主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
最新の記事
CMJ「ブダペスト'45」を..
at 2017-12-15 20:23
CMJ「ブダペスト'45」を..
at 2017-12-10 10:52
CMJ「ブダペスト'45」を..
at 2017-12-06 20:50
FFG「Star Wars:..
at 2017-12-02 23:07
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-30 20:35
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:Drive to the Baltic! ( 5 ) タグの人気記事

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」をソロプレイ⑤

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」ソロプレイの続きである。ゲームは終盤。ソ連軍の勝利条件達成(Riga及びRiga Strandの支配とドイツ軍補給線の遮断)は絶望的な状況となっている

第11ターン(1944/8/21-8/23)
ドイツ軍は、装甲部隊を中心に反撃を続ける。ステップロスしているユニットが多数を占めるソ連軍は次々と除去される。ソ連軍は、南部の2個戦車軍団を北上させ、Rigaに対する最後の攻勢を行う。先鋒を担う第3親衛戦車軍団は、最初の攻撃において第11SS装甲擲弾兵師団を敗走させ、Riga南方の都市Janischenを脅かす。ドイツ軍はソ連軍の動きに対応するため南部よりGD装甲擲弾兵師団+1個装甲師団を北上させる。ソ連軍の進撃は早くもストップ。更に南部におけるドイツ軍の反撃によりソ連軍の戦線は大きな損害を被る。ソ連軍の攻勢は、第11ターンを以って終わりを告げる。

b0162202_20381178.jpg

↑↑↑ソ連軍最後の攻勢。第3親衛戦車軍団はRigan南方の都市Janischenへ隣接する位置まで前進するが・・・。

b0162202_20382499.jpg

↑↑↑第11ターン終了時。ソ連軍の攻勢は終わりを迎えた。

第12ターン以降は、装甲師団を中心に反撃を続けるドイツ軍とそれを防ごうとするソ連軍の戦いとなり、この段階でソ連軍の勝利条件達成は不可能となった。

第12ターン(1944/8/24-8/26)
ソ連軍第29戦車軍団がLipkuvo南東の戦闘で壊滅。ソ連軍は戦線を縮小するため後退を開始。

第13ターン(1944/8/27-8/29)
3度に渡りドイツ軍装甲部隊の攻撃を受けた第3親衛戦車軍団が残り1ステップにまで戦力が減少。ドイツ軍の装甲師団ユニットもすべてステップロスする。Scheddauにてソ連軍3個師団が包囲される。

第14ターン(1944/8/30-9/1)
残り1ステップとなっていた第3親衛戦車軍団が壊滅。Ponewisch北東にてソ連軍の戦線は大きく破られ突破口が開かれる。

b0162202_20384156.jpg

↑↑↑ドイツ軍は、Ponewisch北東のソ連軍戦線へ突破口を開く。

b0162202_20385629.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。5個投入されたソ連軍戦車軍団は、2個が壊滅し3個がサブカウンターにまで減少。一方のドイツ軍装甲師団は全ユニットがステップロスという激戦。ソ連軍が勝利条件を達成出来なかったため 「ドイツ軍の勝利」

C3iポイントとダイス運によりある程度の制限はあるものの、両軍ともに1ターンの間に3回の移動・戦闘(もしくは戦闘・移動)を行うため、ターン数に比してプレイ時間は長い。特に限りあるポイントを消費してユニットを移動(戦闘)させるため、対戦の場合にはどうしても考える時間が長くなると思われる。それに、前作の問題点となっていた、戦術的な優勢度を表す戦術値が高いユニットほど、使用を強制される「スナフ!(効果:自軍戦闘力半減)」を引きやすいという点については何ら解決されていない。まだまだ発展途上を思わせるゲームシステムながら、ゲーム展開は盛り上がるためあっさりと切って捨てられない魅力を持つゲームという印象だ。
[PR]
by slgplayer | 2016-10-14 20:43 | SLG | Comments(0)

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」をソロプレイ④

先日、Jr.が10歳の誕生日を迎える。勉強と遊びに大忙しのようだが、以前のようにSLGにはあまり興味を示さなくなってきたようだ(涙)。

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」ソロプレイの続きである。東西に分断されたドイツ軍であったが、強力な増援部隊が到着した事により反撃を開始する。
  
第9ターン(1944/8/15-8/17)
Rigaを直接攻撃するための足場を確保すべく、ソ連軍は周辺に配置されたドイツ軍を攻撃。ソ連軍は第502重戦車大隊の支援を受ける第87歩兵師団への攻撃を強行。ダイス運に見放されたソ連軍の攻撃は失敗。ドイツ軍はすかさず反撃を実施。艦砲射撃の支援もあり、ドイツ軍はソ連軍第5戦車軍団を敗走させる。第5戦車軍団は戦力半減の大損害。Rigaから南部への戦線が手詰まりとなったソ連軍は、これまで動きのなかった東部の部隊にによる活動を再開。

b0162202_206181.jpg

↑↑↑ドイツ軍の反撃を受ける第5戦車軍団。

b0162202_2061756.jpg

↑↑↑ソ連軍第5戦車軍団は大損害を被り敗走。

b0162202_2074485.jpg

↑↑↑第9ターン終了時。ソ連軍の攻勢は完全にストップ。

第10ターン(1944/8/18-8/20)
Rigaへ集結したドイツ軍装甲部隊は本格的な反撃を開始。ゲーム開始以来続いた攻勢に消耗していたソ連軍はドイツ軍の反撃を阻止できずに後退。ソ連軍はRiga南部に集結した部隊を以って戦線突破を図る。当初成功するかに思えたソ連軍の攻撃であったが、ドイツ軍装甲部隊が救援に駆けつけると一転後退に転じる。

b0162202_20222037.jpg

↑↑↑ドイツ軍の戦線をなんとか突破しようともがくソ連軍。

b0162202_20223070.jpg

↑↑↑Rigaへ迫っていたソ連軍戦車部隊は、あっという間に押し戻された。

b0162202_20223947.jpg

↑↑↑第10ターン終了時。ソ連軍はドイツ軍装甲部隊の前に成すすべなく後退。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-10-07 20:25 | SLG | Comments(0)

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」をソロプレイ③

展示会への出展が相次いだ9月は、あっという間に過ぎてしまった感じ。

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」ソロプレイの続きである。全14ターンのこのゲームは中盤戦へ突入。両軍ともに強力な増援部隊が登場する。

第7ターン(1944/8/9-8/11)
ソ連軍は損害を顧みない攻撃を続け少しづつ前進。Rigaに対しても1ヘクスの前進を果たし、あと2ヘクスまで迫る。またソ連軍は、南部にも戦力を集め攻撃を開始。ドイツ軍は到着したばかりの第7装甲師団を中心に反撃。ソ連軍第19戦車軍団は大きな損害を被る。ソ連軍は怯まず攻撃を続けるが、第7装甲師団がその都度反撃し、ソ連軍に損害を与える。

b0162202_10405069.jpg

↑↑↑Rigaへ向かって前進するソ連軍第5戦車軍団。その攻勢を援護する歩兵部隊の損害がバカにならない。

b0162202_1041359.jpg

↑↑↑第7ターン終了時。地道に戦略移動を行ってはいるものの、C3iポイントの関係で東部のソ連軍は取り残されている感じ。

第8ターン(1944/8/12-8/14)
両軍共にに有力な増援部隊が到着(ドイツ軍…4個装甲師団、ソ連軍…2個戦車軍団)。1つは親衛戦車軍団とは言え、ドイツ軍の増援に比して見劣りするソ連軍の増援部隊。ソ連軍は、増援の2個戦車軍団をRigaから離れた南部へ投入し戦線突破を図る。ドイツ軍は、ゲーム中最強を誇るGD装甲擲弾兵師団+第14装甲師団を派遣しこれに対抗。ソ連軍はドイツ軍増援部隊の4割が南部へ投入された事を受け、Rigaへの攻勢を再開。ソ連軍第5戦車軍団は、Rigaへ隣接するヘクスまで前進。ドイツ軍に条件付き増援部隊が登場。

b0162202_10421793.jpg

↑↑↑ソ連軍第5戦車軍団はRigaまであと1ヘクス(約10km)。ドイツ軍は精鋭装甲師団を以ってこれを迎え撃つ。また、条件付き増援であったSS第III装甲軍団が登場。

b0162202_10431090.jpg

↑↑↑ソ連軍の増援部隊はあえて南部へ投入。結果的にドイツ軍増援装甲部隊の約4割を引き付けた。

b0162202_10431995.jpg

↑↑↑第8ターン終了時。Rigaへソ連軍部隊が隣接したため、ドイツ軍は補給線こそなんとか通じているものの東西に分断された形。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-10-02 10:50 | SLG | Comments(0)

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」をソロプレイ②

大河ドラマは「関ヶ原の合戦」を迎えたが、いくら主人公が関ヶ原での合戦に関わっていないとは言え、ここまで見続けてきた身としては何か物足りないモヤモヤ感が残る。個人的には、今の所「関ヶ原の戦い」について「徳川 葵三代」を上回るものは無い。

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」ソロプレイの続きである。Rigaを目指すソ連軍の攻撃は行き詰まりつつある。ぐずぐずしているとドイツ軍には強力な増援部隊が到着してしまう。

第5ターン(1944/8/3-8/5)
ここまで湯水の如く・・・とまでは行かないが、C3iポイントを惜しみなく使っていたソ連軍だが、それも限界を迎えつつある。このターン、1ポイントだけではあるが、態勢を立て直しつつあるドイツ軍の合計C3iポイントがソ連軍のそれを上回る(ドイツ軍・・・6ポイント、ソ連軍・・・5ポイント)。これから先C3iポイントの急激な増加の見込めないソ連軍の行動は慎重に成らざる終えない。
少ないC3iポイントを駆使し、ソ連軍第5戦車軍団は、親衛狙撃兵師団と共にBauske北方の街Lecaveを攻撃。Lecaveを守備するドイツ軍第61歩兵師団は、無駄な損害を避けるためあっさりと後退。攻撃側であるソ連軍は一方的に損害を被る。
Lecaveを失ったため、ドイツ軍はBauskeを放棄。
Riga方面の手詰まり感を打開するため、ソ連軍はBauske南方のドイツ軍を攻撃。Riga周辺に比して手薄になっていたドイツ軍部隊に損害を与える。
b0162202_19264272.jpg

↑↑↑Rigaまであと3ヘクスと迫りながら、ソ連軍の攻勢は手詰まりとなってしまう。

b0162202_1926508.jpg

↑↑↑第5ターン終了時。ソ連軍はBauskeを占領。

第6ターン(1944/8/6-8/8)
ソ連軍のRiga方面に対する攻撃は完全に手詰まり状態となる。
ソ連軍は南部での攻勢を強め、ドイツ軍の側面を崩す事により間接的にRiga方面に展開するドイツ軍の弱体化を図る。ソ連軍の損害を顧みない攻撃により、ドイツ軍は後退を余儀なくされる。ソ連軍は、Scheddau及びその北方の街Lipkuvoを占領。
ドイツ軍は、ソ連軍の動きが鈍い北部より部隊を戦略移動させこれに対抗する。当初、Riga方面へ投入される予定だった第7装甲師団も行く先を変更しScheddauへ向かう。北方軍集団撤退の目途がついた事もあり、Dvina川沿いの都市Jakobstadtを放棄。

b0162202_1927423.jpg

↑↑↑ソ連軍の進軍を食い止めるため、急遽投入されたドイツ軍第7装甲師団。

b0162202_19271312.jpg

↑↑↑第6ターン終了時。Riga南方での攻勢を強めるソ連軍。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-09-24 19:32 | SLG | Comments(0)

MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」をソロプレイ①

 今回のソロプレイは、T3システムの地位を確固たるものとした人気ゲーム、MIH/CMJ「Drive to the Baltic!」である。T3システム自体が過去のものとなった今ではあまりプレイした話を聞かなくなったが、このゲームがコマンド誌の付録となった頃は、多くのサイトに毎週のようにプレイレポートがアップされるほどの人気ゲームだった。ちなみに、コマンドマガジン誌の付録となったのが2000年8月なので、当方もこのゲームをプレイするのは約16年ぶり。

b0162202_10304597.jpg

↑↑↑初期配置。1ヶ月前に開始されたソ連軍の大攻勢により、北方軍集団と中央軍集団の間にはポッカリと穴が空いている。皆無とは言えないが、作戦級SLGにおいて、ここまではっきりと戦線に穴が開いているゲームも珍しい。

第1ターン(1944/7/22-7/24)
 ソ連軍は、中央に空いた戦線の穴に対し部隊を流し込む。ソ連軍の最終目標はRigaだが、まずはその第1歩としてBirzenを目指す。戦略移動と優位なC3iポイントを活かしたソ連軍は、Wilkomir~Kauen及びDuenaburg周辺へも攻撃を行い、ドイツ軍の対応を封じようとする。広範囲に渡る攻撃を受けたドイツ軍は、対応するのが精一杯。

b0162202_10313537.jpg

↑↑↑第1ターン終了時。ドイツ軍は犠牲覚悟の足止め部隊を配置し、ソ連軍の足を止める。

第2ターン(1944/7/25-7/27)
 ソ連軍はBirzenへ向けての攻勢を継続。戦略移動を使い、計3個戦車軍団をBirzen方面に集中しこれを攻撃。ドイツ軍は必死の抵抗により、ソ連軍の戦車軍団2個をステップロスさせるが、最終的に数で圧倒され退却を余儀なくされる。ソ連軍はBirzenを占領。

b0162202_10321947.jpg

↑↑↑Birzenを占領したソ連軍第19戦車軍団。ドイツ軍の抵抗も激しく、ソ連軍ユニットもステップロス多数。

b0162202_10324258.jpg

↑↑↑第2ターン終了時。南部のドイツ軍は後退を開始。

第3ターン(1944/7/28-7/30)
 Birzenを攻略したソ連軍は、Rigaを目指し攻撃を続ける。ドイツ軍は、戦略移動で北方軍集団より部隊を引き抜きこれに対応。ソ連軍の活動判定ダイスが不調。その間にドイツ軍は態勢を立て直そうとする。ソ連軍の先頭を進む第5戦車軍団がBirzenの北にあるBarbelleの街を占領し、Rigaまであと5ヘクスの位置まで前進を果たす。Friedstadtにてドイツ軍第126歩兵師団が突撃砲大隊と共にソ連軍の大部隊によって包囲される。

b0162202_1033384.jpg

↑↑↑Rigaまであと5ヘクスの位置まで前進したソ連軍。

b0162202_1033178.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。ドイツ軍第126歩兵師団はFriedstadtにおいてソ連軍の大部隊に包囲された。

第4ターン(1944/7/31-8/2)
 ソ連軍活動判定のダイス目は相変らず不調。ソ連軍はRigaへ向かってジリジリと前進。前のターンにFriedstadtにおいてソ連軍の大部隊に包囲されたドイツ軍第126歩兵師団と突撃砲大隊は、ダイス目とチット運に助けられ、突撃砲大隊1ステップの損害と引き換えに、ソ連軍に大損害(合計7ステップ)を与える。ドイツ軍は、南部のPonewisch~Kauen間の戦線を放棄し、Neman川まで後退。

b0162202_10334149.jpg

↑↑↑第4ターン終了時。南部のドイツ軍は、Neman川まで後退。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2016-09-19 10:56 | SLG | Comments(0)