主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
6A「パウルス第6軍」を試し..
at 2017-09-24 19:27
AH「ハンニバル」を対戦
at 2017-09-19 20:29
アドテクノス「冬の嵐作戦」を..
at 2017-09-16 19:07
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-09-13 20:56
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-09-09 11:54
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:20
ルール確認がてら友人と試..
by ポール・ブリッツ at 17:40
> ysga-blogさ..
by slgplayer at 20:19
 マイケルさん、謙信上洛..
by ysga-blog at 21:32
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 12:01
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:神々の黄昏 ベルリン陥落1945年 ( 4 ) タグの人気記事

<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」をソロプレイ④

<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」ソロプレイの続き、最終回である。ヴェンク将軍の第12軍によるベルリン救出作戦は行き詰まり、作戦マップにおけるドイツ軍の実質的な抵抗は終了。ベルリン市街における戦闘が中心となる。

第9ターン
ソ連軍⇒ベルリンにて市街戦が展開される。市街地の東側より攻撃を開始した第5親衛戦車軍団は支援部隊のスターリン重戦車を先頭に第36SS装甲擲弾兵師団の生き残りなど敗残兵を中心とした防衛部隊を掃討しながら前進。西側より突入した第2親衛戦車軍団および第1機械化軍団は要塞化された動物園に立て篭もるドイツ国民突撃兵4個大隊を攻撃するが、激しい抵抗にあい失敗した。北側より攻撃を開始した第8親衛戦車軍団はSpree川北岸より国会議事堂を望む位置まで前進するが、対岸に陣取る第11SS装甲擲弾兵師団「ノルドラント」及び第23SS装甲擲弾兵師団「ネーデルラント」の生き残り部隊のために進撃はストップ。南側より攻撃を開始した第25戦車軍団は当初順調に進撃したが、総統地下壕の2へクス前で第18装甲擲弾兵師団の残余および第27SS装甲擲弾兵師団「ランゲマルク」生き残り部隊の抵抗にあいこちらも進撃はストップする。
ドイツ軍⇒最後の生き残り部隊である第36・第72歩兵師団がベルリン目指し北上を開始する。第12軍の先鋒、装甲師団「クラウゼヴィッツ」は第38SS装甲擲弾兵師団「ニーベルンゲン」の支援を受け前進。ソ連軍戦線の隙間を縫うようにSpandauへ到達するが、ソ連軍部隊に阻まれ後1へクスを残して部隊は停止させられる。

b0162202_940381.jpg

↑↑↑第9ターン終了時、作戦マップの状況。第12軍のベルリン救出作戦はベルリンへあと1へクスと迫りながら力尽きた感がある。
b0162202_9401482.jpg

↑↑↑第9ターン終了時、ベルリン市街地の状況。ソ連軍各部隊が配置についての本格的な総攻撃であったが、ドイツ軍の抵抗も激しい。


第10ターン
第1機械化軍団が動物園を再度攻撃。重砲部隊の支援を受け、ここに立て篭もるドイツ国民突撃兵大隊を排除し占領に成功。第25戦車軍団は特許庁舎に立て篭もる第18装甲擲弾兵師団の残余および第27SS装甲擲弾兵師団「ランゲマルク」生き残り部隊を排除しウィルヘルム通りからブランデンブルク門を望む。総統地下壕は目前である。北側から国会議事堂を目指した第8親衛戦車軍団は対岸への攻撃を強行するがドイツ軍の待ち伏せにあい「A2R」の結果を出してしまい壊滅。ベルリン郊外ではヴェンク将軍の第12軍が遂にソ連軍に捕捉され壊滅。ベルリンへ向け北上中の第72歩兵師団もソ連軍と交戦し敗走。

b0162202_9403377.jpg

↑↑↑第10ターン終了時、作戦マップの状況。第12軍が壊滅しこのマップ上で作戦可能(?)なドイツ軍ユニットは第36歩兵師団を構成する3ユニットのみ。
b0162202_10535547.jpg

↑↑↑第10ターン終了時、ベルリン市街地の状況。損害を出しながらもソ連軍は着実に前進。

第11ターン
遂に第9親衛戦車軍団が国会議事堂を占領。議事堂の屋根に赤い旗が翻る。しかし、ドイツ軍の抵抗は止まず、ブランデンブルク門および総統地下壕への攻撃はSS502重戦車大隊や第10SS装甲師団「フルンズベルク」等の生き残り部隊の抵抗により失敗に終わった。作戦マップ上にある最後のドイツ軍部隊である第36歩兵師団に対しソ連軍狙撃兵軍団が攻撃をかけるが、指揮官同士の軋轢から「AR」を出し失敗。

b0162202_941208.jpg

↑↑↑第11ターン終了時、作戦マップの状況。ドイツ軍第36歩兵師団は北上を続けるが、ベルリン市街への突入は絶望的。
b0162202_9413424.jpg

↑↑↑第11ターン終了時、ベルリン市街地の状況。国会議事堂が陥落しドイツ軍は幅900m、長さ1.8kmの狭い範囲に追い詰められもはや後退もままならない。

第12ターン
ソ連軍はありったけの重砲部隊、重戦車支援部隊をつぎ込み最後の攻撃を行う。この攻撃で第2親衛戦車軍団がブランデンブルク門を占領。第25戦車軍団はウィルヘルム通りを一気に押し進み遂に総統地下壕を占領した。この時、既にアドルフ・ヒトラーは自ら命を絶ち、遺体は焼かれた後だったという。
1945年5月8日、ドイツ側代表のカイテル元帥が無条件降伏の文書に署名。それによって全軍に戦闘停止命令が発令され、ヨーロッパの戦争はその長く苦しい物語にようやく終止符がうたれたのであった。

b0162202_9415169.jpg

↑↑↑第12ターン終了時、作戦マップの状況。ここまで北上してきた第36歩兵師団はPotsdamの近くでソ連軍に包囲された。
b0162202_94249.jpg

↑↑↑第12ターン終了時、ベルリン市街地の状況。ここにきて「千年帝国の崩壊」チットが連発、ドイツ軍部隊は次々と除去されソ連軍はベルリン市街を掌握した。

感想:勝利得点を計算したところ、362VPであった。ルールブックにあるソ連軍戦略的勝利の基準が180VP以上なので、完全勝利なのだが、これはゲームとしてはどうよ?というのが率直な感想。もしかしたら、本気でドイツ軍がゲーム上の勝利を狙った場合、ベルリンは早々に捨ててゼーロウ近辺やその南側の森林地帯で円陣でも組んでた方がまし?または逆に前線での防衛は一切あきらめて全力でベルリンに後退して市街地をユニットで埋め尽くす?どちらにしてもマトモな展開は期待できない。1945年4~5月のベルリンの戦い自体マトモではないのだが、どちらにしても不満は残る。
またこのゲームを特徴付けようとする「神々の黄昏」チットだが、「Schwerpunkt」シリーズ(TTTシステムと言った方がわかりやすいか?)の戦闘チットをイメージしたものだと思われる。「Schwerpunkt」の戦闘チットをもっと簡単に、煩雑な戦闘力の計算などなくして戦闘比のコラムシフトにのみ絞って雰囲気を高めようとしたものと推測するが、逆に中途半端な印象を受ける。それともこれって元々ドイツ軍の対応移動のためだけにチットを引くのは忘れやすく面倒なので今の形にした?とか・・・。
どちらにしてもこのゲーム、プレイするゲームではなく眺めてニヤニヤして楽しむものであることを再認識した。

そろそろ次の対戦のお題を考えないと・・・。
[PR]
by slgplayer | 2011-09-29 10:56 | SLG | Comments(0)

<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」をソロプレイ③

<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」ソロプレイの続きである。

b0162202_9391296.jpg

↑↑↑作戦マップとは別に使用されるベルリン市街マップ。〇印がVPへクス。他に総統地下壕には除去すればユニットでは最高のVPを獲得できるヒトラー総統ユニットが配置される。
なお、ベルリン市街マップ上では移動とオーバーランのみでゲームが進行する。またスタック制限が変更になるためソ連軍は軍団を分割して運用する事が可能となり、新たにソ連軍支援部隊が登場する。そして、一旦市街マップに投入されたユニットは作戦マップ上に戻ることはできない。

第5ターン
2BF⇒オーバーランおよび通常攻撃により2BF戦区のドイツ軍を一掃。突破移動にて機械化部隊が北部ドイツ平原へ突破する事に成功。これによりこの方面からのドイツ軍増援は遮断される事となった。
1BF⇒ドイツ軍のベルリン市街への後退を防ぐため攻勢に出る。Muncheberg付近での攻撃は成功を収め戦車軍団が突破するが、Freienwarde近郊では、ソ連軍の油断やドイツ軍の待ち伏せ、ルーデルの航空支援などにより2ステップの損害を受け後退を余儀なくされる。
1UF⇒先頭の部隊がPotsdamを占領。映画「ヨーロッパの解放」にてドリフトしながら通りを駆け抜けるT34のシーンが思いだされる。1UFの補給線を妨害していた第1空軍装甲擲弾兵師団「ヘルマン・ゲーリング」は引き返してきたソ連軍戦車部隊により包囲殲滅された。ベルリン市街地には補給切れも構わず5個軍団が突入。
ドイツ軍⇒できるだけ多くの部隊をベルリンへ送り込む。
b0162202_9525575.jpg

b0162202_953914.jpg

↑↑↑第1ターン終了時の北部(上)と南部(下)の状況。作戦マップにおけるドイツ軍の実質的な抵抗はこのターンで終了した。

第6ターン
2BF⇒方面軍境界線は越えられないので、余剰戦力を更に北部ドイツ平原へ送り込む。
1BF⇒ベルリンへ多くの兵力が引き抜かれたため弱体化したドイツ軍の戦線を突破し一路ベルリンを目指す。ジューコフにしてみれば「ベルリン一番乗りはコーネフに譲ったが、国会議事堂に赤旗を立てる競争はまだ終わっていない!」といったところか。
1UF⇒ベルリン市街の部隊は補給不足のため攻撃は控える。なにより市街マップでは攻撃方法がオーバーランのみとなるため、半減移動力では接敵もままならない。このターンは補給線の確保に全力を挙げる。勝利得点へクスである要衝都市Gorlitzへの攻撃はソ連軍指揮の乱れから「A2R」の結果となり失敗。
ドイツ軍⇒ソ連軍が前線の部隊とベルリン市街の間に進出してきたためベルリンへの後退も出来ない状態となる。あとはもう包囲殲滅されるのを待つのみ。
米軍部隊がエルベ川に到達。しかし、待てど暮らせどゲーム終了まで遂にソ連軍部隊は現れなかった。
b0162202_9534063.jpg

↑↑↑第6ターン終了時の作戦マップ。前線部隊とベルリン市街地は分断された。
b0162202_953556.jpg

↑↑↑第6ターン終了時、ベルリン市街地の状況。突入したソ連軍部隊は補給不足のため少数のドイツ軍部隊に足止めされてしまう。

第7ターン
2BF⇒この戦区すべての部隊が北部ドイツ平原へ突破。ドイツ軍の増援を完全に遮断。
1BF⇒先鋒の第2親衛戦車軍を中心とした部隊がベルリン市街へ突入。またベルリン市街の外では孤立したドイツ軍部隊の掃討を進める。
1UF⇒ドイツ軍部隊を掃討しながらベルリンへの補給線の確保に全力をあげる。結局、市街地に突入してから丸々2ターンの間補給不足により停止していた事になる。
ドイツ軍⇒ベルリン市街に後退した部隊を再編し防御体制を強化する。
ヴァルター・ヴェンク将軍の第12軍がベルリン救出のため駆けつける。装甲師団「クラウゼヴィッツ」を先頭に第38SS装甲擲弾兵師団「ニーベルンゲン」、歩兵師団「ウルリッヒ・フォン・ヒュッテン」、「シャルンホルスト」、帝国労働者師団「シュラゲーター」が続く。第12軍の他の部隊は連合軍の妨害や補給不足等により脱落。
第12軍は一路ベルリンを目指し、装甲師団「クラウゼヴィッツ」がPotsdamを奪回。
b0162202_9541794.jpg

↑↑↑第7ターン終了時、作戦マップの状況。南西からヴェンク将軍の第12軍がベルリン救出へ向かう。
b0162202_9543445.jpg

↑↑↑第7ターン終了時、ベルリン市街地の状況。第1白ロシア正面軍もついにベルリンへ突入。

第8ターン
ソ連軍⇒ベルリンにて市街戦が本格的に開始される。1UF戦区ではドイツ第12軍を阻止するため付近の部隊を差し向ける。
ドイツ軍⇒Potsdamを奪回後ソ連軍部隊が接近してきたため、ベルリン市街まであと4へクスと迫りながら前進が困難になる。
b0162202_9545975.jpg

↑↑↑第8ターン終了時、作戦マップの状況。第12軍はPotsdamを奪回するものの、それ以上の前進は困難となる。
b0162202_9551430.jpg

↑↑↑第8ターン終了時、ベルリン市街地の状況。ソ連軍の補給状態も改善された。

次回は、ギャラルホルンが鳴り神々の黄昏が遂にはじまる終盤戦。
しかし、これを対戦で最終ターンまでプレイする場合、ドイツ軍担当は相当図太い神経が必要。目的がはっきりしているソ連軍に対し、ドイツ軍はともすれば今自分が何をやっているか見失ってしまいそう。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2011-09-28 10:37 | SLG | Comments(0)

<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」をソロプレイ②

連休を利用して帰省。台風により路線バスの車庫が冠水したため、完全にストップ。おかげでみんな自家用車で出かけてくるので道路はどこも大渋滞だった。

ちょっと間が空いてしまったが、<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」ソロプレイの続きである。

第1ターン
※第1ターンは特別ルールによりソ連軍の移動フェイズは完了したとみなされ行われない。
第2白ロシア正面軍(2BF) ⇒この戦区の部隊は第3ターンに補給集積所が登場するまで補給切れである。従って地図北部の要衝Stettin攻略のための準備をするため後方にある第3親衛戦車軍団を半分の移動力ながら前進させる。
第1白ロシア正面軍(1BF) ⇒ドイツ軍の対応移動により初期配置に加え後方から装甲部隊が前線に投入されたため、ドイツ軍防衛ラインはかなり厚くなる。そんな中、最も戦力を集中できる所である第9降下猟兵師団および第712歩兵師団を攻撃。ソ連軍のカチューシャおよび重砲列の支援もあり、第9降下猟兵師団は後退、第712歩兵師団は壊滅。
第1ウクライナ正面軍(1UF) ⇒Forst付近の第36SS装甲擲弾兵師団および第342歩兵師団を後退させNeisse川を渡河する事に成功。西岸に橋頭堡を築く事に成功した。
ドイツ軍 ⇒包囲を恐れたドイツ軍は各所で後退。中央付近でも防衛線をSelowに構築された陣地線まで後退した。

b0162202_17133995.jpg

b0162202_17135380.jpg

↑↑↑第1ターン終了時の北部(上)と南部(下)の状況。ソ連軍は移動フェイズが無く突破移動フェイズのみのためほとんど前進できない。

第2ターン
2BF⇒Oder川沿いに部隊は配置に付く。しかし、補給不足のため攻撃を控える。
1BF ⇒Selow防御ラインの一角を守っていた第303歩兵師団「デーベリッツ」およびその南の都市Frankfurt-Am-Oder近郊の寄せ集め部隊を攻撃。これを敗走させ、開いた間隙に戦車部隊を流し込む。
1UF ⇒前ターンに後退した第36SS装甲擲弾兵師団および第342歩兵師団、そして援軍に駆けつけた第2空軍装甲擲弾兵師団「ヘルマン・ゲーリング」を壊滅させ、戦車部隊が突破。これにより装甲擲弾兵師団「ブランデンブルク」、第600歩兵師団などが包囲された。先頭の部隊はCottbusを占領。
ドイツ軍 ⇒Selow付近には近くの部隊をつぎ込む。また、南部で包囲された部隊のうち第600師団はドイツ軍より離脱。装甲擲弾兵師団「ブランデンブルク」はなんとか脱出をはかる。

b0162202_1714974.jpg

b0162202_17142574.jpg

↑↑↑第2ターン終了時の北部(上)と南部(下)の状況。

第3ターン
2BF ⇒増援部隊を加えStettinに攻撃を加える。補給不足はこのターン終了時に回復となるが、増援部隊は登場ターン自動的に補給下のため強行。ドイツ軍部隊を殲滅するためZOC to ZOC移動で第46狙撃兵軍団を移動させ増援の第1親衛戦車軍団と共同攻撃。しかし、ドイツ軍の待ち伏せ攻撃にあい結果は「A1R」。第46狙撃兵軍団は壊滅した。また、Oder川を強行渡河し攻撃を敢行した第105狙撃兵軍団もヒトラー・ユーゲント少年兵の死に物狂いの反撃によりこれまた「A1R」の結果を受け壊滅した。
1BF ⇒前のターン、Selow防御ラインの一角を突破したものの、ドイツ軍はありったけの戦力をつぎ込んでおりこのターンは前進できず。
1UF ⇒1BFとは対照的にLubbenまで前進。装甲擲弾兵師団「ブランデンブルク」を再び包囲しこれを殲滅した。
ドイツ軍 ⇒北部ではソ連軍にある程度ダメージを与えたので部隊を後退させる。Selow付近に戦力をつぎ込んでいるので南部を突破したソ連軍を阻止するための戦力が不足している。

b0162202_17144832.jpg

b0162202_1715236.jpg

↑↑↑第3ターン終了時の北部(上)と南部(下)の状況。

第4ターン
2BF ⇒要塞旅団以外のドイツ軍が後退したこともありStettinをようやく占領。また、補給が確保されたので各所で攻勢にを行いドイツ軍部隊を後退させる。
1BF ⇒このターンもほとんど前進できず。
1UF⇒先頭を行く戦車部隊は補給切れ上等で前進。OKH(ドイツ陸軍総司令部)のあるZossenおよび補給集積所のあるJuterbogを占領。ついにベルリンまであと1へクスと迫る。
ドイツ軍 ⇒後退できる部隊を前線から引き抜き急遽ベルリンへ向かわせる。また、南部より退却してきた第1空軍装甲擲弾兵師団「ヘルマン・ゲーリング」を北上させ先行するソ連軍戦車部隊と後続の補給集積所の間に進出させる。

b0162202_17152348.jpg

b0162202_17153948.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の北部(上)と南部(下)の状況。


続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2011-09-26 17:28 | SLG | Comments(0)

<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」をソロプレイ①

台風が接近していて外は凄いことになっている。

最近自分がなんか黄昏てきているので、MiH「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」をソロプレイすることにした。かなり前にプレイした感じだと、プレイして楽しむゲームというよりは、眺めてニヤニヤするゲームなのだが、まあ、いいか。
購入したばかりのDVG「FIELD COMMANDER NAPOLEON」とかWG日本史とかあるが、またそれは今度。

〇<MiH>「神々の黄昏 ベルリン陥落1945年」
1945年4月から5月に展開された第2次世界大戦のヨーロッパにおける最後の戦い。超がつくほど強力なソ連軍に対し、あらゆるものを動員した雑多なドイツ軍が絶望的な防衛戦を繰り広げるというもの。
1へクス=5.5km(作戦マップ)、900m(ベルリン市街マップ)。
1ターン=2日。
1ユニット=ソ連軍・・・軍団、ドイツ軍・・・大隊~師団

b0162202_18231325.jpg

↑↑↑初期配置。戦線の長さに反比例し、ドイツ軍にマトモな部隊はほとんど残っていない。

b0162202_18244323.jpg

↑↑↑マップ北半分の第1、第2白ロシア正面軍担当戦域。第2白ロシア正面軍は序盤苦しい補給状態ながら、速やかに盤外突破をはたし、北部ドイツ平原よりのドイツ軍増援部隊を阻止しなければならない。一方第1白ロシア正面軍はベルリンへの最短コースをとるために、最も防備が硬いゼーロウ高地を突破しなければならない。

b0162202_18251142.jpg

↑↑↑マップ南半分の第1ウクライナ正面軍担当戦域。ベルリンへは距離があるが、ドイツ軍のかなり弱体化した防御線を突破してしまえば、後は突っ走るのみとなるだろう。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2011-09-21 18:35 | SLG | Comments(0)