撃を受け大きな損害を被る。

b0162202_22505313.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。VPは米軍7VPに対しNAVが20VP。

第4ターン
ターン開始よりNAVの活性化チットが連続する。行動はいずれも『攻撃』を選択。しかし、ダイス目がそれに伴わず攻撃はほとんど効果なし。反対に米軍の反撃によりNAVの各ユニットには損害マーカーが蓄積されて行く。
NAVの活性化が一段落した事を確認した米軍は、ガンシップの援護下、C中隊を負傷兵マーカーと共に後退させる。しかし、負傷兵マーカーの数が多く、一度に後退させる事ができない。指揮官のマクダディ中佐は、自ら1個小隊を率い最後に残る負傷兵を収容するため前線へ向かう。

b0162202_22512577.jpg

↑↑↑マクダディ中佐を援護するガンシップ。ガンシップはNAVの対空射撃を受け損傷。VPを献上してしまう。

b0162202_22522572.jpg

↑↑↑米軍砲兵隊による援護射撃を行う。ダイス目によりもちろん誤爆もあり。

b0162202_22531447.jpg

↑↑↑簡易野戦病院と化したエリア。負傷兵は、ここで救護ヘリの到着を待つ。

b0162202_22535529.jpg

↑↑↑第4ターン終了時。米軍の反撃によりNAVは大きな損害を被る。VPは米軍20VPに対しNAVが26VP。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-09-03 22:56 | SLG | Comments(0)

WAW誌No.24「LZ ALBANY」をソロプレイ②

 ベトナム戦争におけるイア・ドラン渓谷の戦いを題材とするWAW誌24号の付録ゲーム「LZ ALBANY」のソロプレイの続きである。前回のブログで、マップ全体が同じ地形と書いてしまったが、これは誤り。地形ルールは、各ルール内に盛り込んであったため見落としてしまっていた。マップ内の地形は草原(Sawgrass:のこぎり草?) 、ジャングル、LZ(ランディング・ゾーン)の3つに分類される。

今回ソロプレイしてみる「LZ ALBANY」のゲームスケールは以下の通り

1ユニット=小隊
1ターン=45分
1エリア=200~300m

 1ターン当たりの時間の切り取り方が少々長い気もするが、ゲームシステムがチット引き活性化なため、1ターン中にユニットが複数回行動可能な事を考えると、このゲームはエリア式の小隊戦術級SLGに分類される。
b0162202_19473619.jpg

↑↑↑初期配置。第1ターンはNAVによる奇襲ターンとなるため、米軍は応射以外の行動が行えない。初期配置をミスるとその後のゲーム展開に支障を来しそうなので、米軍初期配置を見直す事にする。

第1ターン
 米軍の活性化チットは使用不可のため、このターンはNAVの各部隊のみが行動可能となっている。LZ ALBANYを目指し行軍中の米軍縦隊に対し、NAVが待ち伏せ攻撃を行う。戦闘を行軍していた米軍D中隊各ユニットが集中攻撃を受ける。隊列の先頭から2番目のエリアに配置されていた米軍D中隊第3小隊があっという間に戦闘不能。第4小隊も大きな損害を被る。このため、米軍隊列の先頭エリアに位置していた第1、第2小隊が孤立の危機に陥る。

b0162202_19474754.jpg

↑↑↑NAVの奇襲を受けたD中隊の各ユニット。第3小隊は壊滅し負傷兵マーカーとなっている。

b0162202_19475445.jpg

↑↑↑第1ターン終了時。NAVは米軍縦隊の分断を図る。

第2ターン
 イベントフェイズにおいて、米軍側に悲劇が発生。奇襲攻撃により混乱したD中隊第1、第2小隊間において同士討ちとなる。これにより第2小隊はステップロス。
 両軍に増援部隊が到着。米軍各部隊も行動可能となったハズなのだが、戦いの主導権は未だNAVのものらしい。ターン開始からNAV活性化チットが4枚連続。これによりD中隊第1~第3小隊が壊滅。勢いに乗るNAVは米軍縦隊へ突撃。到着したばかりの米軍A、B中隊は、NAVとの白兵戦に巻き込まれてしまう。ようやく活性化チットの引かれた米軍は、大隊長であるMcdade中佐直率のC中隊が、D中隊の負傷兵を収容するため移動。

b0162202_1948775.jpg

↑↑↑Mcdade中佐は負傷兵を収容するため、C中隊を率い自ら前線へ。

b0162202_19481935.jpg

↑↑↑NAVの突撃を受ける米軍A、B中隊。

b0162202_19482958.jpg

↑↑↑第2ターン終了時。戦いの主導権はNAVが握っている。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-08-22 19:52 | SLG | Comments(0)

WAW誌No.24「LZ ALBANY」をソロプレイ①

 無事故郷より帰還。車で30分位のところにある『福島さくら遊学舎』で開催されていた「特撮のDNA」を見学してきました。2匹のモスラの幼虫って微妙に造形が異なるのね。常設展のアニメ製作に関するものも、前職で身に覚えのある業界あるあるネタの宝庫で御座いました。

 帰宅してから早速準備してあったWAW誌No.24「LZ ALBANY」をソロプレイしてみようと思ったのだが、帰省している内にルールをすっかり忘れていたので、取り敢えずルールブックを読みながら初期配置を眺め直す。
 ゲームのテーマとなっているのは、ベトナム戦争において初めて空中騎兵戦術が使われたイア・ドラン渓谷の戦いの後半部分。5日間続いたイア・ドラン渓谷の戦いの前半部分は、2002年公開の映画「ワンス・アンド・フォーエバー」で丹念に描かれている。映画では、主役となった第7騎兵師団第1大隊が後退し終了しているかのように描かれているが、第1大隊の後は第2大隊が作戦を引き継いでおり、このゲームは映画のその後2日間、イア・ドラン渓谷の戦いの後半部分を題材としている。米第7騎兵師団第2大隊は、増援を受けたNAVの猛攻を受け映画以上の激戦となったらしい。

b0162202_1951693.jpg

↑↑↑初期配置。第1ターンはNAVの奇襲から始まる。米軍の主体的な活動が可能になるのは第2ターンから。初期配置合ってる?

 ゲームシステムは、フォーメーションごとのチット引き活性化を基本とし、戦闘解決は6出ろシステムとなっている。活性化チットの中には砲兵、ガンシップ、航空支援などがあり、ゲーム展開に変化を加えている。また、米軍の負傷兵を収容するためのヘリや夜間戦闘時に使用するフレアなどベトナム戦争を特徴付けるためのルールが盛り込まれている。

マップ全体が同じ地形のため、地形ルールが無い点が気になるが、兎に角試してみたいと思う。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-08-16 19:07 | SLG | Comments(0)