主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
最新の記事
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-22 19:17
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-18 20:13
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-14 20:56
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-08 19:40
AH「Afrika Korp..
at 2017-04-03 20:44
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
ご無沙汰しております。 ..
by ポール・ブリッツ at 01:33
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:パンツァー・フォー! ( 5 ) タグの人気記事

K2P「パンツァー・フォー!」をJr.と対戦⑤

昨日の続き。

3戦目
 という訳での3戦目。前回と全く同じ編成だが、今度はJr.がソ連軍(プラウダ高校)を担当。Jr.のフラッグ車はT34/76と変更はなかったが、ドイツ軍(黒峰森女学園)のフラッグ車はヤークトティーガーに変更。

 
・ソ連軍(プラウダ高校:Jr.担当)編成ポイント:302
T34/76×6
T34/85×6
JS-2×1

・ドイツ軍(黒峰森女学園)編成ポイント:200
パンターG型×3
ティーガーI×1
ティーガーII×1
ヤークトティーガー×1

b0162202_18351984.jpg

↑↑↑前回の戦訓を活かし、全車移動にて突撃するソ連軍(プラウダ高校)戦車部隊。そうなる事は予想済みのドイツ軍(黒峰森女学園)。敵戦車に対し正面を向けている限りそう簡単にやられるハズもない。T34は接近戦を挑もうとするが、次々と撃破される。業を煮やしたJr.は、JS-2を高速移動カードでヤークトティーガーへ肉薄し、一気に勝負を決めようとする。しかし、あと一歩の所で、ティーガーIIの砲撃を背後より受けJS-2は撃破される。結局、パンター×3輌と引き換えに、フラッグ車以外すべての戦車を撃破されてしまったJr.は敗北を宣言し終了。

4戦目
 「僕は大洗の戦車を使ってみたいんだよ」と言ったJr.の希望を容れ、Jr.は大洗女学園の戦車ユニットを使用。こちらは、バランスをとるためイギリス軍(聖グロリアーナ)を使用する。

・大洗女学園(Jr.担当)編制ポイント:162
IV号F型×1
IV号H型×1
38t×1
III号突撃砲F型×1
ヘッツァー×1
M3リー×1
八九式中戦車×1
ルノーB1Bis×1
P・ティーガー×1
三式中戦車×1

・イギリス軍(聖グロリアーナ)編成ポイント:168
クルセイダー×5
マチルダ×4
チャーチル×1

 これは何の戦いだ?よくわからんが、大洗の戦車を使うJr.はテンションが上がる。キャラクターも使いたいと言われたが、「あれはボーナスのようなもの。相手戦力が強力な場合は別として、まずキャラクターなしで勝ってからだ。」と却下。Jr.のフラッグ車はIV号F型。こちらはクルセイダーを指定。

b0162202_18353119.jpg

↑↑↑見るからに苦しい戦いが予想されたイギリス軍(聖グロリアーナ)は、重装甲のチャーチルを中心に砲撃を行う。Jr.は当初弱いクルセイダーから片付けようと砲撃を開始。しかし、フラッグ車のIV号F型が履帯損傷により移動不能となってしまう。イギリス軍(聖グロリアーナ)は足の速いクルセイダーを全速移動で肉薄させる。Jr.は迎撃するが、ダイス目が悪く撃破に失敗。クルセイダーは躍進射撃カードにて移動不能のIV号F型側面より砲撃を行いこれを撃破。Jr.またしても敗北。

 4戦目はJr.の方に勝つチャンスが大きかったと思えるが、カード運とダイス目に恵まれず敗北。Jr.勝利への道は本当に遠く険しい。
[PR]
by slgplayer | 2014-09-16 18:42 | SLG | Comments(0)

K2P「パンツァー・フォー!」をJr.と対戦④

 昨日は家族ボーリング大会。Jr.のスコアは100目前まで成長。こっちは終了後いつもの筋肉痛に悩まされる。
  K2P「パンツァー・フォー!」で連敗続きのJr.。ボーリング場からの帰宅後、早速再戦の申し出を受ける。こっちが勝ち続けている以上、挑戦されたら逃げるわけには行かない。

1戦目
 これまでのような「質」VS「量」のような非対称ではなく、10輌VS10輌という「量」VS「量」の戦いで対戦してみる。従って、部隊編成にも「収録されているユニット数が上限」という制限がついてしまった。

・ソ連軍(プラウダ高校:Jr.担当)編成ポイント:227
T34/76×6
T34/85×3
JS-2×1

・アメリカ軍(サンダース大付属)編成ポイント:218
M4シャーマン×8
M4A1×1
ファイアフライ×1

 Jr.的にはプラウダ高校VSサンダース大付属なんだろうけど、今度は米ソ戦だ。WW2でも、対独戦終了後にそのままヨーロッパで米ソが戦争するっていうIFも有り得た訳だから、アリっちゃアリだな。ソ連軍(プラウダ高校)はT34/76、アメリカ軍(サンダース大付属)はM4シャーマンをフラッグ車に指定。

b0162202_1993690.jpg

↑↑↑M4シャーマンには荷が重いJS-2をファイアフライが囮となり引きつける。その間に森林地帯の乱戦を突破したM4シャーマンがソ連軍戦車隊の背後に回り込もうとする。ソ連軍最後尾に位置していたJr.のT34/76(フラッグ車)が、これを撃破しようと接近した所、M4シャーマンの反撃を受けたT34/76(フラッグ車)はあっさりと撃破される。Jr.敗北

2戦目
 これまで、扱いたい陣営を決めてから編成を決めていたわけだが、今回は両軍の編成後Jr.に扱いたい陣営を選ばせる。Jr.はこちらの助言に耳を貸さず、ヤークトティーガーが入っているという理由でドイツ軍(黒峰森女学園)を選択。

 
・ドイツ軍(黒峰森女学園:Jr.担当)編成ポイント:200
パンターG型×3
ティーガーI×1
ティーガーII×1
ヤークトティーガー×1

・ソ連軍(プラウダ高校)編成ポイント:302
T34/76×6
T34/85×6
JS-2×1

 やっぱり、男は黙って東部戦線(しかも1945年)!神々の黄昏が見られそうな戦いだ。ドイツ軍(黒峰森女学園)はティーガーI、ソ連軍(プラウダ高校)はT34/76をフラッグ車に指定。

b0162202_1994824.jpg

↑↑↑カード運に恵まれたソ連軍(プラウダ高校)が、全車移動カードの連続使用で一斉に突撃。予想外の事態にドイツ軍(黒峰森女学園)は必死に迎撃するが、前衛として前進させたパンター2輌は撃破され突破を許してしまう。ドイツ軍(黒峰森女学園)のフラッグ車であるティーガーIは、突破してきたT34/85×2の集中砲火を浴び撃破されてしまい、Jr.敗北。

Jr.「こんなにいっぺんに来られたら勝てないよ!」
父「Jr.は、この前まで「パンツァー・フロント」(PSソフト)の「オクチャブリスキ」シナリオ散々やってたので、ソ連軍が一斉に突撃して来るのは分かっているハズ。」
Jr.「・・・」
父「じゃあ、同じ車輛で担当入れ替えて試してみるか?」
Jr.「うん」

Jr.に勝ち目はあるのか?

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2014-09-15 19:14 | SLG | Comments(0)

K2P「パンツァー・フォー!」をJr.と対戦③

 Jr.は、先日の敗北に納得いかない様子。そこで、Jr.側が多数側となり再度の対戦を行った。編成された両軍の部隊は以下の通り。

・アメリカ軍(サンダース大付属:Jr.担当)編制ポイント:218
M4シャーマン×8
M4A1×1
ファイアフライ×1

・ドイツ軍(黒峰森女学園)編成ポイント:143
パンターG型×3
ヤークトパンター×1
ティーガーI×1

b0162202_19273924.jpg

↑↑↑初期配置。10輌対5輌の「数」対「質」の戦い。数はもとより編制ポイントでも約1.5倍の差。Jr.は「サンダース大付属対黒峰森だ」と喜んでいるが、こっちから見れば、どう見ても1944年の西部戦線。

序盤:移動しやすいマップ下方の開けた地形に戦車を前進させるJr.。はっきり言ってこちらの思うツボ。こちらもフラッグ車を除くパンター4輌を前進させる。Jr.は正面からパンターを砲撃するものの厚い正面装甲を貫くことができない。反対に、Jr.のM4シャーマンはパンターの砲撃によりたちまち2輌が破壊される。接近してくるドイツ軍に対し、Jr.は温存してあった「撃破判定+2」のカードを使用し、正面からヤークトパンターを砲撃。Jr.のダイス目が冴えヤークトパンターを破壊する事に成功!。

b0162202_19275096.jpg

↑↑↑奇跡のダイス目でヤークトパンターを破壊!。喜ぶJr.だが、M4シャーマンは既に4輌が破壊されている。

中盤:森林地帯を突破したパンターが側面から米軍(サンダース大付属)を砲撃。Jr.お気に入りのファイアフライを撃破。ファイアフライを仕留めたパンターは、米軍(サンダース大付属)フラッグ車であるM4A1を狙うが、1輌のM4シャーマンが側面に回り込む事に成功し、パンターを撃破。側面よりの奇襲で勝負を決める事は出来なかったが、ファイアフライを仕留めた事により、ドイツ軍(黒峰森女学園)の戦いはかなり楽になった。

終盤:ファイアフライを撃破し、正面からの砲撃にはほぼ無敵状態となったパンター2輌は前進。開けた地形における砲撃戦での不利を悟ったJr.は森林地形の陰にフラッグ車を退避させようとする。しかし、時既に遅し。側面に回り込んだパンター2輌がM4シャーマンを次々と撃破。Jr.も反撃し、パンター1輌を破壊する。両軍とも射撃カードが尽きてしまうが、その後先に射撃カードを引いたドイツ軍(黒峰森女学園)がM4A1を破壊。フラッグ車を破壊されJr.敗北。

b0162202_192808.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。Jr.勝利への道はまだまだ険しい!
[PR]
by slgplayer | 2014-09-13 19:39 | SLG | Comments(0)

K2P「パンツァー・フォー!」をJr.と対戦②

 「ガールズ&パンツァー」を視聴して以来、Jr.のマイブームは「ドラクエIV」から「戦車道」へ移行。好きな戦車は重装甲・重武装の「マウス」との事で、試作品である事や機動性などはハナから頭にはない。いかにも小学生低学年の発想だ。折角アニメを視聴したというのに、かつてグデーリアンが言った事などすっかり頭から抜け落ちているらしい。という事であくまで興味の対象は「戦車道」のようだ。

 今回の対戦は、まずJr.に好きな戦車を5輌選んでもらい(マウスは除く)、その5輌分の編制ポイント内でこちらが部隊を編制するというもの。編成された両軍の部隊は以下の通り。  

・ドイツ軍(黒峰森女学園:Jr.担当)編成ポイント:171ポイント
パンターG型×2
ティーガーI×1
ティーガーII×1
ヤークトティーガー×1

・ソ連軍(プラウダ高校)編成ポイント:171ポイント
T34/85×4
JS-2×1
KV-2×1

 フラッグ車はソ連軍(プラウダ高校)側T34/85、ドイツ軍(黒峰森女学園)側はティーガーIに設定。Jr.としては、5輌の制限内でアニメの編成を再現したつもりらしい。しかし、こちらから見ればこれは紛れもなく東部戦線末期の戦い。

序盤:「やつら、もう勝ったと思っているな」と最近PS「パンツァーフロント」で覚えたセリフを口走るJr.。いやいや、真の意味で教育してやるのはこちら側だから。まずは2輌のパンターを前進させるJr.。こちらもフラッグ車を除くT34/85×3をドイツ軍最左翼に位置するパンターに向い全力で突進させる。Jr.のパンターは森林ヘクスに邪魔され相互援護が不可能な状態。チャンス!とばかりにパンターの側面へ回り込んだT34/85×2だったが、カードとダイス目に恵まれたヤークトティーガーの遠距離砲撃により2輌とも撃破される。しかし、Jr.が喜ぶのも束の間、JS-2の砲撃により最左翼のパンターが撃破される。

中盤:ドイツ軍最左翼のパンターを撃破し、その空いた穴からT34/85を突進させ一気にドイツ軍フラッグ車を撃破しようと試みる。ヤークトティーガーが前進しこれを迎撃。しかし、カードとダイス目の不運に見舞われたJr.はT34/85を中々仕留められない。ようやく、躍進射撃のカードで側面2ヘクスより射撃の機会を得たヤークトティーガーだったが、T34/85を撃破する前にJS-2よりの臨機射撃を受け撃破される。

b0162202_18133064.jpg

↑↑↑Jr.ご自慢のヤークトティーガーを撃破。※地形は森林以外すべて平地として対戦。

終盤:Jr.はティーガーIIを先頭にフラッグ車であるティーガーIを従え、後方に待機しているソ連軍フラッグ車を撃破しようと突破を試みる。ソ連軍は正面からJS-2、KV-2が迎撃。ドイツ軍が射撃カード不足から突撃を躊躇し停車している隙に、T34/85が側面に回り込みフラッグ車であるティーガーIを撃破することに成功。

b0162202_18133988.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。側面に回り込んだT34/85に撃破されたJr.のフラッグ車ティーガーI。

 ゲーム終了後、「僕の方が1つ数が少ないから負けた」と言い訳するJr.に対し、いつものようにアレコレと戦術指南を行う。それをどれだけ理解したのかは次に対戦した時のお楽しみ。
[PR]
by slgplayer | 2014-09-11 18:23 | SLG | Comments(0)

K2P「パンツァー・フォー!」をJr.と対戦

 先日、Jr.と共にアニメ「ガールズ&パンツァー」を視聴する。小林源文の漫画に慣れ親しんだ者としては、アニメの萌え系色の濃い部分については苦手なのだが、源文マンガをまだ知らないJr.にとっては普通のアニメの一つとしてそれなりに楽しめたようだ。観てしまったからには・・・という事でさっそく戦車道SLG「パンツァー・フォー!」を対戦。ゲームは全てフラッグ戦だが、ルール簡略化のためキャラクターのルールは使用していない。

1戦目
 男は黙ってまずは東部戦線!という事で以下の戦力を選定。ポイント的にはソ連軍が若干上だがバランスは取れているハズ。Jr.には高性能戦車を有するドイツ軍を勧めるが、赤いユニットの物量に目がくらみ、こちらの制止も聞かずソ連軍を選択。尚、自分の中ではドイツ軍VSソ連軍の戦車戦だが、Jr.的にはプラウダ高校VS黒峰森女学園らしい。

・ソ連軍(プラウダ高校:Jr.担当)編成ポイント:101
T-34/76×4
T-34/85×1

・ドイツ軍(黒峰森女学園)編成ポイント:86
ティーゲル×1
パンテル×2

b0162202_1930618.jpg

↑↑↑序盤、ドイツ軍に対し無謀にも正面突撃を行うJr.ソ連軍。案の定、ティーゲルとパンサーの砲撃によりT34/76×2輌が破壊される。

b0162202_19294553.jpg

↑↑↑中盤、正面からでは歯が立たないと悟り、フラッグ車(T34/85)を囮にし、残りの戦車を迂回させ側面攻撃を試みる。迂回中のT34/76×1輌が破壊されるが、側面に回り込んだもう1輌のT34/76がパンテル1輌を破壊することに成功。

b0162202_19301021.jpg

↑↑↑終盤、カード巡りが悪くJr.ソ連軍の動きが鈍る。ソ連軍フラッグ車はマップ中央で立ち往生。その間に後方に回り込んだパンテルがフラッグ車を破壊。

2戦目
 東部戦線の次は西部戦線。こちらとしては、1944年の西部戦線をイメージしたつもりだが、例によってJr.的には大洗女子VSサンダース大付属の試合。今回もポイント的にはほぼ同等の戦力であるため、バランスは取れていると思われる。

・アメリカ軍(サンダース大付属:Jr.担当)編成ポイント:92
M4×2
M4A1×1
ファイアフライ×1

・ドイツ軍(黒峰森女学園)編成ポイント:99
3号突撃砲×1
ヘッツァー×1
4号F×1
4号H×1
P・ティーゲル×1

b0162202_19312730.jpg

↑↑↑分散配置されたJr.のM4シャーマンを各個撃破。ドイツ軍もフラッグ車に指定した4号H型戦車と強力なP・ティーゲルを除き撃破される。最後は、迂回してきた米軍(サンダース大付属)フラッグ車であるファイアフライを側面より奇襲攻撃。フラッグ車を破壊されJr.敗北。

3戦目
 ゲームにも慣れたという事で、Jr.が自分で部隊を編成してみる。マップは前2戦とは全く趣が異なる市街地マップ。開けてみればアニメ同様の部隊編成。こちらはソ連軍で編成したつもりだが、Jr.から見ればプラウダ高校である。

・大洗女子学園(Jr.担当)編成ポイント:138
シャールB1Bis×1
八九式中戦車×1
3式中戦車×1
38t×1
3号突撃砲×1
ヘッツァー×1
4号F×1
P・ティーゲル×1

・ソ連軍(プラウダ高校)編成ポイント:133
T-34/76×5
JS-2×1

b0162202_19312241.jpg

↑↑↑Jr.は威力偵察のようなつもりで少数の戦車を前進させるが、こちらからみれば戦力の逐次投入。Jr.の戦車は各個撃破され一方的に損害を被る。Jr.側の戦車数が少なくなった所で、JS-2が突撃。Jr.はこれを阻止できず、JS-2はフラッグ車を破壊。

 仕方のない事だが、戦車性能とダイス目に頼るJr.は3連敗。一応、各戦における敗因を解説してあげたけど、どの程度理解したかは不明。

その後Jr.は、ラックにあったPSソフト「パンツァー・フロント」を発見。やり方を教えた所、早速プレイ中。
[PR]
by slgplayer | 2014-08-30 19:42 | SLG | Comments(0)