主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
最新の記事
GDW/HJ「インペリウム」..
at 2017-10-20 18:27
ツクダ「ラグナロック作戦」を対戦
at 2017-10-17 20:31
GDW/HJ「インペリウム」..
at 2017-10-14 15:34
ツクダ「スタートレック~クリ..
at 2017-10-07 23:41
6A「パウルス第6軍」を引き..
at 2017-10-02 20:23
最新のコメント
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
>このゲームの真の面白さ..
by ぴょん at 10:28
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:52
このゲームと「戦争と平和..
by ポール・ブリッツ at 17:30
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 19:20
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:ティディス城塞 ( 2 ) タグの人気記事

S&T誌278号「TOBRUK 1941」をソロプレイ③+オマケ

 S&T誌278号付録ゲーム「TOBRUK 1941」ソロプレイの続きである。ドイツ軍にとって頼みの綱である2つの装甲師団は、Bir El Gubiでの消耗戦に巻き込まれ戦力が半減。これは、英第30軍団も同様の事なのだが、その間に英第13軍団がBardia方面の枢軸軍を一掃し、一路Tobrukを目指す。

第8ターン(1941年12月2日~3日)
 独第15装甲師団(+伊軍)と第7機甲師団の残余はBir El Gubiの寒村を巡り果てしない消耗戦を継続。独第21装甲師団は、その間に2NZ師団を突破し英軍によるTobruk連絡線の遮断を試みる。

b0162202_18365787.jpg

↑↑↑第8ターン終了時。Tobruk連絡線はかろうじて維持されている状態。

第9ターン(1941年12月4日~5日)
 独第15装甲師団は遂に力尽き壊滅。しかも、司令部までが除去されたために再編成も不可能となる。独第21装甲師団は、2NZ師団の遅滞戦術に苦しめられながらも少しづつ東進。独アフリカ軍団は、Tobrukよりの連絡線を確保していた英軍を排除する事に成功。これによりTobrukへの連絡線はドイツ軍により再び遮断された。

b0162202_18371433.jpg

↑↑↑第9ターン終了時。第15装甲師団が遂に壊滅。この損害がVPに与える影響は大きい。

第10ターン(1941年12月6日~7日)
 第1ターンから続いたBir El Gubiを巡る戦いは、伊軍が壊滅した事により英軍の勝利となって終了。2SA師団の増援を受けた英第13軍団は、Tobrukへの連絡線を回復するために独アフリカ軍団を攻撃。一時連絡線の回復に成功するが、その後反撃を受け結局連絡線の回復には至らずゲーム終了となった。

b0162202_18372986.jpg

↑↑↑第10ターン終了時。結局、英軍はTobrukへの連絡線を回復する事はできなかった。

集計した両軍VPは以下の通り
枢軸軍…28VP
連合軍…52VP
という事で英軍の勝利となった。
 マップ上のVPヘクスはほとんど英軍が抑えている上に、第15装甲師団の壊滅によるVPが英軍の勝利に大きく貢献したと思われる。ちなみに航空機の損害は枢軸軍4ユニット、連合軍6ユニットである。3ユニット以上の差がつけば枢軸軍はVPにかかわらず「引き分け」の結果となるのだが、1歩及ばず。余談ながら、Bardia方面が他のクルセイダー作戦のゲームに比べ英軍が突破しやすいと感じた。

オマケ
 少し前の話だが、5月5日の子供の日にJr.と<ツクダホビー>「天空の城ラピュタ ティディス城塞」より「ドーラの飛行船襲撃ゲーム」を対戦した。

b0162202_19271343.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。Jr.はドーラ側、こちらは飛行船側を担当。Jr.の読みが外れ、ゲーム終了までシータを発見できずに終了。
[PR]
by slgplayer | 2014-05-08 19:32 | SLG | Comments(0)

SPI/HJ「アラモ」をソロプレイ④とツクダ「ティディス城塞」をソロプレイ

 日曜は家族で「三鷹の森 ジブリ美術館」へ。日曜ということもあり大混雑だった。5歳の息子は満足していたようで、特に屋上のロボット兵とネコバス、売店にあった大スケールの「サヴォイアS21」にかなり食い付いていた。

勢いあまって帰宅後<ツクダホビー>「ティディス城塞」をソロプレイ。

b0162202_19224580.jpg

↑↑↑ゲーム中の状況。
これは元々ソロプレイ用のゲームである。プレイ後、ツクダホビーアニメゲームプレイ後に感じる疲労感を久々に体感。ちなみに結果は序盤、ゴリアテや砲塔の対空射撃に苦しめられるものの、要塞の砲塔はロボット兵によって一掃され、最後は無事パズーがシータを救出し脱出に成功するという映画通りの展開。めでたしめでたし。

SPI/HJ「アラモ」ソロプレイの続きである。

第4ターン
 メキシコ軍は南北の突破口より砦の中へなだれ込んでいく。新たに投入された強力な予備縦隊は砦南西の角へ向かいBonhamと8人のケンタッキー兵を半包囲する。
 第1縦隊の指揮官Cosは1隊を率い西側の外壁中央に設置された無人の8pdr砲を奪おうとするが、Travisが10名のテキサス兵と共に駆けつけこれを阻止。激しい白兵戦を展開する。
 外壁の上で防戦を行うテキサス側もメキシコ軍の数に押され、イングランド義勇兵7名とテキサス兵9名が命を落とした。しかし、メキシコ軍の損害も多く、このターンだけで第1~予備縦隊合計で約100名の兵を失う。これにより、メキシコ軍の損害累計がこのターンの撤退損害数である『500』を越えてしまい、攻撃中止が命令された。
 メキシコ側が受ける損害により撤退の判定がされるのは5ターン目までなので、あと1ターン粘れば撤退せずに済んだのだが1歩及ばず、ゲームはテキサス側の勝利に終わった。

b0162202_19274553.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の状況。
 メキシコ軍は砦内にかなりの戦力を侵入させている。アラモ守備隊の全滅は時間の問題だっただけに、攻撃中止命令は残念である。

その後・・・
 『包囲継続表』にてダイス判定を行う。結果は『5』・・・内容は「テキサス軍のファニン大佐はメキシコ軍の包囲を突破しようとして失敗。ファニン大佐は解任された。3日後、メキシコ軍はアラモ砦に対し再び総攻撃を行い守備隊は全滅する。」というものであった。

包囲の期間が13日から16日に延びただけで、この後の展開は史実どおりとの事である。

感想:テキサス側のサドンデス?勝ちは正直初めてである。第1ターンと第3ターンのメキシコ軍の損害が大きかったのが直接の原因だが、かといって遮蔽物があるわけではないので損害はダイス目次第に近いものがある。対戦の場合は地図登場エリアを決められるので、もうちょっと損害を減らせるかもしれない。
[PR]
by slgplayer | 2012-02-20 19:47 | SLG | Comments(0)