主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-23 09:25
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-19 09:45
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-16 20:06
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-12 09:54
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-08 20:29
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


タグ:アラモ ( 4 ) タグの人気記事

SPI/HJ「アラモ」をソロプレイ④とツクダ「ティディス城塞」をソロプレイ

 日曜は家族で「三鷹の森 ジブリ美術館」へ。日曜ということもあり大混雑だった。5歳の息子は満足していたようで、特に屋上のロボット兵とネコバス、売店にあった大スケールの「サヴォイアS21」にかなり食い付いていた。

勢いあまって帰宅後<ツクダホビー>「ティディス城塞」をソロプレイ。

b0162202_19224580.jpg

↑↑↑ゲーム中の状況。
これは元々ソロプレイ用のゲームである。プレイ後、ツクダホビーアニメゲームプレイ後に感じる疲労感を久々に体感。ちなみに結果は序盤、ゴリアテや砲塔の対空射撃に苦しめられるものの、要塞の砲塔はロボット兵によって一掃され、最後は無事パズーがシータを救出し脱出に成功するという映画通りの展開。めでたしめでたし。

SPI/HJ「アラモ」ソロプレイの続きである。

第4ターン
 メキシコ軍は南北の突破口より砦の中へなだれ込んでいく。新たに投入された強力な予備縦隊は砦南西の角へ向かいBonhamと8人のケンタッキー兵を半包囲する。
 第1縦隊の指揮官Cosは1隊を率い西側の外壁中央に設置された無人の8pdr砲を奪おうとするが、Travisが10名のテキサス兵と共に駆けつけこれを阻止。激しい白兵戦を展開する。
 外壁の上で防戦を行うテキサス側もメキシコ軍の数に押され、イングランド義勇兵7名とテキサス兵9名が命を落とした。しかし、メキシコ軍の損害も多く、このターンだけで第1~予備縦隊合計で約100名の兵を失う。これにより、メキシコ軍の損害累計がこのターンの撤退損害数である『500』を越えてしまい、攻撃中止が命令された。
 メキシコ側が受ける損害により撤退の判定がされるのは5ターン目までなので、あと1ターン粘れば撤退せずに済んだのだが1歩及ばず、ゲームはテキサス側の勝利に終わった。

b0162202_19274553.jpg

↑↑↑第4ターン終了時の状況。
 メキシコ軍は砦内にかなりの戦力を侵入させている。アラモ守備隊の全滅は時間の問題だっただけに、攻撃中止命令は残念である。

その後・・・
 『包囲継続表』にてダイス判定を行う。結果は『5』・・・内容は「テキサス軍のファニン大佐はメキシコ軍の包囲を突破しようとして失敗。ファニン大佐は解任された。3日後、メキシコ軍はアラモ砦に対し再び総攻撃を行い守備隊は全滅する。」というものであった。

包囲の期間が13日から16日に延びただけで、この後の展開は史実どおりとの事である。

感想:テキサス側のサドンデス?勝ちは正直初めてである。第1ターンと第3ターンのメキシコ軍の損害が大きかったのが直接の原因だが、かといって遮蔽物があるわけではないので損害はダイス目次第に近いものがある。対戦の場合は地図登場エリアを決められるので、もうちょっと損害を減らせるかもしれない。
[PR]
by slgplayer | 2012-02-20 19:47 | SLG | Comments(0)

SPI/HJ「アラモ」をソロプレイ③

昨夜も雪が降りかなり寒かった。そのせいか今日も寒い。明日は家族で外出予定なのだが、やはり寒いのだろうか?3月にも家族でスキーに行こうと思っているが、今年は春スキーでも雪の心配はしなくてよさそうだ。

SPI/HJ「アラモ」ソロプレイの続きである。

第2ターン
 テキサス側はメキシコ軍の砦への侵入を防ぐために戦力の分散を強いられる。また、南側の張り出しにある大砲を守るためDckrson大尉がペンシルベニア兵10名を率いて移動。大砲を奪おうとするメキシコ兵150名と接近戦を展開。ペンシルベニア兵の半数が打ち倒されるがなんとか踏みとどまる。
 メキシコ軍第1縦隊は北側の木壁および西側の外壁へ分かれて攻撃。木壁を守備していたミシシッピー兵8名を排除し砦内への侵入を果たす。また、西側の外壁では1部隊が外壁を昇ることに成功し、駆けつけたテキサス兵と白兵戦を展開した。
 第4縦隊は第1ターンのテキサス側の攻撃により1部隊のみに撃ち減らされてしまったが、第4縦隊指揮官Moralesの指揮のもと東側の外壁を越えようとする。しかし、これは外壁の上に配置されていたミズーリ兵8名により阻止された。
 第3縦隊は「教会の庭」で集中砲火を浴び約40名の兵を失うが、7名のアラバマ兵を排除し8pdr砲を奪う事に成功した。
 第2縦隊は、砦南西の角に配置された18pdr砲の砲撃を受け指揮官のDuque大佐が戦死し約60名の兵を失う。

メキシコ軍の損害累計:260
※メキシコ側撤退損害数は『400』
※第1ターンのメキシコ軍の損害は160。

b0162202_17284787.jpg

↑↑↑第2ターン終了時の状況。

第3ターン
 テキサス側は必死の防戦を続ける。メキシコ軍は砦への侵入を果たしたことで予備部隊の投入を決定。北側の木壁を越えて砦へ侵入した部隊は周囲の外壁の上から射撃を受け約40名の損害を出す。しかし、再編成を完了した部隊が次々と後続し、結局第1、第4縦隊あわせて4ユニットが砦内へ侵入する。これにより、外壁の上から射撃を行っていたテキサス兵、ルイジアナ兵合わせて18名がメキシコ軍に包囲された。
 「教会の庭」にある8pdr砲を奪った第3縦隊は周囲から集中砲火を浴び約80名の損害を出しながらも西側の外壁に取り付く。また、8pdr砲は外壁に穴を開けるべく砲撃を開始。
 砦の南側では、張り出し部分で奮戦していたDckrson大尉と5名のペンシルベニア兵が遂に力尽き、6pdr砲はメキシコ軍に奪われてしまう。
 メキシコ軍はこれ以外の場所で砦からの射撃を受け約50名の兵を失う。

メキシコ軍累計損害:430
 予備の投入を命令した時には勝利を確信したサンタ・アナだったが、攻撃開始僅か15分で400名以上の損害を被ったとの報告に衝撃を受ける。なんといっても、砦を攻略した後、テキサス軍主力との決戦が控えているのである。
※このターンのメキシコ側撤退損害数は『450』。
b0162202_17292486.jpg

↑↑↑第3ターン終了時の状況。
メキシコ軍の損害は『430』。このターンのメキシコ側撤退損害数は『450』でギリギリ攻撃を続行できる。1ユニットの除去が損害『20』に相当する事からメキシコ軍にとってかなりマズイ状況といえる。次のターンのメキシコ側損害撤退数は『500』なので、メキシコ軍は次のターンの損害を『70』以下に抑えなければならない。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2012-02-18 17:53 | SLG | Comments(0)

SPI/HJ「アラモ」をソロプレイ②

 今日は昨日とは打って変わって寒い。外では雪がちらついている。この辺でも雪が降るんだから相当寒い事になる。

 SPI/HJ「アラモ」ソロプレイの続きである。J・ウェイン版のDVDを見直して思い出したが、最後の戦闘の時のBGMがVHS版とDVD版で若干違うようなきがする。VHS版はサントラまんまの曲だが、DVD版では途中編集してつないだように聞こえる箇所があるような気がする。多分気のせいだと思うが、毎回きになる。

最初に断っておくが、このゲームマップでは地図の上方向は東である。したがって下は西、左側が北、右側が南になる。

両軍の作戦方針:何度かプレイしているはずなのだが、経験はすっかり記憶から消え去っている。覚えているのは最終ターンを待たずしていずれもテキサス側が全滅してゲームが終了していたということぐらいである。そこで、一応の方針としては、できるだけメキシコ軍の砦への侵入を防ぎ、一旦侵入を許してしまったら段階的に教会へ向かって後退し、多分無理だと思うがそこで最終ターンまで粘る方向で行きたい。一方、メキシコ軍は強力な予備部隊をなるべく早く投入できるように、一刻も早い砦への侵入を目指す。メキシコ軍はテキサス側のZOCに侵入するユニットが多いほど戦闘に有利な修正が付くので、出来るだけ隣接し白兵戦にて攻撃を行うように心がける。

初期配置:テキサス側が先にセットアップをするのだが、メキシコ軍がどこからマップに侵入してくるかはわからない。そこでテキサス側は基本的に全周防御のような形にならざる終えない。ただ、メキシコ軍の侵入可能エリアの関係で、西側には通行しにくい外壁がずっと広がるだけなので、手薄にしてもいいように見える。テキサス側が配置後、ソロプレイなので、メキシコ軍はダイスによりランダムに侵入位置を決定した。第1縦隊はエリア1、第2縦隊はエリア5、第3縦隊はエリア3、第4縦隊はエリア2からの侵入となった。
b0162202_20154100.jpg


第1ターン:メキシコ軍第1、第4縦隊は北側から砦への侵入を目指すが、砦北側の外壁はTravis指揮のテキサス兵を中心に守備を固めており、猛烈な射撃・砲撃を受け約100名の損害を被る。生き残った部隊は外壁の間にある木壁へ取り付くが、テキサス側の頑強な抵抗にあいそこで停止。それ以外の生き残り部隊は手薄な箇所を探し迂回。
 東側から攻撃をかけたメキシコ軍第3縦隊は、教会の屋上に設置されたテネシー兵の操作する大砲や教会の庭に設置された8pdr砲の砲撃にさらされるが、ダイス目がよく、約20名の損害でこれを切り抜けると庭へ侵入。8pdr砲とそれを操作するアラバマ兵7名を包囲し攻撃をかけるが排除には失敗。
 南側からはメキシコ軍第2縦隊が攻撃をかける。この方面は大砲の数も多く、大損害が予想されたが、ダイス目に助けられ約40名の損失に止まった。移動に続く戦闘において、南側に張り出して配置されていた6pdr砲を操作するカロライナ兵7名を排除する事に成功した。

b0162202_202253.jpg

↑↑↑第1ターン終了時の状況。
早くもテキサス側は大砲を1門奪われそうである。もしメキシコ軍に南側張り出しの大砲を奪われた場合、その大砲で外壁に穴をあけられ、そこから砦への侵入を許してしまう事態が予想される。テキサス側は袋叩き覚悟で貴重なユニットを送り込むべきか思案のしどころである。

続く・・・
[PR]
by slgplayer | 2012-02-16 20:16 | SLG | Comments(0)

SPI/HJ「アラモ」をソロプレイ①

 スキーで風邪を引いてしまい月曜から発熱、セキ、鼻水に悩ませられている。診断によれば今流行のインフルエンザではないとの事。家の中でかなりゲホゲホやってしまったので、家族にもうつっているんだろうなあ。

 次の対戦にはまだ間があるので、その間にSPI/HJ「アラモ」をソロプレイしてみたいと思う。「アラモ」といえば、1960年のJ・ウェイン版「アラモ」と2004年のJ・L・ハンコック版「アラモ」という2つの同タイトルの映画がある。知名度は圧倒的にJ・ウェイン版の方が上だ。映画も面白いし、音楽もいい。初めて観た時火薬庫の前で松明を持ち戦うクロケット(J・ウェイン)の姿をしばらく忘れられなかった。一方、ハンコック版の方は可能な限り史実に忠実にアラモ砦の攻防戦を再現したこれまた興味深い映画だった。ただ、興行的に大失敗したらしいので、今後は忘れ去られていく映画になりそうだ。残念。個人的にはどちらも好きな映画だ。昨日CSのムービープラスで放映していた「ラストサムライ」よりは上だろう。

○SPI/HJ「アラモ」
 1836年3月6日未明に、テキサス州サン・アントニオにあったアラモ伝道所に立て篭もる183人の開拓者たちに対するメキシコ軍の攻撃を再現した戦術級ゲーム。AH「Dvil’s Den」をソロプレイした際、19世紀の戦闘の戦術級ゲームは「ウーゴーモン」くらいしか思いつかないと書いたが、灯台下暗しとはこのことだ。戦術級と聞けば、細かいルールが多いイメージがあるが、この「アラモ」は同時期を再現した他の2作品と比べ一番ルール量が少ない。

1へクス=10ヤード(9m)、1ターン=5分、1ユニット=7~10人(テキサス側)、50人(メキシコ側)

b0162202_1948332.jpg


 アラモ砦に立てこもるテキサス側は183名。対するメキシコ側は2200名ということで、テキサス側の勝利はほぼ不可能である。ということで勝敗は基本的にテキサス側が全滅した段階でのメキシコ軍の損害で決定される。一応、メキシコ軍の損害が甚大な場合攻撃は中止されゲーム終了となるが、今までの経験からそうなる事はまず有り得ない。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2012-02-15 19:52 | SLG | Comments(0)