主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新の記事
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-08-17 20:22
GMT「Clash of G..
at 2017-08-11 19:22
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-08-09 20:44
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-08-01 20:31
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-29 10:49
最新のコメント
> 通りすがりさん こ..
by slgplayer at 20:54
なんとも懐かしい。 そ..
by 通りすがり at 16:09
ぴょんさん いつも..
by slgplayer at 22:42
いつも楽しく拝見させてい..
by ぴょん at 19:11
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:Antietam Campaign ( 3 ) タグの人気記事

DG「Antietam Campaign」をソロプレイ③

東京スカイツリー展望台の追加販売チケットを購入。後は当日晴れるのを祈るのみ。

DG「Antietam Campaign」 シナリオ3「Sharpsburg」ソロプレイの続きである。

終盤(第10~第13ターン):第10ターン、北軍第XI軍団所属のCox師団がRohrbach Bridgeを占領。Antietam Creekを渡りSharpsburgへ向かい前進。これに対し南軍は南のSnavelyの浅瀬を守備していたMcLaws師団を呼び戻し対応。McLaws師団は北軍第IX軍団所属の3個師団による攻撃を受けるが、北軍の攻撃が統制を欠いた事にも助けられなんとか持ち応える。第12ターン、約半数の兵力を失いながらも防戦を続ける南軍McLaws師団の元へ、Harper’s Ferryより北上してきたAP Hill師団が到着。これにより北軍の進軍はストップし、その後Rohrbach Bridge付近まで後退。
 Sharpsburg北部の戦闘は、一時南軍が北軍を戦闘開始位置まで押し戻すものの、北軍が予備として後方に配置されていた第VI軍団を投入すると、北軍の数の優位の前に押され始める。それでも南軍は果敢に反撃を行い自軍に倍する損害を北軍に与えるが、ついに予備兵力もつきてしまい、Sharpsburgへ向け後退。
 北軍第II軍団は『窪地の道』に篭る南軍DH Hill師団に苦戦。北軍司令官McClellan直属の予備師団を投入するものの、結局突破することはできなかった。
 このような状況のもと最終ターンとなり、戦闘は日没終了となった。

b0162202_1142499.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。

両軍の損害及びSharpsburg占領によるVPを集計した結果両軍のVPは北軍113ポイント、南軍183ポイント。南軍勝利の結果となった。

b0162202_1143566.jpg

↑↑↑南軍が時間切れによって救われた形のSharpsburg北部。“石壁”ジャクソン将軍の軍団は北軍の数に押され、崩壊寸前であった。

b0162202_11431791.jpg

↑↑↑『窪地の道』付近の状況。北軍は予備師団を投入するものの結局突破する事は出来ず。

b0162202_11433068.jpg

↑↑↑AP Hill師団の到着により北軍を押し戻す事が出来たRohrbach Bridge付近。

 狭い範囲に高密度のユニットがひしめくゲームの場合はもっとへクスとユニットが大きい方がプレイしやすいなあ。史実同様の結果ながら、北軍が毎ターン行う師団ごとのの指揮下か否かの判定がマクレランの消極性を間接的に表現しているというのはプレイしていてなんか違う感じがした。しかし、過程はどうあれ不思議な事に史実同様の結果になるというのは、元になった「ナポレオン ラストバトルズ(以下NLB)」と何処と無く似ている気がする。
 ちなみに過去、こののゲームのキャンペーンをプレイした経験では決戦場がSharpsburg付近にならなかった。その点「NLB」ではイギリス軍の配置、増援の登場などにより普通にプレイすれば最終決戦場がワーテルローになる事が多い。

 次の対戦ゲームの候補として挙がったVG「NATO」を引っ張り出してみる。かなーり前にプレイした経験があるが、内容はすっかり忘れてしまっている。付属の日本語ルールを読み直すが、曖昧な点が多く英語のルールも読む必要がある事が判明。前にプレイした時には気にせずプレイしたと思われるのに、今ではプレイ出来なくなっているのは何故?

b0162202_12213293.jpg

↑↑↑とりあえず、「ワルシャワ条約機構による戦術的奇襲」シナリオの初期配置のみ。

結局、VG「NATO」は次の対戦ゲームリストからは外すこととなった。
[PR]
by slgplayer | 2012-06-03 12:25 | SLG | Comments(0)

DG「Antietam Campaign」をソロプレイ②

 原発事故の対策を計画しただけ(実施済みなわけではない)なのに原発再稼動とは・・・。せめて対策を実行してから再稼動じゃないと、なんか筋が通らない気がする。

 今年で戦いから150周年を迎えるアンティータムの戦いをテーマとしたDG「Antietam Campaign」 シナリオ3「Sharpsburg」ソロプレイの続きである。南軍のジャクソン将軍を主人公とする映画「Gods and Generals」(日本未公開)において劇場公開時カットされたシーンの中にアンティータムの戦いのシーンがあるらしいとの噂を耳にした。発売されてるブルーレイ版やコレクターズ版DVDに収録されているのだろうか?

序盤(第1~第4ターン):北軍第I軍団は北側からダンカー教会を目指す。その前方に展開するのは南軍の名将“石壁”Jackson。北軍は数の優位を活かそうとDubleday師団をJackson軍団の右翼より迂回を試みるが南軍Stuartの騎兵部隊により阻止される。第I軍団はMead、Riketts師団にて南軍Jacksonの軍団を正面攻撃。Jacksonはたまらず後退。突出する形となってしまったHood師団が危機に陥る。
 北軍第II軍団は『窪地の道』に展開する南軍DH Hill師団を攻撃。南軍は善戦するもののジリジリと後退。この戦闘で指揮官のDH Hillが重傷を負い戦列を離脱。
 北軍第V軍団はMiddle Bridgeを渡るものの、後続の部隊との連携がとれないまま南軍の反撃を受け北軍Sykesの師団が大損害を被り進軍はストップ。
 一番南側に配置された北軍第IX軍団は、Rohrbach Bridgeの奪取を試みるものの、師団同士の連携がとれず失敗。橋を挟んで一進一退の戦闘が続く。

b0162202_11144674.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の状況。

中盤(第5~第9ターン):北部において一時後退を余儀なくされた南軍Jacksonの部隊であったが、北軍第I軍団各師団の統制を欠いた攻撃のスキをついて反撃を行う。Longstreet軍団より分派されているHood師団の活躍もあり、北軍部隊は損害を受け後退。
 『窪地の道』における戦闘も、一時北軍がShapsburgまで2へクスまで迫るものの、南軍の反撃を受けMiddle Bridge付近まで後退を余儀なくされた。この時の戦闘で南軍指揮官Walkerが戦死。
 Rohrbach Bridgeの攻防は一進一退。北軍は未だ橋の奪取には至らず。

b0162202_1116618.jpg

↑↑↑第9ターン終了時の状況。南軍はユニット個々の戦闘力及びユニット数に劣るものの各所で善戦。

b0162202_11162039.jpg

↑↑↑Shapsburgの北方、ダンカー教会付近。南軍が北軍を押し戻す。

b0162202_11163238.jpg

↑↑↑『窪地の道』からRohrbach Bridge付近。『窪地の道』より南軍を後退させたが北軍も反撃を受け前進できず。一方、Rohrbach Bridgeでは文字通り一進一退の攻防が続く。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2012-05-31 11:41 | SLG | Comments(0)

DG「Antietam Campaign」をソロプレイ①+オマケ

昨日は家族で葛西臨海公園へ。家族全員早くも日焼けで腕や肩がヒリヒリしている。

 古代戦の次は南北戦争ものをプレイしてみようという事で、今年で戦いから150周年を迎えるアンティータムの戦いをテーマとしたDG「Antietam Campaign」(以下AC)をソロプレイ。ただし、キャンペーンゲームはフルマップ2枚を使用するためこれを断念し、メインの戦いであるシナリオ3「Sharpsburg」をソロプレイすることとした。
 ゲームシステムはNAW。結局、ルールブックを読み直さなくてもプレイ可能なゲームにどうしてもなってしまうのは仕方のない所か?NAWのままでもプレイ可能だが、そうすると戦力に劣る南軍が不利なので、上級ルールである指揮官のルールを加えてプレイする事とする。これは「ナポレオンズ ラストバトルズ(以下NLB)」の指揮官ルールと同様のもの。
 アンティータムの戦いはSPI/CMJ「Blue & Grey」(BG)にも収録されているが、BGが北軍の軍団ごとに制限を設けるという特別ルールで史実におけるマクレランの慎重さを表しているのに対し、ACでは上級ルールを使用する事により、指揮官ルールの範囲内で北軍の行動を制限しようとしている。

〇DG「Antietam Campaign」 シナリオ3「Sharpsburg」

b0162202_1853407.jpg

↑↑↑初期配置。指揮官ルールにより北軍が確実に指揮下に置けるのは各軍団につき1個師団。対する南軍はリー、ジャクソン、ロングストリートの高い能力により、指揮範囲内にいればほとんどの師団が指揮下となる。指揮外の師団が通常通り活動できるかどうかはダイス目次第。

続く・・・

オマケ
 週末は、遠方に引っ越してしまう学生時代の友人がやって来るとのことで、息子と友人を合わせた3人でプレイできる簡単なSLGを急遽製作した。
 5歳の息子でも楽しくプレイ可能?なキャラクターゲームということで、テーマを「機動戦士ガンダム」の1年戦争に決定。移動は「ダイス1個で出目が行動ポイント」戦闘は「同一エリアでユニット同士がサイコロを振り合い大きい出目が勝ち」を基本とし、後は生産ルールを加え、TVシリーズや映画を鑑賞した事があれば解るような特別ルール「連邦軍の新型MS」「ジオン軍エースパイロット」「ジャブローの対空砲火」「水陸両用MS」「オデッサの水爆」「ソーラ・レイ」を盛り込んで完成。マップはちゃっちゃと手描き。ユニットは当初ツクダの紙ユニットを流用しようかと考えたが、ビジュアル面を重視してB社のガンダムコレクションというミニフィギュアを使用した。

b0162202_18563041.jpg

↑↑↑初期配置。
 早速対戦。息子と共に連邦軍を担当。電撃的に勝利を収めようとルナツーの部隊でソロモン攻略を目指すが、失敗。生産力では連邦軍が優る事から局地的に攻撃をかけジオン軍戦力の消耗を図るが、ダイス目が悪くこれも失敗。ルナツーを占領され孤立したジャブローに対しジオン軍による降下作戦が実施される。これに対しジャブローの対空砲が火を噴くもののダイス目が悪くあまり効果がない。かくしてジャブローはジオン軍によって占領されてしまい、地球連邦軍は敗北した。
 まだまだ発展できる余地があるゲームとなったので、息子が成長したらさらに詳細なルールを加え再プレイしたいと思う。
 最後に一言言わせて貰うと、息子よお前ダイス目悪すぎ。しかし、敗北したものの息子は大喜びであった。


 
[PR]
by slgplayer | 2012-05-28 19:08 | SLG | Comments(0)