主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
最新の記事
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-22 19:17
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-18 20:13
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-14 20:56
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-08 19:40
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-03 20:44
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
ご無沙汰しております。 ..
by ポール・ブリッツ at 01:33
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:第48装甲軍団の死闘 ( 7 ) タグの人気記事

PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」をソロプレイ⑦

 PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」ソロプレイの続きである。今回、ようやく最終ターンを迎える。Oblivskaya付近において第47親衛狙撃兵師団との戦闘に時間を浪費してしまった第11装甲師団は、第8ターンに他方面への移動を開始。一時Surovikinoを目指し東進するものの、新手の第5機械化軍団がSurovikinoに現れた事により目標を変更。ソ連軍の半包囲下にあるVerkhne Solonovskiyへ向け南下中である。

第12ターン(1942年12月12日PM)
ソ連軍:第321狙撃兵師団がVerkhne Solonovskiyへの総攻撃を開始。同市に籠るドイツ軍部隊は、ソ連軍の猛攻に耐えられず後退を余儀なくされる。Nizhne Chirskayaに対しても、チル河を渡河した第4機械化軍団、第26戦車軍団が波状攻撃を仕掛けるが、ドイツ軍は士気チェックに成功し、なんとか同市に踏みとどまる。ゲーム開始時から抵抗を続けてきたAdam戦闘団最後の1ユニットが除去される。

ドイツ軍:Verkhne Solonovskiyへ急行した第11装甲師団は、周囲を埋め尽くすソ連軍部隊に対し機動攻撃を実施。この攻撃により、Verkhne Solonovskiy周辺のソ連軍部隊は次々と敗走。同市に籠るソ連軍部隊に対しても最後のスタックによる機動攻撃が行われる。この攻撃を迎え撃つソ連軍狙撃兵連隊は、大損害を被りつつも士気チェックに成功。最後の1ステップとなりながらも同市に踏みとどまる。こうして第11装甲師団によるVerkhne Solonovskiy奪回は失敗に終わり、その後大きな動きもないままゲーム終了となった。

b0162202_1267100.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。

b0162202_126164.jpg

↑↑↑Oblivskaya付近。

b0162202_126295.jpg

↑↑↑第11装甲師団は、Verkhne Solonovskiyの奪回に失敗。

b0162202_1263828.jpg

↑↑↑Adam戦闘団が壊滅したため、この方面はソ連軍のやりたい放題の状態。

両軍のVP集計結果は以下の通り。

○ドイツ軍VP
・Oblivskaya・・・10
・Sovkhoz No.79・・・10
・Verkhne Akenovskiy・・・20
・Nizhne Chirskaya・・・20
・ソ連軍ユニットの除去によるもの・・・78
・マップ上ソ連軍ユニットの損害数・・・54
・合計 192VP

○ソ連軍
・Surovikino・・・10
・Novomaksimovskiy・・・10
・Verkhne Solonovskiy・・・20
・ドン河に架かる橋(2ヵ所)・・・各20(計40)
・ドイツ軍ユニットの除去によるもの・・・182
・マップ上ドイツ軍ユニットの損害数・・・17
・合計 279VP

 終わってみれば、87ポイントもの差がついてしまい『ソ連軍の大勝利』。 ドイツ軍の敗因は、コマンドマガジン日本語版第17号にある記事同様に「第11装甲師団の過大評価とソ連軍兵力の過小評価」という事になりそうだ。特に、ソ連軍親衛狙撃兵ユニットの耐久力の高さを過小に見積もっていた。ドイツ軍は、第11装甲師団を一番耐久力が高いソ連軍親衛狙撃兵師団に充ててしまい、その間にソ連軍は戦力の低いドイツ軍ユニット(Adam戦闘団)を順調に大量に除去したという事だ。ソ連軍狙撃兵の耐久力に対する認識の甘さは、そのままVPに対する認識の甘さにも繋がった。極端な例だが、ソ連軍の狙撃兵1ユニット(6戦力)とドイツ軍の歩兵大隊(3戦力)が数ターンに渡り戦闘を行い、お互い3戦力を失ったと仮定する。マップ上に残るのは戦力半減状態のソ連軍狙撃兵1ユニットとなる訳だが、VPの点から考えると、この時にドイツ軍が獲得する事ができるのは3VPだが、ソ連軍は6VPを獲得しているという事になる。実際には、ドイツ軍ユニットはスタックしている事もあるため、こうソ連軍有利に事は運ばないとは思うが、今回のソロプレイにおいて、最後にモノを言ったのはこの差である。

 ゲーム自体の評価は微妙な所。戦闘時の戦力の計算は面倒だし、損害適用条件が攻撃時と防御時で違ったり、とかなり細かく独特なものである事や、砲兵ユニットを戦闘部隊として使用する事が有効だったりと、「プレイするための意欲」という点でのハードルは高いと感じる。

 次のソロプレイは、これらの荒削りな感じのルールを発展させスリムにしたと言われる姉妹作CMJ97号「コルスンの戦い」を試してみたいと思う。
[PR]
by slgplayer | 2015-02-22 12:18 | SLG | Comments(0)

PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」をソロプレイ⑥

 PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」ソロプレイの続きである。ドイツ軍勝利の鍵を握る第11装甲師団は、第8ターンにようやく移動を開始。第5戦車軍の残余を掃討しながらSurovikinoへ向け進軍中。

第9ターン(1942年12月11日AM)
ソ連軍:第11装甲師団が転戦して行ったため、第47親衛狙撃兵師団の残存部隊はOblivskayaへ向け南下。第333、第321狙撃兵師団はVerkhne Solonovskiy及びSovkhoz No.79まであと3ヘクスの位置まで前進。第5機械化軍団が戦場に到着し、Surovikinoへ向かいつつある第11装甲師団の迎撃に向かう。

ドイツ軍:第11装甲師団は、第5戦車軍の残余を掃討しつつ、Surovikinoへ向かう。Stmp戦隊主力部隊は、全速力でVerkhne Solonovskiyへ進軍を継続。第336師団とAdam戦闘団は消耗が激しく、ユニットを生き残らせる事が精一杯の模様。

b0162202_18393151.jpg

↑↑↑Surovikinoへ向かう第11装甲師団の行く手には、ソ連軍第5機械化軍団が立ち塞がる。

b0162202_18394163.jpg

↑↑↑Verkhne Solonovskiyへ向かい南下を続けるソ連軍第333、第321狙撃兵師団。

b0162202_18395090.jpg

↑↑↑Adam戦闘団の全滅は時間の問題か?

第10ターン(1942年12月11日PM)
ソ連軍:第5機械化軍団は、第11装甲師団迎撃のため川沿いに展開。第333、第321狙撃兵師団はVerkhne Solonovskiyに隣接するヘクスまで前進。次のターンには同市に対し総攻撃を行えるよう布陣する。Adam戦闘団は、既に退路を断たれ、武器弾薬の欠乏からか降伏するユニットが続出。

ドイツ軍:第11装甲師団は、東進し第5機械化軍団と対峙。Stmp戦隊は、Sovkhoz No.79に接近していたソ連軍部隊を捕捉し、これを撃退する。Verkhne Solonovskiyでは、攻撃準備を整えるソ連軍に対しドイツ軍は果敢に反撃を行い、ソ連軍第333狙撃兵師団を後退させる事に成功する。Adam戦闘団の運命はもはや風前の灯火状態。

第11ターン(1942年12月12日AM)
ソ連軍:川沿いに第11装甲師団と対峙する第5機械化軍団は動かず。このまま第11装甲師団を釘付けにできればいい。第333狙撃兵師団は再び前進し、Verkhne Solonovskiyを囲む。Adam戦闘団の数が減った事により、手の空いた部隊は、順次西進。第5、第6親衛騎兵軍団の一部は、Novomaksimovskiy経由にて西進後チルを渡河。第4機械化軍団、第26戦車軍団の一部もチル河を渡りNizhne Chirskayaへ迫る。

ドイツ軍:第11装甲師団は目標を変更し南下。現在、ソ連軍の包囲下にあるVerkhne Solonovskiyへ急行する。OblivskayaのObg戦隊は、ソ連軍第47親衛狙撃兵師団に反撃を行い、損害を与える。Stmp戦隊は、Sovkhoz No.79とVerkhne Solonovskiyの中間にてソ連軍部隊との交戦を開始。

b0162202_18401428.jpg

↑↑↑消耗したソ連軍に対し反撃に転じるObg戦隊。

b0162202_18402229.jpg

↑↑↑Verkhne Solonovskiyは半包囲状態となった。第11装甲師団は目標を変更し南下を開始。

b0162202_18403161.jpg

↑↑↑Adam戦闘団は実質的に壊滅状態。手の空いたソ連軍部隊はチル河を越えて西進を開始。

次回、いよいよ最終ターン。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2015-02-20 18:51 | SLG | Comments(0)

PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」をソロプレイ⑤

 PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」ソロプレイの続きである。第11装甲師団は、Oblivskayaにおいてソ連軍の親衛狙撃兵師団を圧倒する働きを見せているが、流石に1ユニットあたりの「9」戦力という親衛狙撃兵ユニットは除去する事ができない。そうこうしている内に、ゲームは全12ターン中半分の6ターンが経過している。

第7ターン(1942年12月10日AM)
ソ連軍:第47親衛狙撃兵師団と戦車部隊の残余は、第11装甲師団をできるだけ長く足止めするべく前進。第333、第321狙撃兵師団は、後退するドイツ軍を追い南下。第11装甲師団が転戦してくる前にVerkhne Solonovskiyへ到着したい。第119狙撃兵師団と第26戦車軍団の一部は、ドイツ軍第336師団を攻撃。ダイス目が恵まれず、ドイツ軍歩兵2個大隊を取り逃がしてしまうが、前進した部隊の一部がドイツ軍砲兵ユニットに隣接。支援砲撃を妨害する。東部の荒地地帯においてソ連軍の包囲下となっているAdam戦闘団の掃討を開始。

ドイツ軍:第11装甲師団は、第47親衛狙撃兵師団との交戦を継続。これまでの戦闘で、第47親衛狙撃兵師団の戦力は砲兵ユニットを含め合計12戦力まで減少している。Stmp戦隊はソ連軍戦車部隊の残余を攻撃するが、ダイス目が悪く損害を与えられない。第336師団は、砲兵部隊による支援砲撃を妨害するために前進してきたソ連軍ユニットを撃退する。

b0162202_1856327.jpg

↑↑↑親衛狙撃兵ユニットは、ステップロス状態でよやくドイツ軍歩兵連隊と戦力が同等になる。そのため、第11装甲師団が転戦した後、Obg戦隊だけでこれを防げるかどうか・・・。

b0162202_18564238.jpg

↑↑↑ソ連軍第333、第321狙撃兵師団は、ドイツ軍の妨害を排除しながらVerkhne Solonovskiyへ迫る。

b0162202_18565089.jpg

↑↑↑包囲下にあるAdam戦闘団の各ユニットは、必死に抵抗を続けるが・・・。

第8ターン(1942年12月10日PM)
ソ連軍:第47親衛狙撃兵師団と戦車部隊残余は、かなり戦力が減少してしまったが、第11装甲師団を1ターンでも長く足止めするため抵抗を試みる。第333、第321狙撃兵師団は南下を続ける。第119狙撃兵師団と第26戦車軍団は、ドイツ軍第336師団と交戦。東部におけるAdam戦闘団の掃討は進行中。

ドイツ軍:第11装甲師団は、目標を第47親衛狙撃兵師団から第5戦車軍残余の戦車部隊に変更。第11装甲師団の総力を挙げた機動攻撃により、ソ連軍戦車部隊は壊滅。行動の自由を得たStmp戦隊は、部隊の一部をOblivskayaへ残し、Verkhne Solonovskiyへの移動を開始。

b0162202_18572482.jpg

↑↑↑第11装甲師団は、ようやく移動を開始。第5戦車軍より編成されたソ連軍戦車部隊を蹂躙し、一路Surovikinoを目指す。

b0162202_18573574.jpg

↑↑↑Verkhne Solonovskiyへ迫るソ連軍。第336師団も、ソ連軍戦車部隊に押され後退。

b0162202_18574579.jpg

↑↑↑孤軍奮闘を続けるAdam戦闘団。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2015-02-18 19:02 | SLG | Comments(0)

PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」をソロプレイ④

 PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」ソロプレイの続きである。鳴り物入りで登場する第11装甲師団だが、侵攻するソ連軍を押し戻せるのは、1度に1方面が精一杯の感じ。分散投入も考えたが、その場合食い止める事は可能と思われるが、恐らく押し戻す所までは無理だろう。

第5ターン(1942年12月9日AM)
ソ連軍:第11装甲師団が他方面へ転出されそうなので、後退していた第47親衛狙撃兵師団を再び南下させる。第47親衛狙撃兵師団の戦力は既に半減しているが、彼らならやってくれるはずである。Surovikinoを占領した第333、第321狙撃兵師団は、Verkhne Solonovskiyへ向け南下。第26戦車軍団は、総攻撃によりNovomaksimovskiyを占領。戦車部隊は、敗走するAdam戦闘団を追い前進。

ドイツ軍:再び南下を開始した第47親衛狙撃兵師団に対し、第11装甲師団は部隊を2つに分け、一隊を第47親衛狙撃兵師団へ充て、もう一隊はStmp戦隊と共にソ連軍戦車部隊を攻撃。損害を被った第47親衛狙撃兵師団は後退し、ソ連軍戦車部隊は、2個戦車大隊を失うという大損害を被る。

b0162202_18335189.jpg

↑↑↑Oblivskaya付近。第11装甲師団は非常に強力。南下した第47親衛狙撃兵師団を撃退し、ソ連軍戦車部隊を撃破。

b0162202_1834117.jpg

↑↑↑第333、第321狙撃兵師団は、Verkhne Solonovskiyへ向け進軍。

b0162202_18341194.jpg

↑↑↑ソ連軍は、Novomaksimovskiyを占領。

第6ターン(1942年12月9日PM)
ソ連軍:第11装甲師団を出来るだけ長く足止めするため、第47親衛狙撃兵師団を三度南下させる。チル河西岸に渡河している第26戦車軍団の一部は、第119狙撃兵師団と共同でドイツ軍第336師団を攻撃し、1ユニットを除去。東部の荒地では、2個のソ連軍親衛騎兵軍団と第4機械化軍団、第26戦車軍団により、ドイツ軍Adam戦闘団を包囲。ゲーム開始以来、ソ連軍との戦闘を続けてきたAdam戦闘団は消耗しており、このターンの戦闘で2ユニットが除去された。

ドイツ軍:第11装甲師団を転出させるのは、第47親衛狙撃兵師団の全ユニットをステップロスさせるくらいの損害を与えてからにしたいと考え、前ターンと同様の攻撃を行う。Stmp戦隊は、第11装甲師団と共同でソ連軍戦車部隊を攻撃。この攻撃により、この方面のソ連軍戦車ユニットは残1ステップが1個にまで減少。包囲されたAdam戦闘団を救う術は今の所なし。

b0162202_18343434.jpg

↑↑↑第11装甲師団は、ソ連軍狙撃兵師団との交戦に忙殺され、中々他方面へ転出させられず。

b0162202_18344230.jpg

↑↑↑Verkhne Solonovskiyを目指すソ連軍。

b0162202_18345065.jpg

↑↑↑包囲されたAdam戦闘団。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2015-02-16 18:39 | SLG | Comments(0)

PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」をソロプレイ③

 PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」ソロプレイの続きである。このゲームでは、第2ターンに増援として登場する第11装甲師団を、どの方面へどういう風に投入するかが勝敗の鍵を握っている。今回第11装甲師団は、ソ連軍第47親衛狙撃兵師団の攻撃により陥落寸前のOblivskayaへ投入された訳だが、これは吉とでるのか、それとも・・・。

第3ターン(1942年12月8日AM)
ソ連軍:第47親衛狙撃兵師団は、接近しつつあるドイツ軍第11装甲師団に先んじてOblivskayaへの突入を試みるが、Obg戦隊の抵抗に遭い失敗。混成戦車軍団は、Stmp戦隊主力部隊との戦闘に忙殺され進軍はストップ。そこで、Oblivskayaから戦車部隊を呼び戻し、優勢を維持しようとする。第333、第321狙撃兵師団は、総攻撃の末Surovikinoに籠るドイツ軍を後退させる事に成功し、これを占領。2度の渡河失敗に懲りた第119狙撃兵師団はチル河沿いにドイツ軍と対峙。第26戦車軍団によるNovomaksimovskiy攻撃はダイス目が悪く失敗。その一方で、チル河西岸に進出した戦車部隊はドイツ軍を後退させながら南下。第5、第6親衛騎兵軍団及び第4機械化軍団は、損害を被りながらもAdam戦闘団を追い詰めて行く。

ドイツ軍:Oblivskayaへ到着した第11装甲師団は、接近する第47親衛狙撃兵師団への攻撃を開始。大損害(計5ステップ)を被った第47親衛狙撃兵師団は退却。Stmp戦隊は、ソ連軍戦車部隊との消耗戦を避けるため戦闘を中止し一時後退。Adam戦闘団は、少しでも部隊を生き残らせるため後退。

b0162202_1122345.jpg

↑↑↑Oblivskaya付近。第11装甲師団の攻撃力は凄まじく、第47親衛狙撃兵師団は大損害を被り後退。

b0162202_1123230.jpg

↑↑↑ソ連軍は、Surovikinoを占領。

b0162202_1124184.jpg

↑↑↑Novomaksimovskiy付近。Adam戦闘団は、Novomaksimovskiyを死守する一方、それ以外の箇所では後退。

第4ターン(1942年12月8日PM)
ソ連軍:第11装甲師団に狙われている第47親衛狙撃兵師団を後退させる。近くの混成戦車軍団は、その後侵攻してくるであろう第11装甲師団の迎撃を準備。Surovikinoを占領した第333、第321狙撃兵師団はジワリと南下。第119狙撃兵師団は、チル河を再渡河。今度は押し戻される事はないだろう。第26戦車軍団は、Novomaksimovskiy西方のドイツ軍部隊を敗走させ、同市を包囲する事に成功。第5、第6親衛騎兵軍団及び第4機械化軍団は、後退するAdam戦闘団を追う。

ドイツ軍:第11装甲師団は、後退する第47親衛狙撃兵師団を追撃し、これを北へ敗走させる。その間にObg戦隊はOblivskayaの守りを固める。第336師団は、第11装甲師団から分派された対戦車砲中隊の増援を得ると、ソ連軍戦車部隊の南下阻止を試みる。Adam戦闘団は、地形効果を活かし、追撃してきた第5、第6親衛騎兵軍団を迎撃。また、ソ連軍戦車部隊に包囲されたNovomaksimovskiyの解囲を試みるが、有効な対戦車兵器の不足から失敗。

b0162202_113923.jpg

↑↑↑Oblivskaya付近。一時はOblivskaya近郊まで迫っていた第47親衛狙撃兵師団だったが、第11装甲師団の攻撃を受けマップ北端付近まで後退を余儀なくされる。第11装甲師団は、北へ後退するソ連軍の追撃を行わず、次の目標へ向かう。

b0162202_1131742.jpg

↑↑↑Surovikinoを占領した第333、第321狙撃兵師団は南下。

b0162202_1132787.jpg

↑↑↑ソ連軍は、Novomaksimovskiyを包囲する事に成功。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2015-02-14 11:08 | SLG | Comments(0)

PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」をソロプレイ②

 戦術級のテイストを感じさせる作戦級SLG、PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」ソロプレイの続きである。いよいよソロプレイ開始。ソ連軍は、主に西部、中央部、東部の3つのルートより侵攻を開始する。

第1ターン(1942年12月7日AM)
ソ連軍:ソ連軍は3つのルート(西部、中央部、東部)で進軍を開始。
 西部では、第47親衛狙撃兵師団が正面に展開するObg戦隊左翼の1個大隊に対し、師団兵力のすべてを集中し攻撃う。攻撃を受けたドイツ軍歩兵大隊は堪らず敗走。第47親衛狙撃兵師団は、Oblivskayaへ向け前進。第5戦車軍と第26戦車軍団の各一部により編成された混成戦車軍団は、Stmp戦隊の1個大隊を攻撃。退却したドイツ軍は一時的にだがZOCを喪失。その隙を衝き、第5戦車軍所属の戦車部隊が単身でOblivskayaへ突入。
 中央部では、第333及び増援の第321狙撃兵師団がSurovikino郊外のドイツ軍を後退させ、同市に隣接する位置まで部隊を前進。その一方で、第119狙撃兵師団がチル河を渡河し、ドイツ軍第336師団と交戦を開始。また、ソ連軍攻勢の主力となる第26戦車軍団と第5戦車軍より派遣された部隊が二手に分かれ南下を開始。その内の一隊はチル河沿いに第336師団と交戦し、チル河の渡河に成功する。もう一隊は、Novomaksimovskiy攻略へ向かうが、Adam戦闘団の対戦車砲中隊とPol大隊の抵抗に遭い前進はストップしてしまう。
 東部では、第5及び第6騎兵軍団がAdam戦闘団の戦線を分断しようと突撃を繰り返すが、ダイス目の不運もあり僅かな前進しか獲得できなかった。マップ東端から侵入した第4機械化軍団は、東側からAdam戦闘団への攻撃を開始。しかし、険しい地形と対戦車砲を巧みに組み合わせたドイツ軍の抵抗に遭い苦戦。

ドイツ軍:ドイツ軍は可能な範囲で反撃を実施する。Stmp戦隊は、虎の子の2個戦車中隊を主力とし、ソ連軍混成戦車軍団の後方へ進出。ロケット砲連隊を攻撃し、これに損害を与える。また、Surovikinoでは、同市を攻撃準備中のソ連軍部隊に対し反撃を加え、1ユニットを後退させた。その一方で、包囲下にある工兵大隊の救出を試みるが、こちらはダイス目の不調により失敗。第336師団は、チル河を渡河したばかりのソ連軍第119狙撃兵師団に対し反撃を実施。ドイツ軍の幸運もあり、第119狙撃兵師団はチル河東岸への退却を余儀なくされた。

b0162202_1952832.jpg

↑↑↑西部。ソ連軍戦車部隊が一気に前進しOblivskayaへ突入。

b0162202_196046.jpg

↑↑↑中央部。ドイツ軍は、ソ連軍の第1撃をなんとか食い止めるている。

b0162202_1962215.jpg

↑↑↑東部。Adam戦闘団は、ソ連軍による北と東からの攻撃に晒される。砲兵の支援下、ソ連軍戦車部隊がチル河の渡河に成功。その一方、第119狙撃兵師団は渡河に失敗。

第2ターン(1942年12月7日PM)
ソ連軍:第47親衛狙撃兵師団は、残り1ステップとなったドイツ軍歩兵大隊を掃討しOblivskayaへ隣接する位置まで前進。混成戦車軍団は、Stmp戦隊の装甲中隊と激しい戦闘を展開。双方共に少なからぬ損害を被る。第333、第321狙撃兵師団は、Surovikino攻略の準備。第119狙撃兵師団は、チル河西岸のドイツ軍を後退させ、再び渡河に成功。東部の荒地では北側と東側からドイツ軍Adam戦闘団を攻撃。ソ連軍第26戦車軍団の一部がNovomaksimovskiyへ取り付き、第4機械化軍団は、対戦車砲中隊の待ち伏せにより損害を被りながらも、ドイツ軍を後退させる。

ドイツ軍:増援として、ドイツ軍勝敗のカギを握る第11装甲師団が到着。第11装甲師団は、万が一に備え、所属する対戦車砲部隊をSovkhoz No.79とVerkhne Solonovskiyへ分派。師団主力部隊は、Oblivskayaへ向かい北上。Oblivskayaから時計回りにソ連軍部隊を撃破して行く計画(そんなに上手く行くのか?)。
 Stmp戦隊は、ソ連軍戦車部隊との戦闘を継続。第336師団は果敢に反撃し、チル河西岸へ進出した第119狙撃兵師団を再度東岸へ押し戻すことに成功した。

b0162202_1975812.jpg

↑↑↑Oblivskayaへ急行するドイツ軍第11装甲師団。

b0162202_198215.jpg

↑↑↑ソ連軍第333、第321狙撃兵師団は、Surovikino攻撃の準備を行う。第119狙撃兵師団は再びチル河東岸へ後退。一方で、第26戦車軍団は、有効な対戦車兵器を持たないドイツ軍を後退させつつ南下中。

b0162202_1983494.jpg

↑↑↑Adam戦闘団はソ連軍に押され、徐々に後退。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2015-02-12 19:16 | SLG | Comments(0)

PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」をソロプレイ①

 今回のソロプレイは、1度は最後までプレイしてみたかったPR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」。このゲームは、過去に初期配置と最初の1~2ターンは試してはみたものの、独特の戦闘解決ルールに馴染めず、結局最終ターンまでのプレイはこれまで1度もないゲームである。その後、発売になった同じゲームデザイナー製作の「コルスンの戦い」が結構面白かったので、今回意を決してのソロプレイに至った訳である。

○PR/CMJ「第48装甲軍団の死闘」
 ゲームのテーマとしているのは、1942年12月7日~12日にスターリングラード西方のチル河流域で行われた戦闘である。史実ではドイツ軍が激戦の末、ソ連軍の撃退に成功するものの、この戦闘で消耗した第11装甲師団は、直後に開始されたスターリングラード救出作戦には参加できなかったとの事。

 ゲームシステムは、準備攻撃はあるものの、スタックごとの機動攻撃により敵戦線を突破するというもので、個人的にはパソコンゲームの大戦略の流れに近い感じを受けた。戦闘解決はファイアーパワー式。目標の兵科によって射撃火力が増減するのだが、目標スタック内の構成により優先目標が決められている。

ゲームスケールは以下の通り。
1ユニット=中隊~連隊 1ターン=12時間 1ヘクス=1.6km(1マイル)

初期配置
b0162202_19523710.jpg

↑↑↑マップ全体。ドイツ軍は薄く広く展開しており、部隊も寄せ集め。今回、ソ連軍の増援はすべて最短ターンでの登場としている。ゲームの勝敗は、マップ上の要所(主に都市)の占領、損害、ソ連軍によるマップ南端への突破により判定される。全12ターン。

b0162202_19525189.jpg

↑↑↑西部Oblivskaya付近。戦線にはドイツ軍Obg(オーベルゲトマン)戦隊とStmp(シュツンプフェルト)戦隊が展開している。ソ連軍はこの戦域に第47親衛狙撃兵師団と1個混成戦車軍団を投入してくる。

b0162202_1953121.jpg

↑↑↑中央部Surovikino付近。ドイツ軍戦線の西側は引き続きStmp戦隊が、東側は336歩兵師団が展開。ソ連軍の戦力は増援を含め2個狙撃兵師団と2個戦車軍団と1個機械化軍団(第9ターンに登場)。

b0162202_1953231.jpg

↑↑↑東部Novomaksimovskiyとその南側に広がる荒地。ここに展開するドイツ軍はAdam(アダム)戦闘団。ソ連軍の戦力は2個親衛騎兵師団+1個機械化軍団。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2015-02-10 19:59 | SLG | Comments(0)