主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新の記事
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-08-17 20:22
GMT「Clash of G..
at 2017-08-11 19:22
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-08-09 20:44
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-08-01 20:31
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-29 10:49
最新のコメント
> 通りすがりさん こ..
by slgplayer at 20:54
なんとも懐かしい。 そ..
by 通りすがり at 16:09
ぴょんさん いつも..
by slgplayer at 22:42
いつも楽しく拝見させてい..
by ぴょん at 19:11
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:シーレーン防衛戦 ( 5 ) タグの人気記事

現代海戦ゲームを対戦

今月の対戦は現代海戦SLG。現代と言っても、約30年前の1980年代後半をテーマとしているため、狭い意味で現代戦とは言えないのかもしれない。

最初にプレイしたのは、TSR「The Hunt for Red October」より最大のシナリオ「第3次世界大戦」。当方はNATO軍を担当。

第1ターン
イニシアチブを握ったソ連軍は、ノルウェーへ侵攻。ノーフォークからは米陸軍を運ぶ輸送船団が出港。バックファイアーの集中攻撃により、米空母「ニミッツ」が撃沈される。

b0162202_1036403.jpg

↑↑↑第1ターン終了時。ソ連軍はノルウェーを集中攻撃。

b0162202_1036561.jpg

↑↑↑バックファイアーの集中攻撃を受ける米空母機動部隊。F14が迎撃に飛び立つが、数が多く防ぎ切れない。ダイス目も振るわず、空母「ニミッツ」は撃沈されてしまう。艦載機は健在なノルウェーの空軍基地へなんとか移動。

b0162202_1037113.jpg

↑↑↑北米より出港するNATO軍輸送船団。行く手にはソ連軍の潜水艦が待ち受ける。

第2ターン
イニシアチヴを獲得したNATO軍は、反撃を開始。まずはソ連軍の潜水艦狩りを行う。ソ連軍はハンターキラーグループを編成しNATO軍の潜水艦を狩りだそうとするが、反撃にあい壊滅。ノルウェーでは、NATO軍VSソ連軍の激しい空中戦が展開。双方大きな損害を被るが、ソ連軍の損害は航続距離の長いSu-27及びMig29に集中。ソ連軍攻撃の要であるバックファイアー部隊は、NATO軍の艦隊を攻撃するが、NATO軍のダイス目が冴えフリゲート艦4隻と引き換えにこちらも大損害。 

b0162202_10373615.jpg

↑↑↑第2ターン終了時。航続距離Mの戦闘機部隊が壊滅し、頼みのバックファイアー部隊も大打撃を被った。ソ連軍プレイヤー士気崩壊のため、第2ターン終了時にてゲーム終了となった。VPはNATO軍『44』、ソ連軍『55』。

解り難いルールや見難い戦闘ディスプレイなど、僅か2ターンのプレイながら「練り込みが足りないゲーム」という印象。ルール量は少ないものの、記述不足からか細部に渡ると判断に迷う部分あり。このシナリオに限られるが、米空母1隻のVPよりソ連軍フリゲート艦2隻のVPの方が上というのも如何なものか。しかしながら、ゲーム展開は、小説「レッドストームライジング」を感じさせるものがあり、機会があればもうちょっとプレイしてみてもいいかも。

次にプレイしたのは、翔企画のSSシリーズ「シーレーン防衛」。当方は今度はソ連軍を担当。

b0162202_10375396.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。ソ連軍VP『45』に対し、西側連合軍のVPは『39』。西側連合軍の損害は潜水艦4隻と海上自衛隊の1隻のみながら、ゲームシステムに習熟していたソ連軍が西側連合軍の動きを効果的に封じ込むことに成功し勝利を治める。

次の対戦は未定ながら、久しぶりにナポレオニックか南北戦争モノあたりがいいかな。
[PR]
by slgplayer | 2016-08-28 10:46 | SLG | Comments(0)

翔企画「シーレーン防衛戦」をソロプレイ④

 そういえば、4月からTBSで「宇宙戦艦ヤマト 2199」を放映しているのだった。この前の日曜は第2話。ヤマトはイスカンダルへ旅立った。観ていて旧作に比べてなんか内容が薄い?と思ったら、旧作2・3話がまとめて新作第2話になっていた。「2199」のあれはあれでアリだと思うが、素直なリメイクも観て見たい気がする。

 翔企画「シーレーン防衛戦」ソロプレイの続きである。ゲームはあと2ターンを残すのみ。米軍が逆転を果たすか、それともソ連軍が逃げ切るのか?

第6ターン
ソ連軍移動:今や両軍の戦力差は歴然としている。ソ連軍各艦艇は身を犠牲にし、日米両艦隊の移動を阻止。現在ソ連軍支配中のVPへクスを死守する。
西側移動:日米両軍は、戦闘には勝利しつつあるのだが、戦争そのものの勝敗は微妙なVP状況となっている。
 四国沖に米軍CV「カールビンソン」が到着し、ソ連軍の支配下にある対馬海峡を攻撃圏内に収めた。
 津軽海峡に続き、宗谷海峡に米軍ロサンゼルス級潜水艦が侵入。既に宗谷海峡にソ連軍艦船の姿は無く、海峡の支配は確実となった。

b0162202_22212118.jpg

↑↑↑対馬海峡~シーレーン海域の状況。米軍CV「カールビンソン」が四国沖に到着。これにより対馬海峡が空母艦載機の攻撃圏内となる。

b0162202_2221595.jpg

↑↑↑北太平洋海域の状況。米軍の優勢を覆す戦力は、もはやソ連軍には残っていない。

戦闘:シーレーン海域ではソ連軍が一撃離脱に徹したため、両軍共に損害はなし。北太平洋のソ連軍はCV「リガ」を除きすべて米軍により撃沈された。
 四国沖に展開中のCV「カールビンソン」艦載機が、対馬海峡においてソ連軍ウラジオストック艦隊の象徴と言えるCVH「ミンスク」を撃沈した。

ソ連軍VP:47 西側VP:43

第7ターン
ソ連軍移動:ウラジオストック艦隊は、シーレーン海域において海上自衛隊、米艦隊の移動を妨害。その上で対馬海峡の防備を可能な限り(といってもCG×1を移動させるのみだが)強化する。
 北太平洋ではVPへクスの支配を諦め、唯一残存するCV「リガ」を退避させるが、多分逃げ切れないだろう。
西側移動:シーレーン海域の海上自衛隊と米艦隊は、ソ連軍の移動妨害により対馬海峡の奪回が困難となった。未だ妨害を受けていない四国沖よりからの長距離ミサイル及び空母艦載機の空襲にソ連軍撃破の望みをかける。
 北太平洋においては、米軍艦艇が津軽海峡、宗谷海峡へ進出。また、ロサンゼルス級潜水艦1隻をウラジオストック沖に展開させ港を封鎖する。
 逃走する最後のソ連軍CV「リガ」へ止めを刺すべくBB「ニュージャージー」を中心とする水上戦闘部隊が樺太沖まで前進。

b0162202_22233277.jpg

↑↑↑対馬海峡~シーレーン海域の状況。同じ事の繰り返しのように思えるが、実際こうなってしまうと、ソ連軍にはこうする位しかやる事がない。

b0162202_22223499.jpg

↑↑↑ソ連軍CV「リガ」を追い詰める米軍。

戦闘:海上自衛隊及び米軍によるソ連軍艦艇の掃討は進み、対馬~シーレーン海域においてソ連軍はDD×2、SS×2を失う。しかし、対馬海峡には損傷しているとはいえソ連軍艦艇が踏み止まり、海峡の支配を継続。
 樺太沖まで追い詰められたソ連軍CV「リガ」は米軍BB「ニュージャージー」の砲撃を受け壮絶な最後を遂げた。

b0162202_2223130.jpg

↑↑↑ゲーム終了時の状況。太平洋は西側連合軍のものとなった。

ソ連軍VP:50 西側VP:60

b0162202_2225291.jpg

↑↑↑各ターンにおける両軍の損害。

 第4ターンの北太平洋における戦いがターニングポイントとなった。このゲームのソ連軍は第2次世界大戦のドイツ海軍同様に、状況が優勢であっても決戦を挑んではいけない事を再確認。
[PR]
by slgplayer | 2013-04-18 22:42 | SLG | Comments(0)

翔企画「シーレーン防衛戦」をソロプレイ③

 所有しているSLGの中で、うちのJrでもプレイ可能なゲームを考えているのだが、中々思いつかない。前に自作したガンダムモノがある事はあるのだが、できればちゃんと製品化されたモノがいい。でも・・・やはりまだ無理か?

 翔企画「シーレーン防衛戦」ソロプレイの続きである。これまでの所、ソ連軍有利に戦いは展開している。しかし、この後米軍には強力な増援部隊が続々と到着する。ソ連軍優勢のVPも今後はどんどんその差が縮んでいくと思われる。

第4ターン
ソ連軍移動:カムラン湾方面より新たに2隻の潜水艦が、またペトロパブロフスクからCV「リガ」を中心とする空母機動部隊が到着した。
 ウラジオストック艦隊は対馬海峡の支配を維持しつつ、東シナ海を後退中の西側艦艇を追撃。
 シーレーン海域では、海上自衛隊主力部隊を少しでも長い間拘束しておくために、ソ連軍小艦隊が決死の一撃離脱攻撃を行う。
 北海道周辺海域では、到着した空母機動部隊が、既に展開中の艦船と共同し米艦隊の行動を妨害。その上で、水上打撃部隊が手薄な米艦隊に対し攻撃をかける。こうしてこのターン、北太平洋全域において大小多数の戦闘が発生。
西側移動:海上自衛隊の主力艦船がシーレーン海域に釘付けとなり、東シナ海へ向かう事ができた西側艦船は潜水艦「ゆうしお」1隻のみであった。シーレーン海域の掃除が済むまで、東シナ海の日米両艦艇は耐えるしかない。
 北太平洋では、前進してきたソ連軍水上打撃部隊に対し、米軍は水上戦闘の切り札BB「ニュージャージー」を投入しこれを迎撃した。

b0162202_1974051.jpg

↑↑↑対馬海峡~シーレーン海域の状況。海上自衛隊の主力はソ連軍の移動妨害によりシーレーン海域に釘付けとなる。

b0162202_1975851.jpg

↑↑↑北太平洋浪高し。ソ連軍は到着したばかりのCV「リガ」の援護下、水上打撃部隊が米艦隊を攻撃。米軍はこれをBB「ニュージャージー」で迎え撃つ。

戦闘:海上自衛隊は、シーレーン海域に突入したソ連軍のほとんどを撃退する。しかし、ソ連軍アルファ級潜水艦によりDD「はつゆき」が撃沈された事により、ソ連軍によるシーレーン海域1へクスの支配を許してしまう。
 東シナ海では、海上自衛隊の潜水艦「ゆうしお」がソ連軍エコー級潜水艦を撃沈。後退中であった米艦隊との合流に成功した。
 北太平洋の戦いは、前ターンに続きソ連軍が重要海域の支配を維持したものの、米軍の損害FFG×1、SSN×1に対しソ連軍はCG×2、DD×3、SS×1を失う。ここまで戦いはソ連軍有利に展開していたのだが、この損失により戦いの潮目が変わりつつある。

b0162202_1981195.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の状況。北太平洋全域で繰り広げられた戦いは、米軍の勝利に終わった。

ソ連軍VP:35 西側VP:18
 VPではまだソ連軍有利の状況だが、北太平洋におけるソ連軍の損害は思いのほか大きい。後悔しても沈んだ艦は戻らない。

第5ターン
ソ連軍移動:ソ連軍最後の増援として南方よりシェラ級潜水艦1隻が到着。早速、シーレーン海域へ向かう。
 シーレーン海域では、前ターン同様海上自衛隊主力を釘付けにし、少しでも長い時間対馬海峡の支配を維持するためするため、生き残っているソ連軍艦船はシーレーン海域に突入。
 北太平洋では、戦闘の損害により戦力が激減し米軍の移動を妨害するのが精一杯の状況となってしまった。
西側移動:増援としてCVカールビンソンを中心とする空母機動部隊が到着し、小笠原諸島近海に展開。
 シーレーン海域~東シナ海の日米両艦隊は、ソ連軍捨て身の移動妨害により移動できず。
 北太平洋では、米軍ロサンゼルス級潜水艦1隻が、ソ連軍支配の津軽海峡に侵入。その他の艦隊もソ連軍に対し積極的な反撃を行う。

b0162202_198262.jpg

↑↑↑米軍のCV「カールビンソン」が迫る中、ソ連軍は捨て身の攻撃で海上自衛隊の移動妨害を行う。

b0162202_1983843.jpg

↑↑↑前のターンの損失が響くソ連軍。

戦闘:東シナ海では、米軍のCG×1、FF×1がソ連軍の攻撃により沈没。これに対し海上自衛隊はシーレーン海域においてソ連軍CG×1、DD×2を撃沈。この海域のソ連軍水上艦艇を壊滅させた。
 北太平洋ではソ連艦隊が米軍の猛攻に晒される。ソ連軍は反撃により米軍のCG×1、DD×1を撃沈したものの、米軍の攻撃によりCG×2、DD×1を失った上、CV「ミッドウェイ」艦載機の空襲を受けたCVH「ノヴォシビリスク」が損傷した。
 津軽海峡に侵入した米軍ロサンゼルス級潜水艦は、展開していたソ連軍ヴィクター級潜水艦を撃沈。これにより津軽海峡は米軍の支配下となった。

ソ連軍VP:46 西側VP:30
 西側連合軍は、戦力的に有利な状況となったにもかかわらず中々VP差を縮める事が出来ない。ソ連軍捨て身の移動妨害は日米両軍にとって案外鬱陶しい。このまま地道にソ連軍艦艇を撃破しVPを稼ぐしかないのか?

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2013-04-16 19:26 | SLG | Comments(0)

翔企画「シーレーン防衛戦」をソロプレイ②

 翔企画「シーレーン防衛戦」ソロプレイの続きである。ゲームは全7ターンで終了。その間に獲得したVPにより勝敗が決定される。日米両軍は西日本を主に海上自衛隊、東日本を米海軍というように防衛海域を大まかに分担。その作戦に従い反撃の準備を行う事となった。

第2ターン
ソ連軍移動:カムラン湾方面より到着したソ連軍小艦隊(CG×1、DD×2)は沖縄南東のシーレーン海域に突入。前のターンに後退したソ連軍の潜水艦2隻もこれを援護するため再びシーレーン海域に侵入した。
 日本海では、舞鶴の海上自衛隊第3護衛隊群を葬ったウラジオストック艦隊(CVH×1、CG×3、DD×2)が、エコー級潜水艦1隻を伴い対馬海峡へ侵攻。対馬海峡にて警戒中の西側艦船に対し攻撃を行う。
 北海道周辺海域では、米軍の空母機動部隊を引き付けておくため、津軽海峡へフリゲート艦を移動させる。
西側移動:ハワイよりの増援部隊第1陣として、ロサンゼルス級、スタージョン級潜水艦各1隻が到着。北海道周辺海域へ向かう。
 ソ連小艦隊の突入を受けたシーレーン海域に展開する海上自衛隊の艦艇はASW任務中であったDDH「しらね」「はるな」の2隻のみであり、2艦とも対艦攻撃力は「0」。海上自衛隊の他の艦艇はソ連軍潜水艦の妨害により移動を行えない状態となっていた。結局「はるな」「しらね」の援護に向かえたのは、米軍のスタージョン級潜水艦1隻のみ。
 三陸沖の米軍空母機動部隊は、CV「ミッドウェイ」と護衛のDD1隻を三陸沖に残し、新型のイージス艦「バンカーヒル」を中心に水上打撃部隊を編成し北上。宗谷海峡のソ連艦隊を牽制する。

b0162202_22522785.jpg

↑↑↑シーレーン海域を巡る攻防。

b0162202_2252463.jpg

↑↑↑対馬海峡の突破を図るソ連艦隊。

b0162202_237282.jpg

↑↑↑北海道周辺海域。新型のイージス艦「バンカーヒル」を中心とした米軍水上打撃部隊が北上。

戦闘:対馬海峡では、数に劣る西側艦隊は無用な損害を避けるため積極的な行動を行わず海峡より撤退。
 シーレーン海域では、海上自衛隊のハンターキラーグループがソ連軍潜水艦(ノヴェンバー級)1隻を撃沈した。ソ連軍小艦隊の攻撃を受けた海上自衛隊のDDG「しらね」「はるな」はなんとか撤退に成功するものの、ソ連軍によるシーレーン海域1へクスの支配を許してしまった。
 北海道周辺海域では、津軽海峡の太平洋側出口付近にて海上自衛隊の潜水艦「うずしお」がソ連軍潜水艦1隻(ヴィクター級)を撃沈。また、その後の空母艦載機による空襲で津軽海峡に展開するソ連軍フリゲート艦1隻を撃沈した。

ソ連軍VP:16 西側VP:7
対馬、津軽、宗谷の各海峡をすべて制圧したソ連軍が西側を引き離した。

b0162202_22531557.jpg

↑↑↑第2ターン終了時の状況

第3ターン
ソ連軍移動:対馬海峡より日米艦隊を退けたソ連ウラジオストック艦隊は東シナ海へ前進。対馬海峡の支配をより強固なものとする。
 シーレーン海域においては、海上自衛隊の集結を妨害しつつVPを獲得するため各艦を展開させるが、この方面では戦力的に劣勢なため苦しい戦いが予想される。
 ペトロパブロフスクよりCG×2およびアルファ級潜水艦1隻が到着。既に行動中の艦隊と合流後、北上しつつある米艦隊(CG×1、DDG×1、FF×1)に対し攻撃を加える。
西側移動:東シナ海の日米各艦隊はソ連艦隊により捕捉されたため移動が不可能となる。増援も望めず、数で劣る日米各艦隊であるが今は耐えるしかない。
 シーレーン海域においても、ソ連軍によりこの海域に展開する海上自衛隊艦艇の2/3が移動を妨害されたが、残った移動可能な艦艇でソ連軍VPへクスを押さえ反撃を試みる。
 北海道沖には、CV「キティホーク」を中心とする強力な米空母機動部隊が到着。ソ連艦隊を艦載機の攻撃圏内に納めた。

b0162202_22533086.jpg

↑↑↑第3ターン、両軍移動終了。

戦闘:東シナ海では数に劣る西側艦艇は後退。この際米軍CG×1および海上自衛隊DDG「はたかぜ」が損傷した。
 シーレーン海域では、海上自衛隊各艦の活躍によりソ連軍のヴィクター級潜水艦1隻を撃沈しソ連軍を退ける事に成功した。
 北海道沖では、ソ連軍水上打撃部隊と米軍水上戦闘部隊との間で戦闘が展開される。この戦いは、数で優りダイス目の幸運にめぐまれたソ連軍が勝利。米艦隊はDDG1隻が沈没、FFG1隻が損傷の後撤退。その後ソ連軍水上打撃部隊は、到着したばかりの米軍CV「キティホーク」艦載機の空襲を受けCG×1、DD×1が損傷した。
 単独でソ連軍CVH「ノヴォシビリスク」攻撃に向かった米スタージョン級潜水艦は、反撃を受け返り討ちとなった。
 ソ連軍制圧下の津軽海峡へ侵入した海上自衛隊潜水艦「うずしお」はソ連軍ヴィクター級潜水艦に撃沈された。 これに反撃する形で米軍CV「ミッドウェイ」の艦載機が津軽海峡にてソ連軍フリゲート艦を撃沈。

ソ連軍VP:25 西側VP:9
これまでの所、ソ連軍有利に展開している。しかし、米海軍は戦艦「ニュージャージー」を中心とする水上戦闘部隊および空母「カールビンソン」を擁する空母機動部隊が日本周辺海域を目指し急行中である。

b0162202_22541250.jpg

↑↑↑第3ターン終了時、西日本周辺海域の状況。海上自衛隊はシーレーン海域よりソ連艦隊を退けた。一方、ソ連軍は対馬海峡を制圧。

b0162202_22542443.jpg

↑↑↑第3ターン終了時、東日本周辺海域の状況。米海軍はソ連艦隊に対し確実に損害を与えているものの、肝心のVPへクスは未だソ連軍の支配下にある。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-04-13 23:14 | SLG | Comments(0)

翔企画「シーレーン防衛戦」をソロプレイ①

 今回のソロプレイは翔企画「シーレーン防衛戦」。SSゲームシリーズの中の1作である。このゲームが発売されたのは、ルールブックの奥付によると1989年となっている。VG/HJ「第7艦隊」やツクダ「シーレーン」と、ある種ブームのように東アジアにおける西側と東側の対決をテーマとした仮想戦SLGが発売されていた頃のゲームである。

 状況設定としては1995年にソ連が北海道へ侵攻し、それと同時にソ連極東艦隊が対馬・津軽・宗谷の3海峡を突破し太平洋進出を試みるとなっている。ゲーム位置づけとしては同じSSシリーズの「北海道侵攻」の姉妹版ゲームということらしい。

簡単にゲームの説明をすると次のようになる。まず、プレイの手順。
(1)ソ連軍移動
(2)西側移動
(3)戦闘
(4)対艦ミサイル攻撃
(5)空襲
(6)VP集計

 移動は常にソ連軍が先に行うのだが、敵艦と同一へクスの艦艇は移動が出来なくなるというルールによって、上手く艦艇を移動させれば、日米軍の移動をある程度制限する事ができるようになっている。ただし、潜水艦は潜水艦によってのみ移動を妨害されるとなっており、艦種による特徴を現している。
 戦闘フェイズが3つに分かれているが、(3)戦闘は同一へクスの戦闘解決、(4)対艦ミサイル攻撃(5)空襲は隣接へクスにおける戦闘解決でその上各艦の能力や条件により行えるユニットが限られている。
 ゲームの基本システムはSSシリーズの特徴である『「6」でろ』システム。各ユニットの対艦・対潜・航空攻撃力分ダイスを振り、「6」の目が出た分だけ相手に損害を与えるというものである。

 発売当時、はっきり言ってそれほど評価の高いゲームではなかったと記憶している。なんと言っても陸上基地が一切考慮されていない。お手軽さが売りのSSゲームシリーズだったためルール量を減らす大胆な切捨てが必要なのは解るのだが、これはやりすぎでは?という意見が多かった記憶がある。また、移動ルールと手順の関係で、ソ連軍の損傷したフリゲート艦が日米軍主力艦隊と同一へクスに突入してきた場合、主力艦隊が移動不能になるというかなりゲーム的なユニットの移動が多発する問題もあった。この辺を承知の上で、あえて今回四半世紀ぶりにゲームマップを広げて見たいと思う。

b0162202_19393652.jpg

↑↑↑初期配置。

b0162202_19395881.jpg

↑↑↑ウラジオストックのソ連極東艦隊。

b0162202_19401982.jpg

↑↑↑横須賀、佐世保、舞鶴に展開する日米軍。

第1ターン
ソ連軍移動:CVH「ミンスク」を中心とするウラジオストック艦隊は、積極的な行動を開始。舞鶴の海上自衛隊第3護衛隊群(DDH×1、DDG×1、DD×2)を包囲する一方、対馬海峡付近にフリゲート艦を派遣し佐世保に駐留する米および海上自衛隊第2護衛隊群の動きを牽制。また、VP獲得のためヴィクター級潜水艦2隻を津軽海峡に向かわせた。ペトロパブロフスクから到着したソ連艦隊(CVH「ノヴォシビリスク」×1、CG×2、DD×2)は宗谷海峡へ侵入し海峡制圧に成功。カムラン湾から北上してきたソ連軍潜水艦(ヴィクター級×1、ノヴェンバー級×1)は早速シーレーンに侵入した。
西側移動:舞鶴の艦隊はソ連軍により包囲されたため移動が不可能な状態となった。これを救出するため佐世保よりスタージョン級潜水艦1隻を援護のため派遣。佐世保の第2護衛隊群はDDG「はたかぜ」を除きシーレーン防衛のため南下。DDG「はたかぜ」は米艦隊と共同で対馬海峡の封鎖にあたる。横須賀の第1護衛隊群もシーレーン防衛のため出撃しソ連軍の潜水艦狩りを行う。米第7艦隊の中核であるCV「ミッドウェイ」他空母機動部隊は北上し三陸沖に展開。海上自衛隊の潜水艦1隻がこれに先行し津軽海峡へ向かった。

b0162202_19404524.jpg

↑↑↑第1ターン、両軍移動終了。

戦闘:舞鶴の海上自衛隊第3護衛隊群(DDH×1、DDG×1、DD×2)は、ソ連軍との激しい戦闘の末全艦が撃沈された。援護に向かった米軍のスタージョン級潜水艦もこの時の戦いで沈没。ソ連軍の損害はCG×1、DD×2が損傷したに止まった。
 シーレーンにおけるASW戦闘では、ソ連軍潜水艦をシーレーンより遠ざける事には成功するものの、この海域に展開しているソ連軍潜水艦2隻は健在。この戦闘で海上自衛隊のDD「あさぎり」が損傷した。日米軍がほぼ一方的に損害を被ったかに思えた第1ターンであったが、CV「ミッドウェイ」艦載機が佐渡島沖を航行中だったソ連軍CG「フルンゼ」を撃沈、なんとかソ連軍に対し一矢を報いることができた。

ソ連軍VP:9 西側VP:4

b0162202_194111100.jpg

↑↑↑第1ターン終了時の状況。

b0162202_19412676.jpg

↑↑↑三陸沖に展開中のCV「ミッドウェイ」と海上自衛隊の潜水艦「うずしお」

b0162202_19414434.jpg

↑↑↑シーレーンからソ連軍潜水艦を退けた海上自衛隊。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2013-04-11 19:54 | SLG | Comments(0)