主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-23 09:25
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-19 09:45
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-16 20:06
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-12 09:54
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-08 20:29
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:インペリウム ( 4 ) タグの人気記事

GDW/HJ「インペリウム」をソロプレイ④

GDW/HJ「インペリウム」ソロプレイの続きである。「皇位継承」のドタバタにより、一時的に主力艦を引き抜かれた帝国軍は不利な状況に陥る。地球連邦はこの機を逃さず、帝国軍に対する全面攻勢を行う。

第5ターン
地球連邦:整備費を差し引いた25Rにて生産(CS×1、DD×1、MB×1、SC×3、AO×1、降下兵4戦力)を行う。皇位継承に伴うドタバタに対応するため、帝国艦隊の主力艦が引き抜かれた今が好機である。
地球連邦軍は、艦隊を二手に分けその一方をシリウスへ派遣。帝国軍を後退させシリウスの制宙権を確保する。
もう一方の艦隊はアジッダを急襲。アジッダの帝国軍守備隊と前哨基地を排除。これにより帝国軍の功績ポイントは「5」に低下。
更に第2移動フェイズにて地球艦隊(DD×1、MB×3、SC×2)はヌスクへ侵攻。MBによるミサイル集中射撃により帝国軍モニター艦の破壊し制宙権を確保する事に成功。

b0162202_2010443.jpg

↑↑↑ヌスクへ侵攻する地球艦隊。帝国軍ご自慢のモニター艦は、地球艦隊のミサイルボートによる集中ミサイル射撃により破壊される。

銀河帝国:ヌスク、デュシャームとの連絡が途絶えた事もあり、このターンの収入は20Rに減少。生産はM×1、DD×2、SC×4、TR×1、降下兵4戦力×1。帝国の干渉は特になし。
ここで地球連邦軍に打撃を与えておかなければ、戦力差は広がるばかりとなってしまう。それどころか、連絡線を遮断されている第1種星系ヌスクを失う事があれば、この戦争そのものを失う(というか帝国軍プレイヤーは総督としての地位を失う)事を意味する。
現時点での主力艦隊(CL×1、DD×3、SC×2)にてヌスクの地球艦隊(DD×1、MB×3、SC×1)を攻撃。ダイス目の幸運に恵まれた事もあり、DD×2の損害と引き換えに地球艦隊のMB×3、SC×1を破壊。生き残った地球艦隊(DD×1)はアジッダへ後退。

b0162202_20105578.jpg

↑↑↑ヌスク封鎖中の地球艦隊に対し、反撃を行う帝国艦隊。

同時に行われたシリウスの制圧には失敗。帝国軍は地球連邦軍の侵攻に備え、エプシロン・エリダニにCLを移動。残るDD×1、SC×2はアジッダへ進軍し地球艦隊(DD×1)を撃破。

b0162202_2011697.jpg

↑↑↑第5ターン終了時。帝国軍は、地球連邦軍の攻勢をなんとか凌ぐことに成功したかに思えた・・・。

第6ターン
地球連邦:整備費を差し引いた24Rにて生産(MS×1、MB×2、F×2、降下兵6戦力×1、前哨基地×1)。
完成したばかりの新鋭CS(打撃巡洋艦)を中心とする主力艦隊(CS×1、MB×3、DD×2、SC×5)は降下兵4戦力を伴いシリウス回廊を通過し第1種星系エプシロン・エリダニへ侵攻。地球艦隊は、迎撃してきた帝国軍CLを排除し、地上に対する爆撃を行う。CSとMBがその威力を遺憾なく発揮し、エプシロン・エリダニのワールドを無力化。降下した第101降下兵師団は、帝国軍守備隊を壊滅させエプシロン・エリダニを占領する事に成功。これにより帝国軍功績ポイントは「1」に低下する。

b0162202_20113891.jpg

↑↑↑シリウス回廊を通りエプシロン・エリダニに侵攻する地球艦隊。

更に第2移動フェイズにおいて、地球艦隊はシュルパックへ侵攻し帝国軍AOを撃沈する事に成功。地球艦隊はシュルパックを封鎖。
ヌスクへもDDを派遣し封鎖を試みるが、帝国軍DDとの交戦で地球連邦軍DDが撃沈されたため失敗に終わる。

b0162202_20115474.jpg

↑↑↑地球艦隊は、シュルパックまで侵攻する事に成功。

銀河帝国:整備費を差し引いた18Rにて生産(MS×1、F×5、SC×3、TR×1)。エプシロン・エリダニの失陥により、功績ポイントは一気に「1」ポイントにまで低下。これを回復できなければ、帝国軍の敗北が決定する。
幸いにも、他の宙域に引き抜かれていたCRとCLも帰還し戦列に復帰。帝国軍は全軍(CR×1、CL×1、DD×3、SC×6)をもってシュルパックを封鎖中の地球連邦軍を攻撃。地球連邦軍は既に後退準備を始めており、追撃により被った損害はDD×1及びSC×1のみ。地球艦隊の実質的な主力と言えるMBに損害が無かった事は帝国軍にとっては不運(地球連邦軍にとっては幸運)であった。地球艦隊はタウケティへ後退。
タウケティへ後退した地球艦隊はCSと合流。続くリアクション移動において地球艦隊(CS×1、MB×3、SC×3)はシュルパックの帝国軍に対し反撃を行う。数で優勢だった帝国軍だったが、ダイスの女神は地球連邦軍に微笑む。頼みの帝国軍CRも、地球艦隊のMBによりあっけなく撃破される。戦闘終了時、戦場に生き残っていたのは地球連邦軍のMB×1のみ。
シュルパックでの艦隊決戦に敗れた帝国軍は、モニター艦を除く全戦闘艦艇を喪失。このターン中のエプシロン・エリダニ奪還は絶望的となり終了。

b0162202_20121344.jpg

↑↑↑シュルパック会戦は、かろうじて地球連邦軍の勝利となって終了。帝国軍にはもう艦がない。

帝国軍の功績ポイントは「1」に低下し、継戦するために必要な功績ポイントを下回る。こうして、第1次戦争は地球連邦軍の勝利となって終結したのであった。

b0162202_20125214.jpg

↑↑↑ヌスクには再び帝国軍のモニター艦が配備されるが、時既に遅く第1次戦争は終結。結局アジッダは地球連邦軍の支配する所となった。

b0162202_2013613.jpg

↑↑↑ゲーム終了時。キャンペーンの場合はこの後数ターンの平和を挟んだ後、第2次戦争が開始される。

「帝国の干渉」により帝国軍主力艦が引き抜かれてしまった事が帝国軍の敗北に繋がった感じではあるが、このゲームではよくある事。ダイス目によっては逆のパターンもあるのだ。

学生時代にこのゲームのキャンペーンに挑戦した際には、第6か第7次戦争で力尽きてしまっている。生きている内に1度はキャンペーンを完遂したいなあ。
[PR]
by slgplayer | 2017-10-25 20:23 | SLG | Comments(4)

GDW/HJ「インペリウム」をソロプレイ③

GDW/HJ「インペリウム」ソロプレイの続きである。戦闘はジャンプ路の関係で2つの回廊を巡り展開する。また、戦闘は宇宙戦闘・地上戦闘を問わず、両軍の戦力は凄まじい勢いで消耗して行く。

第3ターン
地球連邦:収入は28Rで前のターンと変わらず。艦隊戦力がほぼ壊滅状態のため、唯一生き残っているモニター艦の整備費を差し引いた25Rにて生産(DD×2、MB×2、SC×5、一般兵4戦力×1、前哨基地×1)を行う。
アジッダとシリウスへ艦隊を送り込み、そこに配備されている帝国軍の足止め用哨戒艦艇を排除する。その後、同宙域にそれぞれ偵察艦を配備した後主力艦隊は後退し戦力を温存する。

銀河帝国:収入は22Rで前のターンと変わらず。艦隊の整備費を差し引いた14Rにて生産(DD×2、SC×2、前哨基地×1)を行う。また、このターンには、以前の戦闘で撃沈されたCRが帝国中央から補充として派遣された。
帝国軍は、再建された艦隊でシリウス及びアジッダの地球連邦軍SCを排除。その後上陸部隊をを伴いCL×1、DD×2、SC×4がプロキオンへ侵攻。地球連邦軍は、CL×1、SC×2、MB×2でこれを迎え撃つ。戦闘は熾烈を極め、両軍の戦闘艦艇は相討ちとなり全滅。生き残った帝国軍第36降下兵師団は、プロキオンへ上陸。

b0162202_16112723.jpg

↑↑↑両軍戦闘艦艇の墓場と化す第2種星系アジッダ。

b0162202_16114038.jpg

↑↑↑プロキオンに侵攻した帝国軍。戦闘艦艇は全滅したものの、地上軍の上陸には成功。

b0162202_16114922.jpg

↑↑↑第3ターン終了時。次のターン中プロキオンを維持できれば、戦況は帝国軍有利に傾く。

第4ターン
地球連邦:整備費を差し引いた25Rにて生産(DD×1、MB×2、SC×3、F×4、降下兵5戦力×1)を行う。地球連邦軍は、自軍偵察艦のミサイル攻撃力不足を補うため、拠点防御用に戦闘機を生産。
再建された艦隊をもって反撃。アジッダに駐留していた帝国軍SCを排除し制宙権を確保。また、プロキオンの帝国軍降下兵を除去し前哨基地を設置すると共に、シリウスへも艦隊を進め帝国軍AOを撃沈する事に成功。更にシリウスからマーカシーへSCを挺進させるが、帝国軍SCに阻止される。

銀河帝国:整備費を差し引いた10Rにて生産(DD×2、SC×2、AO×1)を行う。
帝国の干渉は「皇位継承」。皇帝崩御の緊急伝と共に、皇位継承を巡り帝国内が不穏な空気に包まれる。内戦は免れたものの、他宙域の危機に対応するため、艦隊主力(CR×1、CL×1、SC×1)が2ターンの間他の戦線へ引き抜かれる。
主力艦が引き抜かれてしまったが、残ったDD、SCを中心に反撃を行う。まず、アジッダの地球連邦軍SCを撃破し、ここに前哨基地を設置。その一方で、シリウスへ侵攻し地球連邦軍AOを撃沈する事に成功。
帝国軍の動きを地球連邦軍も黙って見過ごすはずもなく、ほぼ全軍を以ってアジッダの帝国艦隊を攻撃。帝国艦隊は地球艦隊の猛攻により全滅。

b0162202_1612776.jpg

↑↑↑リアクション移動にてアジッダの帝国艦隊に反撃する地球艦隊。地球艦隊の切り札MB(ミサイルボート)の活躍により、帝国艦隊は壊滅。

b0162202_16121867.jpg

↑↑↑第4ターン終了時。皇位継承を巡るゴタゴタにより主力艦を引き抜かれた帝国軍は、プロキオンの維持に失敗。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2017-10-22 16:21 | SLG | Comments(0)

GDW/HJ「インペリウム」をソロプレイ②

GDW/HJ「インペリウム」ソロプレイの続きである。古いゲームであるが故に、これまで必勝法などいろいろ語られているこのゲームだが、そんなものにこだわっていてはこのゲームを真に楽しんだとは言えない。このゲームの真の面白さは個々の戦争における勝敗とは別の所にあると考える。

マップをみれば分かるように、両軍の進撃ルートは基本的に2つしかない。すなわち「ヌスク~アジッダ~バーナード(またはその逆)」ルート、もう一つは「シリウス~プロキオン(またはその逆)」ルートである。このゲームは、この2つの回廊を巡る戦いから始まるといっても過言ではない。尚、地球連邦軍のモニター艦は、特別ルールにより辺境においても整備費の支払いにより整備が可能なため、初期配置はバーナードへ変更(10/14付ブログではアルファケンタウリにモニター艦を配置している)。

第1ターン
地球連邦:収入は27R。ここから第1種星系に配備されている艦隊とモニター艦の整備費を差し引いた17RにてAO×1、DD×1、SC×2、MB×2 一般兵(戦力3)を生産。これらの生産されたユニットは第2ターンに登場する。
まず、プロキオンへ前哨基地を設置するとともに、シリウスへSC×1を派遣。タンカー(AO)が無いため、これ以上の進出は不可能だが、開始時よりAOを保有している帝国軍を足止めするにはこうするしかない。また、少しでも収入を得るため、ヘファイストスに前哨基地を設置。
地球連邦軍の主力艦隊(CL×1、DD×2、MB×1、SC×4)は上陸部隊2個師団(1つは降下兵)と共にアジッダの帝国軍前哨基地を攻撃。アジッダに駐留していた帝国軍のSC×2は、地球艦隊を確認するや否や撤退を開始。地球艦隊の追撃をかわしヌスクへ後退する事に成功。帝国軍の反撃に備え艦隊を温存したい地球連邦軍は、地上への爆撃を行わずに地上軍の上陸を試みる。第101降下兵師団が不運にも帝国軍の対空砲により撃破されるが後続の第11師団が上陸に成功。帝国軍の砲台を破壊。

b0162202_17585352.jpg

↑↑↑アジッダへ侵攻する地球艦隊。

帝国軍は、ヌスクに駐留している艦隊(CL×1、DD×2、SC×2)を以ってアジッダ救援作戦を実施。戦闘は熾烈を極め、地球連邦軍のMB×1が辛うじて生き残り帝国艦隊は壊滅。地球連邦軍第11師団は、アジッダの帝国軍前哨基地を破壊し、新たに自軍の前哨基地を設置。帝国軍の功績ポイントは「4」に減少。

b0162202_17591130.jpg

↑↑↑アジッダ救出に出撃した帝国艦隊だったが、艦隊は壊滅し救出に失敗。

銀河帝国:収入は22R。艦隊の整備費を引いた8Rで生産を行う。地球連邦軍のMBに対抗するため、SCを大量5ユニットとDD×1を生産。帝国は全体としてみれば平穏なようで干渉は特になし。
帝国軍は本格的な反撃を開始。
まず、シリウスへ艦隊(CL×1、DD×1)を派遣し地球連邦軍のSC×1を撃破。プロキオン攻略の橋頭堡を確保する。その一方で、帝国軍主力艦隊(CR×1、DD×1)が上陸部隊を伴いアジッダ奪還を試みる。方面軍旗艦であるCRが地球連邦軍のMBと相討ちとなる不運はあったものの、最強の第44降下兵師団がアジッダへの降下に成功。設置されたばかりの地球連邦軍前哨基地を破壊。帝国軍の功績ポイントは「5」に回復。
更に第2移動フェイズにおいて、プロキオンの地球連邦軍前哨基地を攻略。帝国軍の功績ポイントは「6」となる。

b0162202_17595185.jpg

↑↑↑第1ターン終了時。地球連邦軍は、モニター艦と輸送艦を除く全戦力を喪失。

第2ターン
地球連邦:前のターンにヘファイストスへ前哨基地を設置したので、収入は1R増加し28R。整備費が必要なのはバーナードのモニター艦のみなので、それを差し引いた25Rにて生産(CL×1、DD×1、SC×4、MB×3)を行う。
前のターンに生産した艦隊が配備される。その艦隊をもってプロキオンの帝国軍を攻撃。地球連邦軍は、駆逐艦1ユニットを失うが、MBの活躍により帝国軍CLを撃沈。残った帝国軍DDはシリウスへ退却。続く地上戦では、双方の地上部隊ユニットが相討ちとなるが、ともかくプロキオンから帝国軍ユニットを排除する事に成功。
続く第2移動フェイズにおいて、地球連邦軍はシリウスへ侵攻。帝国軍(DD×1、AO×1)はすぐさま撤退を試みるが、地球艦隊のMBに捕捉されあえなく全滅。

b0162202_1821889.jpg

↑↑↑取り敢えずプロキオン~シリウス方面へ進撃路を開く地球連邦軍。

銀河帝国:収入は22R。艦隊は消耗しており、整備費はヌスクのモニター艦のみ。それを差し引いた19Rにて、シリウスにて撃沈されたタンカー(AO)補充の他、地球連邦軍のミサイル艇(MB)に対抗するため、偵察艦(SC)を中心に生産(AO×1、DD×2、SC×6、降下兵5戦力、一般兵2戦力)を行う。
帝国の干渉は「皇帝の注目」。皇帝陛下はこの宙域での戦況に注目しているため、このターンは功績ポイントの変動が通常の2倍となる。
シリウスの地球艦隊(MB×2、SC×1)に対しSC×3を送り攻撃。両軍ともにタンカーを伴っていないため後退は出来ないまま両軍全滅の結果となった。帝国軍はAOが完成するまでシリウスから先には侵攻できないが、地球連邦軍はAOを後方に温存している事から、シリウスには足止め用のSC×1を配備する。

b0162202_183238.jpg

↑↑↑シリウス~プロキオン方面。両軍共にタンカー(AO)がなければここを通過できない。

b0162202_183348.jpg

↑↑↑ヌスク~バーナード方面。バーナードには強力な地球連邦軍のモニター艦が配備され睨みを効かせている。これに対抗するためには、次のターンに帝国中央から送られてくるCR(第1ターンに喪失した分の補充)の到着を待つしかないのか?

b0162202_1834718.jpg

↑↑↑第2ターン終了時。先行の地球連邦軍が獲って、それを後攻の帝国軍が獲り返すという展開。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2017-10-20 18:27 | SLG | Comments(2)

GDW/HJ「インペリウム」をソロプレイ①

ツクダ「スタートレック~クリンゴン帝国の侵略~」の次は、SFゲーム繋がりという事で、米国での第1版発売から今年で40周年を迎えた傑作SFゲームGDW/HJ「インペリウム」をソロプレイしてみたい。

b0162202_15293726.jpg

↑↑↑言わずと知れたSFゲームの金字塔。今回のソロプレイでは、HJ版のコンポーネントを使用。ルールは後に国際通信社より再販された際の第2版を使用している。

できればキャンペーンを・・・と行きたい所だが、キャンペーン完遂には膨大な時間がかかるため、今回は「第1次戦争」のみをソロプレイする。

b0162202_15294787.jpg

↑↑↑第1次戦争における地球連邦軍初期戦力。決して十分とはいえない初期戦力ながら、地球連邦軍は銀河帝国との戦争にその全力を投入するため、戦力の整備・拡大を自由に行える(もちろん収入による制限はある)。

b0162202_15295932.jpg

↑↑↑第1次戦争における銀河帝国軍初期戦力。一見地球連邦軍を上回る初期戦力を誇るが、帝国軍プレイヤーは、辺境の司令官という立場であるため、戦力の整備・拡大には帝国中央からの制限が加わる。また、帝国内部での出来事(好・不況、他の辺境地域での戦争、内戦などなど)にも影響される。

b0162202_1530967.jpg

↑↑↑初期配置。基本的に移動はジャンプ路(赤い線)、戦闘は恒星・星系ヘクス(白・赤のボックス付の恒星)で行われる。先攻である地球連邦軍は、辺境地における整備が無条件に可能な偵察艦(SC)や輸送艦(TR)などは第2種星系に配置し艦隊維持費を圧縮。

ちなみにこのゲーム、キャンペーン完遂を夢見たゲーマーは数知れず。もちろん自分もその一人。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2017-10-14 15:34 | SLG | Comments(2)