主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新の記事
ツクダ/GJ「謙信上洛」をソ..
at 2017-08-17 20:22
GMT「Clash of G..
at 2017-08-11 19:22
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-08-09 20:44
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-08-01 20:31
ツクダ「ラグナロック作戦」対..
at 2017-07-29 10:49
最新のコメント
> 通りすがりさん こ..
by slgplayer at 20:54
なんとも懐かしい。 そ..
by 通りすがり at 16:09
ぴょんさん いつも..
by slgplayer at 22:42
いつも楽しく拝見させてい..
by ぴょん at 19:11
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」よりシナリオ「カッシーニの攻防」をソロプレイ①

バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」ソロプレイの続きである。「フェーベ航空決戦」に続くシナリオは、土星空域において発生した、新鋭戦艦アンドロメダを中心とする地球防衛艦隊と、バルゼー提督率いる白色彗星主力艦隊との死闘を再現したシナリオ「カッシーニの攻防」である。
b0162202_17443958.jpg


b0162202_1745160.jpg

↑↑↑地球防衛艦隊。新鋭戦艦アンドロメダ以下戦艦、巡洋艦、駆逐艦が各6隻づつ。地球防衛軍の各艦は、他の陣営に比べ総じて能力値が高く設定されている。しかも、戦艦と巡洋艦は拡散波動砲を装備。アンドロメダに至っては、拡散波動砲を2門装備している。

b0162202_17451658.jpg

↑↑↑火炎直撃砲を有するメダルーサ以下戦艦10隻、駆逐艦6隻。白色彗星帝国の各艦は地球防衛軍の艦艇に比べ明らかに見劣りがする。メダルーサの火炎直撃砲が頼みの綱か?

配置の順番や先攻後攻については、ダイス目で決定する。ダイス判定の結果、白色彗星帝国が先に配置する。とは言っても、両軍ともに相手の特殊兵器(拡散波動砲と火炎直撃砲)による損害を抑えるため分散配置をせざる終えない。

b0162202_17453828.jpg

↑↑↑初期配置。「全地球艦隊の乗組員諸君、地球人類の未来はこの戦いにかかっている。諸君の健闘に期待する」

このシナリオには、次のような「乱気流帯」の特別ルールが設定されている。真ん中の地図盤2は土星の輪という事で、特殊兵器が使用された場合には乱気流が発生する。乱気流帯の規模は3段階に分かれ、特殊兵器の影響範囲が地図盤2に対し何ヘクス分掛かっているかにより変化する。乱気流帯内では特殊兵器が使用不能となり、乱気流帯を挟んでの通常射撃も行えなくなるというもの。

最後にこのシナリオをプレイしたのは30年近く前であり、しかも応用上級ルールを使ったものだったと記憶している。その時の記憶はほぼ全て忘却の彼方にワープしてしまったようで、どんな展開のシナリオだったか思い出せない。ただ言えるのは、初期配置やシナリオ特別ルールを読めば読む程、劇中のようにはならないだろうと想像できる事である。

続く・・・。
[PR]
by slgplayer | 2017-02-25 17:51 | SLG | Comments(0)
<< バンダイ「宇宙戦艦ヤマト」より... GDW/HJ「アステロイド」を... >>