主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
JEDKO/CMJ「The ..
at 2017-07-23 11:18
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-20 19:50
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-17 19:56
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-16 11:16
JEDKO/CMJ「The ..
at 2017-07-09 11:24
最新のコメント
ぴょんさん いつも..
by slgplayer at 22:42
いつも楽しく拝見させてい..
by ぴょん at 19:11
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:A Days of Heroes ( 15 ) タグの人気記事

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ⑪

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。今回ようやく最終回を迎える。約半数の米軍部隊が盤外へ脱出し、残る米軍部隊も盤外を目指す。果たして結果は?

第22ターン
回復フェイズ:イニシアチヴはまたしても米軍。道路封鎖マーカー上には群衆ユニット×1が登場するが、もうゲーム展開に影響を与えることはないと思われる。

作戦フェイズ:Jones大尉、Smith少尉率いるレンジャー部隊がマップ南端より脱出。マップ上に残るのは、P11のシールズ及びQ11のレンジャーのみとなった。P10交差点のソマリア側武装車輛に対し、Q11建物のレンジャー部隊がLAWを発射。武装車輛は破壊される。P10交差点は、残骸マーカーが2つとなった事により車輛の通交が不可能となった。Q11建物のレンジャー部隊をP10で生き残った民兵ユニットが射撃。ソマリア側のダイス目が勝りレンジャー部隊は動揺状態となってしまう。P11で接近戦中だったシールズが、士気チェックに成功し接近戦の行われているスクエアより脱出。Q11建物へ移動。民兵部隊が臨機射撃を実施。ここでもソマリア側のダイス目が冴え、Q11のシールズは動揺状態となった。移動可能な民兵ユニットは、Q11建物へ向かい移動。Q11建物を包囲するように接近。

b0162202_1930126.jpg

↑↑↑第22ターン終了時。Q11建物に孤立してしまったレンジャーとシールズ。しかも2ユニット共に動揺状態。民兵部隊は建物を包囲。絶体絶命。

第23ターン
回復フェイズ:イニシアチヴは久々にソマリア側が獲得。Q11建物で動揺状態のシールズは回復に成功。しかし、レンジャー部隊は回復に失敗。

作戦フェイズ:ソマリア側民兵部隊は、Q11建物を総攻撃。最初に突入を試みた民兵ユニットは、シールズの臨機射撃が阻止。P13交差点の指揮官+精鋭民兵ユニットが士気チェックに成功し、Q11建物へ突入。シールズと指揮官+民兵ユニットは接近戦の末なんと相討ち。

b0162202_19302479.jpg

↑↑↑Q11建物に突入してきた民兵部隊はシールズと相討ち。

 このため、Q11建物に残るのは動揺状態のレンジャー半個分隊のみとなった。ソマリア側は、Q11建物に対し民兵ユニットを突入させるため突撃。士気チェックに成功した民兵ユニットがQ11建物に突入。動揺状態のレンジャー部隊は、民兵部隊に降伏し除去。マップ上より米軍部隊が無くなったので、ゲーム終了となった。

b0162202_19303494.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。動揺状態のレンジャー部隊は、突入してきた民兵部隊に降伏。

両軍獲得VPは以下の通り。勝敗は明らかな感じではあるが、一応その内訳を記載しておきたい。

・米軍獲得VP
ヘリ残骸の爆破成功 6VP
アイディード派重要人物捕縛 3VP×2
ソマリア側SW捕獲 2VP
計14VP

・ソマリア側獲得VP
ヘリ乗員の除去 2VP
米軍車輛・ヘリ破壊 4VP×3(HMMWV×2、UH-60×1)
破壊されたHMMWV乗員脱出失敗 3VP
米軍分隊ユニット除去 3VP×3(デルタ・スナイパーチーム、レンジャー、シールズ各1個除去)
計26VP

というわけで、ソマリア側の勝利となった訳だが、最後に除去された米軍部隊(シールズ、レンジャー各1個)が仮に脱出に成功していたとしても、勝敗の行方は変わらなかった。ソマリア側の増援部隊が、ダイス目とカードの引き具合で変わってくるので断言はできないが、このシナリオはソマリア側が有利なようだ。

 WW2の分隊レベルの戦術級ゲームに限れば、既に「Advanced Squad Leader(ASL)」や「 Squad Leader(SL)」という金字塔が存在する。そのためASLやSLでは扱っていない1960年代以降に興味のあるユーザー以外、今更この「A Days of Heroes」に手を出す必要は感じないというのが率直な感想。別の見方をすれば、そのような「Lock'n Load」シリーのモジュールの一つではあるが、単独でプレイ可能なこの「A Days of Heroes」は、映画「ブラックホーク・ダウン」の雰囲気を再現できるゲームとして興味のある方にはお勧め。

次は、真の戦艦好きには堪らないであろう(?)Decision Gamesの海戦ゲーム(仮想戦)をソロプレイ予定。
[PR]
by slgplayer | 2014-06-04 19:37 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ⑩

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。不完全ながらも任務を達成した米軍部隊は、盤外への撤退を開始。ソマリア側は、増援部隊を大量に投入しこれを追撃する。

第20ターン
回復フェイズ:イニシアチヴは米軍が獲得。幸運の女神は米軍に微笑みつつある。道路封鎖マーカー上には指揮官+民兵ユニット×1、群衆ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:米軍部隊は、マップ南端へ向け全力移動。民兵部隊も全力でこれを追う。ソマリア側武装車輛が、後退する米軍部隊に追いつこうとP列の通りを全速力で走り抜けようとする。Q9建物のレンジャー部隊が、LAWの射撃でこの武装車輛を破壊。
 ソマリア側は、増援ポイントを使用し新たに機関銃装備武装車輛をマップ上に投入した。

b0162202_18453873.jpg

↑↑↑第20ターン終了時。米軍部隊は、追撃してくる民兵部隊を撃退しながら後退を続ける。

第21ターン
回復フェイズ:ダイス目同数につき引き続き米軍がイニシアチヴを握る。道路封鎖マーカー上には指揮官×1、民兵ユニット×2が登場。

作戦フェイズ:約半数の米軍部隊がマップ南端より脱出を果たす。P11道路上にて接近する民兵を足止めしていたシールズへ民兵部隊が殺到。士気チェックに成功した民兵ユニット×2がシールズに接近戦を挑む。シールズはそのうち民兵1ユニットの除去に成功するが、接近戦を行ったため足止めされる。ソマリア側は、武装車輛をP10まで前進させる。

b0162202_18454919.jpg

↑↑↑Q11建物に残るレンジャー部隊の後退を掩護するシールズ。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-06-03 18:49 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ⑨

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。ゲームもいよいよ終盤。盤外脱出を図る米軍部隊に追い打ちをかけるソマリア民兵部隊。後にいうモガディシュ・マイルが開始される。

第17ターン
回復フェイズ:イニシアチヴは米軍。P5道路スクエアのソマリア側武装車輛は動揺状態からの回復に成功。道路封鎖マーカー上には民兵ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:第1墜落地点の爆破作業を終えたレンジャー部隊が、P5道路上のソマリア側武装車輛に対しLAWを発射。LAWは命中し武装車輛を破壊。残る米軍車輛は盤外へ向け移動を開始。しかし、撤退中のHMMWV1台がO12の瓦礫に潜む民兵部隊から射撃を受け動揺状態となってしまう。
 第2墜落地点より、ヘリ乗員を保護したSmith少尉率いるレンジャー部隊もマップ南端へ向けて撤退を開始。デルタ・フォースがそれを掩護する。民兵部隊は撤退する米軍部隊を追撃。Jones大尉とBrown軍曹率いるレンジャー部隊は、追撃してくる民兵に対し射撃を行い大損害を与える。
 ソマリア側は増援ポイントを使用し、武装車輛×2、民兵×4という大部隊を投入。

b0162202_9444032.jpg

↑↑↑第16ターン終了時。無尽蔵に投入されるソマリア側民兵部隊に米軍レンジャー部隊も苦戦。弾薬(40㎜GR)も乏しくなってきている。

第18ターン
回復フェイズ:引き続き米軍がイニシアチヴを獲得。P11道路上で動揺状態のHMMWVは回復に成功。道路封鎖マーカー上には指揮官+精鋭民兵ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:新たにP4道路上に現れたソマリア側武装車輛は、HMMWVの機銃掃射により動揺状態。HMMWV2台は盤外へ脱出。
 米軍レンジャー部隊は全部隊が撤退を開始。移動後に射撃が可能(火力は減少する)襲撃移動を利用し撤退する米軍を民兵部隊は追撃。民兵部隊は、市街地での消費移動力が米軍よりも少なく済むためある意味米軍以上の機動力を発揮するのだが、正式な訓練を受けていないためか襲撃移動をすることができない。そのため、移動を行いレンジャー部隊に接近する民兵部隊は、臨機射撃を受け次々と除去される。M10道路封鎖マーカー上に登場したばかりの指揮官+精鋭民兵ユニットは、米軍ヒーローユニットの「Hicks」が接近戦にて始末した。
 数で押すしか手立てがないソマリア側は、増援ポイントを使用し民兵3ユニットを新たに投入した。

b0162202_9445342.jpg

↑↑↑第18ターン終了時。市街地というLOSが通り難い地形によりソマリア側民兵ユニットは、ターン終了時にレンジャー部隊に隣接している位でなければ攻撃ができない。これまでソマリア側に味方してきた地形が今は仇となっている。

第19ターン
回復フェイズ:米軍がイニシアチヴを獲得。P4道路上にて動揺状態のソマリア側武装車輛は回復に失敗。道路封鎖マーカー上には群衆ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:米軍レンジャー部隊はマップ南端に向って後退を続ける。ヒーローユニット「Hicks」がLAWを使用し、M7道路上のソマリア側武装車輛を破壊。元々射程が短いという民兵ユニットの特性に加え、LOSが中々通らない市街地という地形にソマリア側は苛立つ。強引に退路を断とうと、無謀な突撃を繰り返す。米軍部隊は臨機射撃を行い、接近する民兵部隊を次々と除去。
 ソマリア側は、増援ポイントを使用し民兵ユニット×5という大部隊を盤上に投入。

b0162202_945462.jpg

↑↑↑Smith少尉は、1個分隊をヘリ乗員の護衛に付け先に撤退させる。自身は残りの分隊を率いて民兵の追撃を食い止める。

b0162202_9455727.jpg

↑↑↑第19ターン終了時。ソマリア側は民兵5ユニットを新たに投入。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-31 09:56 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ⑧

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。第1墜落地点のヘリ乗員は除去されたが、米軍にはヘリの残骸を完全に破壊する(要は爆破)という任務が残っている。残骸の完全破壊に失敗した場合、ソマリア側はVPを獲得する。残骸の完全破壊には、米軍1個もしくは半個分隊が、ヘリ残骸のあるスクエアにて1ターン滞在が必要である。

第14ターン
回復フェイズ:両軍のイニシアチブ判定のダイス目が同一だったため、前ターンに引き続き米軍側がイニシアチヴを獲得。I8建物のSmith少尉とレンジャー部隊は回復に成功。I6建物の民兵指揮官は回復に失敗。道路封鎖マーカー上には民兵ユニット×1、群衆ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:第1墜落地点では、ヒーローユニット「Hicks」が墜落地点スクエアに潜むRPGロケット装備の民兵ユニットを除去。それに続きレンジャー部隊が周辺の民兵ユニットを掃討。仕上げにHMMWVが墜落地点へ突入し残存する民兵ユニットを排除。一時、第1墜落地点とその周辺より民兵ユニットを駆逐することに成功。ソマリア側は隣接ブロックの民兵部隊を総動員し第1墜落地点へ向かわせ、再びRPGロケットによる攻撃の機会を伺う。

b0162202_18464165.jpg

↑↑↑第1墜落地点。米軍部隊がようやく到着。レンジャー部隊はヘリ残骸の爆破作業に入る。

 第2墜落地点では、Brown軍曹率いるレンジャー部隊が、墜落地点に隣接するK8建物を含むブロックより民兵ユニットを一掃。一方で、I8建物で戦闘を続けるSmith少尉率いるレンジャー部隊は、指揮官を含むと民兵2ユニットを除去するが、周囲からの銃砲撃により再び動揺状態となった。

b0162202_1847941.jpg

↑↑↑第2墜落地点。Smith少尉率いるレンジャー部隊は、ヘリ乗員の救助に成功するが、民兵の攻撃によりI8建物に釘付け状態となる。

第15ターン
回復フェイズ:イニシアチヴは引き続き米軍が獲得。動揺状態の米軍ユニットはすべて回復に成功。道路封鎖マーカー上には民兵ユニット×3、指揮官ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:第1墜落地点のHMMWVが、O6建物内のRPGロケットを装備する民兵ユニットを射撃し、これを除去。ソマリア側はN6建物の民兵ユニットがP8道路上のHMMWVに対しRPGロケットを発射。ロケット弾は命中しHMMWVは破壊された。HMMWV乗員は脱出し生存。Jones大尉率いるレンジャー部隊が反撃しN6建物の民兵ユニットを排除。また、半個分隊が第1墜落地点へ前進し、ヘリ残骸を完全に破壊するための爆破準備作業を行う。
 K7道路上のソマリア側武装車輛が、I8建物の米軍ユニットに対し無反動砲による砲撃を行うが効果なし。Brown軍曹率いるL8建物のレンジャー部隊がソマリア側武装車輛を破壊することに成功。民兵部隊が迫る中、集中射撃を受けまたしても動揺状態となったSmith少尉とレンジャー部隊は、デルタ・フォース等の援護下保護するヘリ乗員と共にI9建物へ後退。
 ソマリア側は、増援ポイントを使用し、武装車輛(無反動砲装備)×1、民兵ユニット×4(内1ユニットがRPG装備)を盤上に投入。

b0162202_18472625.jpg

↑↑↑第15ターン終了時。第1墜落地点近くのHMMWVが民兵のRPGロケットによって破壊される。

第16ターン
回復フェイズ:イニシアチヴはソマリア側が獲得。道路封鎖マーカー上には民兵ユニット×3(内1ユニットがRPG装備)が登場。

作戦フェイズ:P5道路上のソマリア側武装車輛が、搭載する無反動砲をHMMWVに対し発射。これが命中し、HMMWVを破壊。乗員は脱出に成功。第1墜落地点にて援護中のもう1台のHMMWVが武装車輛に反撃。武装車輛は動揺状態となった。
 第1、第2墜落地点周辺のレンジャー部隊は、周辺の民兵を掃討し撤退の準備をする。回復フェイズにて道路封鎖マーカー上に登場した民兵部隊は、米軍の撤退を阻止しようと展開。第1墜落地点における爆破作業が終了。
 ソマリア側増援ポイントによる増援部隊は、民兵1ユニットのみ。

b0162202_18473793.jpg

↑↑↑第16ターン終了時。ソマリア側武装車輛の砲撃によりHMMWV1台が破壊される。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-29 19:11 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ⑦

  <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。このゲームにおける射撃判定はいたって簡単。両軍ダイスを1個づつ振り、出た目に地形等の修正と射撃する部隊の火力を足し比較する。攻撃側が大きければ被害判定。防御側が大きければ効果なしとなる。被害判定はダイスを1個振り、それに射撃判定の際のダイス目の差が修正される。その数を被害を受けるユニットの士気と比較し結果を導き出すという仕組みである。

第12ターン
回復フェイズ:イニシアチヴはソマリア側。I9建物で動揺状態となっていたデルタ・フォースは回復に成功。J6の道路封鎖マーカー上に民兵ユニットが登場。

作戦フェイズ:先制したソマリア側は、O6の民兵ユニットがO8上空のブラックホークに対しRPGロケットを発射。これが見事命中。被弾したブラックホークは回転しながらJ8道路スクエアに墜落。ダイス判定の結果ヘリの乗員は生存。

b0162202_2218511.jpg

↑↑↑この状況でのRPGロケットは、2d6で5以下の命中。3スクエア以上離れればRPGロケットの命中率は格段に低下(ホバリング中のヘリなら3以下命中)するのだが、この時の米軍側は完全に油断していた。

b0162202_22182510.jpg

↑↑↑ブラックホーク・ダウン!! 被弾したヘリは、幸か不幸かSmith少尉の目前に墜落。

 Smith少尉は生存するヘリ乗員を保護するため、レンジャー部隊を率いて第2墜落地点へ襲撃移動。その際K8、K9建物内の民兵より臨機射撃を受けるが効果なし。レンジャー部隊は、臨機射撃を行った民兵に対し反撃。民兵1ユニットを除去。
 第1墜落地点では、Q6建物の民兵がHMMWVに対しRPGロケットを発射し命中。命中弾を受けたHMMWVは動揺状態となり後退。これで4台のHMMWV全てが1度の命中弾を被った事となり、次に命中弾を受けたHMMWVは破壊となる。Jones大尉率いるレンジャー部隊は、民兵部隊と銃撃戦を展開しながら第1墜落地点へ向かう。
 ソマリア側は増援ポイントを使い2台の武装車輛を投入。第1、第2墜落地点に各1台を向かわせた。

b0162202_2219161.jpg

b0162202_22191332.jpg


↑↑↑ソマリア側は、増援ポイントを使用し新たな武装車輛を2台投入。各墜落地点に対し1台づつを向かわせる。

第13ターン
回復フェイズ:イニシアチヴは米軍側が獲得。2ターンぶりにイニシアチヴを獲得した米軍ではあるが、早急に対応しなければならない場所は複数存在する。そして、いくらイニシアチヴを取ったとはいえ1度にどうにかできるのは1ヵ所のみだ。この事から、ゲームシステム上のイニシアチヴは米軍側にあるが、戦いの主導権はソマリア側が握っている事が感られる。
 動揺状態の米軍ユニット(ヘリ乗員、HMMWV)は回復に成功。道路封鎖マーカー上には民兵ユニット×2、群衆ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:米軍は、もう命中弾を被る事が許されないHMMWVを活性化させる。O8建物にてRPGロケット射撃の機会を伺う民兵ユニットを射撃。民兵ユニットは除去。それに続きヒーローユニット「Hicks」がO8建物へ前進。民兵ユニットはヒーローユニット「Hicks」に対し射撃を行うが効果なし。「Hicks」は、第1墜落地点に陣取るソマリア側武装車輛に対しLAWを発射し、これを破壊することに成功。「Hicks」に続きJones大尉率いるレンジャー2個分隊が、第1墜落地点に接するブロックへ前進。

b0162202_2224250.jpg

↑↑↑第1墜落地点に陣取るソマリア側武装車輛を攻撃する米軍ヒーローユニット「Hicks」。

 K7道路上のもう1台のソマリア側武装車輛が第2墜落地点に対し無反動砲による砲撃を行う。この砲撃によりSmith少尉とレンジャー部隊は動揺状態となり、ヘリ乗員と共にI8建物へ後退。I9建物のデルタ・フォース、H8建物のレンジャー半個分隊がこの後退を援護。民兵部隊は損害を被りながらも前進。数の優位を活かし米軍部隊を追い詰めていく。Brown軍曹率いるレンジャー2.5個分隊が救援のためK9、L9建物まで前進。

b0162202_2224449.jpg

↑↑↑第13ターン終了時。第1墜落地点付近。

b0162202_22245542.jpg

↑↑↑第13ターン終了時。第2墜落地点付近。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-27 22:39 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ⑥

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。遅ればせながら、ユニットに記載してある数値の説明である。下段に並ぶ3つの数字は『火力・射程・移動力』を表す。移動力が赤い■で囲まれているユニットは、襲撃移動を行える。右上の数値は士気を表す。完全に見劣りのするソマリア民兵ユニットだが、米軍ユニットと異なり、受けた損害は全て損失(要はステップロス)か壊滅となるため(動揺状態にならない)、実際にゲームを行ってみると厄介な相手である事が分かるだろう。米軍とソマリア民兵を比較した場合、その能力差は歴然としているが、民兵ユニットの特性とほぼ無限に登場する民兵増援ルールにより、このシナリオは典型的な「質」対「量」の戦いとなっている。

第9ターン
回復フェイズ:イニシアチヴはようやく米軍が獲得。ソマリア側の車輛2台のみ動揺状態からの回復に失敗。道路封鎖マーカーには民兵ユニット×1、群衆ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:L14建物のJones大尉率いるレンジャー部隊がM15の民兵2ユニットを射撃。米軍のダイス目が冴え民兵2ユニットが除去。ソマリア側は、お返しにM17の民兵が米軍車輛部隊に対しRPGロケットを発射。これが見事命中。先頭にたったばかりのHMMWVは動揺状態。HMMWVの被弾はこれで3台目。RPGロケットを発射したM17の民兵ユニットは、HMMWVの機関銃射撃により除去。ソマリア側は、次のターンに備えM15に再びRPGロケット装備の民兵ユニットを送り込む。米軍はこれを排除するため、ヒーローユニット「Hudson」を単独でM15に突入させる(移動力が足りているユニットがそれしかなかっただけだ…)。激しい接近戦により米軍ヒーローユニットとソマリア民兵ユニットは相討ち。RPGロケット装備の民兵を進行ルート上より掃討した米軍は車輛部隊の前進を再開させる。
 ソマリア側は増援ポイントを使用し民兵ユニット×3(内2ユニットはRPGロケット装備)を盤上へ投入。

b0162202_1835233.jpg

↑↑↑単独で民兵部隊に接近戦を挑むレンジャー隊員「Hudson」。

b0162202_1835349.jpg

↑↑↑第9ターン終了時。墜落地点では、ヘリ乗員がRPD機関銃を手に防戦を続ける。Smith少尉率いるレンジャー部隊はI8建物にて未だ足止め状態。Brown軍曹率いるレンジャー部隊は、周囲の民兵ユニットを掃討し次のターンから前進を再開予定。

第10ターン
回復フェイズ:イニシアチヴは引き続き米軍。M14に退避していたソマリア側機関銃搭載車輛が回復に成功。道路封鎖マーカーには民兵ユニット×2、群衆ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:米軍車輛部隊は、車載機関銃の掃射を行い通り沿いの民兵ユニットを一掃。前進を再開した車輛部隊は、遂に墜落地点を視認できる位置(P15)まで前進。ソマリア側は次のイニシアチヴ獲得に賭けRPGロケットによる攻撃を行える位置に民兵ユニットを前進させる。しかし、護衛のレンジャー部隊がこの民兵ユニットを排除。Jones大尉はレンジャー半個分隊+衛生兵を率いてO12まで前進。ヒーローユニット「Hicks」がN11の民兵ユニットに対し接近戦を挑むが除去に失敗。N11の接近戦は次のターンまで継続。
 Smith少尉率いるレンジャー部隊はI8建物から動く事が出来ず、周囲の民兵ユニットと銃撃戦を展開。Brown軍曹率いるレンジャー部隊はL11へ移動。
 墜落地点には民兵3ユニット+機関銃搭載のトヨタ・ピックアップが集中射撃を加える。しかし効果はなく、逆に米軍ヘリ乗員の射撃によりトヨタ・ピックアップは動揺状態。また、上空援護のブラックホークの射撃により民兵2ユニットがステップロス。

b0162202_18354675.jpg

↑↑↑第10ターン終了時。米軍車輛部隊は墜落地点まであと一息。

第11ターン
回復フェイズ:ソマリア側がイニシアチヴを取返す。道路封鎖マーカー上に登場したのは群衆ユニット×2。増援ポイントを決定するために引かれたカードも最低の『2』。数が頼りのソマリア側にとっては残念な結果となった。

作戦フェイズ:P5道路スクエア上のソマリア側武装車輛が墜落地点に対し射撃を行うが効果なし。Jones軍曹率いるレンジャー部隊が、P14道路スクエアにて米軍車輛部隊の進行を妨害するもう1台のソマリア側武装車輛に対しLAWを発射。LAWは命中し、ソマリア側武装車輛は破壊された。
 Q6建物の民兵ユニットが墜落地点へ向かいRPGロケットを発射。墜落地点のヘリ乗員は動揺状態。墜落地点に突入を図るO6建物の民兵2ユニットが上空援護のブラックホークの掃射を浴びて除去。ソマリア側は周辺の民兵ユニットを総動員し墜落地点へ突撃。結局、N5建物の民兵ユニットが士気チェックに成功し墜落地点への突入に成功。動揺状態のヘリ乗員は除去された。

b0162202_18361432.jpg

↑↑↑墜落地点へ突入する民兵ユニット。

 一歩及ばずの感じではあるが、米軍車輛部隊がようやく墜落地点周辺に到着。墜落地点にLOSが通る5スクエア以内に到達したため、車輛部隊に対する特別ルール(ターン終了時にはお互い隣接していなければVPを失う)は解除される。アイディード派重要人物を乗せたトラック2台は盤外へ脱出。

b0162202_18362817.jpg

↑↑↑盤外へ脱出するアイディード派重要人物を乗せた米軍トラック。

 ヘリ乗員は除去されてしまったが、米軍にはヘリの残骸を完全破壊するという任務が残っている。そこで、シールズが盤外への脱出路を確保(増援ポイントを消費し登場するソマリア側増援ユニットは、米軍ユニットから4スクエア以内に登場できない)。Jones大尉率いるレンジャー部隊(2.5個分隊+ヒーローユニット)が墜落地点へ向かう。

b0162202_1838111.jpg

↑↑↑第11ターン終了時。RPGロケットを装備する民兵ユニットは、墜落地点付近に集結。米軍のヘリを狙う。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-26 18:55 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ⑤

 本日21:00から放送の「シャーロック 3」に備え、録画してある「シャーロック 2」を観直す。

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。墜落地点の上空援護を行っていたAH-6リトル・バードが、民兵部隊の対空射撃を受け損傷。基地への帰還を余儀なくされた。モガディシュの戦闘は、先の見えない泥沼へ突入して行く。

第7ターン
回復フェイズ:イニシアチブはまたしてもソマリア側。動揺状態のソマリア側トヨタ・ピックアップ及び墜落地点のデルタ・スナイパーチームは回復に成功。RPGロケットを装備した民兵ユニットが道路封鎖マーカー上に登場。Smith少尉は、同一スクエアのレンジャー半個分隊2ユニットを完全戦力の1個分隊へと統合。

作戦フェイズ:O8のブラックホークが、M7交差点のソマリア側車輛より対空射撃を受け損傷。損傷したブラックホークは基地へ帰還。

b0162202_1623428.jpg

↑↑↑ソマリア側武装車輛の対空射撃を受けるブラックホーク。

 米軍は車輛部隊を援護している最後のブラックホークを墜落地点の援護に向わせる。墜落地点に到着したブラックホークはM7交差点に陣取るソマリア側トヨタ・ピックアップを攻撃。トヨタ・ピックアップは再度動揺状態となった。
 墜落地点周辺の民兵部隊は、墜落地点を集中射撃。その後、民兵2ユニットが墜落地点へ突入を図る。民兵は2ユニットとも士気チェックに成功。民兵1ユニットはデルタ・スナイパーチームが阻止するが、残ったRPD機関銃装備の民兵1ユニットが士気チェックに成功、墜落地点に突入し接近戦となる。民兵ユニットはデルタ・スナイパーチームと相討ちになり、ヘリの乗員だけが生き残る。

b0162202_16235453.jpg

↑↑↑墜落地点に突入する民兵部隊。接近戦の末、民兵とデルタ・スナイパーチームは相討ちとなった。

 米軍車輛部隊は、RPGロケットによる攻撃を恐れほとんど移動せず。周辺の建物に潜む民兵を車載機関銃にて掃射。レンジャー部隊は、車輛部隊の前進を掩護するため強行軍にて前進。
 I8の建物まで前進したSmith少尉率いるレンジャー部隊は、通りを挟む隣のブロックに民兵部隊が展開しているため前進できず。

 最後のインパルスにてソマリア側は、増援ポイントを使用し無反動砲搭載車輛を戦闘に投入した。

b0162202_16301096.jpg

↑↑↑第7ターン終了時。米軍車輛部隊の前方にはRPGロケットを装備する民兵部隊が待ち構えている。

第8ターン
回復フェイズ:イニシアチヴのダイス目が両軍同数だったため、ソマリア側が引き続きイニシアチヴを獲得。M7で動揺状態のソマリア側トヨタ・ピックアップは回復に失敗。墜落地点のヘリ乗員は、除去された民兵が残したRPD機関銃を拾得。道路封鎖マーカーに民兵ユニット×1、群衆ユニット×1が登場。

作戦フェイズ:先手をとった民兵が米軍車輛部隊先頭のHMMWVに対しRPGロケットを発射し命中。HMMWVは動揺状態となり後退。米軍は護衛のレンジャー部隊を前進させ民兵ユニットを攻撃。M15建物の民兵ユニットが除去される。しかし、民兵ユニットは数が多く、RPGロケットを構えた民兵ユニットが続々と米軍車輛部隊へ向かう。
 P16のトヨタ・ピックアップが、無反動砲を発射するが外れ。その後トヨタ・ピックアップは、HMMWVの射撃を受け動揺状態。米軍車輛部隊は、RPGロケットによる攻撃を避けるため後退。
 Brown軍曹率いるレンジャー部隊は、指揮官付民兵ユニットの射撃を受けL12にて釘づけとなる。レンジャー部隊を釘づけとしたL11の指揮官付民兵ユニットは、ヒーローユニットであるレンジャー隊員「Hicks」がが単独で突入し除去。
 墜落地点では、RPD機関銃を拾得したヘリ乗員が周囲を取り囲む民兵ユニットと激しい銃撃戦を展開。民兵1ユニットが除去される。
 ソマリア側は増援ポイントを使用し民兵ユニット×3、指揮官ユニット×1を盤上へ投入。

b0162202_16241929.jpg

↑↑↑墜落地点。ヘリ乗員は、戦死したデルタ・フォース隊員の魂が宿ったかのように孤軍奮闘。

b0162202_16243174.jpg

↑↑↑第8ターン終了時。米軍は車輛部隊護衛のレンジャー、シールズを前進させ車輛部隊周辺の民兵を掃討。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-24 16:47 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ④

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。このシナリオにおけるソマリア側増援部隊は、モジュール・ルールにある道路封鎖マーカーごとに毎ターンダイス判定を行い登場するものに加え、シナリオ特別ルールとしてトランプを使用し増援を登場させるものがある。トランプカードは、シナリオ開始時に手札3枚を持ちその後毎ターンカード1枚を山札より引く。カードは1インパルスにつき1枚、1ターン最大2枚まで使用できる。使用したカードの数字(絵札は『10』とみなす)が増援ポイントとなり、それを消費し増援部隊を編制し盤上に投入される。その際、使用したカードの色(赤or黒)によりマップのどの方向から登場するかも決まる。また、エースとジョーカーを引いた場合にはその時点の手札をすべて捨札とし、山札より新たに3枚のカードを引く。尚、米軍側に増援部隊はない。

第5ターン
回復フェイズ:このターンのイニシアチヴはソマリア側。回復チェックの結果、米軍側はデルタ・スナイパーチームが回復に成功するが、ヘリ乗員は失敗。ソマリア側はH12の民兵指揮官が回復成功。しかし、J16のトヨタ・ピックアップが回復失敗となった。
 ソマリア側には新たに民兵部隊1ユニット、群衆ユニットが1ユニットが登場した。

作戦フェイズ:イニシアチヴを獲ったソマリア側は、I15の民兵部隊を使い米軍車輛部隊先頭のHMMWVに対しRPGロケットを発射。RPGは命中し、HMMWVは動揺状態。RPGロケットを発射したI15の民兵ユニットは、HMMWVより降車したシールズが接近戦にて排除した。
 M7交差点のソマリア側トヨタ・ピックアップが墜落地点上空のAH-6リトル・バードを射撃。ソマリア側はダイス目に恵まれ、対照的に米軍はダイス運に見放される。リトル・バードは損傷し、基地への帰還を余儀なくされた。

b0162202_22543596.jpg

↑↑↑ソマリア側武装車輛の攻撃を受けたAH-6リトル・バードは、損傷を被り線離脱。

 基地へ帰還したリトル・バードに代わり、ブラックホークが墜落地点の上空援護の任に就く。ブラックホークは早速M7交差点のソマリア側車輛を攻撃。車輛は動揺状態となった。
 J16にて米軍車輛部隊の進行ルートを塞いでいた無反動砲搭載のトヨタ・ピックアップを、HMMWVの50口径機関銃が破壊。米軍車列は、一時停止の後乗車している部隊を降ろし周辺の民兵部隊を掃討させる。
 G14の民兵部隊に接近戦を挑んだレンジャー部隊は、民兵の除去に失敗。
 このターン、ソマリア側は指揮官ユニットと民兵6ユニットを失うが、増援ポイントを使用し新たに民兵4ユニットを投入する。

b0162202_22544464.jpg

↑↑↑墜落地点では、損傷により戦線を離脱したリトル・バードに代わりブラックホークが上空援護を行う。

b0162202_2254573.jpg

↑↑↑第5ターン終了時。米軍車輛部隊は乗車していたレンジャー他部隊を降車させる。

第6ターン
回復フェイズ:前のターンに続きイニシアチヴはソマリア側。車輛も含め両軍とも動揺状態ユニットの回復はすべて成功。G12のBrown軍曹は同一スクエアの半個分隊2個を完全戦力の1個分隊へと統合。道路封鎖マーカーのスクエアには民兵ユニット1個および群衆ユニット2個が登場。

作戦フェイズ:M7交差点のソマリア側トヨタ・ピックアップがL6上空のブラックホークに対して射撃を行うが効果なし。ブラックホークは反撃し、ソマリア側トヨタ・ピックアップ再び動揺状態。
 墜落地点のデルタ・スナイパーチームとヘリ乗員は、周辺の民兵ユニットから集中射撃を浴びる。デルタ・スナイパーチームは動揺状態となりながら、ヘリ乗員と共に反撃。民兵ユニットに損害を与える。

b0162202_2255990.jpg

↑↑↑墜落地点における戦闘。デルタ・スナイパーチームは民兵の集中射撃により堪らず動揺状態。

 米軍車輛部隊は、RPGロケットによる攻撃を警戒しながら少しづつ前進。その間にソマリア側は増援ポイントを使用し新たな部隊を投入すると共に、米軍車列が通過すると思われる通り沿いの建物に民兵部隊を展開させる。

b0162202_22552099.jpg

↑↑↑米軍車輛部隊の進行ルート沿いの建物には、RPGロケットを装備した民兵部隊が展開。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-22 23:06 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ③

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。米軍ユニットと異なり、ソマリア側民兵ユニットは攻撃を受けても『損害』もしくは『壊滅』以外の結果を被る事はない。『動揺状態』の結果は『損害』に置き換えられる。これにより、米軍1個分隊が完全戦力の民兵1個分隊を完全に阻止する事は思いの外困難となっている。

第3ターン
回復フェイズ:このターンのイニシアチブは米軍。指揮官Aliに率いられた精鋭民兵ユニットが増援として登場。D14の動揺状態にあるレンジャー衛生兵は回復に失敗。

作戦フェイズ:米軍車輛部隊は、通りを埋め尽くす群衆ユニットにより墜落地点へ向かうルートの変更を余儀なくされる。また、最初の活性化にRPGロケットの有効射程に位置するO8でホバリング中のブラックホークか、同じくRPGロケットに狙われるE10の車輛どちらを優先するか選択を迫られる。米軍は、視認のリスクはあるもののブラックホークを優先し活性化させる。ブラックホークと搭乗するデルタ・スナイパーチームはO6の建物にてRPGロケットを構える民兵ユニットの視認を試みる。しかし、ブラックホーク及びヘリに乗り組んでいるデルタ・スナイパーチームの双方ともに視認判定に失敗。視認に失敗したブラックホークは民兵からの攻撃を避けるため退避。墜落地点のブラックホークがRPGの射程外へ退避してしまったので、ヘリへの攻撃を諦めE7の民兵が米軍車列に対しRPGロケットを発射するがこちらもミス。その後、E7の民兵ユニットはD8のレンジャー部隊の射撃により排除された。
 ソマリア側は増援ポイントを使用。新たに無反動砲搭載トヨタ・ピックアップを投入し、米軍車輛部隊の通過予想ルートへ向かわせた。
 墜落地点では、接近した民兵部隊の集中射撃を受けたヘリ乗員とデルタ・スナイパーチームが動揺状態となる。米軍はリトル・バードを墜落地点に急行させ周辺の民兵部隊を攻撃。どうにか民兵部隊1ユニットを除去。

b0162202_19263165.jpg

↑↑↑墜落地点に銃撃を加える民兵部隊。米軍はAH-6リトル・バードを急行させ周辺を掃射。

 レンジャー部隊と民兵部隊の銃撃戦は激しさを増していくが、両軍ともダイス目が不調のためほとんど損害が発生せず。
 米軍車輛部隊の予想通過ルートへ向かったソマリア側トヨタ・ピックアップは、上空援護のブラックホークに発見され攻撃を受ける。この攻撃によりトヨタ・ピックアップは動揺状態。
 群衆ユニットにより足止めを受けた米軍車輛部隊は、前のターン進んで来た道を引き返し、墜落地点へ通じる新たなルートを進む。

b0162202_19264061.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。足止めを受けた米軍車輛部隊は、前のターン進んで来た道を引き返すという映画同様の展開。

第4ターン
回復フェイズ:イニシアチブは米軍。墜落地点で動揺状態のヘリ乗員及びデルタ・スナイパーチームは回復に失敗。J16の交差点にて動揺状態のソマリア側トヨタ・ピックアップも回復に失敗。ソマリア側に指揮官Yousefと民兵3ユニットが登場。

作戦フェイズ:米軍車輛部隊は、搭載する50口径機関銃を乱射しながら16列を通り墜落地点へ向かう。民兵部隊も通りの両側から射撃を浴びせるが効果なし。乾坤一擲のRPGロケットによる攻撃もダイス目が悪くミスショット。車輛部隊を射撃した民兵部隊は、位置を突き止められレンジャー部隊の攻撃を受ける。しかし、ダイス目が悪くほとんど効果なし。Brown軍曹率いる米軍レンジャー部隊は、H12の建物に指揮官Ahmadと彼に率いられた民兵部隊を発見し攻撃を行う。Ahmadは動揺状態となり、民兵部隊はステップロス。

b0162202_19265127.jpg

↑↑↑強行突破を図る米軍車輛部隊と車輛部隊に対し射撃を加える民兵部隊。

 墜落地点では、動揺状態のヘリ乗員とデルタ・スナイパーチームを援護するリトル・バードが周辺を掃討。一時、周囲の民兵部隊をすべて排除する事に成功する。ソマリア側は新たな民兵部隊を墜落地点にむかわせるとともに増援ポイントを使用し、機関銃搭載のトヨタ・ピックアップを投入。

b0162202_1927199.jpg

↑↑↑墜落地点周辺には新たな民兵部隊が集結中。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-20 19:36 | SLG | Comments(0)

LNL「A Days of Heroes」シナリオ「A Days of Heroes」をソロプレイ②

 <LNL>LOCK'N LOADシリーズ「A Days of Heroes」ソロプレイの続きである。シナリオ「A Days of Heroes」において、ソマリア側の増援部隊(?)は道路封鎖マーカー毎にダイス判定をするものの他に毎ターンシナリオルールに従って引かれたトランプカードの数字を増援ポイントとし登場させる事になっている。一度に盤上に展開できる民兵や群衆ユニットは、収録されているユニット数を上限とされるが、除去されても何度でも再登場してくるため、米軍にとっては頭を悩ませる問題となる。
 また、シナリオ特別ルールの中で不明な点がいくつかあったため、以下のようなハウスルールを使用している。

・P7に墜落したヘリの生存者(Crew)の移動について特に制限が記載されていない。そこで他のシナリオ同様にP7のヘリ乗員は、負傷しているため自力では移動不可能とした。
・特別ルールにより、米軍の車列はRPGロケットなど貫通損害の命中に対し各車輌1回だけ耐える事ができる。特別ルールには2回目の命中弾を受けるまで通常走行可能となっており、記載はそれだけである(多分)。しかし、HMMWVやトラックがRPGロケットの命中を受けた後も、何の影響も受けず走り続けるのは如何にもゲーム的過ぎるので、せめて車輛と乗員はモラルチェックを行う事とする(これでもちょっと甘いきがするが…)。

第1ターン
回復フェイズ:ソマリア側はトランプカードを山札から引き、増援ポイントを決定。また、燃え上がる古タイヤの黒煙を目印に、ソマリア民兵及び暴徒化した群衆が集結。この手順はゲーム終了まで続く。K13の道路封鎖マーカーには、指揮官Ahmadに率いられた精鋭民兵ユニットが登場。

作戦フェイズ:シナリオルールにより、第1ターンのイニシアチブは米軍と決められている。よって活性化アクションは米軍側から開始される。
 米軍は、まずAH-6リトル・バードにより墜落地点に最も近いP4の民兵+群衆ユニットを掃射。P4の民兵ユニットは除去され、巻き込まれた群衆ユニットは逃げまどい四散。次に墜落したヘリの生存者を保護するため、ブラックホークよりデルタ・スナイパーチームを墜落地点に対し降下させ防御を固める。
 これに対しソマリア側は増援ポイントを使用し、民兵ユニットを乗せた機関銃搭載のトヨタ・ピックアップを墜落地点へ向かわせる。デルタ・スナイパーチームを降下させた墜落地点上空のブラックホークが臨機射撃を行い、トヨタ・ピックアップを動揺状態とし侵攻を阻止。RPGロケットを装備した民兵部隊2ユニットが更に登場し墜落地点へ向かう。

b0162202_21554314.jpg

↑↑↑墜落地点を巡る戦い。突入を図るソマリア側トヨタ・ピックアップは、米軍ヘリの攻撃により阻止された。

  車輛部隊は、デルタ急襲チームと合流し捕縛したアイディード派重要人物を回収。目標とする建物周辺を確保していたレンジャー部隊は、墜落地点へ向かい移動を開始。

b0162202_215685.jpg

↑↑↑デルタ急襲チームと合流し捕縛したアイディード派重要人物を回収する米軍車輛部隊。

第2ターン
回復フェイズ:このターンからは、通常ルールに従いダイス判定にてイニシアチブを決定する。このターンのイニシアチブはソマリア側と決定。M10交差点に道路封鎖マーカーが新たに配置される。ダイス判定の結果、全部で4つとなった道路封鎖マーカーには民兵ユニット×2、群衆ユニット×2が登場する。P4の道路上で動揺状態となっていたソマリア側トヨタ・ピックアップは回復に失敗。

作戦フェイズ:D15の民兵部隊がC14のレンジャー部隊に射撃を試みるが視認判定に失敗。
 墜落地点付近ではAH-6リトル・バードが、動揺状態となり動きが鈍ったトヨタ・ピックアップに対しロケット弾による攻撃を実施しこれを破壊。搭乗していた民兵ユニットはなんとか脱出に成功。ソマリア側は新たに民兵2ユニットを墜落地点へ向かって前進させる。墜落地点上空で援護中だったブラックホークがこれに対し臨機射撃を実施するが効果なし。前のターンに降下したデルタ・スナイパーチームの射撃もダイス目が悪く効果なし。ブラックホークはRPGロケットによる攻撃を避けるため回避行動を行い墜落地点上空を離れる。米軍は、離脱したブラックホークと入れ替わりにもう1機のブラックホークを墜落地点に急行させ移動しながら周辺を掃射。民兵1ユニットをやっと除去。

b0162202_21563350.jpg

↑↑↑墜落地点では、米軍ヘリが民兵部隊の接近を阻もうとするが、ダイス目が悪く接近を許してしまう。

 車輛部隊は、墜落地点へ向かい前進を開始するが、通りを埋め尽くす群衆に行く手を阻まれI10にて足止めを受ける。
 D15の民兵部隊とC15より襲撃移動を試みたレンジャー部隊が銃撃戦を行う。レンジャー部隊の衛生兵が動揺状態となり、民兵部隊は除去された。

b0162202_2157219.jpg

↑↑↑第2ターン終了時。墜落地点を目指す米軍車輛部隊は、通りを埋め尽くす群衆により足止めを受ける。

続く…。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-19 22:25 | SLG | Comments(2)