主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-18 14:27
GMT「バトルライン」をJr..
at 2017-03-13 20:59
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-11 18:19
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-09 19:28
FFG「Star Wars:..
at 2017-03-05 23:32
最新のコメント
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
ご無沙汰をしております ..
by 白 at 16:44
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 11:02
ご無沙汰しています。 ..
by ポール・ブリッツ at 23:19
ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 19:03
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:Across 5 Aprils ( 7 ) タグの人気記事

<VG>Across 5 Aprils「ゲティスバーグの戦い」をソロプレイ③

 昨日、CS放送で映画「眼下の敵」を久々に視聴。字幕版だったが、やはりテレ東の日本語吹き替えでまた観てみたい。最近、こういうテイストの戦争映画って無いような気がするのでリメイクしたりしないかな・・・。以前、何かの番組か雑誌で「潜水艦映画って定期的に製作される傾向がある・・・」みたいな話を聴いたか見た記憶があるので、そろそろ時期のように思う。あ、でも映画「真夏のオリオン」みたいなのはやめてくれ。

 南北戦争会戦SLG<VG>Across 5 Aprilsソロプレイの続き。最後にして最大のシナリオ「ゲティスバーグの戦い」いよいよ会戦3日目である。

 会戦3日目。ユーエルの軍団は、カルプス・ヒルの攻略を諦めピケット師団と共にセメタリー・ヒルを攻撃する。北軍もカルプス・ヒルを守備していた部隊を含めどんどん部隊を投入。激しい戦闘の末セメタリー・ヒルは南軍部隊の支配する所となった。ラウンド・トップではロングストリートの軍団が終始優位に戦闘を進め2ヶ所のラウンド・トップから更に前進し一時はタニータウンロードを分断する。この日の戦闘で両軍とも有効な戦力をほとんどすり潰してしまいゲーム終了。

b0162202_9571887.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。
VPは南軍206P、北軍142Pで南軍限定勝利となった。

 攻撃のタイミングがランダムに決定される上に攻撃側の損害が大きく出る戦闘結果・・・。この2点に尽きるゲームだ。移動がランダムというゲームは数多く存在するが、戦闘のタイミングまでがランダムというのはこのゲームと同じシステムを使うCMJ「奉天会戦」くらいだろう。この点が好きか嫌いかでこのゲームへの評価は正反対のものに成ると思う。
 このVG「Across 5 Aprils」の3年後に発売されるのがGMT「Glory」である。マップスケールに若干の違いはあるが、ユニット規模や1ターンのスケールはほぼ同じ。移動は部隊ごとにマーカーを引きランダムに行う。ただし、戦闘は移動した部隊のみが行うというもの。部隊ユニットに「向き」があったり、使用するのが10面ダイスであったりと違いはあるが、みるからに『被っている』ゲームである。VGが無くなってしまったため今の所この「Across 5 Aprils」の続編が出る事は絶望的なのだが、「III」まで続編が発売された「Glory」はその後、「複合活性化」等戦闘の不確実性を再現するルールが追加されるなど、どちらかといえば「Across 5 Aprils」に近づくようなルール改訂がされていった事を考えると、この「Across 5 Aprils」のルールがどのように改訂されていったのか・・・興味深い。
 一つ気になっているのは「第1次ブル・ラン」のマップに印刷された「第2次ブル・ラン」用の後退方向を示した矢印である。これって後から追加のユニットとか出たのだろうか?それとも続編の予定があったのだろうか?ものすごく気になる。

 最後に、自分としては南北戦争時の会戦における不確実性を再現するためプレイするなら「Glory」の方をお勧めするが、南北戦争時の会戦における不確実性を体験したいのなら「Across 5 Aprils」の方をお勧めしたい。
[PR]
by slgplayer | 2012-03-10 11:07 | SLG | Comments(0)

<VG>Across 5 Aprils「ゲティスバーグの戦い」をソロプレイ②

暖かくなってきた途端に花粉。花粉さえなければいい季節なのに・・・。

 南北戦争会戦SLG<VG>Across 5 Aprilsソロプレイの続き。最後にして最大のシナリオ「ゲティスバーグの戦い」である。

 会戦2日目。南軍ユーエル指揮の軍団はカルプス・ヒルを、A・P・ヒル指揮の軍団はセメタリーリッジそして、ロングストリート指揮の軍団は2つのラウンドトップに対し攻撃を行う。ユーエルの軍団は一時カルプス・ヒルの一角を占領するものの、続々到着する北軍部隊相手に消耗。また、一部の部隊でカルプス・ヒルを迂回し北軍部隊後方のマカリスターズ・ヒル攻略を試みるも失敗。
 A・P・ヒルの軍団はセメタリー・ヒルを攻撃。当初、マーカーの引きも良くセメタリー・ヒルを占領かと思われたが、やはり北軍部隊の増援が到着しこれを阻止。1日目から激しい戦闘を繰り広げていたA・P・ヒルの軍団はこの戦闘により全部隊が除去された。A・P・ヒルの抜けた穴にはロングストリートの軍団からピケット師団が埋める事となった。
 一方、2つのラウンドトップ攻略の任務を帯びたロングストリートの軍団は苦戦しながらも1ヶ所を占領する事に成功した。

b0162202_18541049.jpg

↑↑↑2日目終了時の状況。
 すべての増援が出揃う。1日目から戦い続けたA・P・ヒルの軍団が全部隊除去されてしまい、南軍はみるからに戦力不足。
両軍とも再び勝利条件を満たせなかったため、戦闘は3日目に突入する事となった。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2012-03-07 19:02 | SLG | Comments(0)

<VG>Across 5 Aprils「ゲティスバーグの戦い」をソロプレイ①

案の定、今日は筋肉痛。やはり昨日の縄跳びで調子に乗りすぎた・・・。

 南北戦争会戦SLG<VG>Across 5 Aprilsソロプレイの続き。最後にして最大のシナリオ「ゲティスバーグの戦い」である。

○ゲティスバーグの戦い
 アメリカ史上最も有名な戦いであるため解説は不要だろう。特徴は戦いが道路が集中する箇所で発生したため、開始時には小規模な小競り合いだった戦闘がどんどん両軍の部隊が集結し結局は軍どうしの大会戦に発展したところにある。これを反映して、ゲティスバーグを題材とするゲームはいずれも初期配置ユニットは極めて少なく、両軍とも部隊のほぼすべてが援軍という形で登場する。

 会戦1日目。靴を調達するためゲティスバーグへ向かったA・P・ヒル指揮する南軍部隊は、北軍騎兵部隊と遭遇。オークヒルからマクファーソンリッジにかけて渡河点を抑える北軍騎兵に対し南軍部隊は攻撃を開始する。しかし、マーカーの引きも悪く戦闘開始時には近くにいた北軍第I軍団の一部も到着し南軍部隊は大損害を被る。正午頃、ユーエル指揮の南軍部隊が北軍部隊の背後に現れマクファーソンリッジの北軍部隊を攻撃。これにより北軍第I軍団の半数が除去されると形勢は逆転。マーカーの引きの組み合わせも南軍に有利に展開し北軍各部隊は南軍部隊に押され始める。北軍部隊はゲティスバーグ市街を通って更に後退の後、カルプス・ヒル~セメタリー・ヒルを経由しセメタリーリッジに至る半円状の防御態勢をとる。また、夜間のうちにカルプス・ヒルには北軍により防御柵が築かれた。南軍部隊はそのような北軍部隊を半包囲する。1日目夜間に到着した南軍ロングストリートの軍団はゲティスバーグを迂回し、デビルズデン方面へ進軍。

b0162202_1944719.jpg

↑↑↑1日目終了時の状況。
両軍ともサドンデス条件を満たせなかったため、戦いは2日目を迎える事と成った。

 地形と両軍の集結具合、兵力バランスの関係でゲティスバーグ会戦のゲームとしてはいつもの展開である。他のゲームとの違いは両軍に戦闘マーカーがある点だろうか。北軍に攻撃を強要するマーカーが毎ターン必ず引かれるため、それがターンのどの時点で引かれるかによってこれからの展開は大きく変わると思われる(南軍についても同じ事がいえるのだが・・・)。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2012-03-05 19:13 | SLG | Comments(0)

<VG>Across 5 Aprils「ピーリッジの戦い」をソロプレイ

5歳の息子と近所の公園へ。縄跳びがやりたいというので教えるついでに調子にのって自分も縄跳びを何十年ぶりにやる。明日は筋肉痛に成る予定。

南北戦争会戦SLG<VG>Across 5 Aprilsソロプレイの続き。今回は「ピーリッジの戦い」。

○ピーリッジの戦い
 1862年3月7日、アーカンソー州の北西にてS・カーティス指揮の南軍をE・V・ドーン指揮の北軍が劣勢ながら打ち破った戦闘。北軍より南軍の方が兵力で上回るという南北戦争中数少ない戦いの一つである。

 南軍部隊はすべて第1ターンに地図版へ侵入。盤上への登場位置の関係で2つに分かれて進軍。北軍は僅かだが初期配置ユニットがある上、増援部隊は3つある勝利条件へクスのうち2つのへクスに近い位置へ登場する。自然と北軍が占領する勝利条件へクスを南軍が攻撃する形になる。
 序盤、Elkhorn Tavernを占領した南軍部隊であったが、五月雨式に到着する北軍部隊に対し連続した戦闘を強いられる。これにより南軍部隊は消耗。Leetown占領を目指した南軍部隊は全滅。戦闘1日目の夕刻にはマーカーの引きの関係もあり、Elkhorn Tavernを占領していた南軍部隊も敗北し退却を余儀なくされる。1日目終了時点で3ヶ所の勝利条件へクスを支配していた北軍の実質的勝利となり、2日目の戦闘を行うことなく終了となった。

b0162202_16345547.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。

 ユニットあたりの戦闘力は高いがユニット数と士気に劣る南軍対ユニットあたりの戦闘力は劣るが士気とユニット数に優る北軍の戦いであった。南軍がユニットの戦闘力に優るとは言っても圧倒している訳ではないので移動・戦闘マーカーの引きの組み合わせで北軍に上手く攻撃させなければ、地形効果も相まって1:1以下の戦闘比で戦闘を行わなければならない。どのシナリオにも共通している戦闘マーカーの引きのタイミングがこれまた一層勝敗左右するシナリオであった。

次は最大のシナリオ「ゲティスバーグの戦い」。DVDでも観てからやるか・・・。
[PR]
by slgplayer | 2012-03-04 16:38 | SLG | Comments(0)

<VG>Across 5 Aprils「シャイローの戦い」をソロプレイ

 先日、家に大量にあったガンダムのミニフィギュアを使い5歳の息子に簡単なゲームを教える。将棋盤の上で動かして隣接したらサイコロを振って大きい方が勝つという即興でテキトーにルールを考えたゲームなのだが、かなり気に入ったらしい。欧米では親は自分の趣味にどんどん子供を巻き込んでいく(鉄道模型なんかその典型)のだが、日本ではどうなのだろうか?GMT「Prussia's Glory 」のデザイナーズノートに書いてあったあの気持ちが今ではよく解る。

南北戦争会戦SLG<VG>Across 5 Aprilsソロプレイの続き。今回は「シャイローの戦い」。

○シャイローの戦い
 1862年4月6日、テネシー州西部にてA・ジョンストン指揮の南軍がU・グラント指揮の北軍に奇襲をかけ敗北寸前にまで追い込んだ。しかし、翌日北軍に援軍が到着した事を期にグラントは逆襲に転じ、逆に南軍部隊を退却させる事に成功した。

b0162202_933276.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。
 南軍は奇襲効果を活かすため積極的に攻撃・・・したはずだったのだが、マーカーの引きもあり分散していた北軍部隊が集結し防御体制を整えてくると攻撃の矛先も鈍り始める。夕刻に北軍の増援が到着し、「1日目に南軍は勝利条件へクスを3つ確保」という条件をギリギリ満たせず、1日目終了時点で北軍実質的勝利となり終了。
 やはり攻撃側の方が大きな損害を出すという事を考えてしまうため、積極的な攻撃は難しい。マーカーを引いて移動するため、戦闘のタイミングで戦力を整える事ができているかどうか不確実なのも積極的な攻撃にブレーキをかける。

昨夜、ヒストリーチャンネルで再放送されたリーとグラントの特集番組を視聴。結構面白い。

次は「ピーリッジの戦い」の予定。
[PR]
by slgplayer | 2012-03-03 09:24 | SLG | Comments(0)

<VG>Across 5 Aprils「ベントンビルの戦い」をソロプレイ

2月末とはいえこの時期に東京で雪が降る事はここ数年内では珍しい。

南北戦争会戦SLG<VG>Across 5 Aprilsソロプレイの続きである。今回は「ベントンビルの戦い」。

○ベントンビルの戦い
 1865年3月19日、ノースカロライナ州ベントンビルの近くでJ・ジョンストン指揮の南軍とW・シャーマン指揮の北軍が戦った。南北戦争最後の大会戦。この戦いの約1ヵ月後、ジョンストンの軍は降伏し南北戦争は完全に終結することとなった。

 このシナリオは3日間続いた戦闘の1日目のみのプレイとなる。戦闘は昼頃から開始されたため日没までの時間が短く、マップも小さいがターン数も5~6ターンと短い。攻撃側である南軍には迅速な攻撃が求められる。

b0162202_18181250.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。
 前半は移動マーカー、戦闘マーカーの組み合わせが南軍にとって有利だったため、北軍は後退を強いられる。しかし、後半は地形の関係で迅速な進撃路が限定された所へ北軍の増援部隊が次々到着。勝利条件へクスを1つでも支配できれば南軍の勝利だったのだが、あと1へクスが足りず、勝利はユニットの損害によるVP判定となる。
 除去されたユニットは北軍の方が僅かに多かったが、南軍各ユニットはその多くがステップロスしており、南軍22VPに対し北軍24VPで北軍の限定勝利となった。

次は「シャイローの戦い」の予定。
[PR]
by slgplayer | 2012-02-29 18:28 | SLG | Comments(0)

<VG>Across 5 Aprils「第1次ブル・ランの戦い」をソロプレイ

 米アカデミー賞をフランスのサイレント映画「アーティスト」が受賞。しかも、監督賞に主演男優賞も受賞した。こんな野心的でチャレンジな外国の映画に、米映画界最高の栄誉といわれる賞をあたえるとは、アメリカって国は良くも悪くも懐の深い国だと感じた。もし、外国人が製作したその年最高の日本映画があった場合、日本アカデミー賞は与えられるのだろうか?

そんなアメリカの懐の深さに関心しながら南北戦争会戦SLG<VG>Across 5 Aprilsをソロプレイ。

○<VG>Across 5 Aprils
 南北戦争で戦われた5つの会戦がプレイできるSLG。基本システムは部隊ごとの移動マーカー、両軍の戦闘マーカーをランダムに引き、そこで選択されたマーカーの行動を行っていくもの。移動ばかりでなく戦闘のタイミングもランダムに決定されるため、不完全な移動と不完全な戦闘の連続によってゲームは進行していく。これにより南北戦争当時の不確実性を過激に再現しようとしている。

1へクス=300ヤード、1ターン=45~90分、1ユニット=旅団

○第1次ブル・ランの戦い
 南北戦争中に起きた最初の大きな戦い。1861年7月21日にバージニア州マナサスの近くで行われた。まだ経験不足であった北軍はアービン・マクドウェル将軍が指揮してブルラン・クリークを越えて進軍、これに対し同じくらい経験不足の南軍はジョセフ・ジョンストンとP・G・T・ボーリガード両将軍の指揮で対抗した。

序盤:北軍部隊が石橋を守備していた南軍部隊を粉砕しこれを占領。更にHenry's Hillへむけて進軍。南軍部隊との競争に勝利しこれも占領。
中盤:勢いに乗る北軍は3つある勝利条件へクスをすべて占領。南軍の行動は後手にまわる。第6ターン、北軍主力はHenry's Hillに布陣し麓から南軍部隊がそれを伺う状態から北軍部隊が南軍に対し攻撃をかける。
終盤:南軍騎兵が北軍の隙をつき石橋を奪取。移動・戦闘マーカーのタイミングにより北軍は勝利条件へクスを守り通すための攻撃を余儀なくされる。これにより北軍主力はすり減らされ壊滅状態となるが、南軍部隊もHenry's Hillの占領には至らず。

b0162202_10442969.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。
北軍部隊は壊滅状態となるが、南軍部隊の前進は阻止される。結局、北軍は3つある勝利条件へクスのうち1つを保持し続ける事に成功し、北軍の限定勝利となった。
攻撃側の損害の大きさがちょっと過激すぎる気もするが、当事者の感覚からすればこんな感じだったのかもしれない。

次は「ベントンビルの戦い」をソロプレイ予定。
[PR]
by slgplayer | 2012-02-28 10:58 | SLG | Comments(0)