主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-23 09:25
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-19 09:45
ツクダ「パンツァー・カイル」..
at 2017-11-16 20:06
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-12 09:54
CMJ「赤い夕陽のナポレオン..
at 2017-11-08 20:29
最新のコメント
> キリーさん い..
by slgplayer at 18:58
何年も前から拝見させても..
by キリー at 14:42
>ポール・ブリッツさん ..
by slgplayer at 12:34
キャンペーンでは帝国側プ..
by ポール・ブリッツ at 19:03
> ぴょんさん お..
by slgplayer at 18:43
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


2017年 08月 01日 ( 1 )

ツクダ「ラグナロック作戦」対戦記録⑥

ツクダ「ラグナロック作戦」対戦記録の続きである。ラインハルトはいまだ病床にあり、艦隊の指揮をまともに執れない状況となった。自由惑星同盟軍はその隙を衝きゲリラ的反撃に出る。これにより、一時「15」まで上昇していた帝国軍の占領惑星数は「12」まで低下させた。

第14ターン(宇宙歴799年・帝国歴490年4/1~4/10)
状況変化:メルカッツの帰還。ヤン艦隊の元にメルカッツ提督が合流。特に戦力が上昇するイベントではないのだが、分艦隊指揮官として優秀なメルカッツが合流した事はヤンにとって心強い。
ラインハルトが病より回復。
ビュコック艦隊がウルバシー星域を、アッテンボロー艦隊がバルメレント星域を奪還するが、その間に帝国軍はシヴァ、エルゴン星域を占領。帝国軍は、ヤン艦隊との決戦に備え、ラインハルト艦隊を中心に戦力を集中する。

第15ターン(宇宙歴799年・帝国歴490年4/11~4/20)
状況変化:なし
ラインハルト艦隊は、イゼルローン方面へ向かうダミーマーカーをヤン艦隊と誤認。ミュラー艦隊を従えこれを追う。ヤン艦隊(24,000隻)は、ラインハルト艦隊をやり過ごすと、その後方シロン星域付近にてワーレン、ファーレンハイト艦隊(計27,000隻)へ襲い掛かる。帝国軍は、ラインハルト艦隊の来援まで持ち堪えようとするが、ヤン艦隊の猛攻の前に約9,000隻の艦艇を失い撤退を余儀なくされる。ヤン艦隊も、ラインハルト艦隊到着前に姿を眩まそうとダミーに紛れ戦場を離脱した。
アッテンボロー艦隊を追っていたミッターマイヤー艦隊は、目標を変更しビュコック艦隊へ向かう。ビュコック艦隊は、帝国艦隊との対決に備えランテマリオ星域に布陣。
帝国軍の追撃の手が緩んだ事を知ったアッテンボロー艦隊は、フェザーン方面へ向かって移動。

b0162202_2027295.jpg

↑↑↑帝国軍艦隊を迎え撃つため、ランテマリオ星域に布陣するビュコック艦隊。

b0162202_2028230.jpg

↑↑↑第15ターン終了時。帝国軍はヤン艦隊に翻弄され続ける。

第16ターン(宇宙歴799年・帝国歴490年4/21~4/30)
状況変化:マスジット星域において反帝国暴動が発生。
艦隊がルンビーニ星域に駐留との報告を受けたラインハルトは、ファーレンハイトとワーレンそしてミュラーを従えヤン艦隊へ決戦を挑む。しかし、これはヤンの発した偽情報(ダミーマーカー)であった。帝国軍の隙を衝きヤン艦隊はタッシリ星域を解放。
ミッターマイヤーがウルバシー星域に帝国軍補給拠点を建設。
反帝国暴動が発生したマスジット星域では、暴動鎮圧に駆けつけたビッテンフェルト艦隊(11,000隻)と、暴動支援に駆けつけたアッテンボロー艦隊(4,000隻)が交戦。ビッテンフェルト艦隊の突撃により半数の艦艇を失ったアッテンボロー艦隊が退却を余儀なくされた。
ヤン艦隊は、ポレヴィト星域の帝国軍補給拠点を襲撃しこれを破壊する事に成功。帝国軍は、艦隊を未占領の星域へ派遣し一気に占領域を拡大。これにより、帝国軍の占領惑星数は一気に「20」まで上昇。

b0162202_20281437.jpg

↑↑↑マスジット星域会戦。アッテンボロー艦隊(4,000隻)は、ビッテンフェルト艦隊(11,000隻)の突撃を受け約半数の艦艇を失う。

b0162202_20283096.jpg

↑↑↑第16ターン終了時。帝国軍は数の優位を活かした飽和攻撃により、その占領惑星数を「20」まで拡大。占領惑星数「18」以上を維持し、自由惑星同盟の首都星ハイネセンを占領すれば、帝国軍の勝利となる。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2017-08-01 20:31 | SLG | Comments(0)