主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-18 14:27
GMT「バトルライン」をJr..
at 2017-03-13 20:59
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-11 18:19
バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よ..
at 2017-03-09 19:28
FFG「Star Wars:..
at 2017-03-05 23:32
最新のコメント
> 白さん こんにちは..
by slgplayer at 17:51
ご無沙汰をしております ..
by 白 at 16:44
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 11:02
ご無沙汰しています。 ..
by ポール・ブリッツ at 23:19
ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 19:03
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:ノモンハン1939 ( 2 ) タグの人気記事

WGJ「会津戊辰戦争」&CMJ「ノモンハン 1939」を対戦

 対戦相手がインフルエンザということで、延び延びになっていた対戦がようやく実現した。今回のお題は、予てからの予定通りコマンドマガジンおよびウォーゲーム日本史の新作付録ゲームである。

○WGJ「会津戊辰戦争」
 自分が福島県出身ということで東軍を担当。今年の大河ドラマ「八重の桜」の話題を絡めながら(対戦相手は、今年の大河ドラマを観ていないとの事なので、自分が一方的にしゃべっただけ)の対戦となった。

序盤:西軍は、東軍の同盟諸藩を寝返らせ北陸道より進軍。村松まで進んだ所で東軍指揮官佐川官兵衛率いる部隊の迎撃を受ける。西軍はこれをあっさり撃破。東軍は津川へ退却した。その間に東軍は会津若松市街の防備を固める。次に西軍は、地形効果を無視できる「機略」のカードを使い白河を攻略。
中盤:米沢藩が参戦。東軍は、それに加え十六橋の破壊にも成功。西軍は棚倉藩を寝返らせた後、大平口の東軍を攻撃。これを敗走させ会津若松に迫る。
終盤:米沢藩の援軍が会津若松城下に到着し、東軍の防備は益々固くなる。東軍の大部隊を見て、西軍が躊躇する間に二本松藩兵が、西軍支配下となっていた郡山を攻略。白河を奪回される事を恐れた西軍は一隊を差し向け二本松藩兵の部隊を撃破。そうこうしているうちにカードが無くなりゲーム終了。西軍VP「2」、東軍士気「2」と言う事で東軍の勝利となった。

b0162202_1814834.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。西軍プレーヤーは、最大の敵が「時間」である事を痛感したはず。イベントカードによるため、米沢のVPはあてにできない。そのため勝利得点エリアの占領で得ることの出来るVPは限られる。そうなると、史実でもそうだったように、やはり西軍は一見綱渡りのような電撃的進軍を行い、出来るだけ早く会津若松を占領し毎ターン東軍の士気を下げるようにしなければならないようだ。東軍は戦闘で勝利するのは難しいので、西軍が一旦占領した勝利得点エリアを隙あらば奪回できる位置に部隊を機動させ、西軍が時間を浪費するよう心がけなければならないと思われる。

○CMJ「ノモンハン1939」
 「会津戊辰戦争」の次に対戦したのは、「ノモンハン1939」である。お互い事前に試してみた感じでは、「日本軍不利なんじゃね?」と感想は双方同様のものだった。今回は、対戦相手が日本軍を熱望したため自分はソ連軍を担当する事となった。

序盤:小林支隊は、コマツ台地へ突進できる態勢を維持しつつ、ソ連軍の増援登場へクスを塞ぎながら展開。その間に満州国境より侵入した部隊がハルハ河~ホルステン川に点在する高地を攻撃。ソ連軍を敗走させながら752・757高地を占領。ソ連軍は小林支隊の行動を妨害すると同時に、日本軍迎撃のためハルハ河東岸へ続々と部隊を送り込んだ。
中盤:ハルハ河東岸の日本軍は、ソ連軍の大部隊との戦闘に苦戦。ソ連軍のダイス目も好調だったため、ソ連軍のモラルは中々下がらず逆に日本軍のモラルはどんどん低下する。ソ連軍がハルハ河東岸に部隊を集中させたために、小林支隊前面は逆に手薄になっているとみた日本軍は、小林支隊にコマツ台地へ向かっての前進を命じる。
終盤:コマツ台地に向かいオーバーランを繰り返し突進する小林支隊であったが、ソ連軍の増援部隊が続々登場し行く手を阻む。それでも日本軍は突進を繰り返し、なんとかコマツ台地の麓まで前進。しかし、その間にハルハ河東岸の日本軍はソ連軍戦車部隊を相手に大苦戦。これを反映するかのように日本軍のモラルは益々低下していく。最終ターンを待たず日本軍のモラルは「0」となり、ソ連軍の勝利が決定。

b0162202_1814269.jpg

↑↑↑第7ターン、ゲーム終了時の状況。ソ連軍はダイス目に恵まれ、終了時のモラルは「25」。本誌の記事にもあったように、日本軍がコマツ台地を攻略してのサドンデスはやはり無理があったようだ。ソ連軍も小林支隊を阻止する部隊がもっと少なかったら、日本軍の突破を許していたかもしれず、ある意味ギリギリ阻止できた感じである。しかし、これは経験を積めばどの程度の戦力を振り向けるか分かってくるだろう。
 日本軍は序盤のうちに小林支隊をある程度撤退させ、ハルハ河東岸に部隊を投入した方がいいようだ。しかも、それらの部隊は、ホルステン川の更に東側を南下させ780・791高地を目指す方がいいかもしれない。

次の対戦は、WWII戦術級SLGの予定。
[PR]
by slgplayer | 2013-02-19 18:44 | SLG | Comments(4)

CMJ「ノモンハン1939」を試してみる

 次回の対戦はWGJ「会津戊辰戦争」に加え、CMJ「ノモンハン1939」も予定されている。はっきり言って史実のノモンハン事件については、あまり興味がない事もあり、ほとんど何も知らない。
 これまでのゲーム経験から、マップの広さの割りにユニットが少ない場合、ある程度のゲーム展開を対戦前に掴んでおく事は重要と考えている。WW2のアフリカ戦役などのように、ユニットが少なくても展開が予測できる場合はその限りではないが、ゲームによってはプレイヤーが何をやっていいか分からず、結果としてトンでもプレイや、途中でやり直したくなるような一方的な展開になる場合が多くなってしまう。時間に余裕がある学生時代ならまだしも、時間的制限の多い今ではそういう事態はなるべく避けたい。 そこで、ルール確認や大まかな感じを掴むためにソロプレイをしてみた。

1回目
 小林支隊をできるだけ前進させたうえ、盤外への撤退もなるべく遅らせる。このため、ハルハ河東岸において日本軍は戦力不足となる。結局、ハルハ河とホルステン川に挟まれた狭い地域での戦いとる。これにより、ソ連軍戦車部隊の集中も容易となり、ハルハ河東岸の日本軍は危機に陥る。日本軍は後半大急ぎで小林支隊をハルハ河東岸へ転進させる。両軍とも一進一退の戦闘が展開されるが、序盤より高地の占領数で優るソ連軍が『ターン終了時、敵軍より多く高地を占領している側はモラル+1』に助けられ勝利を得る。

b0162202_116095.jpg

↑↑↑第1回目終了時の状況。ハルハ河西岸は、マップの関係で幅が狭いためソ連軍の対応は容易だ。それにしても、日本軍は戦力不足だなぁ。

2回目
 小林支隊は、北方からのソ連軍増援を妨害できる程度の戦力を残し、第1ターンから転進を開始。転進した部隊は、ホルステン川東岸を一気に北上し、780・791両高地を占領。この間にオーバーランを駆使し、ゲーム中盤にはハルハ河~ホルステン川に挟まれた地域内にある高地3ヶ所の占領にも成功した。これで高地占領数は両軍とも同数となり、高地占領数が多い事によるモラルボーナスは無くなった。終盤、マップ中央で両軍とも激しい殴り合いの戦いとなる。結局、780・791両高地を奪回し、モラル判定のダイス目が僅かに良かったソ連軍が勝利を収めた。

b0162202_1161371.jpg

↑↑↑第2回目終了時の状況。やっぱり日本軍は戦力不足だ。ソ連軍も日本軍に比べ数は多いものの、ほとんどが1ステップ部隊のため、急速に消耗してゆく感じだ。

 勝利条件には、サドンデスの条件が一応ある事はあるのだが、他のゲーム同様普通にプレイしている限り達成する事はほぼ不可能である。そうなってくると、ゲーム終了時に両軍の『モラル』で判定する事になるのだが、死守命令や、日本軍戦車の損害などを除き、戦闘後のダイス判定でモラルが変動する。このため、ダイス目が偏った場合、戦闘に勝ってもゲームでは敗北する可能性がある。この辺は好みの分かれる所だろう。


 
[PR]
by slgplayer | 2013-01-12 11:11 | SLG | Comments(0)