主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
AH「ハンニバル」を対戦
at 2017-09-19 20:29
アドテクノス「冬の嵐作戦」を..
at 2017-09-16 19:07
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-09-13 20:56
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-09-09 11:54
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-09-02 19:24
最新のコメント
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:20
ルール確認がてら友人と試..
by ポール・ブリッツ at 17:40
> ysga-blogさ..
by slgplayer at 20:19
 マイケルさん、謙信上洛..
by ysga-blog at 21:32
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 12:01
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:ナポレオン帝国の崩壊 ( 2 ) タグの人気記事

アドテクノス「ナポレオン帝国の崩壊」1814年キャンペーン「Glory of Soldiers」を対戦

 消費増税の影響により延期となっていた対戦がようやく実現。対戦したSLGは、未だに再販の声があると言われる日本を代表する(?)ナポレオニックSLG、アドテクノス「ナポレオン帝国の崩壊」である。今年は1814年戦役より200周年という事で1814年戦役キャンペーンシナリオ「Glory of Soldiers」の記念対戦となった。
 このシナリオがテーマとする1814年戦役は、他にAH/OSG「Napoleon at Bay」やCMJ「赤い夕陽のナポレオン」などがある訳だが、この「ナポレオン帝国の崩壊」は前述した2つのゲームの中間位の規模のゲームとなる(ただし、「赤い夕陽のナポレオン」と「ナポレオン帝国の崩壊」はヘクススケールがほぼ同じ)。ちなみに、年内にもCMJから再び同テーマの新作SLG発売が予告されている。

b0162202_18164390.jpg

↑↑↑初期配置。連合軍を分断するような形にフランス軍が展開した時点からゲーム開始。今回は連合軍を担当した。

 開始早々にブリュッヒャー率いるシレジア軍とヴュルテンブルグ他を立て続けに敗走させ勢いにのるナポレオン。バー・シュール・アウベを占領しババリア軍の補給路を断つ。一時トロワへ向かっていたババリア軍主力(シュワルツェンベルグ、バルクライ)約57000はバー・シュール・アウベへ取って返し川を挟んでナポレオン軍約330000と対峙。一気に勝負を着けてしまおうとナポレオンはババリア軍主力に対し先制攻撃。しかし、元々戦力差がある会戦であった事と、この時のナポレオンにとって一番大事な運に見放され、会戦はエスカレート。そして勝負のつかぬままその会戦(6ラウンド)は終了。不利を悟ったナポレオンはババリア軍主力部隊との決戦を中止し、戦場離脱を図る。しかし、シュワルツェンベルグ、バルクライ両軍はナポレオン軍の離脱を許さず、自ら攻撃を行うことなくナポレオン軍に隣接しこれを拘束する。結局それ以降、悪天候の影響もありナポレオン軍はシュワルツェンベルグ、バルクライ両軍を振り切る事ができず消耗しながら少しづつ後退。
 ナポレオンがババリア軍主力を相手に苦戦している間に、ナポレオン以外のフランス軍将軍達は敗北を重ねる。
 ベルダンでは、マクドナルドがシレジア軍ヨーク・クライストとの会戦に敗北。マクドナルド軍はその後の長い退却戦にて遂に壊滅。
 北方よりパリを目指すヴィンツィンゲローテを迎撃するためパリの戦力をかき集めランスに急行したウーディノもランスでの会戦に敗北し退却。シレジア軍はランスを占領。その後、やはり北方から登場したビューローはグルーシーのフランス軍を迂回しランを占領。
 サン・ジージェのマーモンは、序盤の敗北より回復したヴュルテンブルク、ババリア両軍と合流したヴィトゲンシュタイン軍との会戦に敗北。
 そして第10ターン、トロワにおけるブリュッヒャー軍の攻撃によりモルティエ率いる老親衛隊が敗走するに至りフランス軍モラルは最低の「-3」まで低下。軍モラルがマイナスの場合、その軍は戦闘にも不利な修正が加わる事となる。モラルが最低の「-3」まで低下したフランス軍では、ナポレオンの直接指揮する会戦でもシュワルツェンベルグ、バルクライ両軍を敗走させる事はほぼ不可能な状況となった。

 フランス軍の士気が最低となったにもかかわらず、ナポレオン唯一人だけが戦意を失っていなかった。しかし、配下の将軍達は敗北を重ねた結果疲れ果て既に戦意を失っていたのだった。1814年2月28日、将軍達に説得されたナポレオンはフランス皇帝を退位するに至る。こうして、フランス軍プレーヤーは敗北を認めゲーム終了となった。

b0162202_18165985.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。フランス軍の敗因としては、ババリア軍主力(シュワルツェンベルグ、バルクライ)に対するナポレオンの攻撃開始が早すぎた事にあると思われる。もっと楽に勝てそうな相手を、ナポレオン・ネイ・グルーシー・ヴィクトールなど攻撃修正が高い指揮官で攻撃を行い地道に敗走させ、フランス軍モラルをもっと上昇させてからシュワルツェンベルグ・バルクライ軍へ対処した方がもっとましな展開になったのではと思われる。まあ、元々フランス軍は苦しいので、今回のような結果も仕方ないのかもしれないが…。

 次の対戦は、今話題のウクライナ(より東側)を舞台にしたWW2東部戦線「青作戦」モノの予定。
[PR]
by slgplayer | 2014-04-15 18:24 | SLG | Comments(0)

AD「ナポレオン帝国の崩壊 1815年キャンペーン」を対戦

昨日から急に暑くなった感じがする。日も長くなり、19時頃でも明るいが、この時期イギリス・フランスと旅行した際には21時を過ぎてもまだ明るく驚いた経験がある。
というわけで、先月から予定していたAD「ナポレオン帝国の崩壊 1815年キャンペーン」を対戦した。

○AD「ナポレオン帝国の崩壊 1815年キャンペーン」
・担当:連合軍
・結果:勝利 (第7ターン フランス軍モラル崩壊)
b0162202_18275669.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。皇帝ナポレオンはブリュッセルに迫るが、側面を防御していたロボーが、プロイセン・イギリス連合軍によって敗走させられ、フランス軍のモラルは-3に達してしまった。
ナポレオンは健在だったが、側面を守る他の将軍たちが相次いで敗北。また、フランス軍のサイコロの出目も低調で、勝てそうな戦いをいくつもおとしてしていた。ナポレオンが他の将軍達と中々合流出来ない状況に陥っていたのも連合軍を助けた。

次は7月なのでクルスクの予定。また、現在SPI/6A「バトル・フォー・スターリングラード」を練習中。これもいつかやってみたい。

b0162202_18362437.jpg

↑↑↑現在練習中。
[PR]
by slgplayer | 2011-06-23 18:27 | SLG | Comments(0)