主にシミュレーションゲーム時々その他
by マイケル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新の記事
<MiH>「TRIUMPHA..
at 2017-06-24 19:06
MMP「Monty's Ga..
at 2017-06-13 20:00
エポック「武田騎馬軍団」を対戦
at 2017-06-10 19:29
MMP「Monty's Ga..
at 2017-05-29 22:52
3W/HJ「ブルー・マックス..
at 2017-05-25 20:23
最新のコメント
ぴょんさん いつも..
by slgplayer at 22:42
いつも楽しく拝見させてい..
by ぴょん at 19:11
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:31
このスケールとシステムだ..
by ポール・ブリッツ at 21:33
> ポール・ブリッツさん..
by slgplayer at 22:50
検索
カテゴリ
全体
SLG
その他
タグ
(37)
(36)
(25)
(20)
(20)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
恐竜絶滅 小惑星衝突説に疑問
from 時々時事爺
画像一覧


CMJ「ハンガリー戦役 1944-45」を対戦プレイ

家族で恐竜博2011を見学に行った。平日なのに思ったより混雑。といっても行列をするほどではない。4歳の息子には恐竜の化石より、その後巡った体験実験コーナーの方が面白かった模様。息子の様子をみていたら、化石は所詮化石という感覚でみていたようだった。現在では隕石の衝突が恐竜絶滅の原因と考える説がかなり有力だが、自分が小学校低学年時には隕石の衝突説はトンでも説として取り上げられていた事を考えると、科学の進歩と時代の流れを感じる。

約束していたCMJ「ハンガリー戦役 1944-45」を対戦。前回CMJ「ドライブ・オン・クルスク」でソ連軍を担当したので、今回は枢軸軍を担当。検討した結果、選択ルールは空軍の簡易ルールのみ使用。全縦深同時発揮は使用せずやってみようということに。全縦深同時発揮なしだとソ連軍はかなり辛い戦いを強いられる。

○CMJ「ハンガリー戦役 1944-45」
・担当:枢軸軍
・結果:第11ターン終了時時間切れ終了。ただし、その時点でソ連軍引き分け以上の結果はほぼ不可能な状態。

b0162202_1171828.jpg

↑↑↑第11ターン終了時。
序盤、ソ連軍は要衝を守備するドイツ軍部隊を優先的に攻撃。しかし、これが裏目に出てしまい一部を除き全く前進できず、第3ターンにはティミショアラおよびへクス2614のソ連軍補給源もドイツ軍によって占領されてしまい、これによって増援の第3ウクライナ方面軍がそこから登場できず、ソ連軍の攻勢計画は大いに狂う事になった。その後、ソ連軍は目標をハンガリー軍に変更。枢軸軍はだんだんユニットが不足していくが、第7・第9ターンの大増援で持ち直し、強力な装甲師団スタック2個が機動攻撃および通常攻撃でソ連軍に打撃を与える。途中、ソ連軍の攻撃と後続突破により要衝セゲトを占領されたり、枢軸軍のチェック漏れにより要衝のドイツ軍ユニットが撤収される場面が2度続くなどに幾度か危機もあったが、その度にドイツ軍装甲師団による強力な反撃が行われ、ソ連軍は押し戻される。その後戦線が直線化した事により、枢軸軍ユニットに余裕も生まれる。第11ターン終了時、ドイツ軍装甲師団スタックは無傷であり、第12ターンにはソ連軍機動兵力の大量撤収があることから、これ以上続けても・・・という事となり終了。

感想:思っていたよりソ連軍が進撃できた点もあるが、ほぼ予想通りの展開と結果。やはり、選択ルール「全縦深同時発揮」がないとソ連軍はかなり厳しいのでは?というのが率直なところ。そうであっても史実どおりの進撃をするのはほぼ無理ではないのだろうか?前にも書いたが、ドイツ軍の装甲戦力は豊富なので、複数の装甲師団に直接戦線を張らせるほどハンガリー軍およびドイツ軍歩兵部隊を除去しなければならないのだろうが、達成するためにはかなりサイコロ出目の偏りが必要だろう。

ゲームのテーマとしては好きな方なので、バランスの点で非常に惜しい残念なゲームではないかと思う。もっとやり込めば、展開も変わるかな?そういえば、前々からおかしいと思っているが、ソ連軍のユニットに表も裏も同じ数値のユニットがいくつかあるが、これは誤値なのだろうか?

次回のお題は未定。これからゲーム部屋を物色する予定。
[PR]
by slgplayer | 2011-09-16 11:46 | SLG | Comments(0)
<< <ツクダ>「激闘!関ヶ原」をソ... <GMT>Triu... >>