主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-25 20:23
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-23 20:22
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-20 19:37
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-19 21:19
AH「Afrika Korp..
at 2017-05-15 21:56
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
ご無沙汰しております。 ..
by ポール・ブリッツ at 01:33
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:D-DAY AT OMAHA BEACH ( 4 ) タグの人気記事

DG「D-DAY AT OMAHA BEACH」をやってみる④

 DG社のソロプレイ専用ゲーム「D-DAY AT OMAHA BEACH」の続きである。上陸直後は、思うように部隊を動かせず、損害だけが増加していく米軍であったが、司令部と指揮官が上陸したことによりフリーアクションを実施できる範囲が広がり、幾つかのドイツ軍防御拠点を攻略する事に成功した。必然的にドイツ軍の防御射撃も弱まり、これから内陸部へ向け本格的な侵攻を開始するはずだったのだが・・・。

第9ターン(0815)
 ドイツ軍の砲火は衰えを知らず、東セクターでは上陸したばかりの米軍砲兵中隊がドイツ軍105mm砲の砲撃によりステップロス。また、第1、第29歩兵師団の各1ユニットがサブカウンターに置き換えられる。それに加え既にサブカウンター状態だった部隊や、ステップロスしたレンジャー部隊など3ユニットが除去となった。
 ドイツ軍の防御射撃を生き延びた米軍部隊はドイツ軍の拠点を攻撃。東セクターでは、大活躍のL/3/16歩兵中隊がWN60を攻撃しこれに損害を与える。しかし一方で、WN62Nを攻撃するため取り付いていた歩兵中隊がドイツ軍の射撃により混乱状態。この部隊はバンガロール爆破筒を装備していたためドイツ軍拠点の爆破に失敗。

b0162202_19211998.jpg

↑↑↑第9ターン、東セクター(第1歩兵師団戦区)。WN62Nのドイツ軍は混乱状態だったが、後方からの射撃によりバンガロール爆破筒を装備していた歩兵中隊は混乱状態となり攻撃に失敗。

b0162202_1921397.jpg

↑↑↑第9ターン、西セクター(第29歩兵師団戦区)。ドイツ軍防御拠点の側面を衝くために、崖を上る米軍歩兵中隊。

第10ターン(0830)
 混乱状態のドイツ軍防御拠点WN60からの要請を受け、増援部隊が到着。東セクターに上陸した米軍砲兵及び対空砲部隊は、ドイツ軍の射撃を受け壊滅。
 米第1歩兵師団は第16連隊司令部指揮のもと各部隊が共同でWN62Nを攻撃、これを排除する事に成功。また、増援が到着し強化されたWN60を再攻撃し、ドイツ軍を混乱させる。
 米第29歩兵師団は、戦車の支援を受けたH/2/116中隊がWN68Nに攻撃を行い、拠点に篭るドイツ軍を排除。
 ようやく米軍の司令部および指揮官が機能しはじめ、米軍の攻撃も効果が表れはじめる。このターン終了時、米第1歩兵師団では4個、第29歩兵師団は5個の歩兵中隊がサブカウンター状態となっている。

b0162202_19215615.jpg

↑↑↑第10ターン、東セクター(第1歩兵師団戦区)。

b0162202_1922739.jpg

↑↑↑第10ターン、西セクター(第29歩兵師団戦区)。

第11ターン(0845)
 米軍の侵攻がジワジワと内陸に及び、ドイツ軍の増援部隊も増加。このターンのイベントでドイツ軍機動増援2ユニットが展開。
 東セクターでは、米軍の攻撃によりドイツ軍防御拠点が幾つか失われ、それに伴いドイツ軍の防御射撃も弱まりつつあるはずなのだが、不運にもこのターンドイツ軍の射撃による唯一の損害は、既にステップロスしていたA/1/16中隊。これによりA/1/16中隊はサブカウンター状態となる。
 西セクターも同様の状況で、2個の歩兵中隊がサブカウンター状態となった。第29歩兵師団はWN66Nへ火力を集中しこれを沈黙させる。

b0162202_19222171.jpg

↑↑↑第11ターン、東セクター(第1歩兵師団戦区)。ドイツ軍増援部隊が内陸部にも展開。

b0162202_19223369.jpg

↑↑↑第11ターン、西セクター(第29歩兵師団戦区)。歩兵中隊があと1個サブカウンター状態になってしまえばサドンデスで敗北が決定してしまう。しかし、攻撃を止めるわけにもいかず、コタ准将指揮のもとWN66Nを沈黙させた。

第12ターン(0900)
 上陸準備に手間取り遅延状態となっていた部隊が東セクターに上陸。これで前半(1~16ターン)上陸予定の部隊はすべて上陸が完了。米軍の攻撃を受ける防御拠点に対し、ドイツ軍の増援部隊が送られる。
 米軍の攻撃は順調に進み、東セクターではWN62S、WN65Nのドイツ軍守備隊を掃討し、西セクターではWN66N、WN70のドイツ軍に損害を与える。しかし、この間ドイツ軍防御射撃により第29歩兵師団の歩兵中隊がサブカウンター状態となった。

 第12ターン終了時、第29歩兵師団の歩兵中隊8個がサブカウンター状態となってしまった。これにより、第29歩兵師団は壊滅的な損害を被ったとみなされ、米軍の敗北が確定。なんてこった!

 敗北は確定しているのだが、その後「ファーストウェーブ(第1波)」シナリオ終了の第16ターン終了まではやってみた。

b0162202_19225176.jpg

↑↑↑第16ターン、東セクター(第1歩兵師団戦区)。結局、確保できた突破口は東セクターのE-3ルートのみ。

b0162202_1923646.jpg

↑↑↑第16ターン、西セクター(第29歩兵師団戦区)。苦しいながらもそれなりにドイツ軍拠点を沈黙させてはいるが、突破口を確保するまで歩兵以外のユニットは内陸へ向け移動ができない。大損害を受けている第29歩兵師団の歩兵中隊ユニットでは、突破口確保に更なる時間が必要な状況。

 第16ターン終了時、米第1歩兵師団のサブカウンター状態の歩兵中隊は7個、第29歩兵師団のサブカウンター状態の歩兵中隊は9個であった。マップ上にある内陸部に対する4つの突破口のうち確保できたのはE-3ルートのみで、ドイツ軍拠点の占領などと合わせ獲得VPは16。仮にサドンデスを免れても、勝利するためには20VP以上が必要であったため、どちらにしても敗北は必至だったと思われる。
 第17ターン以降は1ターン=30分に変更され、内陸部における戦いがメインとなるようにゲーム手順等が変更される。

感想:敗北してしまったものの、思いのほか面白かった。最もソロプレイ専用ゲームの場合、その真価は2回目以降のプレイでも面白いと感じるかどうかなので、それは後日忘れた頃にでも再プレイして確かめてみたいと思う。
[PR]
by slgplayer | 2013-11-07 20:47 | SLG | Comments(0)

DG「D-DAY AT OMAHA BEACH」をやってみる③

 昨日はJrを連れお台場のゲームマーケット・・・ではなくレゴランドへ。当たり前ながら連休のためかなり混んでいた。レゴランドに続き、ダイバーシティでガンダムの360度映像を観て帰宅。こちらは拍子抜けするほどガラガラ。

 DG社のソロプレイ専用ゲーム「D-DAY AT OMAHA BEACH」の続きである。米軍各師団は、毎ターン各2へクスのユニットがドイツ軍の射撃の後アクションを実行する。主に移動もしくは攻撃ということになるが、広い海岸で2個師団合計4へクス分の移動または攻撃では十分とは言えない。ただし、ヒーローまたはリーダー・司令部の指揮下の部隊はフリーでアクションを実行できる。また、海に近づかない限り、海岸へクスの移動はフリーアクションとして行える。ちなみに、スタック制限は2ユニット/へクスだが、5ステップ以上のスタックは集中目標となるため慎重を要する。

第5ターン(0715)
 米軍の上陸は続く。第29歩兵師団所属のL/3/116歩兵中隊は、海流の影響で東に流されてしまい、ER地区に上陸。以後は第1歩兵師団の指揮下となった。
 東セクターでは、WN60へ取り付いたL/3/16歩兵中隊であったが、地形の関係で攻撃を行えず、危険を承知の上でWN60、WN61の間を内陸へ前進。対空砲中隊がドイツ軍の砲撃を受け壊滅。
 西セクターでは、ドイツ軍の射撃を受け歩兵中隊1ユニットがサブカウンター状態になる。WN66Nに対し攻撃を行い、ドイツ軍に対し損害を与え混乱状態にする。WN68Nに対しても戦車ユニット単独で攻撃を行うが、これは効果なし。

b0162202_1835015.jpg

↑↑↑第5ターン、東セクター(第1歩兵師団戦区)。L/3/116歩兵中隊がWN60、WN61の間を内陸へ向け前進。

b0162202_1835127.jpg

↑↑↑第5ターン、西セクター(第29歩兵師団戦区)。ようやく攻撃を開始した第29歩兵師団。WN66Nのドイツ軍は混乱状態。

第6ターン(0730)
 前進した第1歩兵師団のL/3/16歩兵中隊は、WN61にドイツ軍の88mm砲を発見。これを攻撃し損害を与える。WN62Nに対しても戦車部隊の支援下攻撃を行うが、WN62Nはかなり強化されており、戦車砲では歯が立たず、攻略には艦砲射撃が必要である事が判明。攻撃を行った米軍部隊は、ドイツ軍の反撃を受け混乱状態となった。

b0162202_1835257.jpg

↑↑↑WN62Nはかなり強化されており、その攻略には艦砲による援護が必要。

 第29歩兵師団副師団長ノーマン・コタ准将が第116連隊司令部と共に上陸。海岸に釘付けとなっている部隊を鼓舞する。ドイツ軍の射撃を激しく、またしても歩兵中隊がサブカウンターへ。第2レンジャー大隊のA・B中隊もステップロス。なんとか、WN66Nに対し再度攻撃を行うが、ドイツ軍は増援を送り込んでおり、攻略には砲兵支援が必要となる。

b0162202_18353669.jpg

↑↑↑オマハ海岸に上陸し、部隊を鼓舞する第29歩兵師団副師団長ノーマン・コタ准将。リーダーユニットにスタックもしくは隣接した部隊ユニットはフリーアクションを実行可能となる。映画「史上最大の作戦」では、名優ロバート・ミッチャムがこのコタ将軍の役を演じていた。

第7ターン(0745)
 潮が満ちてきたため、海岸へクスが狭くなる。これによりスタックしてしまった第1歩兵師団のA/1/16中隊とB/1/16中隊がドイツ軍の集中射撃を受け2ユニットともステップロスし、H/2/16中隊がサブカウンターとなった。また、水中機雷が効果を発揮し、東セクターのK/3/16中隊がステップロス。西セクターでも第2レンジャー大隊の3ユニットがステップロス。
 東セクターにてL/3/16中隊が再度WN61の88mm砲を攻撃しこれを破壊。ドイツ軍は増援部隊を派遣しこれに対抗。
 西セクターでは、ヒーローマーカーを得たE/2/116中隊が戦車部隊の支援を受けWN68Nを攻撃。しかし、ドイツ軍の戦闘力が思いのほか強力だったため効果なし。

b0162202_1836066.jpgb0162202_183613100.jpg

↑↑↑第7ターン、左:東セクター(第1歩兵師団戦区)と右:西セクター(第29歩兵師団戦区)。両セクターとも一部少数の部隊が内陸へ向け前進しているが、他の大多数の部隊は斜面に釘付け状態となっている。

第8ターン(0800)
 イベント「G.Iの奮戦」にて各師団ともこのターンは追加1アクションが行える。これを上手く利用しなくては。
 ドイツ軍の射撃は衰えをみせず。東セクターではB/1/16中隊がサブカウンター状態となる。
 西セクターではD/1/116中隊が壊滅。レンジャー大隊も1ユニットが除去され、上陸したばかりの自走砲部隊も1ステップロス。第29歩兵師団の上陸済み歩兵中隊はすべてステップロスもしくはサブカウンター状態となってしまった。
 第1歩兵師団は、斜面を越え内陸へ向け部隊を前進させる。また、第16連隊司令部指揮下、WN62Nに対し砲兵、戦車を注ぎ込み攻撃を行う。WN62Nのドイツ軍部隊は損害を被り混乱状態。

b0162202_18363967.jpg

↑↑↑WN62Nを攻撃する第1歩兵師団の各部隊。第16連隊司令部の指揮下にあるため、スタックまたは隣接する部隊すべてがフリーアクションとして攻撃を行える。

 第29歩兵師団は、コタ准将の指揮下一気に4ユニットを内陸方向へ前進させる。オマハ海岸西の端にあるドイツ軍防御拠点WN73に対しA/1/116とレンジャー中隊が攻撃を行う。しかし、トーチカを破壊するための爆薬が不足していたため、攻撃は失敗に終わった。

b0162202_18365064.jpg

↑↑↑コタ准将の指揮下、一気に斜面を越え前進する米第29歩兵師団の各部隊。

 ここまでで、サブカウンターに置き換えられた歩兵中隊は、第1歩兵師団が3ユニット、第29歩兵師団が4ユニット。他にもステップロスしている歩兵中隊は多数のため、損害=サブカウンターへ置き換えという状態のためゲームは継続される。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-11-05 19:04 | SLG | Comments(0)

DG「D-DAY AT OMAHA BEACH」をやってみる②

 DG社のソロプレイ専用ゲーム「D-DAY AT OMAHA BEACH」の続きである。勝利判定は、米軍の損害と、重要地点を占領する事によって得られるVPで決定される。第16ターン終了時に、第1・第29歩兵師団の歩兵中隊のうち一方の師団において、8ユニットがサブカウンターに置き換えられていた場合、壊滅的損害を被ったとして敗北となる。

第1ターン(0615)
 上陸部隊の先鋒を担うのは、東セクター第741戦車大隊C中隊の戦車4ユニットと、西セクター第743大隊B中隊の戦車4ユニットである。連合軍首脳部の期待を一心に背負った上陸作戦専用の秘密兵器であったが、東西両セクター合わせて3ユニットが水没し全滅、2ユニットが準備に手間取り2ターンの遅延となった。こうして東セクター2ユニット、西セクター1ユニットの戦車部隊が上陸を果たしたが、全ユニットステップロス状態という悲惨な状況となった。
 上陸を果たした戦車部隊は、ドイツ軍の防御砲火を浴びながらも装甲を頼りに前進を開始した。

第2ターン(0630)
 連合軍はオマハ海岸に対し、本格的に上陸を開始。上陸部隊は海流の影響により全体的に東側に流された状態にて海岸に上陸。

b0162202_958565.jpg

↑↑↑流された結果、スタック状態となってしまった第1歩兵師団の歩兵中隊。5ステップ以上のスタック状態はドイツ軍の射撃判定において集中目標とされる。まさに「5人集まればいい的だが、1人なら弾の無駄だ!」状態。

 前のターンに東セクターへ上陸し、前進を開始していた戦車ユニットがドイツ軍防御拠点WN65のクロスファイア地点に入り込んでしまい壊滅。西セクターにおいても、唯一上陸に成功していた戦車ユニットが破壊される。
 連合軍工兵部隊が、ドイツ軍による防御射撃をものともせず、海岸障害物の撤去作業を開始。

第3ターン(0645)
 上陸してきた連合軍に対抗するため、ドイツ軍は各防御拠点へ増援を送り込み、強化を図る。ドイツ軍防御射撃により、第1歩兵師団は計2ステップを失う。 第29歩兵師団ではドイツ軍防御拠点WN68からの射撃は一段と激しく、2ステップの損害を受けるなど、計3ステップを失う。これにより、早くも第1、第29歩兵師団の各1ユニットが残り1ステップのサブカウターに置き換えられる。
 米軍兵士達は、ドイツ軍の射撃を浴びつつその砲火から逃れるために前進。第1歩兵師団の歩兵2個中隊がドイツ軍防御拠点WN60へ取り付こうと崖を登り始める。第29歩兵師団も第2レンジャー大隊C中隊の援護を受けた歩兵中隊がWN73へ向かい前進。

b0162202_9592672.jpg

↑↑↑第3ターン、東セクター(第1歩兵師団戦区)。東端のドイツ軍防御拠点WN60に向かい、崖を登る米第1歩兵師団の2個中隊。

b0162202_9594426.jpg

↑↑↑第3ターン、西セクター(第29歩兵師団戦区)。西端のドイツ軍防御拠点WN73に取り付く、米第29歩兵師団の歩兵中隊と、側面を衝くため崖を登る第2レンジャー大隊C中隊

第4ターン(0700)
 後続の米軍上陸部隊が続々と到着。東セクターでは、海流の影響でまたしても歩兵中隊がFG5にて戦車部隊とスタック。ドイツ軍の射撃に対し集中目標となってしまい案の定1ステップロス。
 東セクターでは、WN60へ向かって崖を登っていた第1歩兵師団の歩兵2個中隊は、内1個がドイツ軍の射撃により混乱状態。残った1個はMonteith軍曹が部隊を鼓舞し前進。WN60へ取り付く事に成功。

b0162202_100597.jpg

↑↑↑WN60に取り付く米第1歩兵師団の歩兵中隊。イベント・カードによりヒーロー・マーカーを獲得している。

 その頃、、1個中隊がWN62への突撃を試みるが、バンガロール爆破筒が不足していたため攻略ならず、そこを守備していたドイツ兵を混乱状態とする。
 
 西セクターでは、WN68からの射撃は衰えず、前進する米軍部隊の損害も増加。2つ目の歩兵中隊がサブカウンターとなってしまう。また、ドイツ軍の88mm砲が砲撃を開始。上陸したばかりの米軍歩兵中隊に損害を与える。

b0162202_1015852.jpg

↑↑↑第4ターン、東セクター(第1歩兵師団戦区)。ようやくドイツ軍防御拠点に対する攻撃を行った米軍であったが、装備が不足していたため失敗。

b0162202_1021666.jpg

↑↑↑第4ターン、西セクター(第29歩兵師団戦区)。WN68の猛烈な射撃により、2個の歩兵中隊がサブカウンター状態。

 サブカウンターに置き換えられた歩兵中隊は、第1歩兵師団が1ユニット、第29歩兵師団が2ユニットである。
 ようやく米軍部隊がドイツ軍防御拠点へ取り付いた所ではあるが、第29歩兵師団の損害増加ペースが速い事が気になる。次のターンから米軍の攻撃も本格化する(ハズ)。果たしてどうなるのか?

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-11-02 10:30 | SLG | Comments(0)

DG「D-DAY AT OMAHA BEACH」をやってみる①

 約1ヶ月続いたゲティスバーグ熱も一段落。次は、最近入手したソリテアSLG「D-DAY AT OMAHA BEACH」をやってみる事にした。

○DG「D-DAY AT OMAHA BEACH」
 タイトルから分かる様に、このゲームはノルマンディー上陸作戦におけるオマハ海岸の戦闘を扱ったソロプレイ専用ゲームである。やってみるのは、最近再版された第2版の方。オマハ海岸での激戦は映画やTV、書籍等で散々描かれているのでご存知だろう。プレイヤーは、米第1・第29歩兵師団を担当しオマハ海岸に上陸、ドイツ軍を撃破し12時間以内に橋頭堡を築く事を目的とする。

ゲームスケールは以下の通り
1ユニット=中隊 1へクス=250m 1~16ターン=15分/ターン 17~32ターン=30分/ターン 

b0162202_18232939.jpg

↑↑↑米第1歩兵師団が担当するオマハ海岸東部の初期配置。第1ターンに上陸を試みるのは、連合軍の秘密兵器?DD戦車部隊4ユニット。
 へクスに印刷されているカラフルな○がドイツ軍防御拠点からの火線。○を塗りつぶしている色の割合が火力の強弱を表す。

b0162202_18234330.jpg

↑↑↑米第29歩兵師団が担当するオマハ海岸西部の初期配置。同じく第1ターンに戦車部隊4ユニットが上陸。

b0162202_1823586.jpg

↑↑↑映画「プライベート・ライアン」冒頭の舞台となったドッグ・グリーン(DG)地区。上陸する米軍兵士を待ち受けるのは、ドイツ軍防御拠点からの十字砲火!

 このゲームでは一般的なウォーゲームと異なり、サイコロを一切使用しない。ランダムな要素の判定はすべてカードを使用する。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-10-31 18:26 | SLG | Comments(0)