主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
JEDKO/CMJ「The ..
at 2017-07-23 11:18
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-20 19:50
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-17 19:56
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-16 11:16
JEDKO/CMJ「The ..
at 2017-07-09 11:24
最新のコメント
ぴょんさん いつも..
by slgplayer at 22:42
いつも楽しく拝見させてい..
by ぴょん at 19:11
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:Fallschirmjaeger ( 7 ) タグの人気記事

Gamers「Fallschirmjaeger」をソロプレイ⑦

 Gamers「Fallschirmjaeger」ソロプレイの続きである。勝敗は既に決していると思われる。最終ターンはドイツ軍ターンのみが行われオランダ軍ターンは省略される。

第14ターン(5月14日夜間)
ドイツ軍:ドイツ軍装甲部隊は、南と東からYpenburg飛行場を包囲していたオランダ軍を排除し、空挺部隊の救出に成功した。
オランダ軍:Winkelman将軍がHoek van Hollandより英国へ脱出した。
Ypenburg飛行場に対する文字通り最後の攻撃も、結果が「A1D1」となり失敗に終わる。ドイツ軍装甲部隊がHaag近郊に展開し、Haag市の防衛は絶望的な状況となった。

b0162202_1512787.jpg

↑↑↑弾薬切れによりオランダ軍砲兵部隊は砲撃不能、その攻撃は精彩を欠く。Ypenburg飛行場に対する最後の攻撃は「A1D1」となり失敗に終わった。

第15ターン(5月14日午前)
ドイツ軍:王族と政府要人に加え、軍のトップが逃亡したことにより、オランダの戦いは事実上終了した。ドイツ軍はHaagに入城した。そして、放棄されたに等しいOckenburg、Valkenburg両飛行場を占領する。そしてこの日の正午、イギリスに脱出したオランダ亡命政府より軍に対し戦闘停止命令が発せられた。

b0162202_1515951.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。

b0162202_1521523.jpg

↑↑↑ゲーム終了時のYpenburg飛行場付近。オランダ軍は無残にも敗北。

○ドイツ軍が獲得したVPは以下の通り

Moerdijk道路橋・鉄道橋…2VP(各1VP)
Dordrecht道路橋・鉄道橋…2VP(各1VP)
Rotterdam橋・・・5VP
Waalhaven飛行場・・・5VP
Ypenburg飛行場・・・8VP
Valkenburg飛行場・・・3VP
Ockenburg飛行場・・・1VP
金塊の確保・・・1VP
BPM石油精製施設の確保・・・1VP
盤外よりの連絡線確保・・・8VP(52へクス分)
オランダ軍増援部隊の投入・・・5VP
Ju-52の損害・・・-3VP(17損害ポイント)
降下猟兵小隊の損害・・・-5VP(55ユニット除去)

合計33VPにてドイツ軍戦略的勝利 
 オランダを降伏させたと言う事で確かにドイツ軍の戦略的勝利なのだが、結果とは裏腹に、ドイツ軍の第7降下猟兵師団は壊滅状態。第22空輸師団も半数の戦力を失っている。

感想:なるほど、ルールブック冒頭の解説にもあるように、このゲームが1944年連合軍によって行われた「マーケット・ガーデン作戦」と同じような展開というのも頷ける(結果は全く逆になったが・・・)。オランダ軍増援部隊の投入状況など「マーケット・ガーデン作戦」より不確定要素が多いので、ゲームとしてはこちらの方が面白いかもしれない。

 結果的にはドイツ軍の大勝利だったが、獲得VPに見るほど圧倒的な差がついたとは思えない。それどころか、地上部隊到着までドイツ軍はかなりの苦戦を強いられたし、投入を見送ったオランダ軍増援部隊が投入されたら?、オランダ軍増援部隊をもっと違う場所に投入していたら?、輸送船「De Twee Gezusters」が撃沈されなかったら?、ドイツ軍が各飛行場に投入した空挺戦力が違っていたら?、など興味は尽きない。

 VPのバランスは悪く感じる。しかし、「マーケット・ガーデン作戦」をテーマとしたゲームで考えた場合、連合軍は大抵ナイメーヘンの辺りまでは前進してくるし、マップの3/4が連合軍の占領地域になっている事も珍しくない。それでも、アルンヘムのイギリス空挺部隊を撃破し、橋を渡らせなければ、ドイツ軍は勝利を主張するだろうし、連合軍は敗北を宣言してしまうかもしれない。これは、プレーヤーが史実を知っているからであり、当時の両軍の指揮官の感情とは違ったものなのではないかと想像できる。それを、公正に評価したのがVPであり、この「Fallschirmjaeger」の場合、両軍指揮官(プレーヤー)の感情とは別に「ドイツ軍がVPをこれくらい取ればオランダは降伏しただろう」というのが製作側の意図なのだと理解したい。VPのバランスの悪さは、同社の他のゲームにも同様の事が言えるので、その辺は割り切りが必要かもしれない。

 プレイのハードルを上げているのは、テーマのマイナーさか?それ故背景や史実についての資料も少なく、ドイツ軍もオランダ軍も最初は何をやっていいか分からない。しかし、その辺のハードルを越えた時、このゲームの評価は上昇するんじゃなかろうかと思う。

P.S 最近、このゲームが絶版となっているとの情報を得た。残念。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-17 15:44 | SLG | Comments(0)

Gamers「Fallschirmjaeger」をソロプレイ⑥

 地震に原発事故、核実験にミサイル、大気汚染に隕石落下。ホントこれで人類に未来はあるのか?

 Gamers「Fallschirmjaeger」ソロプレイの続きである。ドイツ軍の最終目標ハーグへの丁度入り口に位置するYpenburg飛行場は、オランダ軍に完全包囲されている。これを救出するため、ドイツ軍装甲師団が急行中。

第12ターン(5月13日午前)
ドイツ軍:前日とは打って変って天候が悪化。これによりドイツ空軍の出撃は僅か2ユニット。ドイツ軍爆撃機は、Ypenburg飛行場を包囲中のオランダ軍を空爆。
 増援として登場したドイツ軍の装甲列車(!)がDordrechtへ向け文字通り突進した。

b0162202_1837974.jpg

↑↑↑ドイツ軍装甲列車は、既に疲弊していたオランダ軍自転車部隊を蹂躙しDordrecht市へ到着した。
 今や2個中隊にまで減少したオランダ軍自転車部隊は、Dordrecht南方に位置するDubbledam村に立て篭もり最後の抵抗を試みる。

 第9装甲師団がRotterdam市街へ強行突入。ここまで散々砲爆撃を受けてきた市内のオランダ軍は、疲弊著しく、ドイツ軍戦車の姿を見たと同時に敗走した。
 Ypenburg飛行場では、戦力不足により、突出したオランダ軍を叩くのが精一杯の状況である。しかし、なんとかStudent中将の救出には成功した。
オランダ軍:Rotterdam市の放棄を決定。生き残った部隊をHaagへ向け後退させる。
 Ypenburug飛行場では激しい戦闘が続き、ドイツ軍を南北に細長いエリアに追い詰めていく。このターン、Student中将を再び捕虜とした。ドイツ軍地上部隊は、Ypenburg飛行場まであと15へクスの地点に迫っている。

b0162202_18372451.jpg

↑↑↑Rotterdamを放棄しHaagへ後退していくオランダ軍

b0162202_18374254.jpg

↑↑↑Ypenburg飛行場にてドイツ軍空挺部隊を追い詰めていくオランダ軍。

第13ターン(5月13日午後)
ドイツ軍:天候がパッとせず、ドイツ空軍の出撃は4ユニットに止まる。出撃したドイツ軍機は、Ypenburg飛行場を包囲中のオランダ軍に空爆を行う。
 Dordrechtにて最後まで抵抗を続けたオランダ軍自転車部隊は、ドイツ軍によって包囲殲滅された。
 ドイツ軍装甲部隊は、オランダ軍の足止め部隊を蹴散らしながら快進撃を続け、遂にYpenburg飛行場包囲中のオランダ軍に対し攻撃を開始する。また、ドイツ軍装甲列車も装甲部隊に続き、オランダ軍包囲部隊へ突入した。
 このターンの戦闘において、オランダ軍の捕虜となっていた第7降下猟兵師団長Student中将を救出。
オランダ軍:オランダ政府要人および女王が、Hoek van Hollandより英国へ脱出した。オランダ軍の指揮を執っていたWinkelman将軍も、オランダ脱出のためHaagよりHoek van Hollandへ向かった。
 Ypenburg飛行場を包囲していたオランダ軍であったが、包囲網のうち南部と東部は、ドイツ軍装甲部隊および装甲列車の攻撃によりかなりの損害を被ってしまった。そこで、比較的損害の少ない部隊が残っている北部より最後の攻撃を開始、今だ無傷の4個中隊が、飛行場まであと1へクスと迫る。

b0162202_18375687.jpg

↑↑↑Rotterdam市街を制圧したドイツ軍。

b0162202_18381652.jpg

↑↑↑オランダ軍包囲下のYpenburg飛行場救出のため、攻撃を開始するドイツ軍装甲部隊。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-15 18:53 | SLG | Comments(0)

Gamers「Fallschirmjaeger」をソロプレイ⑤

 案の定、先日の大河ドラマの視聴率が落ちて話題となっているようだが、裏がフィギュアスケート(しかも結果がアレ)では仕方ないと思う。肝心の大河ドラマの方は、容保と頼母のやりとりのシーンで不覚にも涙してしまった・・・。

 Gamers「Fallschirmjaeger」ソロプレイの続きである。戦況はドイツ軍優位に思えたが、オランダ軍に大増援が到着。オランダ軍は息を吹き返したように、ドイツ軍の制圧下にあるYpenburg飛行場を包囲する事に成功した。

第9ターン(5月12日午前)
ドイツ軍:天候が快晴となったためか、ドイツ空軍はこれまでで最高の10ユニットが出撃。真っ先に狙われたのは、Moerdijkのフランス軍戦車部隊。この空爆により、フランス軍戦車部隊は混乱状態となり、行動不能となった。また、Dordrecht~Rotterdamにかけて交戦中のオランダ軍自転車部隊に対しても、ドイツ空軍は激しい空爆を加えた。その後に行われたドイツ軍の攻撃により、オランダ軍自転車部隊は大きな損害を被る。Dordrecht~Rotterdamを結ぶ街道を遮断しようとしたオランダ軍自転車部隊は壊滅状態となった。
 ドイツ空軍の援護をあまり受けられなかったYpenburg飛行場では、ステップロスの部隊が増えてきた事もあり、防衛線を縮小。
オランダ軍:弾薬不足に陥りつつあるオランダ軍砲兵を救援するため、輸送船「De Twee Gezusters」がStijenasに強行接岸し、積載する武器・弾薬の揚陸を開始した。
 Dordrecht~Rotterdamを結ぶ街道の遮断には失敗したが、いまだ健在な部隊は、ドイツ軍降下猟兵と激しい戦闘を展開しながらも、Dordrechtの橋まで2へクスの地点へ進出した。
 Rotterdam市にて砲撃を行っていた砲兵2個中隊を引き抜き、Ypenburg飛行場に対する攻撃に投入。ドイツ軍が防衛線を縮小したこともあり、オランダ軍は飛行場まであと4へクスの地点へ進出。同時に飛行場東側のドイツ軍防衛線にも攻撃を加え、これを撃破した。

b0162202_18385335.jpg

↑↑↑Dordrechtの橋まであと2へクスに迫るオランダ軍自転車部隊。

第10ターン(5月12日午後)
ドイツ軍:ドイツ空軍が、Stijenasにて揚陸作業中の輸送船「De Twee Gezusters」を空爆。これを撃沈する事に成功した。

b0162202_18391499.jpg

↑↑↑Stijenasにて揚陸作業中の輸送船「De Twee Gezusters」は、ドイツ空軍の空襲により沈没した。これにより、オランダ軍砲兵は全部隊が弾薬切れとなってしまう。

 待ちに待ったドイツ軍地上部隊の先鋒である第9装甲師団が盤上に到着。Moerdijkのオランダ軍を蹂躙し、包囲下にあったドイツ軍降下猟兵を救出した。第9装甲師団は更に前進し、Moerdijkの橋を占領していたフランス軍戦車部隊を撃破することに成功した。

b0162202_18392558.jpg

↑↑↑Moerdijkの橋を越えるドイツ軍第9装甲師団。

オランダ軍:ここまで活動が低調だったオランダ空軍が全力出撃。空軍ユニットは、すべてYpenburg飛行場の空爆に投入される。
 オランダ軍自転車部隊は最後の力を振り絞るようにDordrechtの橋を目指し、市街の一角を占領した。
 Ypenburg飛行場では、オランダ軍が弱体化した飛行場北西のドイツ軍防衛線を突破。飛行場まであと1へクスの地点まで進出した。
 オランダ軍砲兵部隊は、輸送船「De Twee Gezusters」が撃沈された事により、砲弾の補給が途絶。文字通り砲弾を撃ち尽くし砲撃不能となった。

b0162202_1839352.jpg

↑↑↑Ypenburg飛行場の攻防戦。オランダ軍は飛行場まであと1へクスへ肉薄。

第11ターン(5月13日夜間)
ドイツ軍:ドイツ軍装甲師団は、その快速ぶりを発揮。Dordrechtを通過しRotterdam郊外へ到達した。Rotterdam市街地には未だオランダ軍部隊が存在するため、市街地を迂回する橋を架橋する準備を行う。
 苦戦するYpenburg飛行場では、飛行場に最も接近しているオランダ軍を排除。物資の空輸と砲兵部隊がドイツ軍を支えている。
オランダ軍:Rotterdam市街を迂回する橋を架橋しそうな場所に部隊を派遣し、これを妨害する。
 Ypenburg飛行場では、ステップロスしたドイツ軍部隊および砲兵隊を狙い攻撃を行う。このターンの戦闘で、ドイツ軍第7降下猟兵師団長であるStudent中将を捕虜とする事に成功した。

b0162202_18395828.jpg

↑↑↑オランダ軍の猛攻撃により苦戦するドイツ軍。オランダ軍は、ドイツ軍第7降下猟兵師団長であるStudent中将を捕虜とした。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-13 19:01 | SLG | Comments(0)

Gamers「Fallschirmjaeger」をソロプレイ④

 家族でのスキー旅行より無事帰宅。天候も思ったほど悪くは無く、息子はスキーを堪能した模様。親の方は筋肉痛。

 Gamers「Fallschirmjaeger」ソロプレイの続きである。現在のところ戦況はドイツ軍やや優位に進んでいる。しかし、ドイツ軍地上部隊がマップ上に登場するのは第10ターン。まだまだ時間がかかりそうだ。一方のオランダ軍には(VPの献上次第だが・・・)、大増援が到着する。

第6ターン(5月11日午前)
ドイツ軍:ドイツ空軍がMaas河にて艦砲射撃を行っていた駆逐艦「Wild Swan」を空爆。これに直撃弾を与え損傷させる。
 Moerdijkの降下猟兵は部隊の損耗が無視できないレベルとなってきたため、空軍の支援または地上部隊を待つ状態。
 Waalhaven飛行場の第22空輸師団は、Moerdijkで苦戦する降下猟兵救援のため部隊を派遣。途中のオランダ軍を排除し、Dordrechtの降下猟兵と連絡線を結んだ。
 Ypenburg飛行場では、後続部隊の空輸がすべて完了したため、Haag市街への攻勢を本格化させた。
オランダ軍:ドイツ軍の空爆により損傷した駆逐艦「Wild Swan」がイギリスへ撤退。
3VPという破格のVPを献上し増援部隊を登場させる。その戦力は、自転車部隊6個大隊相当(!)およびマップ外で交戦中のオランダ第II軍団より6個大隊相当という大部隊である。
 自転車部隊の半数は、Dordrecht~Rotterdam街道へ向かい西進。残りの部隊はDordrecht市街へ向かった。
 第II軍団よりの増援部隊は激戦の続くYpenburg飛行場へ向かう。既に戦闘中のオランダ軍部隊は、飛行場南方のドイツ軍防衛線を攻撃、これに穴をあける。

b0162202_14313346.jpg

↑↑↑Dordrechtへ迫るオランダ軍自転車部隊。

第7ターン(5月11日午後)
ドイツ軍:大量に登場したオランダ軍増援部隊に対し、ドイツ空軍が激しい空爆を行うが、数が多く阻止しきれない。
 Dordrechtに迫るオランダ軍自転車部隊を迎え撃つため、Rotterdam市街より可能な限り部隊を転出させる。同様にHaag市街への攻撃を中止し、Ypenburg飛行場南方へ部隊を転出。ドイツ軍防衛線に対し、益々圧力を高めるオランダ軍に備えた。
オランダ軍:Maas河にて艦砲射撃を行っていた最後の艦艇2隻(「Van Glen」「Z-5」)にもイギリスへの撤退命令が下る。この後撤退した艦艇は、大西洋にて船団護衛任務に従事する事となった。
 Moerdijkにフランス軍戦車部隊が到着。道路橋南岸のドイツ軍降下猟兵を蹂躙し、橋の奪回に成功した。
 Dordrechtへ向かう自転車部隊には、4個砲兵中隊の増援が到着。到着したばかりの砲兵隊の援護下、自転車部隊とドイツ軍との間で激しい戦闘が展開された。
 Ypenburg飛行場に対するオランダ軍の攻撃も激しさを増し、疲労の色が見え始めたドイツ軍は後退を余儀なくされた。

b0162202_14314791.jpg

↑↑↑Moerdijk道路橋に到着したフランス軍機械化部隊。南岸の降下猟兵を蹂躙。

b0162202_1432027.jpg

↑↑↑オランダ軍自転車部隊のよる反撃。

b0162202_14321121.jpg

↑↑↑Ypenburg飛行場を包囲するオランダ軍。疲労の色が見え始めたドイツ軍はズルズルと後退。

第8ターン(5月12日夜間)
ドイツ軍:Moerdijk道路橋北岸のオランダ軍を排除し、南岸より迫るフランス軍戦車部隊に備える。
 Dordrechtおよび同市よりRotterdamへ向かう街道へ向かうオランダ軍自転車部隊に対し、第22空輸師団が反撃を開始。激しい戦闘が展開される。
 Ypenburg飛行場では、Haag市街より転出された部隊が、飛行場の南側に展開しオランダ軍を迎え撃つ。
オランダ軍:フランス軍戦車部隊の増援が更に到着。既にMoerdijk道路橋南岸を確保していた部隊と合流し、ドイツ軍降下猟兵部隊を攻撃。フランス軍戦車部隊はMoerdijk道路橋および鉄道橋を奪回する事に成功した。残存するドイツ軍降下猟兵はMoerdijk村にて包囲された。
 オランダ軍自転車部隊による反撃は、砲兵隊による援護射撃が効果的だったこともあり、ドイツ軍を後退させる。
 Ypenburg飛行場では、飛行場南側からのオランダ軍の攻勢によりドイツ軍は後退。オランダ軍は飛行場まで5へクスの地点まで前進した。

b0162202_14322667.jpg

↑↑↑Moerdjik道路橋および鉄道橋を奪回したフランス軍機械化部隊。

b0162202_14324119.jpg

↑↑↑Ypenburg飛行場にて包囲されたドイツ軍空挺部隊からは、悲鳴のような救援要請が・・・。しかし。ドイツ軍地上部隊は未だマップ上に登場せず。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-11 14:42 | SLG | Comments(0)

Gamers「Fallschirmjaeger」をソロプレイ③

 Gamers「Fallschirmjaeger」ソロプレイの続きである。ドイツ軍による空挺作戦はその作戦目標(VPへクス)をすべて占領するというほぼ完璧な成功を収めた。しかし、オランダ軍はOckenburg、Valkenburg両飛行場に対し反撃を実施。Ockenburg飛行場の奪回に成功した。

第3ターン(5月10日午前)
ドイツ軍:空挺降下が一段落したので、Waalhaven、Ypenburg各飛行場に対する第22空輸師団の輸送を本格化させる。この空輸及び航空補給は成功を収め、Ypenburg飛行場には第7降下猟兵師団長のStudent中将が降り立った。しかし、戦闘が継続されるValkenburg飛行場に対する増援部隊の空輸には失敗した。
 空輸された第22空輸師団第65・第72連隊の一部は、前のターンMaas河を渡河してきたオランダ軍海兵隊に損害を与える一方、Rotterdam中心部へ向かい前進。Rotterdam銀行より金塊を強奪し逃走していたドイツ軍部隊との連絡線を回復する事に成功した。
Ypenburg飛行場に空輸された第22空輸師団第47連隊もHaag中心部を目指し前進を開始した。
オランダ軍:オランダ軍増援部隊として自転車大隊がマップ上へ到着。Moerdijkの橋を奪還するためドイツ軍降下猟兵を攻撃、これに損害を与える。Rotterdamでは、素早い増援の投入が期待できないため戦力の温存をはかる。これにより、Maas河南岸へ進出した海兵隊も後退させる。Valkenburg飛行場に立て篭もるドイツ軍降下猟兵3個小隊を攻撃。これを完全に排除し飛行場を奪回する事に成功した。

b0162202_18373468.jpg

↑↑↑Moerdijk道路橋を占拠するドイツ軍に対し反撃するオランダ軍自転車部隊。

b0162202_18374559.jpg

↑↑↑ドイツ軍は、Rotterdam銀行より金塊を強奪する事に成功した。

第4ターン(5月10日午後)
ドイツ軍:ドイツ空軍は主にオランダ軍砲兵を空爆。これによりMoerdijk~Rotterdam間に点在していたオランダ軍砲兵部隊はそのほとんどが混乱状態となり行動不能となった。
 Waalhaven飛行場に第22空輸師団長のSponeck中将が到着。
 Moerdjikでは、オランダ軍自転車大隊に対し、スツーカの支援を受けた降下猟兵が反撃。オランダ軍は損害を受け退却。
 Rotterdamでは、Maas河南岸のオランダ軍海兵隊を攻撃し、オランダ軍を追い詰めていく。
 Haagに対しても、Ypenburg飛行場に空輸師団が本格的に到着した事により前進を開始。Haag郊外のWoorburg、Rijswijkにて市街戦が展開される。
オランダ軍:盤上の艦船に対しイギリスへの撤退命令が下り、GP1・GP2の2隻が盤上より取り除かれる。ドイツ軍襲来の警報と同時に東進してきたNumansdorpの要塞守備隊1個大隊がMoerdjik道路橋の北岸を急襲。フェリーを使用した渡河攻撃によりDordsche Kil川対岸のドイツ軍降下猟兵1個小隊を排除し、Moerdijk道路橋の北側を占領する事に成功した。Ypenburg飛行場を中心に展開するドイツ軍を包囲するため、VPを献上しオランダ軍増援部隊を獲得。それらをRotterdam~Haag間に向かわせる。

b0162202_18384388.jpg

↑↑↑オランダ軍自転車部隊の攻撃は退けたものの、Moerdijk道路橋北岸へのオランダ軍部隊の進出は阻止できず。

b0162202_18385456.jpg

↑↑↑第22空輸師団を中心にHaag市内への攻勢を強めるドイツ軍。

第5ターン(5月11日夜間)
ドイツ軍:Moerdijk道路橋の北側に進出したオランダ軍に対処するため、少ない戦力の中から降下猟兵1個小隊を向かわせる。
 一方、Rotterdam南部の掃討はすすみ、残るはオランダ軍海兵隊2個中隊のみとなった。また、Rotterdam西部に位置するイギリスBPM石油精製施設を急襲しこれを占領する事に成功した。
オランダ軍:盤上で活動中の艦艇3隻(MTB-51・O-23・O-24)がイギリスへ撤退。入れ代わる様に「Van Galen」「Wild Swan」の2隻がMaas河を遡り、Waalhaven飛行場に対し艦砲射撃を加える。
 このターンもVPを献上すれば増援部隊を得る事ができるのだが、次のターンの大量増援でもVPの消費が必要になるためここは我慢。現有戦力でなんとか凌ぐ。

b0162202_18393078.jpg

↑↑↑Moerdijk道路橋・鉄道橋北岸のドイツ軍降下猟兵1個小隊に対し、2線級部隊とはいえオランダ軍は1個大隊を投入し反撃。ドイツ軍地上部隊の到着まであと約36時間。

b0162202_18394025.jpg

↑↑↑BMP石油精製施設を制圧したドイツ軍。

b0162202_18394917.jpg

↑↑↑Haag郊外では激しい市街戦が展開される。一方、南からはオランダ軍の増援部隊が続々と到着。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-07 18:51 | SLG | Comments(0)

Gamers「Fallschirmjaeger」をソロプレイ②

 関東地方は今日の夜から雪となるらしい。明日の朝はいつも以上に早起きをしなければいけないようだ。終末には家族でスキーへ行く予定なので、山の方にたくさん降る分には大歓迎。

 Gamers「Fallschirmjaeger」ソロプレイの続きである。第1~第2ターンはドイツ軍の空挺作戦が行われた史実を反映し、1ターンのスケールが通常8時間から1時間に変更される。これによりドイツ軍空挺部隊の移動は1へクスのみ。オランダ軍は移動力が1/2となる。今回プレイするキャンペーンシナリオは全15ターンで終了する。最後になるが、このゲームでは地図の見方が通常とは異なり、マップ右側が概ね『北』となる

1940年
第1ターン(5月10日0430時)
ドイツ軍:ドイツ空軍出撃のダイス目は『8』。Ju-87×3、Ju-88×3、He-111×2が利用可能となった。Ju-87とJu-88は、Waalhaven及びYpenburgの飛行場に降下する降下猟兵を援護するため、空港守備隊と対空砲陣地を空爆した。続いてドイツ軍降下猟兵は空挺降下を実施。ドイツ軍の空爆に生き残った対空砲により4ポイントのJu-52が撃墜されたものの、降下はほぼ成功。降下を断念し帰還した部隊も3個小隊に止まった。降下に成功した降下猟兵は早速行動を開始。Moerdijk道路橋と鉄道橋、Dordrechtの道路橋と鉄道橋、Rotterdam中心部の橋、Waalhaven、Ypenburg、Ockenburg、Valkenburgの各飛行場を占領する事に成功した。これでドイツ軍は、地理的な目標を全て制圧した事になる。
オランダ軍:Rotterdam及びHaagに向けて、分散している部隊を集結させる。また、ドイツ軍兵力が少ない箇所には可能な限り反撃を行う。この反撃でHaag西方のOckenburg飛行場、Leiden北西のValkenburg飛行場を奪回する事に成功した。3隻の海軍艦艇を、Rotterdam中心部を流れるMaas河に停泊させ、Wallhaven飛行場へのドイツ軍の航空輸送を妨害させた。

b0162202_1833592.jpg

↑↑↑Moerdijk道路橋と鉄道橋、Dordrechtの道路橋と鉄道橋を占領したドイツ軍降下猟兵。

b0162202_18332297.jpg

↑↑↑ドイツ軍は、水上機を使用しRotterdam中心部の橋に強行上陸を果たした。

b0162202_1833332.jpg

↑↑↑Ypenburg飛行場を占領したドイツ軍。周囲のオランダ軍対空砲陣地は、事前の空爆によりほとんど無力化された。

第2ターン(5月10日0530時)
ドイツ軍:降下部隊は占領地域を拡大。Waalhaven飛行場には、より重装備の第22空輸師団の空輸が開始される。これに対し、Maas河に停泊するオランダ軍艦艇から対空砲が発射されるが、それ以外のオランダ軍の対空砲は、前のターンにそのほとんどが破壊されており、数隻の艦艇による貧弱な対空砲火ではこれを阻止する事が出来なかった。水上機にてRotterdam中心部に上陸を強行した第22空輸師団第16連隊第3大隊第11中隊は、Rotterdam銀行を強襲し、ここに保管されていた金塊を強奪する事に成功した。
オランダ軍:万が一の場合に備え、Haagに在住していたウィルヘルミナ女王と政府要人を、Hoek van Hollandの海軍基地へ移動させる。Rotterdamでは、オランダ海軍海兵隊が、フェリーを使いMaas河南岸に渡り、Waalhaven飛行場奪還を目指す。また、Rotterdam銀行より奪われた金塊を奪回するためにオランダ軍治安部隊が逃走するドイツ軍を追跡し激しい戦闘が展開する。その頃、ドイツ軍制圧下にあるOckenburg、Valkenburg両飛行場に対し再び反撃を実施。Ockenburg飛行場の再奪回に成功。Valkenburg飛行場では戦闘が継続中。

b0162202_18334863.jpg

↑↑↑第2ターン終了時の状況。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-05 18:49 | SLG | Comments(0)

Gamers「Fallschirmjaeger」をソロプレイ①

 最近の体罰問題をみていてふと考えてしまった。世論が変な方向に進んで行ってしまい、機動戦士ガンダムの有名なワンシーンが放送コードに触れるようになったら・・・と。

 今回のソロプレイは、SCSシリーズの1作「Fallschirmjaeger」である。なんかここの所、SLGテーマの王道ともいえるWW2からちょっと遠ざかっていた感じもあるからなのだが、そんな中ゲーム部屋にほぼ放置されていたこのゲームを発見。丁度いい機会なのでソロプレイしてみる事にした。

Gamers「Fallschirmjaeger」
 このゲームは、1940年5月にオランダで行われたドイツ軍の空挺作戦をテーマとしている。ルールブック冒頭の解説によると、この空挺作戦は1944年に行われたかの有名な「マーケット・ガーデン作戦」とよく似ているらしい。「マーケット・ガーデン作戦」はご存知の通り失敗に終わったが、ドイツ軍が行ったこの空挺作戦は、最終的にオランダを短期間で降伏させるわけだから、ある程度成功を収めた作戦なのだろうと思う。
ゲームスケールは次の通りである。

1ターン=8時間、1へクス=1km、1ユニット=小隊~中隊

初期配置
 1940年5月10日、ドイツ軍降下猟兵がロッテルダムからハーグにかけての地域に空抵降下。その任務はオランダの首都目指し進撃するドイツ軍装甲部隊の進撃路を、確保する事にあった。

b0162202_17143236.jpg

↑↑↑初期配置。一般的な地図とは違い、このゲームでは画像右側が北となる。〇印の箇所がドイツ軍VPへクスとなる。他に画像範囲外の2ヶ所の飛行場もドイツ軍VPへクスである。

b0162202_1714459.jpg

↑↑↑Moerdijk道路橋・鉄道橋からDordrechtの道路橋・鉄道橋のエリア。このエリアには飛行場が無いため、降下猟兵単独で作戦目標を確保・維持しなければならない。ただ、オランダ軍の戦力も貧弱であり、ドイツ軍地上部隊の侵入へクスに最も近いため、初動でミスが無ければなんとかなるはず。

b0162202_17145541.jpg

↑↑↑マップのほぼ中央に位置するロッテルダム付近。より重装備である第22空輸師団を輸送する玄関口として、市の西にあるWaalhaven飛行場の確保が第1目標となる。市街地のほぼ中央に位置するRotterdam橋には、水上機で強行上陸したドイツ軍1個中隊がいる。また、ロッテルダム銀行の金塊強奪もドイツ軍の任務に含まれており、無事金塊を運び出せれば1VPを得る事が出来る。

b0162202_1715991.jpg

↑↑↑ハーグ近郊。ロッテルダム同様、ハーグ南に位置するYpenburg飛行場の確保がドイツ軍の第1目標となる。オランダ軍の士気を低下させるため、オランダ政府要人およびオランダ女王の身柄を確保することでドイツ軍はVPを得る事ができる。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-03 17:47 | SLG | Comments(0)