主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-23 09:25
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-19 09:45
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-16 20:06
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-12 09:54
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-08 20:29
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:激闘!関ヶ原 ( 1 ) タグの人気記事

<ツクダ>「激闘!関ヶ原」をソロプレイ

連休の前半が終了。我家は前半カミさんの実家へ行き、後半は自分の実家へ行く予定。台風の影響が心配。

日曜日の新聞に中国の空母について掲載があったが、そこに世界各国の保有空母数が掲載されていた。スペインやイタリア、アジアではタイが軽空母を保有となっていたが、ひゅうが型につての言及がないあたりに作意的なものを感じる。やっぱり外交・国防上、あれを空母同様とは表現できないんだろうなあ。可能性はかなり薄くなってきているF35を自衛隊が採用したら、ひゅうが型にも搭載するんだろうか?

この時期になると戦国時代、特に豊臣家・徳川家がらみがテーマのNHK大河ドラマは関ヶ原の戦いのエピソードとなる。そういえば、歴代の大河ドラマに登場した徳川家康はほとんどが「悪人」か「ズル賢い人」として描かれているような気がする。「いい人」として描かれていたのは滝田栄が家康役を演じた「徳川家康」くらいか?でもこれはタイトルからわかる様に当然の扱い。後は「おんな太閤記」のフランキー堺の家康。「春の坂道」は自分が幼少の頃故わからないが、徳川方の話だし家康役は山村聡であることから、「悪人」や「ズル賢い人」という感じはしない。
そう考えると、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康のいわゆる3英傑のうち、日本人が感じる家康像はその功績に比べかなり不当ではないかと思う。興味がないのでプレイ経験はないのだが、最近流行の「無双」系のTVゲームでもやっぱりそうなのか?

そこでというわけではないが、<ツクダ>「激闘!関ヶ原」をソロプレイ。セットアップが少々面倒だが、それを除けば今のところ一番好きな関ヶ原会戦のSLG。

〇<ツクダ>「激闘!関ヶ原」
b0162202_9592482.jpg

↑↑↑初期配置。シナリオはNo.2「史上最大の決戦」。行動開始表は「2」。鍋島隊は登場せず。

ゲームは第3イニング頃から激しくなる。両軍の損害はほぼ同レベルなのだが、行動開始を判定する自軍ターン開始時には当然ながら、2~4ポイントくらいの損害が相手よりも多い状態である。中立の部隊は日和見のため当然ながら損害の少ない方へ参戦しやすい。このため東西両軍とも思い切った行動開始チェックが出来ない状態が続く。それでも島津勢は東軍に参加する可能性はないのでサイコロを振るものの、中立のまま動かず。

b0162202_11164217.jpg

↑↑↑第7イニング終了時。前線の状況。

第8イニング、徳川家康本隊が行動開始。前線の部隊は両軍ともボロボロで、各部隊の大将も戦闘に参加しつつある状況。石田勢は黒田・細川勢に攻め立てられながらも孤軍奮闘。島津勢の加勢を再三要請するものの島津勢は出目が悪く中立のまま動かず。島左近、蒲生郷舎は混戦の中で既に討ち死に。
第9イニング、西軍の損害52に対し、東軍の損害は50となり、ターンが変わっても東軍の損害を西軍が上回る。東軍は小早川勢の行動開始チェックで見事成功。松尾山に陣取る小早川勢は遂に東軍に寝返り参戦。山を降り大谷・木下勢へ襲い掛かる。
第11イニング、西軍は必死の反撃を行うが、行動開始はもはや島津勢以外には無意味となる。だが、出目が悪く、不利な修正が加わり島津勢は動かない。石田勢は遂に包囲される。
第12イニング、黒田勢後藤又兵衛が石田三成を直接攻撃。これがなんと出目「12」。DEの結果となり、石田三成は討ち死に。東軍の勝利となり唐突に終了となった。

b0162202_10352578.jpg

↑↑↑第12イニング終了時。
b0162202_10353716.jpg

↑↑↑第12イニング終了時、松尾山付近。大谷・木下勢は小早川勢によって包囲されつつある。
b0162202_10355027.jpg

↑↑↑第12イニング終了時、笹尾山から天満山にかけての状況。徳川本隊と対決する戦力は西軍に残ってはいない。

感想:「おなか一杯になったので、もうしばらくの間はやらなくていいや」というのが率直なところ。しかし購入以来この感覚を何度味わったことか・・・。わかっていても止められないのがこのゲーム。小早川勢がどちらにつくかで勝敗が決まるという、ある意味展開はなるようにしかならないのだが、シナリオも豊富で東西両軍ともいろいろ夢を見ることが出来るというあたり、海外も含めCMJやGJで量産された「関ヶ原」のゲームには無いものをこのゲームは持っていると思う。

我家の歴史を遡ると関ヶ原の戦いに行き着くらしい。そこで戦功をたて城をもらい改名と本家の古文書?にはあった。ということで、「いい人」の徳川家康が登場する歴史ドラマも久しぶりに制作されないかと願うこの頃である。
[PR]
by slgplayer | 2011-09-20 11:01 | SLG | Comments(5)