主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-18 14:27
GMT「バトルライン」をJr..
at 2017-03-13 20:59
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-11 18:19
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-09 19:28
FFG「Star Wars:..
at 2017-03-05 23:32
最新のコメント
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
ご無沙汰をしております ..
by 白 at 16:44
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 11:02
ご無沙汰しています。 ..
by ポール・ブリッツ at 23:19
ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 19:03
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:JUNE - AUGUST '44 ( 5 ) タグの人気記事

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」を対戦

 今月の対戦はDDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」。事前に決めた予定通り連合軍を担当した。事前の練習で、このゲームにおける連合軍にとって、一番重要なのは戦闘補給のダイス目であると思われる。欲を言えばきりが無いのだが、最低でも1ターン平均3ポイントの戦闘補給が欲しいところ。

序盤(第1~第8ターン):英軍は特に損害も無く上陸。米軍はオマハ海岸においてお約束のステップロスを被るが、第2侵攻フェイズには無事橋頭堡を確保。ドイツ軍は第352歩兵師団がオマハ海岸へ向け前進し、米軍の侵攻に対し身を挺した戦いを挑む。
 上陸した連合軍に対しドイツ軍は、カーン近郊に装甲師団を集中し反撃。一時カーン近郊へ迫った英軍を上陸海岸まで後2へクスの位置へ押し戻す。オマハ海岸では、前面に居座るドイツ第352歩兵師団のため海岸から1歩も進めず。その上カーンよりドイツ軍装甲教導師団がオマハ海岸へ派遣される。連合軍の戦闘補給のダイス目は、第8ターンまで平均1.5/ターンという低調ぶり。このまま無様に敗北か?

中盤(第9~第16ターン):連合軍の戦闘補給のダイス目が急に良くなる。連合軍は、ドイツ軍戦線の中でも、歩兵が配置された弱い部分を集中攻撃。これにより、ドイツ軍は装甲師団を防御に投入せざる終えなくなる。
第9ターンにようやくカランタンを占領。シェルブールにも米軍歩兵師団が取り付く。マルベリーも難なく設置され、連合軍は序盤とは打って変わって潤沢な戦闘補給を受ける。防戦一方となってしまったドイツ装甲師団はカーン近郊の戦闘で消耗。第12ターン、英軍はカーンを完全占領。順調に見える連合軍だが、シェルブールについては損耗した部隊への補充が追いつかず攻略を断念。

終盤(第17~第21ターン):英軍は、ドイツ軍戦線を突破しヴィールを占領。サン・ローにて米軍と対峙していた装甲教導師団がヴィール奪回に向かうが、その途上包囲されてしまう。第20ターン、米軍がサン・ローを占領。装甲教導師団が包囲され、サン・ローに集結した米軍の進撃を止める事は不可能と判断したドイツ軍は投了を宣言。

b0162202_18214756.jpg

↑↑↑第21ターン終了時、ドイツ軍プレーヤー投了しゲーム終了。文字通り、連合軍の戦闘補給ポイントに左右された戦いであった。

 次の対戦は、12月ということもあり、バルジの戦いをテーマとしたSLGの予定。どのバルジゲームを対戦するかは現在検討中。
[PR]
by slgplayer | 2013-11-20 18:30 | SLG | Comments(0)

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」を練習

 次の対戦がDDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」と決まったため、ルールのサルベージも兼ね、約2年ぶりにソロプレイをしてみた。担当するのは連合軍の予定。

b0162202_17444529.jpg

↑↑↑第16ターン終了時。「JUNE'44」が終了した時点となる。連合軍のVPは「5」でこの段階では連合軍がギリギリ敗北している事になる。米軍はちょっと苦戦している感じだが、イギリス軍は史実以上の成功を収めているように見える。

b0162202_1745127.jpg

↑↑↑ゲーム終了時(第27ターン)。17ターン以降、米軍の進撃が目覚しい。2度の絨毯爆撃もクリティカルヒットでドイツ軍部隊を吹き飛ばす。24ターン目にはアヴランシュを占領し、次のターンには突破を果たす。27ターン目にドイツ軍最後の抵抗拠点モルテンが陥落し、そのターン終了段階で連合軍のサドンデス勝利が決定。米軍全面にドイツ軍の姿は無く、イギリス軍に対峙するわずかなドイツ軍部隊(7ユニット)が存在するのみ。

 2年前のソロプレイでは、天候と補給のダイス目が連合軍にとってかなり低調だったが、今回は、天候及び戦闘補給のダイス目が好調であった印象。
 連合軍の進撃を左右するのは、強力なドイツ軍装甲師団・・・ではなく、やはり天候と補給である事を再確認。対戦するときも、天候と補給がこんな感じなら楽でいいな。
[PR]
by slgplayer | 2013-11-18 17:47 | SLG | Comments(0)

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」キャンペーンをソロプレイ②

引き続きDDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」よりキャンペーンソロプレイの続きである。

b0162202_19172888.jpg

↑↑↑最終第38ターン終了時の状況。米軍戦区は南西端の突破エリアへの前進が必須なのだが、天候が悪化し補充も乏しくアヴランシュの半分を占領した所で膠着状態に陥る。戦線中央のVP都市であるドンフロンもドイツ軍の反撃にあい奪取された。英軍戦区においてもアルジャンタンを占領したものの、延びきった側面に対するドイツ軍の反撃の前に前進はストップした。結局、VP15は達成したものの、アヴランシュからの突破はならずドイツ軍が勝利した。ユニットの損失はVPに直接は関係してこないので、連合軍は相打ち上等でもっと積極的に攻撃してもよかったのか?ダイス目によるのだろうが、連合軍の補充が他のノルマンディ戦SLGより厳しく感じた。また、ドイツ軍には戦略移動があるので兵力展開が思ったより容易で早い。しかし、あたり前ながら接敵すると戦略移動が不可能になるので、戦闘に突入した部隊は反対に容易に配置転換ができなくなるのも特徴。

次は久々に南北戦争ものをソロプレイする予定。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-31 19:41 | SLG | Comments(0)

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」キャンペーンをソロプレイ①

先日の「JUNE'44」が面白かったので、いきなりだが今度は「JUNE - AUGUST '44」キャンペーンをソロプレイ。全38ターンの長丁場である。

b0162202_155222100.jpg

↑↑↑第27ターン終了時。ドイツ軍防衛線の中央を突破した米軍はモルテンからドンフロンへ進撃。これによりドイツ軍は東西に分断される形となった。米軍はアヴランシュ、英軍はアルジャンタンへ迫る勢いで連合軍の勝利は目前に思える。今回は戦闘補給ポイントも順調に供給され、マルベリー完成後は余ってしまっている。戦闘補給が十分だったこともあり、自然と攻撃回数が増加、それに伴い両軍の損害も増え、特に米軍はステップロスのユニットがかなりある。しかしその分ドイツ軍も相応の損害を被っており、反撃する余裕は全くない。シェルブールは連合軍が軽視したせいもあり未だドイツ軍の手中にあるが、もはや戦局には何も寄与していない状態。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-29 16:08 | SLG | Comments(0)

DDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」から「JUNE'44」をソロプレイ

先日、家族でリニューアルされたサンシャイン水族館へ行って来た。内装はかなり凝った造りになってたけど、なんか前より魚の数や種類が減った感じがした。それより、最近動物園や水族館に出かけるとカメラを構えた大人が子供を押しのけて動物の写真を撮っているのに遭遇する。最近動物の写真撮影って流行ってるの?

大河ドラマ「江」は大阪の陣。他の大河ドラマと違い豊臣秀頼がかなり優秀な人物として描かれているのが興味深い。まあ、これは家康との対比を鮮明にするための演出なのだろうけど、SLGに登場する秀頼はどれも軒並み使えない武将である。これは秀頼の登場するゲームの多くが関ヶ原の戦いのゲームなので仕方の無いことなのだが、AD/GJ「真田軍記」等数少ない大阪の陣のゲームでも取敢えず出てくるだけで武将としての能力は最低である。もしかしたら、これを機に豊臣秀頼が活躍する大阪の陣のIFも案外あってもいいかもと思う。

前々から気になっていたDDH/CMJ「JUNE - AUGUST '44」のユニットを切ったので、手始めに「JUNE'44」をソロプレイ。タイトルからわかるように、ノルマンディ上陸作戦からコブラ作戦を経て連合軍のアブランシュ突破までを扱うSLG。規模は1ユニット=連隊~師団、1ターン=2日、1へクス=4Kmとノルマンディ戦のゲームとしては一部のビックゲームを除いてよくあるもの。

b0162202_104662.jpg

↑↑↑「JUNE'44」終了時。連合軍6VPで結果は引き分け。天候と戦闘補給のダイス目が低調だった割りに引き分けという事なので、ちまたでの噂通りやはり連合軍有利なのか?「AUGUST '44」との連結キャンペーンではまた様相が変わってくるんだろうなあ。

感想:ユニット規模が師団なのでユニットが少ない印象を受けるが、実際プレイしてみると地形と移動力の関係で包囲されるような事もあまり無く気にならない。一見ターン数が多く時間のかかるゲームにも見えたが、ユニット数が適度に抑えられているのと、戦闘は1へクスからしか行えないとか、戦闘補給ルールのおかげで1ターンの戦闘回数が限られるので案外サクサク進む印象。増援の上陸部隊のスケジュールが決まっているのも時間短縮に貢献している。後退ルールが無いので自ずと消耗戦になる。戦闘結果表の右端でも効果なしが存在し、左端でも相手にステップロスの結果があるため消耗戦は更に加速する。ただし、1回の戦闘で与えられる最大損害が2ステップロスなので、3ステップ以上のスタックは1ターンでは突破できない。この辺のバランスはもっとやり込んでみないとわからないが、いい線いってるか?
他のノルマンディ戦のゲームには無い違和感を持ったのは、10面ダイスを使用するため、天候や補給・補充、戦闘の結果に振れ幅が少々大きいかなと感じたくらい。実際、今回のソロプレイでは15回戦闘補給ダイスを振ったわけだが戦闘補給ポイントは平均約2.5ポイントと低調だった。
[PR]
by slgplayer | 2011-10-26 11:24 | SLG | Comments(0)