主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-23 09:25
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-19 09:45
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-16 20:06
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-12 09:54
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-08 20:29
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:Flying Colors ( 5 ) タグの人気記事

GMT『Flying Colors』シナリオ「El Ferrol」最終回

すっかりサボってしまってますが、GMT『Flying Colors』シナリオ「El Ferrol」の続きです。

●第5ターン
イニシアチブはイギリス軍。戦闘は乱戦状態となりつつあります。スペイン艦隊旗艦「San Fernando」は3隻のイギリス艦「Courageux」、「London」、「Impeteux」より砲撃を受けついに船体耐久度が「0」となり、このターン終了時に降伏状態となった。イギリス艦隊旗艦「Renown」もスペイン艦「Argonauta」の近接縦射を受け大破。こちらもこのターン終了時に沈没してしまい、艦隊司令官のWarren提督は艦と運命を共にした。
ここで、双方ともに旗艦を喪失したため、両軍ともに戦場より離脱、戦闘は終了した。

b0162202_10493573.jpg


・スペイン軍損害
沈没:San Antonio 、Real Carlos
降伏:San Fernando、San Augustin
合計:-26VP

イギリス軍損害
沈没: Renown
降伏:Captain
損傷: Impeteux
その他:Warren戦死
合計:-16VP

というわけで、イギリス軍の勝利となった。
移動システム上、風の状態がよければ接近した戦闘では縦射がしやすいので、短時間で双方に甚大な損害が発生しました。切り込み戦闘を行う前に戦闘が終了してしまったのが残念です。

そういえば、日曜日に久しぶりに対人戦をおこないました。ゲームはCMJ「レッド・タイフーン」でソ連軍を担当しました。結果的にはソ連軍8VP、ドイツ軍7VPの1VP差で勝利しましたが、ルール上の勝ちをとったような感じなので、できれば再戦し、今度はもっとキレイに勝ちたいです。

次は、なにやろうかな?
[PR]
by slgplayer | 2009-06-08 23:40 | SLG | Comments(0)

GMT『Flying Colors』シナリオ「El Ferrol」その2

先手を取りスペイン艦隊を痛打したイギリス艦隊でしたが、スペイン艦隊も黙ってはおりません。

●第3ターン
イニシアチブはイギリス軍。イギリス艦隊はスペイン艦隊の戦列を断ち切り砲撃を続行。スペイン艦「Real Carlos」と「San Antonio」がそれぞれ2度の縦射を受け大破してしまう。両艦はその後戦闘旗をおろし降伏の意思を示した。接近戦となったためイギリス艦隊も無傷では済まない。索具への損害から速度の落ちていた旗艦「Renown」を避けるため転陀した後続の「Captain」はスペイン艦隊の1等艦2隻の近接縦射を受け大破。砲撃不能に追い込まれた。
b0162202_18505179.jpg


●第4ターン
ギリギリでイギリス軍がイニシアチブ。
どちらの艦隊も統一した指揮は無理となり、イギリス軍はWarren戦隊とPellew戦隊、スペイン艦隊はMoreno戦隊と戦隊外の単独艦に分かれる。
まず行動したのはPellew戦隊。スペイン艦「San Fernando」と「San Augustin」を砲撃。「San Fernando」ははステップロス、「San Augustin」は大破し、砲撃不能となる。すかさずスペイン艦隊のMoreno戦隊が反撃、。「San Fernando」と「San Hermenegildo」はPellewの旗艦「Impeteux」を砲撃。この砲撃は近距離からの砲撃ということもあり、「Impeteux」は一気に大破してしまう。「Argonauta」は「Renown」を砲撃しこれによりWarrenが負傷。沈没判定にてスペイン艦2隻が沈没。
b0162202_18511096.jpg


このターン終了時、両軍の損害は
イギリス軍:Captain (74-3)・・・降伏
Warren提督負傷

スペイン軍:Real Carlos (112-1) ・・・沈没
San Antonio (74-3)・・・沈没
San Augustin (74-3) ・・・降伏

損害はスペイン艦隊の方が大きいですが、無傷の艦もスペイン艦隊の方が多い状態です。両軍ともに撤退の可能性があり、戦況はイニシアチブ勝負のような感じでもあります。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2009-06-02 00:02 | SLG | Comments(0)

GMT『Flying Colors』シナリオ「El Ferrol」をプレイする

ゲーム部屋に広げた青いマップを片付けるのもなんかもったいない。1週間考えた末、もう1シナリオくらいGMTの『Flying Colors』をやってみる。前回プレイした「Bec du Raz」は単艦どうしの戦闘なので、このゲームを真に楽しめるとは言えなかったので、次にマップ1枚で艦隊どうしの戦闘である「El Ferrol」をプレイする事にしました。

シナリオ「El Ferrol」は1800年8月25日にJohn・B・Warren卿率いるイギリス艦隊が、配下のPellew率いる小戦隊とともに、スペイン艦隊の拠点El Ferrol港を強襲するために侵入。そこへのMoreno提督率いるスペイン艦隊に遭遇し戦闘になるという架空のシナリオです。マップは1枚しか使用ということで湾ないでの戦闘を再現しております。
戦力はイギリス軍が、London (98-2)、 Impeteux(78-3)、 Courageux (74-3) 、Captain (74-3)、 Renown(旗艦)(74-3) の5隻の戦列艦。スペイン軍がArgonauta (80-3)、 San ermenegildo(112-1) 、San Fernando(旗艦)(96-2) 、Real Carlos (112-1) 、San Antonio (74-3)、 San Augustin (74-3) の6隻の戦列艦です。
艦の性能はスペイン艦隊が優勢です。練度はイギリス軍が優っています。指揮官の能力はスペイン軍の方が優っています。
b0162202_10301642.jpg

b0162202_1033731.jpg

b0162202_10324795.jpg

両艦隊とも単縦陣でガチンコの体制です。風の向きも開始時は両軍にとって理想的なものです。

●第1ターン
イニシアチブはスペイン。スペイン艦隊は英国艦隊の頭を抑えるため前進。英国艦隊も迷わず前進。全艦、帆を満帆状態にしスペイン艦隊めがけて突撃。

●第2ターン
イニシアチブはスペイン。スペイン艦隊は前進し英国艦隊の先頭を行く旗艦「Renown」に砲撃を浴びせる。しかしこれは2H、2Rに止まる。英国艦隊は前進しスペイン艦隊の戦列を断ち切ると砲撃を開始。「Renown」は両舷斉射を行い、至近距離の艦尾縦射にてスペイン艦「San Antonio」、艦首縦射にて「Real Carlos」へそれぞれ10Hの大損害を与えた。後続の艦も順次砲撃を行い「Captain」は「San Antonio」を砲撃。同艦は計13H1Rの損害を受け、僅か1ターンでステップロスしてしまった。「Courageux」は「San Augusin」へ4Hの損害を与える。この間の英国艦の防御射撃による損害は..「Renown」の1H5Rのみであった。
b0162202_1032325.jpg


続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2009-05-27 00:43 | SLG | Comments(0)

GMT「Flying Colors」その2と『バトルスターギャラクティカ』シーズン3 第12話

GMT「Flying Colors」シナリオ「Bec du Raz」の続きです。

●第3ターン
イニシアチブはイギリス軍。イニシアチブを握っている優位を生かし「Mars」は、「Hercule」の頭をおさえるように接近し、再び艦首より縦射を行い、敵艦の船体に6ダメージを与える。この攻撃により、「Hercule」に火災が発生。「Hercule」も1へクスの距離で右舷斉射、3Rの損害を与える。

●第4ターン
イニシアチブはイギリス軍。風上に立つ優位を生かし、艦首よりの縦射を続行。、「Hercule」は8Hの損害を受ける。一方的な展開になるかと思いきや、接近しすぎていたため、「Mars」はオーバーラン気味になる。そこへすかさず「Hercule」は反撃。艦尾よりの縦射により一気に8R2Hのダメージを与える。
b0162202_12395140.jpg

●第5ターン
僅かの差でイギリス軍がイニシアチブを握る。風向きに変化はなし。この砲撃によりフランス軍「Hercule」の船体耐久力は「0」となり、同艦は戦闘旗を降ろし、降伏の意思を示した。
b0162202_1240841.jpg


風上にたち終始有利な位置を占め、指揮官の能力の勝ったイギリス軍の勝利に終わりました。

今日は『バトルスターギャラクティカ』シーズン3 第12話を観ました。サイロンの仲間割れはなんとなく想像できました。結局予言は何を意味していたのだろう?最後の方は尺の問題なのか、駆け足にとりあえず終わらせたような印象でした。DVDにあったような完全版で観てみたいと思います。
[PR]
by slgplayer | 2009-05-20 23:32 | SLG | Comments(0)

『バトルスター ギャラクティカ』シーズン3 第11話と次のゲーム

昨晩、スーパードラマTVで『バトルスター ギャラクティカ』シーズン3 第11話を観ました。ペガサス3部作のときもそうですが、最後の10分間の盛り上げは上手いですね。次週が非常に気になる終わり方でした。

さて、次はGMTの「Flying Colors」をプレイする事にしました。このゲームは1750年から1825年頃の帆船どうしの海戦を再現したゲームです。帆船どうしの戦いを扱った他のゲームとは異なり、帆船個々の操船ではなく大艦隊での行動を扱っています。とルールの冒頭には書いてあります。確かに面倒なプロットがいらないので、トラファルガー海戦のような大規模な戦いも、十分プレイ可能なのですが、なにせうちのゲーム部屋はモノが溢れてしまい、せいぜいフルマップ1枚を広げるのがやっと。というわけで、マップ1枚でできるシナリオ「Bec du Raz」をまずプレイする事にしました。

続きを見る
[PR]
by slgplayer | 2009-05-14 14:20 | SLG | Comments(0)